DK-Kawachiの日記と雑学ノート ホーム »近鉄奈良線高架工事の話題
カテゴリー「近鉄奈良線高架工事の話題」の記事一覧

2017年2月18日 近鉄奈良線連続立体交差事業レポ  

2月18日に見てきた近鉄奈良線の高架工事の詳細です。

20170218_wakae_iwata-02.jpg

今回は若江岩田駅の詳細を報告しますが、これまで仮駅舎で営業されていた出改札口の本設となる高架下への移転と上りホームの一部拡張および各昇降設備の使用開始が2月15日の始発実施されたのを受けて来訪した次第です。

20170218_wakae_iwata-01.jpg

2月14日の終電まで使用されてきた仮駅舎。

20170218_wakae_iwata-03.jpg

駅出入口は遂に所定の高架下へ切替えられました。


20170218_wakae_iwata-05.jpg

ただし出入口は北側に面する1箇所だけ、今後の整備工事の進捗により南側からも出入りできるようになる模様です。

20170218_wakae_iwata-06.jpg

駅出入口の上にある駅名標。
すぐ下に金具が3つ取り付けられていることから駅名標を照らす照明が取り付けられるものと思われます。

20170218_wakae_iwata-04.jpg

入口を入ってすぐ左手に自動券売機が3台置かれています。
窓口が設置出来そうなスペースは確保されていますが、若江岩田駅では定期券などの窓口発行業務などは取止められているため、時刻表などの掲示スペースとして割り当てられています。

20170218_wakae_iwata-07.jpg

改札口周り。

改札階は西側が改札外コンコース、東側が改札内コンコースに割り当てられており、下の画像では手前側が改札外、奥が改札内となります。
自動改札機は車椅子兼用1通路、その他3通路の計4通路あり、車椅子兼用の方にはインターフォンが設けられていますが、これは係員が不在になる時間帯があるために設置されたもので、他社でも使用されているような方式が採用されています。

20170218_wakae_iwata-08.jpg

まだ使用されていない南出口。
現在は仮通路として使用されていた旧上りホームなどの地上設備が残されているため、撤去と整備工事が進み次第、こちらからも出入り出来るようになりますが、当面はそのままになると思われます。

20170218_wakae_iwata-09.jpg

改札内コンコース。

20170218_wakae_iwata-10.jpg

来訪時は下り線のエレベータはメンテナンス中。

20170218_wakae_iwata-11.jpg

上りホームの昇降設備。
大阪難波方は階段と上りエスカレータ。

20170218_wakae_iwata-12.jpg

奈良方はエレベータ。
以前は仮通路側に設けられていましたが、今回の切替により本設側となるこちらに切替えられています。

20170218_wakae_iwata-13.jpg

本設への切替まで使用されていた下りホーム~仮駅舎の仮通路。
現在は閉鎖されており、今後撤去工事と本設工事が施工され、最終的には上りホーム側と同じものになると思われます。

