DK-Kawachiの日記と雑学ノート ホーム »鉄道イベントなお出かけ
カテゴリー「鉄道イベントなお出かけ」の記事一覧

2011年9月18日 毛野国の城郭と鉄道を巡る旅10 上信電鉄のイベント会場へ  

高崎へ戻ってきました。
ここでは遠征の目的の一つである上信電鉄のイベントを見ることにしました。

会場の車両基地は高崎駅の隣接する場所にあり、当日は普段一般利用者が立ち入ることが出来ないホーム端部の乗務員用通路から会場入りすることが出来ます。

20110918_joshin_event-03.jpg

通路北面にある留置されている150形と200形。

20110918_joshin_event-04.jpg

保線用車両。
「土シーキモ57」と記されている。

20110918_joshin_event-05.jpg

上信電鉄では最新の車両となる500形。
200形の置換えようとして元西武101系を転用した車両で、導入に際しては譲渡元が同じ西武である150形と構造がほぼ同じで、自社発注車である6000系と1000系と台車などに互換性が有ることから同系が採用されたのだそうです。

20110918_joshin_500-01.jpg

500形の「銀河鉄道999号」ラッピング編成

20110918_joshin_500-02.jpg

500形には天井にLED式車内案内表示器が設けられています。

20110918_joshin_500-in01.jpg

運転台。

20110918_joshin_500-cab01.jpg

ED316形電気機関車。
元は旧国鉄のED31形で竣工当時はセンターキャブ形の凸型車体でしたが、上信電鉄へ譲渡されてから現在の箱形車体に改造されています。

20110918_joshin_ed_31-01.jpg

検修庫内に展示されていたデキ1形。
1924年にドイツのシーメンスシュケルト社(現:シーメンス)から購入した電気機関車で、小型の凸型機で機械部分の製造者はM.A.N(マン)が担っています。購入価格は当時の金額で36,990円だそうです。

20110918_joshin_deki_1-01.jpg

検修庫の奥で検査を受けている150形。
写真の編成は第1編成で、下仁田から乗った編成と違って種車が西武411系であることから前面形状が異なります。(第2編成以降の種車は西武701・801系)

