DK-Kawachiの日記と雑学ノート ホーム »2008年12月
2008年12月の記事一覧

2008年の個人的活動を総括する  

2008年ももうすぐ終わりです。

2008年も遠征に明け暮れた年でした。

2008年の主な遠征

1月13日~14日 広島(乗りつぶし・観光)
2月10日~11日 首都圏(工事見聞・編成写真)
2月17日 名古屋(モリコロパーク)
3月 遠征無し
4月6日 名古屋(モリコロパーク・編成写真)
4月13日 首都圏(オフ会)
4月27日 首都圏(MSE乗車体験・編成写真)
5月3日~6日 九州(乗りつぶし・編成写真)
5月24日~25日 越後・磐梯・信州(乗りつぶし・編成写真)
6月8日 広島(鉄道イベント)
6月15日 名古屋(モリコロパーク・編成写真)
6月28日~29日 首都圏(オフ会・乗りつぶし)
7月6日 滋賀(乗りつぶし)
7月19日~21日 中国地方(乗りつぶし・編成写真・観光)
8月2日~3日 中部・東海(乗りつぶし・観光)
8月13日~17日 中国地方(乗りつぶし・編成写真)
8月24日 名古屋(鉄道イベント・編成写真・乗りつぶし)
9月13日~15日 長野(乗りつぶし・編成写真・観光)
10月4日~5日 羽前・陸前・伊豆(乗りつぶし・観光)
10月26日 博多(鉄道イベント)
11月1日~3日 北東北(乗りつぶし・編成写真・鉄道イベント・観光)
11月9日 群馬(鉄道イベント)
11月22日~24日 首都圏(乗りつぶし・編成写真・鉄道イベント)
12月28日 首都圏(乗りつぶし・編成写真)

乗りつぶした路線(全区間乗車済みとした路線)
北海道地方
 2007年に完乗
東北地方
 磐越西線・陸羽西線・陸羽東線・津軽線・津軽鉄道
関東地方
 横浜市営地下鉄グリーンライン・東京メトロ副都心線・東京メトロ銀座線・東京メトロ丸ノ内線・埼玉高速鉄道・京成本線・芝山鉄道・五日市線・根岸線
甲信越地方
 越後線・長野電鉄長野線・長野電鉄屋代線
東海地方
 名松線・参宮線・高山本線
北陸地方
 越美北線
関西地方
 近江鉄道近江本線・近江鉄道多賀線・近江鉄道八日市線・信楽高原鐵道
中国地方
 広島電鉄全路線・智頭急行・若桜鉄道・境線・一畑電車北松江線・一畑電車大社線・スカイレールサービス・錦川鉄道・姫新線・津山線・因美線・赤穂線・福塩線・三江線・木次線・宇部線・小野田線・美祢線・山陰本線仙崎支線・芸備線
四国地方
 2007年に完乗
九州地方
 筑肥線・唐津線・日田彦山線・香椎線・平成筑豊鉄道田川線・平成筑豊鉄道伊田線・平成筑豊鉄道糸田線・長崎電気軌道全路線・肥薩おれんじ鉄道(JR時代に乗車済みで今回再乗車)

2008年は休みが日曜のみであった3月が遠征無しでしたが、それ以外は何らかの遠征をしています。
結果的には2007年と同じ程度で、半数は日帰り遠征です。
(連泊遠征11回、日帰り遠征10回)

今年は中国地方と九州地方が完乗となり、残るは沖縄1・関西1・東海5・北陸1・関東16・信越1・東北7となりました。
来年と再来年でこれらを乗りつぶしたいところですね。

以上です。
スポンサーサイト

category: その他

tb: 0   cm: 0

年末日記 2008年12月29日~12月31日  

2008年12月29日(月)~12月30日(火)

プチ遠征明けの年末はコンビニに食料調達する以外は基本的に自宅に引きこもってローカルサイトの更新を進めていました。

ここではトップページは既に新バージョンにし直しましたので、メインページと鉄道写真館の方を重点的にやってみましたが、旧フォーマットのままであるページを現行のフォーマットに直すのに難渋してます。

まあ、どちらかというと画像関係がめんどくさいというのが一番大きいのですけどね・・・。

2008年12月31日(水)

大晦日は夕方からお出かけ。
出始めに理髪店に寄って伸びてきた髪を短くしてもらいスッキリしてから梅田へ。

ここではカメラバッグを買うために出向いてきたのですが、複数日にわたる遠征では着替え・充電器類を入れる鞄とノートPC・デジカメ・時刻表を入れる鞄の2つを持って行くのですが、メインカメラをデジタル一眼レフとするには現行のままでは収容しきれません。

カメラバッグを持ってきたも良いのですが、それでは移動時の効率が落ちます。
出来ることなら2つ程度で納めたいのですが、手持ちの鞄にはそれがないことから、デジタル一眼も含めた必要なものを収容するため、その条件にあった鞄を探していてきたわけです。

今回はベネトンのカメラバッグ508のブラウンを。
条件はカメラ機材自体は多くないものの、ノートPCが入れれて、大きさもデザインがそこそこと言うことで、個人的にこれにしたわけです。

20081231_camera_bag-01.jpg

今回はそれ以外にデジカメクリーニングキット、液晶保護フィルム、レンズフィルターなどを買って、2万円ほどしましたが、デジタル一眼を買ってたくさん溜まっていたポイントを活用しました・・・。

帰りはおおさか東線経由で帰宅。

20081231_osaka_higashi_line-01.jpg

帰宅後は昼間録っておいた番組をのんびりと見ながらブログを更新して2008年末を終えます。

category: 日記

tb: 0   cm: 0

年末年始の更新について  

年末年始についてのお知らせです。

ブログの方は先日の年末日記で通常の更新はお休みします。
年始の再開までは大晦日と年始で更新後、1月4日予定の年始日記から更新を再開します。

ローカルサイトの方は1月1日にサイトトップページなどの更新を行います。
今後の撮影機材が一眼レフを主軸にするためアスペクト比が2:3に変わることから、トップページの方は2007年・2008年版のVer.2.0から一新されVer.3.0になります。

コンテンツ一覧のメインページのデザインも変える予定で、年末の数日中に詰めておかないといけないのですが、まだこれからという状態です。

category: サイト更新情報とお知らせ

tb: 0   cm: 0

年末日記 2008年12月28日  

2008年12月28日(

2008年末のお休みの初日であったこの日は編成写真のゲットのため東京へ出向いてきました。

狙いはE233系3000番台と一年半ほど営業運転から姿を消して12月23日から再び運用に就いたE331系。
この段階で撮っておかないと日程の都合で春先まで当地で撮影に時間を割くことが難しくなるため、年末でもある程度自由の効くこの日に行くことにしました。

往路はのぞみ204号。
今回は自由席を利用しましたが、ガラガラだった一方で博多方面は満席状態を示す×印がズラリと並んでいました。

20081228_shinosaka-01.jpg

品川からは京急に乗り換えて京急蒲田執念の連立事業の進捗状況を確認。
ほぼ年単位で見てきているので、だいぶん進んでいる様子ですが、部分部分で桁が無い状態にあるもの見られます。