20170218_wakae_iwata-14.jpg

奈良方の階段。

20170218_wakae_iwata-15.jpg
20170218_wakae_iwata-16.jpg

仮通路が残されているため、ここから上りホームへは上がることが出来ません。

20170218_wakae_iwata-17.jpg

ホーム階。
上りホームは大阪難波方から3分の2程が所定の幅に拡張されています。

20170218_wakae_iwata-18.jpg

一方、奈良方から3分の1程は閉鎖された仮通路などが残されているため、これらが完成するまではあと2年程掛りそうです。

20170218_wakae_iwata-19.jpg

若江岩田駅のレポは以上です。
スポンサーサイト

category: 近鉄奈良線高架工事の話題

tag: 連続立体交差事業  近畿日本鉄道  近鉄奈良線 
tb: 0   cm: 0

2014年12月13日 近鉄奈良線連立事業見聞 若江岩田駅  

近鉄奈良線連立事業見聞。
続いては若江岩田駅のレポ。

20141213_wakae_iwata-01.jpg

若江岩田駅では9月の切替直後の時点で残されていた旧上り線側の地下改札口のである南改札口が旧線の設備撤去の伴い11月1日をもって閉鎖されました。

20141213_wakae_iwata-02.jpg

閉鎖箇所は自販機で封鎖されている。

20141213_wakae_iwata-03.jpg

上りホームへの仮設階段。
本設の階段が整備されるまではここを利用する。

20141213_wakae_iwata-04.jpg

旧上り線は軌道の撤去が完了しており、今後は新上りホーム側の基礎工事が着手されるものと思われます。

20141213_wakae_iwata-05.jpg
20141213_wakae_iwata-06.jpg

南出口閉鎖により地下通路も閉鎖されています。
こちらは地下通路の撤去→埋め戻し工事が行われると思われます。

20141213_wakae_iwata-07.jpg
20141213_wakae_iwata-08.jpg

閉鎖された南出口。
かつては旧上り線側の出入口で地下駅舎化されてから使用されてきました。

20141213_wakae_iwata-09.jpg

大阪難波方を撮影。
旧線の撤去工事は順調に進んでいる模様で、軌道は撤去完了し架線柱も3分の1ほど区間で完了している模様です。

20141213_wakae_iwata-10.jpg

奈良方を撮影。
こちらは撤去工事の着手が最後の方になったようで、旧線の状態が最も残されている区間です。

20141213_wakae_iwata-11.jpg

若江岩田駅構内。
軌道や架線柱の撤去は完了しているが、ホームなどの撤去は着手されていません。

20141213_wakae_iwata-12.jpg

今回の近鉄奈良線連立事業見聞は以上です。

category: 近鉄奈良線高架工事の話題

tag: 連続立体交差事業  近畿日本鉄道  近鉄奈良線 
tb: 0   cm: 0

2014年12月13日 近鉄奈良線連立事業見聞 東花園駅・河内花園駅  

上り線の高架切替から3ヶ月近く経過した近鉄奈良線連立事業の様子を見てきました。
まずは東花園駅。

20141213_higashi_hanazono-01.jpg

駅構内の奈良方は切替直後のごちゃごちゃから整理された感がありますが、引き上げ線は整備途上なのでもうしばらく待たされることになりそうです。

20141213_higashi_hanazono-02.jpg

難波方の高架下の様子。
大がかりな工事はほぼ終わっているため、資材などが殆ど見られません。

20141213_higashi_hanazono-03.jpg

旧線の撤去工事が着手され、軌道の撤去が完了して今後は南側は抜けるための工事が進められます。

20141213_higashi_hanazono-04.jpg

旧上りホームがあった場所は軌道の撤去工事が1線残すのみとなり、その後は仮ホームの撤去などが進められるものと思われます。

20141213_higashi_hanazono-05.jpg

恩智川に架かる橋の近くから撮影。
この付近に北口側と高架下の改札外コンコースへ抜けるための通路が暫定整備されるとのことです。

20141213_higashi_hanazono-06.jpg
20141213_higashi_hanazono-07.jpg

続いて河内花園駅。
上りホームが暫定供用状態にあるため本設の残り工事を進めるべく駅構内における旧線の撤去は完了しているようです。

20141213_kawachi_hanazono-01.jpg

駅舎やホーム自体はそのままになっていますが、本設の工事に支障が無い限りは基礎工事とへ移行する形で進められるのかなと思っていますが、はたして・・・。

20141213_kawachi_hanazono-02.jpg

若江岩田までの駅間は撤去の途中であり、いまのところ架線柱のビームだけ撤去された感じです。

20141213_kawachi_hanazono-03.jpg

若江岩田駅は稿を改めて報告します。

category: 近鉄奈良線高架工事の話題

tag: 連続立体交差事業  近畿日本鉄道  近鉄奈良線 
tb: 0   cm: 0

2014年3月23日 近鉄奈良線連続立体交差事業見聞 14-3 東花園駅  

今回最後のレポは東花園駅。

当初計画では退避線側のみホームを設ける単式2面4線でしたが、準急の瓢箪山停車要望による代替措置として花園ラグビー場開催日に合わせて臨時停車させた実績により準急停車駅の昇格などの諸事情で島式2面4線に変更された経緯があります。