20110918_joshin_150-02.jpg

検修庫前から車両基地全体を撮影。

20110918_joshin_event-02.jpg

敷地外からの会場出入口。

20110918_joshin_event-01.jpg

上信電鉄のイベントはここで見終えることにし、午後からは箕輪城へ向かうことにしました。

→次に続く。
スポンサーサイト

category: 鉄道イベントなお出かけ

tag: 鉄道イベント  上信電鉄 
tb: 0   cm: 0

2011年8月27日 節電モードの首都圏遠征2011夏5 東京総合車両センターのイベント・その4  

東京総合車両センターのイベント巡り。
続いて台車関連の続きで・・・。

まずは台車の組立作業実演。
工場公開イベントで台車組立イベントを見たのはこれが初めて。

20110827_jr_event-63.jpg

ユニットブレーキのカットモデル。

20110827_jr_event-50.jpg

E231系の台車。
付随車・制御車用でTR246N形

20110827_jr_event-39.jpg
20110827_jr_event-43.jpg

同じく制御車用TR246M形

20110827_jr_event-41.jpg

片側は側梁よりも前に突き出ていることから先頭台車であることが容易に判断出来ます。

20110827_jr_event-64.jpg

同じく動力車用のDT61G形。

20110827_jr_event-42.jpg

空気バネのカットモデル。

20110827_jr_event-40.jpg

ずらりと並んだ車輪。

20110827_jr_event-52.jpg

組立られた後並べられているE217系の台車。

20110827_jr_event-65.jpg

ノントラ置場。

20110827_jr_event-54.jpg

車修場側の高所作業足場車乗車体験。

20110827_jr_event-53.jpg

その脇には車輪の落成品のストックがずらり。

20110827_jr_event-51.jpg

車修場西側の空気圧縮機の展示。
E231系用。

20110827_jr_event-55.jpg

209系・E217系用。

20110827_jr_event-56.jpg

205系・203系用。

20110827_jr_event-57.jpg

113系・115系用。

20110827_jr_event-58.jpg

除湿装置。
左が209系・E217系用、右がE231系用。

20110827_jr_event-59.jpg

パンタグラフ操作体験コーナーで使用されていたE233系用PS33D形パンタグラフ。

20110827_jr_event-60.jpg

品川消防署コーナーで実演されていた「はしご車」

20110827_jr_event-61.jpg

これで東京総合車両センターのイベント巡りは終了。

20110827_jr_event-62.jpg

このあとの予定では西武の車両基地のイベントを見る予定でしたが、時間が掛かってしまったため断念し、適当に編成写真撮影という流れになりました。

→次に続く。

category: 鉄道イベントなお出かけ

tag: 鉄道イベント  JR東日本 
tb: 0   cm: 0

2011年8月27日 節電モードの首都圏遠征2011夏4 東京総合車両センターのイベント・その3  

東京総合車両センターのイベント巡りの続き。

お次は先頭車の前面下部に付けられているスカートの修繕・製作する場所。
まずは修繕中か製作中のもの。

20110827_jr_event-22.jpg

これはスカートの角度を決める治具。

20110827_jr_event-23.jpg

落成品。

20110827_jr_event-24.jpg

こちらは整備前のもの。

20110827_jr_event-25.jpg

先へ進んで。

20110827_jr_event-26.jpg

今度は台車関連。
まずは空気バネの整備場。

20110827_jr_event-27.jpg

空気バネの落成品。

20110827_jr_event-28.jpg

車輪、主電動機、軸箱などが取り外された状態。
これは動台車のもの。

20110827_jr_event-29.jpg
20110827_jr_event-30.jpg

動台車の前に置かれているのは空気バネとユニットブレーキ。

20110827_jr_event-31.jpg

続いて従台車。
中央部にディスクブレーキを押さえつけるブレーキパットであるライニング。

20110827_jr_event-32.jpg

こちらは従台車でも駐車ブレーキが設けられているタイプ。

20110827_jr_event-33.jpg

メーカーから送られた空気バネ。

20110827_jr_event-34.jpg

軸箱支持装置の修繕場。

20110827_jr_event-35.jpg

ラックには軸箱支持装置である軸梁が置かれている。

20110827_jr_event-36.jpg
20110827_jr_event-37.jpg

ここに置かれいるのは209系以降で使用されているもので、軸梁自体は結構幅があるH形の断面であることが分かる。

20110827_jr_event-38.jpg

主電動機の方へ。
こちらはMT75形でE233系で使用されている。

20110827_jr_event-44.jpg

MT73形のカットモデル。

20110827_jr_event-45.jpg

MT68形のカットモデル。

20110827_jr_event-46.jpg

MT68A形。

20110827_jr_event-47.jpg

MT63形。
これは207系900番台で使用されていた主電動機。

20110827_jr_event-48.jpg

MT55形。
103系で使用されていました。

20110827_jr_event-49.jpg

→次に続く。

category: 鉄道イベントなお出かけ

tag: 鉄道イベント  JR東日本 
tb: 0   cm: 0

2011年8月27日 節電モードの首都圏遠征2011夏3 東京総合車両センターのイベント・その2  

東京総合車両センターのイベント巡りの続き。

20110827_jr_event-13.jpg

車体洗浄場に留置されているE217系。
編成がばらされた単車の状態で留置されている。

20110827_jr_event-14.jpg

芝生に覆われて気持ちよさそうですが、ここはトラバーサーがある場所。

20110827_jr_event-15.jpg
20110827_jr_event-16.jpg

E231系500番台を使った車掌体験への入口。

20110827_jr_event-17.jpg

出場検査場。
E231系500番台が転がされている。

20110827_jr_event-18.jpg

先ほど撮った車掌体験の車両の先頭車。

20110827_jreast_ec_e231_500-01.jpg

こちらは入場検査場。

20110827_jr_event-19.jpg

北側にある入出場線を利用した車両展示。

20110827_jr_event-02.jpg

143系とE217系。

20110827_jr_event-20.jpg

「MUE-Train」
209系を改造した多目的試験車両。

20110827_jreast_ec_muetrain-01.jpg

E233系0番台。

20110827_jreast_ec_e233_0-01.jpg

EF510形500番台。
写真は北斗星色の513号機。

20110827_jreast_el_ef510_500-01.jpg

湘南色の185系200番台。

20110827_jreast_ec_185_200-01.jpg

E231系0番台と保守用車両。

写真のE231系は保留車ですが、これは山手線のE231系500番台のオール4ドア化に際し新製された中間車は単独では試運転出来ないため、機関車けん引による配給輸送の際にブレーキを作用させるためにTIMS中央装置搭載された制御車とTIMSに電源を供給する電動車が必要となったことから三鷹車両センターのB27編成が充てられ、該当の車両はB27編成から外されたもののようです。