20081228_omoricho-01.jpg
20081228_keikyu_kamata-01.jpg

横浜へ移動し、ここで編成写真ゲットタイム。
今回は予め運用を調べて準備万端で挑んだのですが、専用の運用がある3本中の1本目は先月の遠征において平塚で撮影したE217系。
前回は夕方だったので、日中で捕らえるのは今回が初めてです。

20081228_jreast_ec_e217-01.jpg

2本目はE231系が代走しておりハズレです・・・。

20081228_jreast_ec_e231_s1000-01.jpg

3本目でようやくE233系3000番台を捉えることが出来ました。
タイミング的には危うかったのですが、無事捉えました。

20081228_jreast_ec_e233_3000-01.jpg

お次は常磐線へ移動しての撮影だったのですが、こちらは時間的な制約も加わって大苦戦に終わってしまいます。

20081228_jreast_ec_e531-01.jpg

松戸で昼食を挟んで京葉線へ。
新浦安で捉えようと思った現地に到着した矢先にE331系に遭遇したのですが、各駅停車の運用に就いているため海浜幕張での折り返しを利用して捉えました。

20081228_jreast_ec_e331-01.jpg

ついでに7分ほど遅れてたE257系500番台「わかしお号」をゲット。
本当はこのように綺麗に捉えればいいのですが、先の4枚は逆光での撮影だったり、若干飛び気味だったりして厳しいです。

20081228_jreast_ec_e257_500-01.jpg

東京へ戻ると今度は五日市線を乗りつぶすため、中央線快速に乗り換えて一路拝島へ。
単線区間となる五日市線は冬期の保温対策なのかドアの開閉が全駅で半自動扱いとなっていました。

20081228_jreast_ec_e233_0-0.jpg

武蔵五日市まで乗り通しこの日は終了。

20081228_musashi_itsukaichi-01.jpg

東京へ戻って夕食を挟んだ後、帰阪しました。

#2008.12.29 3:50 Update

category: 日記

tb: 0   cm: 0

2008年10月26日 「新幹線ふれあいデー」遠征7 500系の翼形パンタグラフ「WPS204」  

台車検査棟からトラバーサーを挟んで隣にある作業棟へ向かいました。
こちらは500系の翼形パンタグラフの動きを見ることが出来ます。

20081026_jrwest_tec_500-05.jpg

降ろされた状態では収納されているという感じです。

20081026_jrwest_tec_500-06.jpg

使用時には本体を起こすという感じで起動します。

20081026_jrwest_tec_500-07.jpg

本体が単に直立した段階ではスライダーが架線に接触されていません。

20081026_jrwest_tec_500-08.jpg

本体が伸びて、ようやくスライダーが架線に接します。
これにはダンパが用いられていますが、ダンパの製作はF1で用いられるショックアブソーバーでノウハウを持つショーワに依頼されたそうです。

20081026_jrwest_tec_500-09.jpg

作業棟から戻ってくるときに運良く500系が洗車機を通過して行くのを発見したので撮っておきました。

20081026_jrwest_tec_500-10.jpg

行った序でなので、車両所の本部棟の屋上が一般開放されていたので、屋上から車両所の全景を見てきました。

20081026_shinkansen_fureai-03.jpg

さらに先では発着線のの様子が確認で来るため、ここも撮っておくことにしました。

20081026_shinkansen_fureai-04.jpg

最後は洗車機を通過する0系を撮って会場を後にしました。

20081026_jrwest_tec_0_7000-04.jpg

帰りはのぞみ44号。
今回はN700系で帰阪しました。

20081026_hakata-02.jpg
20081026_jrcentral_tec_n700_0-01.jpg

#「2008年10月26日 「新幹線ふれあいデー」遠征」 おわり。

#2008.12.30 17:45 LastUpdate

category: 鉄道イベントなお出かけ

tb: 0   cm: 0

2008年10月26日 「新幹線ふれあいデー」遠征6 新幹線の台車と主電動機  

台車検査棟へ来ました。
こちらは台車の他、車輪の検査・修繕などが行われています。

まずは台車から離された車輪ですが、写真の段階では軸箱と軸箱支持が付いた状態です。
写真は軸箱支持方式が軸梁式のものですが、こうして見ると梁自体の構造が良く分かります。

20081026_shinkansen_fureai-16.jpg

2枚目は700系の台車。

同じ700系でもJR東海は201系電車にも見られる乾式円筒案内式であるのに対し、JR西日本の台車は500系と共通性を持たすため軸梁式となっています。
先の写真は700系であると思われます。

20081026_shinkansen_fureai-17.jpg

3枚目は各形式の台車。
左から100系・300系・N700系で、N700系からは軸箱支持方式が乾式円筒案内式に変更されてJR東海車と共通化が図られています。

また、左の100系はボルスタアンカーが付いていますが、後の2形式はボルスタレス台車なので、写真で見ると明らかに構造が簡素になり、軽量化されているのが分かります。

20081026_shinkansen_fureai-18.jpg

4枚目は各形式の主電動機。
左から500系・300系・100系・0系と並んでいますが、誘導電動機である左側と直流電動機である右側とは明らかに大きさが異なり、世代が進むに従って小型化されています。

20081026_shinkansen_fureai-19.jpg
20081026_jrwest_tec_0_7000-03.jpg
0系の主電動機・WMT200

20081026_jrwest_tec_100_7000-03.jpg
100系の主電動機・WMT202

20081026_jrwest_tec_300_3000-01.jpg
300系の主電動機・WMT203

20081026_jrwest_tec_500-04.jpg
500系の主電動機・WMT204

続いて、真新しい車輪が平積みされていますが、このあと車軸に嵌め込まれる作業を経て台車に取り付けられます。

20081026_shinkansen_fureai-20.jpg

これはブレーキディスクあることから付随車の車軸であることが想像出来ます。
新幹線のディスクブレーキはブレーキパッドの変わりに電磁石を利用する過電流式といわれる非接触式で、山陽新幹線でこれを採用しているのは100系・300系・700系だけとなっています。

この方式は重量の増加などの原因にもなることと、回生ブレーキの性能が向上したことから、近年では省略される新幹線車両(E2系やN700系など)が多いそうです。

20081026_shinkansen_fureai-21.jpg

こちらは車輪を嵌め込んだもので、写真は歯車装置が付いていることから電動車のものであることが分かります。

20081026_shinkansen_fureai-22.jpg

検査を終えたものは、順次写真のように並べられ台車に組み込んだ後、各種試験を経て車体に戻されます。

20081026_shinkansen_fureai-23.jpg

最後のジャッキアップの実演で使われている700系。
台車が抜かれているため、仮台車が付いています。

20081026_shinkansen_fureai-24.jpg

→次に続く。

category: 鉄道イベントなお出かけ

tb: 0   cm: 1

2008年10月26日 「新幹線ふれあいデー」遠征5 高速試験車両「WIN350」と「グランドひかり」の食堂車  

保線車両が展示されている場所から奥へ進むと台車抜き・台車入れで使用されるジャッキアップ場があり、その手前にはトラバーサーがあります。

20081026_shinkansen_fureai-13.jpg
20081026_shinkansen_fureai-14.jpg
20081026_shinkansen_fureai-15.jpg