東花園車庫の入出庫関係で工事自体は下り線切替え後の地上に残る仮上り線への入出庫線を確保しつつ高架橋を構築するため、入出庫線の切り替えが行われています。
現在は上り高架橋の南側に設けられています。

上り線の工事はホームの土木工事が終り、ホーム上屋の設置も完了しています。
エスカレータは線形とホーム幅の制約から奈良方にある下りホームに対し大阪難波方に設けられるようです。

20140323_higashi_hanazono-02.jpg

ホーム中程、奈良方の様子。
下りホームにはエスカレータが設けられていますが、上りホーム側にはそのための幅員が確保出来ないようです。
写真からでも分かるようにホーム上屋の支柱の間隔が下りホームよりも狭いことが分かります。

20140323_higashi_hanazono-03.jpg

奈良方。
端部のホーム幅は下り線よりも確保されていますが・・・。

20140323_higashi_hanazono-04.jpg

奈良方から撮影。

20140323_higashi_hanazono-05.jpg
20140323_higashi_hanazono-06.jpg

奈良方の分岐器群。
入出庫ののため複雑な配線となっていますが、本線の上下線の間に引き上げ線が設けされるようで、そのための軌道が敷設されています。

20140323_higashi_hanazono-07.jpg

上り線の分岐器の挿入状態と線形から見る限りでは全面高架後は地上時代と同じ下り待避線・下り本線・上り待避線・上り本線という配置になりようです。
入出庫線との平面交差はこれまでと同じと言うことになります。

20140323_higashi_hanazono-08.jpg

大阪難波方を撮影。

20140323_higashi_hanazono-09.jpg
20140323_higashi_hanazono-01.jpg

こちらはホーム側までは軌道の敷設が進められていますが、そこから大阪難波方へはまだ行われていません。
また、仮上り線にあるような安全側線が高架切り替え後も設けられるような構造になっているのが分かります。

20140323_higashi_hanazono-10.jpg

このレポを基に完成後の想定配線図を作成してみました。

20140328_higashi_hanazono-01.jpg

以上で今回の近鉄奈良線連続立体交差事業見聞を終わります。

category: 近鉄奈良線高架工事の話題

tag: 連続立体交差事業  近畿日本鉄道  近鉄奈良線 
tb: 0   cm: 0

2014年3月23日 近鉄奈良線連続立体交差事業見聞 14-2 河内花園駅  

続いて河内花園駅を見てきます。

こちらも若江岩田駅と同じく上りホームが姿を現わしていますが、ホーム上屋がまだであるためホーム全体に足場が組まれている点では奈良方の一部以外はホーム上屋の設置が終わっている若江岩田駅と進捗状況が違うようです。

20140323_kawachi_hanazono-01.jpg

奈良方。

20140323_kawachi_hanazono-02.jpg

軌道敷設工事が終わっているようです。
旧線では直線だったのがここで曲線となっているのは側道の設置の関係や東花園駅での計画変更による側面があるようです。

20140323_kawachi_hanazono-03.jpg

大阪難波方。

20140323_kawachi_hanazono-04.jpg

工事起点まで直線で周辺に高い建物が少ないため見晴らしは良しです。
こちらも軌道敷設がほぼ終わって信号関連の工事が進められています。

20140323_kawachi_hanazono-05.jpg

いち早く完成した駅前広場。
ロータリーに乗入れている近鉄バスは先に新規開業の河内花園駅~吉田駅系統が利用し、既存の河内花園~河内山本駅系統はしばらくしてから南側から移転しています。