ちなみに山手線のオール4ドア化は9月上旬に完了したため、お役御免となった今年11月上旬に再組成されて三鷹車両センターに返却されています

20110827_jr_event-21.jpg

→次に続く。

category: 鉄道イベントなお出かけ

tag: JR東日本  鉄道イベント 
tb: 0   cm: 0

2011年8月27日 節電モードの首都圏遠征2011夏2 東京総合車両センターのイベント  

イベント会場である東京総合車両センターへ到着しました。

20110827_jr_event-03.jpg

入場門で頂いたパンフレット類と団扇。

20110827_jr_event-01.jpg

守衛室後方に静態保存されているクハ209形。

20110827_jr_event-04.jpg

流石に規模の大きいイベントなので人でごった返しています。

20110827_jr_event-05.jpg

車検場内。
ラックの中に台車が納められている。

20110827_jr_event-06.jpg

乗務員扉と側引戸の落成品。
ここで言う落成品とは整備済みのものを指すようです。

20110827_jr_event-07.jpg
20110827_jr_event-08.jpg

東海道本線に接する東棟へ。

20110827_jr_event-09.jpg

ここにはE233系1000番台が留置されています。

20110827_jr_event-10.jpg
20110827_jreast_ec_e233_1000-01.jpg

E233系1000番台の床下機器。
まずは蓋が開けられているブレーキ制御装置。

20110827_jreast_ec_e233_1000-02.jpg

アルカリ蓄電池。

20110827_jreast_ec_e233_1000-03.jpg

蓄電池の隣にある整流装置。

20110827_jreast_ec_e233_1000-04.jpg

SIVとその周辺。

20110827_jreast_ec_e233_1000-05.jpg

空気圧縮装置。

20110827_jreast_ec_e233_1000-06.jpg

屋外のラックに収容されている冷房装置。

20110827_jr_event-11.jpg
20110827_jr_event-12.jpg

→次に続く。

category: 鉄道イベントなお出かけ

tag: JR東日本  鉄道イベント 
tb: 0   cm: 0

2011年8月14日 日本100名城を巡る旅in九州23 大分府内城・その3  

大分府内城巡り。

今度は多聞櫓門を出て三の丸や腰曲輪跡など外郭部を見てきます。

20110814_oita_castle-34.jpg
20110814_oita_castle-02.jpg

宗門櫓。
写真中央左寄りにある平櫓がそれである。

20110814_oita_castle-35.jpg

多聞櫓門東方にある平櫓の着到櫓。

20110814_oita_castle-36.jpg

中堀跡。
大分府内城の中堀東面は一部埋め立てられていて、写真の公園の東端に縁に沿うようにある腰曲輪跡辺りまでは中堀が有ったとされています。

20110814_oita_castle-37.jpg

公園脇の小川に沿って残されている腰曲輪跡。

写真の歩道と小川に挟まれているのがそれなのですが、かつて大分府内城は海城であったことを名残だそうで、この腰曲輪は主郭部が直接海に接しないよう事実上防波堤の役割を兼ねていたようで、守備上の理由もさることながら浸水による被害を防ぐためと言う説が強いようです。