ここの最も奥に山陽新幹線で縁の深い車両が展示されています。

まずは高速試験車両500系900番台「WIN350」
現在の「500系のぞみ」の基礎となった車両で、当初は6両編成の全車電動車で構成され、試験走行時の最高速度は350.4km/hをたたき出しています。

本形式の試験結果を反映させて500系が登場した後、廃車となり中間車は解体、先頭車は一方は米原の鉄道総合技術研究所・風洞技術センター敷地内に静態保存され、もう一方はここ博多総合車両所に保存されています。

写真の車両は新大阪・東京方先頭車の500-906です。

20081026_jrwest_tec_win350-01.jpg

もう一つは100系グランドひかりの食堂車。

こちらはJR東海の100系とは異なりJR西日本の100系は二階建て車両を4両繋いだV編成と称し、グランドひかりとして東京~博多間で使用されてきたのですが、のぞみ登場による高速化により追いやられる形となり、最終的に現在の4または6両(PまたはK編成)に短縮されたため食堂車を含めた中間車も一部を除き廃車となっています。

博多総合車両所に保存されているのは、食堂車とグリーン車・普通車の合造車の各1両であり、これらはV編成最終増備編成である元V9編成で、書類上の車籍は現在も残されているそうです。

写真の車両は元V9編成の食堂車である168-3009です。

20081026_jrwest_tec_100_3000-01.jpg

→次に続く。

category: 鉄道イベントなお出かけ

tb: 0   cm: 0

2008年10月26日 「新幹線ふれあいデー」遠征4 九州新幹線直通用N700系7000番台  

検査ピットへやって来ました。
新幹線の車両基地と言うことで、私鉄や在来線の基地とはスケールが違います。

20081026_shinkansen_fureai-06.jpg

まず目に入るのは、保線用車両の展示。
基本的には在来線とさほど変わりません。

20081026_shinkansen_fureai-08.jpg
20081026_shinkansen_fureai-09.jpg
20081026_shinkansen_fureai-10.jpg

次の写真は何かの設備なのかは良く分かりませんが、ズラリと並んでいる様子に私の感性に触れたのか?撮ってしまいました・・・。

20081026_shinkansen_fureai-07.jpg

検査ピットから出発線側を撮影。
会場の入口からこの場所へは左手から地下道に入って横断して右手に見える通路を通ります。

20081026_shinkansen_fureai-11.jpg

右手奥のピット上には何と10月中旬に試運転を行ったばかりの九州新幹線直通車両が停まっていました。

20081026_shinkansen_fureai-12.jpg

既報通りN700系をベースとした車両はのぞみ用のN700系3000番台(N編成)とは異なり、レールスターと同じ8両編成であるものの、基本組成と車内設備が大きく異なることからN700系7000番台に区分され、S編成と称されていました。

20081026_jrwest_tec_n700_7000-01.jpg

今年導入されて車両はいわゆる量産先行車で、今後行われる試験走行などの結果により開業前に投入される量産車に変更が加えられるものと思われます。

20081026_jrwest_tec_n700_7000-02.jpg

その隣にはドクターイエロー923形3000番台が展示されていました。

20081026_jrwest_tec_923_3000-01.jpg

→次に続く。

category: 鉄道イベントなお出かけ

tb: 0   cm: 0

休日日記 2008年12月23日  

2008年12月23日(

この日は天皇誕生日ということでカレンダー上では祝日となります。

12月23日のように両側を平日で挟まれている場合は例年だとお仕事なのですが、近年の職場の事情が変わってきていることと、昨今の景気悪化の影響をもあってこの日は仕事休みとなりました。

午前中は寝床には入り込んだまま過ごし、午後からKawachiデジカメ5号機を片手に試し撮りと素材集めのためのお出かけ、といっても出掛けたのが14:00過ぎということもあって、試し撮り+デジタル一眼の学習に終わってしまったのですが・・・。

出向くついでに、我が地元の長瀬駅の駅舎改築工事が進んだため旧上り駅舎が見事に解体されました。
実は解体工事自体はほんの数週間前にあったことなので、画像でフォローしてなかっただけなのですが、ようやく撮っておくことが出来ました。

20081223_nagase-01.jpg

難波から南海高野線に乗り換えて三国ヶ丘へ。

先に乗った近鉄では難波駅の改良工事が順調に進んでいる様子で、改札口には尼崎方面の発車案内板が準備され(現在降車用となっているホームにも設置され、こちらは既に稼働中)券売機や窓口も再整備されていました。
後は阪神電鉄との相互乗入れ開始に合わせて、阪神電鉄側の運賃表をはじめする掲示類を準備すればいい状態になっているようです。

南海難波駅は待ち合わせ場所としても知られたロケット広場のロケットが撤去されて改良工事真っ直中。
3階改札口周りも工事が進められている様子で、階段上がって正面にあった窓口が工事の進捗に合わせて同左手に移転していました。

三国ヶ丘から阪和線に乗り換えて撮影の定番である浅香駅北方に架かる大和川橋梁で撮影を始めます。
先客がいたため、まずは大和川下流から橋を行く電車を撮影。

20081223_jrwest_ec_205_1000-01.jpg
20081223_jrwest_ec_103-01.jpg

場所が空いたのを確認して、ホーム端部から大和川橋梁を行く電車を撮影。

被写体深度が深いコンデジとは違って、今回のデジタル一眼で使用しているレンズは被写体深度が比較的浅いことから、下のように全面にピントが合っていると後方に行くに従ってボケて行くのが分かります。

20081223_jrwest_ec_223_2500-01.jpg
20081223_jrwest_ec_103-02.jpg

森小路へ移動して、京阪本線の編成写真の撮影。
日没を迎える時間帯で薄暗くなって行く厳しい条件でしたが、高感度に強くなったのが幸いしてまあ撮れたと行ったところです・・・。

以下の4枚の撮影時の感度は自動設定ですが、撮影後のデータによるとISO1600で撮影されています。

20081223_keihan_2400-01.jpg
20081223_keihan_9000-01.jpg
20081223_keihan_1000-01.jpg
20081223_keihan_6000-01.jpg

撮影後、鶴橋で年末頭の休みで遠征する指定席の変更をしてきました。
ちょっとした手違いで乗車日を間違えたのを変更してきたもので、往路だけ発券し直しとなりました・・・。

このあとは素直に帰宅。
明日から年末にかけてお仕事です。

category: 日記

tb: 0   cm: 0

2008年10月26日 「新幹線ふれあいデー」遠征3 N700系と500系を間近で見る  

午後になってイベント会場である博多総合車両所に到着しました。
入口の真上を九州新幹線の高架橋があり、工事区画さながらの入口から入場します。

20081026_shinkansen_fureai-02.jpg

JR西日本としては4年ぶりに行われる鉄道イベントである今回は大阪から最も遠いこの地で行われることに・・・。

20081026_shinkansen_fureai-01.jpg

入ってすぐの場所がN700系と500系が展示されているのですが、もっとも混んだ場所とも言えます。
ここに留置されているのは運転室体験がある関係から配線上この場所しかないようです。