20140323_kawachi_hanazono-06.jpg

高架下のコンコースは地味に工事が進められていて、下り線側はほぼ本設化されています。

20140323_kawachi_hanazono-07.jpg
20140323_kawachi_hanazono-08.jpg

近鉄の駅の内装はどちらかと言えば保守的。

20140323_kawachi_hanazono-09.jpg

改札外コンコース。

20140323_kawachi_hanazono-10.jpg

本設化された駅入口。
切替からしばらくは仮設での営業でした。

20140323_kawachi_hanazono-11.jpg

上り線側から撮影。
こちらも地上線が支障となるため切替え後も高架側のホーム幅が狭い状態で供用されるようです。

20140323_kawachi_hanazono-12.jpg

→次に続く。

category: 近鉄奈良線高架工事の話題

tag: 連続立体交差事業  近畿日本鉄道  近鉄奈良線 
tb: 0   cm: 0

2014年3月23日 近鉄奈良線連続立体交差事業見聞 14-1 若江岩田駅  

長らく工事が進められていた近鉄奈良線の連続立体交差事業ですが、いよいよ2014年秋に上り線の切り替え実施により瓢箪山駅以西の立体交差化が実現されます。

2010年5月下旬に下り線の高架切り替え以降、詳細なレポを行っていないため今回は4年ぶりの詳細レポとなります。
まずは若江岩田駅からです。

上りホームが姿を現わしています。
ただし、現在の上り線が支障となるため切替え後しばらくの間はホーム幅が狭い状態で供用されることになります。

20140323_wakae_iwata-01.jpg

奈良方はホーム上屋の工事が終わっていないため足場が組まれた状態となっています。

20140323_wakae_iwata-02.jpg

大阪難波方。

20140323_wakae_iwata-03.jpg

現在は軌道敷設工事などが進められており。切替地点の工事起点側を除いて軌道が敷設されているようです。

20140323_wakae_iwata-04.jpg

奈良方。

20140323_wakae_iwata-05.jpg

こちらも軌道の敷設が進められていますが、大阪難波方と同じく消音バラストの投入はこの段階ではまたらしく今後行われるようです。

20140323_wakae_iwata-06.jpg

次は河内花園駅を見てきます。

→次に続く

category: 近鉄奈良線高架工事の話題

tag: 連続立体交差事業  近畿日本鉄道  近鉄奈良線 
tb: 0   cm: 0

2010年5月30日 近鉄奈良線連続立体交差事業見聞 13-4 東花園駅  

近鉄奈良線高架工事レポ。
最後は東花園駅の様子。

20100530_higashi_hanazono-03.jpg

高架化対象駅の中で唯一待避設備を入出庫線を抱える駅であるため、工事としては大掛かりとなるために唯一仮線方式がとられています。
高架後の下りホームも島式1面2線となっていて、仮駅ではLED式だった発車案内表示器が他の主要駅と同じワイド液晶式(2列車表示仕様)となっています。

20100530_higashi_hanazono-01.jpg

近鉄奈良方ホーム端部。

20100530_higashi_hanazono-04.jpg

入出庫線がある関係で分岐器がギリギリにまで迫っています。

20100530_higashi_hanazono-05.jpg
20100530_higashi_hanazono-06.jpg

写真奥が工事終点ですが、切替直前まで上り線への出庫線が使用されていた関係からこれらが交差する箇所は仮の桁を組んで暫定的に共用されています。
切替の過程で本設の工事も進められる模様ですが、現状ではなんとも言えません。

20100530_higashi_hanazono-07.jpg

近鉄奈良方ホーム端部から西方向を撮影。
ホーム端部が極端にすぼめられているのがよくわかりますが、これは何らかの制約が絡んでいると考えた方が良いでしょう。

20100530_higashi_hanazono-08.jpg

大阪難波方ホーム端部から東方向を撮影。
ホーム中程は地上駅→地上仮駅の時よりも幅員が大きくとられています。

20100530_higashi_hanazono-09.jpg

大阪難波方ホーム端部。
東花園駅のホーム長自体は定期列車自体は8両編成が最大であるものの、特急車両の送り込みがある関係から21m車10両編成対応となっています。
このため乗車位置案内は8両対応であるが、停車位置標識や停止限界線は近鉄奈良・大阪難波側とも10両の表記が用意されています。