20110814_oita_castle-39.jpg
20110814_oita_castle-40.jpg

写真の小川から城趾外側がかつて海だったところです。

20110814_oita_castle-41.jpg
20110814_oita_castle-42.jpg

腰曲輪跡。
左側が中堀、右側がかつての海。

20110814_oita_castle-43.jpg

東の丸北東隅にある二重櫓。
名称は不明です。

20110814_oita_castle-38.jpg
20110814_oita_castle-44.jpg

腰曲輪北面から見る東の丸と本丸の石垣と櫓。

20110814_oita_castle-45.jpg

腰曲輪北面。
左側が海があった場所。

20110814_oita_castle-46.jpg

反対側。
帯曲輪はここから左斜めに進み、武家屋敷がある中嶋に繋がっていた。
ちょうど写真左奥のビル辺りがそれに当たる。

20110814_oita_castle-47.jpg

帯曲輪から見る人質櫓。

20110814_oita_castle-48.jpg

同じく山里丸側から見る。

20110814_oita_castle-49.jpg

山里口から見る西の丸への入口。
本来はこの場所に門が無いことから後に整備されたもの。

20110814_oita_castle-50.jpg

多聞櫓門前の交差点を挟んで南側にある三の丸下台所跡。
現在は公園となっている。

20110814_oita_castle-51.jpg

これで大分府内城巡りは終り。
次の目的地へ行くため大分駅へ移動します。

→次に続く。

category: 鉄道イベントなお出かけ

tag: 日本の城郭  日本100名城  大分府内城 
tb: 0   cm: 0

2010年11月21日 ちくてつ電車まつり2010を巡る日帰り強行軍3  

あとは帰阪するだけなのでJR直方から博多へ移動します。

20101121_jr_nogata-01.jpg

久しぶりに降り立った博多駅は九州新幹線の全線開業に向けた受け入れ工事が佳境を迎えています。
西側の博多口は建て替えが行われた駅ビルの外観が分かるようになりました。

20101121_hakata-01.jpg

改札内外のコンコースはJR九州とJR西日本エリアで異なり、前者は白を基調に後者はグレー系と木目調のパネルを基調にしたものとなっていますが、ホーム階は前者がきれいにリニューアルしているのに対し後者は既存ホームへの案内掲示類とバリアフリー関連の整備に留まっていると言う感じです。

20101121_hakata-02.jpg
20101121_hakata-03.jpg

新幹線のエントリーは筑紫口にある新幹線中央口から入ります。
出札・改札口が2階から1階に変更されています。

改札口側にある発車案内板は九州新幹線乗り入れにより列車名が3つから6つに増えることを受けてフルカラー機種が使用されていますが、東海道新幹線仕様に比べて荒くコンパクトと言う感じです。

20101121_hakata-05.jpg

その隣は九州新幹線用で来訪時は何も表示されていません。

20101121_hakata-06.jpg

博多南線用は独立した液晶モニタ。

20101121_hakata-07.jpg

ホーム階はホームの構築が完了して各種表示類の整備がされていました。
なお、既存の14~13番と新設の12~11番にはフルカラーLED式の乗車位置案内装置が設置されています。

20101121_hakata-08.jpg
20101121_hakata-09.jpg

博多からはのぞみ54号。

20101121_hakata-04.jpg
20101121_noaomi54-01.jpg
20101121_noaomi54-02.jpg

実質滞在時間が4時間と言う短時間で九州を離れます。

20101121_noaomi54-03.jpg
20101121_noaomi54-04.jpg

#「2010年11月21日 ちくてつ電車まつり2010を巡る日帰り強行軍」おわり

category: 鉄道イベントなお出かけ

tag: JR西日本  JR九州  山陽新幹線  九州新幹線  駅改良工事  博多駅 
tb: 0   cm: 0

2010年11月21日 ちくてつ電車まつり2010を巡る日帰り強行軍2  

黒崎駅に到着しました。
イベント会場の筑鉄黒崎工場は西黒崎駅に隣接し黒崎駅から徒歩圏内にあることから、歩いて向かうことにしました。

20101121_kurosaki-01.jpg

会場の黒崎工場は細長い敷地で実際に入ると手ざまな印象を受けます。
会場入り口近くには2000形と3000形が撮影用として車内外を展示されていました。

20101121_chikutetsu_2000-01.jpg

2000形の車内。

20101121_chikutetsu_2000-in01.jpg

連接部。

20101121_chikutetsu_2000-in02.jpg

天井回り。

20101121_chikutetsu_2000-in03.jpg

近年見られるLED式ではなく幕式の運賃表。

20101121_chikutetsu_2000-in04.jpg

3000形。

20101121_chikutetsu_3000-01.jpg

西側の工場棟内で展示されているもの。

3000形の台車。
まずは従台車で中間の連接部の台車として使用されています。

20101121_chikutetsu_3000-02.jpg

先頭台車となる動台車。

20101121_chikutetsu_3000-03.jpg

補助電源装置であるインバータ装置。

20101121_chikutetsu_3000-04.jpg

パンタグラフ。
こちらは2000形用で菱形。

20101121_chikutetsu_2000-02.jpg

3000形はシングルアーム型

20101121_chikutetsu_3000-05.jpg

3000形の主電動機。
東洋電機製造製 TDK-534-A

20101121_chikutetsu_3000-06.jpg

2000形の主電動機。
日立製作所製 HS-313-Erb

20101121_chikutetsu_2000-03.jpg

3000形・2000形共通で使用されている。
DH-25形電動空気圧縮機。

20101121_chikutetsu_2000-04.jpg

整備中の3000形。
こちらはオリジナルの塗装。

20101121_chikutetsu_3000-07.jpg

瞬く間に終わってしまったため西黒崎から筑豊直方まで乗りとおすことにしました。
西黒崎駅構内。

20101121_nishi_kurosaki-01.jpg
20101121_nishi_kurosaki-02.jpg
20101121_nishi_kurosaki-03.jpg