20081026_shinkansen_fureai-.jpg

展示されている両形式ともJR西日本在籍で、N700系は西日本仕様の16両編成3000番台、500系は16両編成ののぞみ運用車が展示されていました。

20081026_jrwest_tec_n700_3000-01.jpg
20081026_jrwest_tec_500-01.jpg

今回展示されている500系は同系の量産車第1編成であるW1編成で、前頭部側面にセンサー窓が付いていて、これがあるのはW1編成ほのかにはW2編成にあるだけです。

20081026_jrwest_tec_500-03.jpg

このあと検査ピットへ向かったのですが、そこで予想しなかった車両が展示されていたのです。

→次に続く。

category: 鉄道イベントなお出かけ

tb: 0   cm: 0

2008年12月20日 姫路駅全面高架切替直前レポ3・消えゆくもの  

本記事投稿時には全面的に高架へ切替が終わっていると思われますが、切替直前レポの最後は消えゆくものとして播但線・姫新線のりばの画像をお送りします。

まずは播但線。

切替直前は2面3線+側線1線が残された状態で、山陽本線が高架に切り替えられた後も、大阪から来る「はまかぜ号」や網干総合車両所からの車両送込みのために姫路駅構内東端とを連絡線で結んでいました。

20081220_himeji-17.jpg
20081220_himeji-18.jpg
20081220_himeji-21.jpg
20081220_himeji-19.jpg
20081220_himeji-20.jpg

次は姫新線、駅ビル正面に位置する1番のりばと0番のりばがありました。

20010311_jrwest_dc_40_2000-01.jpg
在りし日の1番線で出発を待つ姫新線キハ40形2000番台 2001年3月11日撮影

切替直前には頭端式2面2線となり、1番のりばは仮設状態となっていました。
西側にある改札外の跨線橋は南北自由通路の供用開始により切替後に廃止されるもようです。

20081220_himeji-22.jpg
20081220_himeji-23.jpg

切替後の様子は後日報告することにし、今回の切替直前レポを終わります。

category: その他の鉄道工事レポ

tag: 工事  連続立体交差事業  姫路駅  JR西日本 
tb: 0   cm: 0

2008年10月26日 「新幹線ふれあいデー」遠征2 姫路での撮影  

姫路へ到着しました。

20081026_himeji-02.jpg

この時点での時間は8:40頃。
このあと、30分ほどは500系やN700系を捉えることが出来るタイミングなので、最も撮影に労することのない姫路で捉えることにしました。

ところが当日はあいにくの曇り空。

西明石で追い抜いた0系が通って行く中、500系とN700系を捉えましたが、12月20日に捉えたものと比べると撮影条件に差があるとは言え鮮明さ大負けしてしまいます。

20081026_jrwest_tec_500-02.jpg
20081026_jrcentral_tec_n700_0-02.jpg

姫路をあとにしてイベント会場がある博多南へ向かいます。
姫路からはひかり365号で岡山まで移動。

20081026_himeji-01.jpg
20081026_jrcentral_tec_700_0-01.jpg

岡山からひかりレールスターに乗り換えて博多へ。
ほぼ満席に近い状態でしたが、福山で纏まった空席があったので空かさず座りました。

20081026_okayama-01.jpg
20081026_jrwest_tec_700_7000-01.jpg

昼過ぎに博多に到着。
ここからは博多南線に乗り換えですが、今年のGW遠征で乗った年の秋にもう一度乗るとは思いませんでした。

20081026_hakata-01.jpg
20081026_jrwest_tec_100_7000-02.jpg

→次に続く。

category: 鉄道イベントなお出かけ

tb: 0   cm: 0

週末日記 2008年12月21日  

2008年12月21日(

21日はサイト用の画像素材集めのためお出かけしてきました。

ローカルサイトのトップ画像は毎年変えてきているのですが、メインのカメラがこれまでのコンデジからデジタル一眼に変わる事に伴い画面比も現行の4:3から3:2に変わることから、来年のトップページの画像はこれに向けたものと言うことになります。

まずは東花園で3220系を撮影。
3220系自体は既に撮っているのですが、実は写真の被写体となっている第1編成は編成写真としてはまともに撮れたことが無かった編成なんです。

20081221_kintetsu_3220-01.jpg

石切では阪神電鉄の相互乗入れに向けて更新された発車案内板を確認。

20081221_ishikiri-01.jpg

大和西大寺では橿原線・奈良線と西大寺車庫の入出庫の複雑な配線を撮影。

20081221_yamato_saidaiji-01.jpg

丹波橋へ移動して、新3000系と塗装変更された8000系の編成写真をゲット。
前者は何度か捉えているのですが、後者は今回初めて捉えました。

20081221_keihan_3000_2g-01.jpg
20081221_keihan_8000-01.jpg

このあと梅田へ移動し、鉄道関係の書物を買って帰りました。

20081221_umeda-01.jpg

#2008.12.22 0:05 LastUpdate

category: 日記

tb: 0   cm: 0

2008年12月20日 姫路駅全面高架切替直前レポ2  

続いて播但線・姫新線の新ホームの様子です。

播但線・姫新線のりばは1面4線で、ホーム中央部に切り欠けがあり、東側2線を播但線が、西側2線を姫新線が使用する形となります。

先ずは播但線側。

20081220_himeji-02.jpg

播但線ははまかぜ号が山陽本線側から姫路駅でスイッチバックする形で直通運転するため、山陽本線下り→6番・7番のりば→播但線と播但線→4番・6番のりば→山陽本線上りというパターンになる模様です。
(5番線からは播但線の出発信号機がないため、ここからの入線不可と思われる。また配線もそのような配線になっていない)

20081220_himeji-15.jpg

続いて姫新線側。
姫新線側は山陽本線ホームよりもやや西側にホーム端部がある感じです。

20081220_himeji-14.jpg

配線や出発信号機から見ると6番・7番のりばから姫新線に入ることが出来るようですが、基本的に臨時や団体列車での直通は考えられ、非電化と電化の違いなどもあるため定期列車ではまず無いと考えるべきと思われます。

20081220_himeji-16.jpg

一応、非電化路線である姫新線側も架線が張られているのですが、おそらく播但線の回送の絡みだと想定されるため、引き上げ・入換えに必要な程度しか架線は張られていないと思われます。

20081220_himeji-12.jpg

ホーム中程のある切り欠けには分岐器が挿入されており、播但線が部分電化後は両線の直通運転は現在存在しないものの、引き上げのための入替作業などで用いられるのではないかと思われます。