20100530_higashi_hanazono-10.jpg

ホーム端部から大阪難波方。

20100530_higashi_hanazono-11.jpg

同じ箇所から東方向を撮影。
近鉄奈良方と同じくホーム両端が絞られているのがわかります。

20100530_higashi_hanazono-12.jpg

改札階へ。

20100530_higashi_hanazono-13.jpg

東階段にはエスカレータが併設されています。

20100530_higashi_hanazono-14.jpg

西階段と改札口。

20100530_higashi_hanazono-15.jpg

西階段付近から撮影した改札内コンコース。
写真左の男性用トイレは仮設で上り線の高架の完成後に移設されるものと思われます(女性用トイレは本設)

20100530_higashi_hanazono-16.jpg

改札口。
位置関係では本設となりますが、写真左側の有人改札や切符売り場は仮設のようで、上り線の高架の完成後は南側に移る模様です。

20100530_higashi_hanazono-17.jpg

切符売り場は自動券売機が2台設けられています。

20100530_higashi_hanazono-18.jpg

ラグビーボールのモニュメントが特徴の駅入口。

20100530_higashi_hanazono-02.jpg

今回のレポは以上です。

category: 近鉄奈良線高架工事の話題

tag: 近畿日本鉄道  連続立体交差事業  近鉄奈良線 
tb: 0   cm: 0

2010年5月30日 近鉄奈良線連続立体交差事業見聞 13-3 河内花園駅  

近鉄奈良線高架工事レポ。
続いては河内花園駅の様子です。

20100530_kawachi_hanazono-02.jpg

近鉄奈良方ホーム端部。

20100530_kawachi_hanazono-03.jpg

若江岩田と同じくホーム端部には展望スペース的要素が…。

20100530_kawachi_hanazono-04.jpg

河内花園から東花園の間は若干曲線区間となっています。

20100530_kawachi_hanazono-05.jpg

近鉄奈良方ホーム端部から西方を撮影。
ホーム上屋の形状がドーム状の若江岩田とは異なり直線的。

20100530_kawachi_hanazono-06.jpg
20100530_kawachi_hanazono-07.jpg

下りホーム東階段と待合所。

20100530_kawachi_hanazono-08.jpg

待合所。

20100530_kawachi_hanazono-09.jpg

大阪難波方からホーム中程を撮影。
こちらは西階段がありエスカレータが併設されています。

20100530_kawachi_hanazono-01.jpg

今回切り替えられた各駅に設置されている液晶式発車案内表示器。
優等通過駅に設置されたのはあまり例がないようです。

20100530_kawachi_hanazono-10.jpg

大阪難波方ホーム端部。

20100530_kawachi_hanazono-11.jpg

東階段の踊り場。
階段の取り付け位置が偏っていますが、上り線切替後には中央部になるようになっています。

20100530_kawachi_hanazono-13.jpg

改札階コンコース。
旧下りホームをむす通路は閉鎖されてしまいました。

20100530_kawachi_hanazono-12.jpg

西階段方から改札口を撮影。

20100530_kawachi_hanazono-14.jpg

では改札口を出て外へ。
高架下を行く上り列車。

20100530_kawachi_hanazono-15.jpg

切り替えられた真新しい高架橋を行く下り列車。

20100530_kawachi_hanazono-16.jpg

ここから東花園へ移動します。

→次に続く。

category: 近鉄奈良線高架工事の話題

tag: 近畿日本鉄道  連続立体交差事業  近鉄奈良線 
tb: 0   cm: 0

2010年5月30日 近鉄奈良線連続立体交差事業見聞 13-2 若江岩田駅  

若江岩田駅のレポです。

20100530_wakae_iwata-02.jpg

近鉄奈良方ホーム端部。

20100530_wakae_iwata-03.jpg

ホーム上屋に取り付けられている表示器類。

20100530_wakae_iwata-04.jpg

ホーム端部はプチ展望ができるように形となっていて、窓下部に用意された写真で生駒山などの場所が示されています。