3000形電車に揺られて筑豊直方に到着。
2006年以来4年ぶりの乗車です。

20101121_chikuho_nogata-03.jpg
20101121_chikutetsu_3000-08.jpg
20101121_chikuho_nogata-01.jpg
20101121_chikuho_nogata-04.jpg

この後はJR直方駅へ移動して、福北ゆたか線を博多へ向かいます。

20101121_chikuho_nogata-02.jpg

→次に続く。

category: 鉄道イベントなお出かけ

tag: 筑豊電気鉄道  鉄道イベント 
tb: 0   cm: 0

2010年11月21日 ちくてつ電車まつり2010を巡る日帰り強行軍1  

11月21日に北九州市の筑豊鉄道黒崎工場において「ちくてつ鉄道まつり2010」が開催されたことから、久しぶりに九州へ上陸してきました。

久しぶりの九州入りなので早朝出発のつもりだったのですが、イベントへ行く目的が筑鉄の2000形狙いで短時間勝負だったことから、朝はダラダラと動いて新大阪発は10時台・・・。

20101121_shin_osaka-01.jpg

九州入りはのぞみ11号。

20101121_nozomi11-01.jpg

九州入りは昼前。
個人的に九州入りのデフォルトは博多なのですが、来訪場所が北九州市内なので今回は珍しく小倉で降車。

20101121_kokura-01.jpg
20101121_kokura-02.jpg

小倉からは黒崎へ移動するため在来線に乗り換え。
乗換までちょっと時間があるので短時間であるものの撮影タイム。

20101121_jrkyushu_ec_811_100-01.jpg
20101121_jrkyushu_ec_813_200-01.jpg

黒崎までは813系で移動。
写真の車両は同系の中では最も新しいグループの13次車(2009年度)で1100番台。
モノトーン主体であった初期の車両の比べて内装が明るめです。

最初の0番台が登場した1994年から現在に至るまで6年間造り続けているわけですが、同年代に登場した223系グループがそうであったように813系も時代の流れと技術を受け入れながら変化していった車両と言えます。

20101121_jrkyushu_813_1100-01.jpg

黒崎に到着。

20101121_kurosaki-01.jpg

黒崎駅から会場へ移動します。

→次に続く。

category: 鉄道イベントなお出かけ

tag: JR西日本  JR九州 
tb: 0   cm: 0

2010年11月3日 TXと関鉄のイベントを駆け巡る日帰り強行軍5 帰阪  

水海道から東京へ戻ります。

20101103_kantetsu_2200-01.jpg

東京駅へ戻ってくるとあるフォロアーさんを会う約束があるため構内をウロウロ。
東京到着直後にメールを送ったのですが、場所を絞り込んでなかったので右往左往した次第です・・・。

Twitter上では割とやりとりするのですが、実際に会うのは2月行われた吉田一紀さん主催の新年会の時以来2度目となります。
1時間ほど談笑した後、のぞみ245号で帰阪します。

20101103_tokyo-02.jpg
20101103_tokyo-01.jpg

すっかり定番のN700系。

20101103_jrcentral_n700_0-01.jpg

自由席なのとドア扱い後すぐ乗り込んだ直後の車内は無人です。
サイト作成の資料として撮っておきました。

20101103_jrcentral_n700_0-in01.jpg
20101103_nozomi245-01.jpg

大阪に戻ってきたのは20時過ぎ。
そのあとは暫定供用が開始された大阪駅の橋上駅舎を見てから帰宅しました。

#「2010年11月3日 TXと関鉄のイベントを駆け巡る日帰り強行軍」おわり。

category: 鉄道イベントなお出かけ

tag: 関東鉄道  JR東海 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

サイト更新情報Twitter

DK-KawachiのTwitter

カレンダー

最近の記事

Facebook

フォト蔵

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

OSAKAあかるクラブ

▲ Pagetop