20081220_himeji-13.jpg

→次に続く。

#2008.12.22 1:20 LastUpdate

category: その他の鉄道工事レポ

tag: 工事  連続立体交差事業  姫路駅  JR西日本 
tb: 0   cm: 0

2008年12月20日 姫路駅全面高架切替直前レポ1  

12月22日に姫路駅が全面的に高架に切り替わるのですが、その前日である12月21日に大掛かりな切替工事が行われるのを前に、直前の様子を見てきました。

20081220_himeji-03.jpg

山陽本線は既に切替が終わっており、今回は地上に残されている姫新線と播但線が切り替わります。
今回の切替により北側の駅ビルにあった中央改札口・東改札口・フェスタ口・地下改札口が廃止され、切替前は南中央出口となっている改札口がこれらを継承する形となる模様で、改札口も中央改札口と改められます。

20081220_himeji-06.jpg

まずは切替前の改札内コンコースの様子。
写真は新幹線乗換え口にある階段から撮ってもので、舗装だけになっている部分が今回切り替わる播但線・姫新線が新ホームが真上にある辺りだと思われます。

20081220_himeji-04.jpg

切替後には駅ビル東側にあった東出口が高架下に移るもようで、切替前は写真のようにフェンスで仕切られています。

20081220_himeji-05.jpg

こちらは廃止される地下改札口への階段。
地上駅時代は在来線の乗換え通路でもありましたが、高架へ全面切り替えと同時に消滅します。

20081220_himeji-08.jpg

切替後は南北に自由通路が設けられることになることから、新たに自由通路用の仮通路が設けられる準備がなされています。
写真左が乗換え通路で、右側に閉鎖されているのが仮設の自由通路となります。

20081220_himeji-07.jpg

切替前の南中央口にある自由通路の北側は供用開始に向けて準備段階と言ったところ。

20081220_himeji-01.jpg

12月21日に姫路~京口を終日運休する播但線。

終日運休となることから「どうなっているのか」というと、高架橋の桁が架かっていない箇所が2箇所存在し、一つは切替口、もう一つは切替口と姫路駅との中間にあり、桁自体は既に構築されており、切替工事の際は大型クレーンなどを用いて本設に架けられるという感じになりそうです。

既存部分との切替口は1984年に姫路市内の連立事業で京口駅と野里駅が先に高架化された場所で、ここの切替が大掛かりとなっている模様です。

20081220_himeji-09.jpg
20081220_himeji-10.jpg

その切替口から姫路駅寄りにある部分は利用は良く分かりませんが、切替工事に際は大型クレーンで架設されると思われます。
(写真奥が播但線の新高架橋、それのさらに奥が山陽本線の高架橋)

20081220_himeji-11.jpg

→次に続く。

#2008.12.22 0:45 LastUpdate

category: その他の鉄道工事レポ

tag: 工事  連続立体交差事業  姫路駅  JR西日本 
tb: 0   cm: 0

週末日記 2008年12月20日  

2008年12月20日(

今週末は土日ともお休み。

20日は朝早くから姫路へ出向いてきました。
目的は近日中に全面的に高架切替となる姫路駅の連立事業の見聞と新幹線の編成写真のゲット。

まずは連立事業の方ですが、姫新線・播但線のりばの方は受け入れ準備がほぼ終わっている状況ですが、駅の前後にある数ヵ所は桁が掛かっていない状態で、現地で確認したところそれらは切替工事実施日に大型クレーンなどを用いて本設される模様です。

20081220_himeji-01.jpg
20081220_himeji-02.jpg

続いて編成写真のゲット。
のぞみの運用では数少なくなった500系や進出著しいN700系を捉えました。

20081220_jrwest_tec_500-01.jpg
20081220_jrcentral_tec_n700_0-01.jpg

大阪へ戻って京阪電鉄の編成写真のゲット。
当日は「さよなら1900系」の運転日だったそうですが、私は我関せずで・・・。

20081220_keihan_1000-01.jpg

夕方からは職場の忘年会に出席。
1次会は鍋、2次会はカラオケという流れ。

20081220_diner.jpg

今年は意外と早く23:00過ぎには解散となりました。

#2008.12.21 20:40 Update

category: 日記

tb: 0   cm: 0

2008年10月26日 「新幹線ふれあいデー」遠征1 お祭り状態の新大阪駅  

10月26日にJR西日本博多総合車両所にて「新幹線ふれあいデー」が開催されたことから、当日はそのイベントを見に出掛けてきました。

大阪~博多までは山陽新幹線での移動だったのですが、当時引退間近であった0系の編成写真などを捉える目的から何本かの列車を乗り継ぎながらの移動となりました。

手始めに新大阪駅に停車中の100系を捉えます。

現在はこだま号で使われているのですが、九州新幹線が開業する頃には現在のひかりレールスターが九州新幹線直通になる模様で、ここで運用されている700系7000番台がそれに合わせてこだま号に転用されるとなると100系引退という可能性も見えてきます。

撮影はそれを想定してのもので、3~5年を目処に引退と言う線を念頭に置いてこの時期から撮っておいた方が良さそうです。

20081026_jrwest_tec_100_7000-01.jpg

100系こだまが走り去ると20番線・21番線にはカメラを抱えた趣味人や家族連れが集まってきます。

20081026_shinosaka-01.jpg

7:45頃に0系こだま号が入線。

20081026_jrwest_tec_0_7000-02.jpg
20081026_jrwest_tec_0_7000-01.jpg

列車の前後を挟んでお祭り状態。
定期運用の最終日や先日行われたさよなら運転の時は最高潮だったらしいです・・・。

20081026_shinosaka-03.jpg

このあと、ひかり391号に乗って姫路へ移動しました。

20081026_shinosaka-02.jpg
20081026_shinkansen-01.jpg

→次に続く。

category: 鉄道イベントなお出かけ

tb: 0   cm: 0

2008年12月14日 阪神なんば線工事見聞16-4 尼崎駅・甲子園駅  

第16回のレポの最終は尼崎駅と甲子園駅です。
まずは尼崎駅から。

20081214_amagasaki-02.jpg

ホーム延伸と改修進められている工事は点字タイルの整備や電気関係の工事が進められていました。
あとは自動販売機やベンチ。発車案内板などのサービス関係の付帯設備の工事が済めば・・・という段階まで来ています。

20081214_amagasaki-01.jpg

続いて甲子園駅へ。

こちらは特に工事は行われていませんが、快速急行の停車駅と言うこともあり、確認のため訪れました。
私が来訪した時間帯に近鉄車の試運転列車が来るのは知っていたので、実車での確認をしたかったというのもあります。

撮影隊が何人かカメラを構える中、9020系が入線。

20081214_kintetsu_9020-01.jpg

現在は近鉄車6両編成用の停止位置が定められていないため、阪神車6両編成の停止位置に合わせて停車しているようで、神戸方は3m程度余裕がある感じ。

20081214_koshien-01.jpg

梅田方も同程度の余裕がありますが、降車ホームは常用されるホーム上屋の梅田方端部辺りまでなので、ギリギリで停車している感じです。
(以下の2枚を比較すれば分かります)