これは隣の河内花園駅も同じ様になっています。

20100530_wakae_iwata-05.jpg

ホーム端部から東方向を撮影。
眼下にある幹線道路は府道八尾枚方線で、昨年までこの場所を若江跨線橋が近鉄奈良線を跨いでいました。

20100530_wakae_iwata-06.jpg

近鉄奈良方ホーム端部から西方向を撮影。

20100530_wakae_iwata-07.jpg

下りホーム東階段・待合所付近を撮影。
優等通過駅としては初となるワイド液晶式の発車案内表示器が新たに設置されています。

20100530_wakae_iwata-08.jpg

ホーム幅が最も広い場所。
かつての倍程度の最大幅員になっている感じです。

20100530_wakae_iwata-09.jpg

この場所におかれた花壇。

20100530_wakae_iwata-10.jpg

下りホーム西階段付近。
エスカレータはこちら側に設けられています。

20100530_wakae_iwata-01.jpg

大阪難波方ホーム端部。

20100530_wakae_iwata-11.jpg

ホーム端部から大阪なんば方を撮影。
切替前あたり高架橋脇に建っていた高圧鉄塔線が無くなっています。

20100530_wakae_iwata-12.jpg

大阪難波方ホーム端部から東側を撮影。

20100530_wakae_iwata-13.jpg

ホーム上屋に設置されているスピーカ。
こちらは騒音対策のためにホーム全体に均一に配置されていて、これとは別に従来型のスピーカがホーム中程に設置されています。

20100530_wakae_iwata-14.jpg

階段を降りて改札階コンコースへ。

20100530_wakae_iwata-15.jpg

こちらは改札口自体がこれまでと同じ仮設の場所にあるため、連絡通路がある以外には特にありません。
改札口が本設側に移るのは旧下り線が撤去されて以降か上り線高架橋工事の進捗次第のようです。

20100530_wakae_iwata-16.jpg
20100530_wakae_iwata-17.jpg
20100530_wakae_iwata-18.jpg

→13-3に続く。

category: 近鉄奈良線高架工事の話題

tag: 近畿日本鉄道  連続立体交差事業  近鉄奈良線 
tb: 0   cm: 0

2010年5月30日 近鉄奈良線連続立体交差事業見聞 13-1  

近鉄奈良線の連立事業進捗に伴い八戸ノ里~瓢箪山間の下り線が2010年5月29日深夜から30日早朝にかけて高架へ切り替えとなりました。

今回は切替後初日となる5月30日に見聞したものを報告して行きます。

まずは工事起点となる府道中央環状線以東から若江岩田までの様子を報告します。

東花園駅以外は別線で高架化されますが、別線高架区間はすべて既存の北側に構築されています。
府道2号中央環状線との交点から少し東側から切替箇所となり、下り本線はここから北側にふられています。

20100530_kintetsu_nara_line-01.jpg

左側の高欄には電気及び信号ケーブルが架けられている状態で、この箇所はまだ仮の状態であることがわかります。
また写真の箇所の左側に保線用の出入口に通じるスロープが設けられています。

20100530_kintetsu_nara_line-05.jpg

暫く進むと線路が少し南側に振られています。
この辺りに近鉄の送電用高圧鉄塔が建っていたのですが撤去されています。

写真の状況からここは完成形でない可能性があります。

20100530_kintetsu_nara_line-02.jpg

南側に少し振るあたりからバラスト軌道から弾性枕木直結軌道に変わります。

20100530_kintetsu_nara_line-03.jpg

若江岩田に到着。

20100530_kintetsu_nara_line-04.jpg

お次は若江岩田駅の様子を報告します。

→次に続く。

category: 近鉄奈良線高架工事の話題

tag: 近畿日本鉄道  連続立体交差事業  近鉄奈良線 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

サイト更新情報Twitter

DK-KawachiのTwitter

カレンダー

最近の記事

Facebook

フォト蔵

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

OSAKAあかるクラブ

▲ Pagetop