20081214_koshien-02.jpg
20081214_koshien-03.jpg

梅田方面・神戸方面とも降車専用の臨時ホームの延長は同じ程度なので、停車位置の変更が生じると言う条件付きであるものの近鉄車の停車は4線とも可能と考えられます。

今回のレポは以上で終わりです。

category: 阪神なんば線工事の話題

tb: 0   cm: 0

2008年10月5日 土日きっぷで行く乗りつぶしの旅11 寝姿山その2  

寝姿山には蓮杖写真記念館があり、下田ロープウェイの新下田駅でセット券を買っておいたので、入ってきました。

基本的には各年代のカメラが展示されているのですが、記念写真コーナーがあり、そこでは記念館側が用意されている衣装を借りて記念撮影することができます。
私はちょっと勘弁していただきましたが・・・汗。

20081005_mt_nesugata-06.jpg

山頂付近の公園内を散策します。
公園内と書いたのは寝姿山周辺は自然公園として整備されているためです。

20081005_mt_nesugata-07.jpg
20081005_mt_nesugata-10.jpg

伊豆半島の東海岸は西武系伊豆箱根鉄道と東急系伊豆急行による覇権闘争である伊豆戦争が繰り広げられたことで知られていて、下田は海岸沿いの白浜を除き、東急側が勝る結果となったが、当時それに関わった東急の事実上の創業者であり伊豆急行線建設途上で他界した五島慶太を偲び建てられたものがいくつかあります。

20081005_mt_nesugata-08.jpg
20081005_mt_nesugata-09.jpg

時間が近づいてきたので、下山します。

20081005_mt_nesugata-11.jpg

下田からは8000系普通に乗って伊東へ向かいます。
写真の車両は東急東横線から転用された車両で、伊豆急へ転用されるのに際し海側を他社の発生品であるクロスシートに改座されています。

20081005_izukyu_8000-01.jpg

伊東から東海道線直通のE231系に乗り換えて熱海まで移動します。

20081005_jreast_ec_e231_1000sb-01.jpg
20081005_atami-01.jpg

熱海からはひかり383号に乗って大阪へ。
熱海の新幹線のりばは1997年に職場の旅行での乗換えで一度利用していますが、在来線から乗り換えて帰阪するのは今回が初めてです。

20081005_atami-02.jpg
20081005_jrcentral_tec_300_0-01.jpg

ひかり号は普通車指定席が満席になることが多いため、今回はグリーン車で・・・。

20081005_hikari383-01.jpg
20081005_hikari383-02.jpg

大阪へ帰ると雨が・・・。

20081005_hikari383-03.jpg

22:30頃に帰宅し今回の遠征は終わりです。

#「2008年10月3日~10月5日 土日きっぷで行く乗りつぶしの旅」 おわり

category: 関東地方遠征

tb: 0   cm: 0

2008年12月14日 阪神なんば線工事見聞16-3 福駅  

福駅へ移動しました。

旧駅舎は撤去工事がほぼ終わっていて、その跡地ではホーム延伸工事が着手されています。

20081214_fuku-03.jpg

下り線の仮駅舎は旧駅舎の西側に移設され、ホームから直線上にあった改札口も奥にずれた場所へ移設となり、精算機や駅事務室などもそちらへ移設されていますが自動券売機は工事の関係で旧駅舎側にある状態です。。
撤去・ホーム延伸工事の関係からスロープが仮設状態となっています。

20081214_fuku-09.jpg
20081214_fuku-02.jpg

上り線の仮駅舎は尼崎側端部にあった旧駅舎よりも若干中程にあった自転車置場にへ移設されています。
こちらは全て移設が完了しています。

20081214_fuku-04.jpg

以前の日記の記事で紹介した高圧受変電設備のキュービクルの移設ですが、以前は上りホーム側に有ったのですが、ホーム延伸により支障となることから移設されたもので、用途不明だったコンクリート基礎はこれだったわけで、2本の溝はキュービクルの下から高圧配線を通すためものだったようです。

20081013_fuku-02.jpg
用途が不明だったコンクリート基礎
2008年10月13日撮影

20081214_fuku-05.jpg
そこに設置されたのが、高圧受変電設備のキュービクル
2008年12月14日撮影

ホーム延伸工事は踏切の近くまで延伸されるようで、架線柱の手前ギリギリまでホームが来ています。

20081214_fuku-06.jpg
20081214_fuku-07.jpg

尼崎方は駅入口のスロープがあった場所を利用して行われることから比較的短期間でホームの土台が構築されています。
現在は上りホーム側が型枠にコンクリートを流して養生している段階ですが、下りホーム側は型枠が外された段階まで進んでいます。

20081214_fuku-08.jpg

西九条方は他2駅と同様にほぼ完成状態ですが、柵を設ける工事が着手されてなく、まだこれからのようです。

20081214_fuku-01.jpg

→16-4に続く。

category: 阪神なんば線工事の話題

tb: 0   cm: 0

2008年10月5日 土日きっぷで行く乗りつぶしの旅10 寝姿山その1  

下田へ戻ると寝姿山へ登ることにしました。

寝姿山へは伊豆急下田駅から駅前広場を東へ向かったところのある交差点渡った先にある下田ロープウェイに乗るのが便利です。

20081005_shimoda-01.jpg

寝姿山は川を挟んで下田市街地の対岸に位置しています。

20081005_shimoda-02.jpg

乗車券を購入という段になって蓮杖写真記念館とのセット券があることから、行ったついでにもて来ようと言うことで、今回はセット券を購入しました。

20081005_shimoda-03.jpg

ロープウェイに乗ったのが15:30を過ぎた頃なので、車中は私以外に2人連れが乗っているだけと言う状態でした。

20081005_shimoda-04.jpg

山頂駅に到着して。寝姿山を散策します。
海に面した場所には展望台がいくつかあり、ここから下田港を伊豆七島を望むことが出来ます。

20081005_mt_nesugata-01.jpg
20081005_mt_nesugata-02.jpg
20081005_mt_nesugata-03.jpg

勿論、市街地側も望むことが出来るのですが、こちらは木々に遮られていまいちという感じです・・・。

20081005_mt_nesugata-04.jpg
20081005_mt_nesugata-05.jpg

→次に続く。

category: 関東地方遠征

tb: 0   cm: 0

2008年12月14日 阪神なんば線工事見聞16-2 千鳥橋駅・伝法駅  

続いて、千鳥橋駅と伝法駅のレポです。

千鳥橋駅の工事はあとは既存と延伸の境界部分の改修が施行されると供用出来る状態となっています。
上屋は既存のものよりもやや低めに設けられています。

20081214_chidoribashi-01.jpg
20081214_chidoribashi-02.jpg

伝法駅も同じく既存ホームと延伸との境界部分の改修工事が施工されれば終わりという段階ですが、こちらはホーム壁面にある工事用のフェンスがついたままなので、千鳥橋とは進捗状況が異なる感じです。

20081214_denpo-02.jpg
20081214_denpo-01.jpg

→16-3に続く。

category: 阪神なんば線工事の話題

tb: 0   cm: 0

2008年10月5日 土日きっぷで行く乗りつぶしの旅9 伊豆半島の先端「石廊崎」その2  

石廊崎の先端へやって来ました。

20081005_irozaki-23.jpg

石廊崎の突端には石室神社と熊野神社があります。

20081005_irozaki-15.jpg

石室神社は石廊崎灯台の先にある絶壁に建てられていて、社殿の床の一部はガラス張りとなっていて、基礎となっている帆柱を見ることが出来ます。

20081005_irozaki-16.jpg
20081005_irozaki-18.jpg

最突端にある熊野神社には熊野権現の祠が祀られていて、その昔身分の違いから恋を許されなかった地元の名主の娘が、神子元島に島流しされた相手が忘れられず石廊崎の先端で火を焚きをし愛を確かめ合ったとと言う伝説から縁結びの神として知られています。

20081005_irozaki-17.jpg

以下の2枚の写真は石廊崎突端から撮影したもので、西側の駿河湾、東側の相模灘を望むことが出来ます。

20081005_irozaki-19.jpg
20081005_irozaki-20.jpg

丁度良いタイミングで遊覧船が出発していったので、船の写真を納めておきます。

20081005_irozaki-21.jpg

石廊崎漁港へ戻って海側からの様子を撮影。

20081005_irozaki-22.jpg

このあと、石廊崎をあとにして下田へ戻りました。

・参考:南伊豆町公式サイト「石廊崎」
http://www.town.minamiizu.shizuoka.jp/form1.php?pid=180&ky=%B7%A7%CC%EE%B8%A2%B8%BD

→次に続く。

category: 関東地方遠征

tb: 0   cm: 0

JR東海313系電車4次車・キハ25形気動車を投入  

JR東海がこのほど313系電車とキハ25形気動車を投入することが明らかになりました。

・JR東海のニュースリリース
http://jr-central.co.jp/news/release/nws000227.html

今回投入されるのは名古屋地区に313系4次車120両、武豊線にキハ25形10両で、2010年から2013年にかけて投入されます。

名古屋地区を走る電車は東海道本線系の大垣車両区と中央本線・関西本線系の神領車両区に在籍する電車が担っていますが、211系以前の車両で現役なのは117系・119系が該当し、それぞれ72両と55両が在籍しています。

ニュースリリースには置き換えの対象となる形式が明確にされていないものの、置換え対象車両数は127両であることが明らかにされていることから、現行の在籍車両数から想定してもこの2形式しか該当しません。

よって、JR東海在籍の117系・119系がここ数年で消滅することが確実視されると思われます。

また、静岡地区では2007年春までに113系・115系・123系を駆逐されていることから、今回の新車投入により同社の電化区間は全て211系以降の電車のみとなる模様です。

一方、キハ25形は新たに起こされた形式で、リリースの内容から313系の電車版という感じで、今回の投入は車両置き換えではなく、2013年に行われる「伊勢神宮式年遷宮」に向けた輸送力増強と言う形で投入される模様で、おそらくキハ75形との共通運用も想定されているものと思われます。

20051225_jrcentral_ec_117-02.jpg
置き換えの対象と思われる117系
2005年12月25日 米原にて

20061008_jrcentral_ec_119-02.jpg
117系と同じく置き換えの対象と思われる119系
2006年10月8日 岡谷にて

20071111_jrcentral_ec_313_1600-01.jpg
中央本線名古屋口で使用されている313系1600番台
2007年11月11日 名古屋にて

20080824_jrcentral_ec_313_3000-01.jpg
JR東海管内のワンマン運転で使用されている313系3000番台
2008年8月24日 亀山にて

20080426_jrcentral_ec_313_1700-01.jpg
長野まで乗り入れる313系1700番台
2008年4月26日 長野にて

20071020_jrcentral_dc_75_0-01.jpg
キハ75形0番台
2007年10月20日 名古屋にて

20080802_jrcentral_dc_75_300-01.jpg
キハ75形300番台・400番台
2008年8月2日 松阪にて

category: 東海地区の鉄道

tb: 0   cm: 0

2008年12月14日 阪神なんば線工事見聞16-1 西九条駅  

阪神なんば線の工事見聞。
16回目はホーム延伸工事の状況を中心に見てきました。

西九条駅はホーム延伸側の内壁が取り付けられ、東口になると思われる難波方を除いてほぼ完成状態になっています。
見た目ベースで残るは照明設備などの工事をホームへのタイル敷詰めが一部残っているぐらいです。

20081214_nishikujo-01.jpg
20081214_nishikujo-02.jpg

架線は現在のりばとなっている側(尼崎方面)は繋がっていますが、難波方面は繋がっていません。

20081214_nishikujo-03.jpg

尼崎方にあった分岐器にも変化があり、これまで両渡しだったのが片渡しに変更されています。

20081214_nishikujo-04.jpg

→16-2に続く。

category: 阪神なんば線工事の話題

tb: 0   cm: 2

2008年10月5日 土日きっぷで行く乗りつぶしの旅8 伊豆半島の先端「石廊崎」その1  

伊豆急下田からバスに揺られて40分ほどで石廊崎港口へ到着しました。

20081005_irozaki-04.jpg

石廊崎漁港の入口にある石廊崎港口停留所は「網船納屋(あんぶねなんや)」と観光案内所から発着するのですが、石廊崎港口を経て吉祥方面へ向かう便もあるため、のりばが3ヶ所存在します。
石廊崎港口停留所折り返しは観光案内所前から出るのですが、中木・吉祥発着便は県道16号線を東へ歩いた場所にあるのりばを経由します。

20081005_irozaki-05.jpg

ここから石廊崎漁港へは観光案内所前から分かれる道を下りた先にあり、2~3分ほどで到着します。
一応漁港側には石廊崎漁港停留所があるのですが、そこまで下りてくる便は朝夕だけです。

20081005_irozaki-06.jpg
20081005_irozaki-01.jpg

一応観光地としての体裁は整えられているのですが、規模が小さく基本的に漁村なので、一大観光地とは一線を画します。
漁港から石廊崎周辺や下田を結ぶ周遊船が発着しています。

20081005_irozaki-02.jpg
20081005_irozaki-14.jpg

石廊崎灯台へは商店が軒を連ねている道を登っていきます。

20081005_irozaki-07.jpg

途中、閉園した石廊崎ジャングルパークの横を通るのですが、完全に無人となっていることから立入禁止のロープが張られていました。

20081005_irozaki-08.jpg
20081005_irozaki-09.jpg

その先には石廊崎特別地域観測所があり、かつては測候所だったのですが2003年に無人化され現在に至ってます。

20081005_irozaki-10.jpg

観測所から奥に進むと石廊崎にある石室神社の鳥居を通ります。

20081005_irozaki-11.jpg

石廊埼灯台の脇を通り、奥へ進むと右手に駿河湾が見えてきます。
灯台入口の脇に石室神社参道と記したものが置かれています。

20081005_irozaki-12.jpg
20081005_irozaki-13.jpg

参道をさらに進み岬の突端が見えると到着です。

20081005_irozaki-03.jpg

→次に続く。

category: 関東地方遠征

tb: 0   cm: 0

2008年12月13日 Kawachiデジカメ5号機「Canon EOS 50D」その2  

先日、手に入れたEOS 50Dを試し撮りをしてきました。

20081213_canon_eos_50d-03.jpg

以下の画像は、2356×2304ピクセルで撮影したものを、単純に900×600ピクセルに縮小したもので、本文をご覧の状態では540×360ピクセルの圧縮画像なので画像をクリックすると900×600ピクセルの画像が表示されます。
サイズ縮小の条件は現行のブログ画像作成時と同じとし、アドビフォトショップエレメンツ4.0を使用、縮小時は高画質設定で再圧縮しています。)

なにぶんデジタル一眼レフカメラは初めてなので、その辺りをご配慮いただければ幸いです。

まずは千鳥橋駅で撮影した1000系。
露光設定を変えてないためハイライトが白く飛んでしまってますが、コンデジよりも綺麗に撮れてます。

20081214_hanshin_1000-01.jpg

2つ目は伝法駅で撮影した阪神1000系。
こちらはAIサーボAFで撮ったものですが、AFが接近してくる車両を捉えているのが分かります。

20081214_hanshin_1000-02.jpg

最後の2枚は神戸港で撮影したもの。
夜景を撮ったのですが、提示されている2枚はうまくいった方で、あとは微妙な感じでした。
こういったものはやはり手持ちでやるもんじゃないですね(汗)

20081214_kobe_port-02.jpg
20081214_kobe_port-03.jpg

今回のレポは以上です。

category: デジタル家電の話題

tag: デジタル一眼  キヤノン  EOSシステム  EOS50D 
tb: 0   cm: 0

週末日記 2008年12月14日  

2008年12月14日(

14日は先日手にしたばかりのデジタル一眼を抱えて、試し撮りついでに阪神なんば線関連の工事を見聞して、夕方に神戸まで足を伸ばし、夜は中之島のイルミネーションを見てきました。

以下の写真は全てEOS 50Dで3456×2304ピクセルで撮影したものを540×360ピクセルに縮小したものを提示します。

20081214_nishikujo-01.jpg
20081214_chidoribashi-01.jpg
20081214_denpo-01.jpg
20081214_fuku-01.jpg
20081214_amagasaki-01.jpg

上から順番に西九条・千鳥橋・伝法・福・尼崎の順で見てきましたが、これらは15日から順次報告します。

甲子園へ移動し編成写真を撮ろうと思ったのですが、上下列車のタイミングが合わず撮れないまま終わってしまいましたが、試運転中の近鉄9020系・1252系が入線してきたので、21m級車体の近鉄車とやや短い降車用ホームの差はどうかを見てきました。

20081214_kintetsu_9020-01.jpg

神戸へ移動してモザイク周辺を撮影。
手持ち撮影ではやはりキツイです(あきらかに無謀とも言えますが・・・)

20081214_kobe_port-01.jpg

梅田から淀屋橋へ向かい中之島催されている「OSAKA光のルネサンス2008」を見てきました。

20081214_nakanoshima-01.jpg

このあとは中之島~福島経由で帰宅しました。

category: 日記

tb: 0   cm: 0

2008年12月13日 Kawachiデジカメ5号機「Canon EOS 50D」その1  

兼ねてからの懸案事項だったデジタル一眼レフカメラを購入しました。

Kawachiデジカメでは通算5号機ですが、デジタル一眼レフカメラとしては今回のカメラが1号機となります。
記念すべき1号機はCanon EOS 50D
今回は「Canon EOS 50D / EF-S 18-200 IS」レンズキットで購入。

20081213_canon_eos_50d-01.jpg

Canon EOS 50Dの本体。
この機種は「Canon EOS 1Dシリーズ」や「Canon EOS 5Dシリーズ」といった35mm判フルサイズとは異なり、一回り小さいAPS-CサイズのCMOSセンサーが採用されているため、ボディ自体の大きさも一回りほど小さくなっています。
Canon EOS Kiss Digirtalシリーズはさらに小さくなっていますが、大きさの面で若干扱いにくかったので50D辺りに絞ってみました。

包装を解かれたボディはレンズの取付部分にキャップが早着された状態となっています。

20081213_canon_eos_50d-02.jpg

同じく交換レンズも両側にキャップがついた状態です。
この「EF-S 18-200 IS」は35mm判換算で29~320mmで、本体自体は手に乗るぐらいのサイズですが、目方が595gあるため見た目以上にズシッと来ます。

20081213_canon_efs_18_200_is-01.jpg

実際にレンズを取り付けた写真です。
レンズキットでの状態はこの通りになります。

20081213_canon_eos_50d-03.jpg

これと共に購入したレンズフードと保護フィルターと取り付けてみました。
レンズフードは私の撮影対象の都合などでどうしても逆光下での撮影が必要となることから、必要と判断し同時に購入しておいたのです。

ニコンのレンズには標準でフードが付属されているのですが、キヤノン場合はこれが別売りなんです。
この点は若干不満のの残るところですが・・・。

20081213_canon_eos_50d-04.jpg

装備的にはこれまでの505gから1.325kgと2.7倍に増量されるので、これで撮影するときは「撮るぞ!」と言う気合いがないとだめですね・・・。

後日試し撮りをしてきますので、詳細はいずれ報告します。

#2008.12.14 4:05 Update

category: デジタル家電の話題

tag: デジタル一眼  キヤノン  EOSシステム  EOS50D 
tb: 0   cm: 0

週末日記 2008年12月13日  

2008年12月13日(

この日はお仕事。

職場カレンダー通りの出勤日ですが、私の職場もここ昨今の不景気を受けて、仕事が昨年よりも少なめです・・・。

この日は夕方までで仕事終わりですが、土曜は定時上がりが基本なのでいつも通りです。

いつもならこのあと真っ直ぐ帰宅するのですが、この日は関西メンバーによる夕べが催されるため大阪市内へ出向きます。

折角なので、梅田へ寄ってデジタル一眼レフカメラを購入。
購入した機種ついては別途書きますのでお楽しみにですが、それを抱えたまま夕べへ参加するのは流石に憚られるので、一端大阪駅のコインロッカーへ預けてから集合場所である十三へ向かいました。

20081213_umeda-01.jpg

今回の夕べは6名が集まり、会場は十三駅近くの居酒屋。
例によってアルコールとトークが炸裂するのですが、1次会の締めは夕べの幹事である●ちゃんをイジルということに・・・。

20081213_diner-01.jpg
20081213_ice-01.jpg

引き続き2次会はカラオケ。
今回はご当地ソング大会となったのですが、出てくる映像と歌詞がマッチものが多発したため、突っ込みの嵐が吹き荒れました・・・。

23:30過ぎに解散。
大阪駅のコインロッカーに預けていたものを回収して帰宅しました。

#2008.12.14 3:25 Update

category: 日記

tb: 0   cm: 0

プロフィール

サイト更新情報Twitter

DK-KawachiのTwitter

カレンダー

最近の記事

Facebook

フォト蔵

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

OSAKAあかるクラブ

▲ Pagetop