DK-Kawachiの日記と雑学ノート ホーム »2017年02月
2017年02月の記事一覧

週末日記 2017年2月26日  

2017年2月26日(

26日は可動式ホーム柵の稼働が開始された学研都市線京橋駅上りホームから。

20170226_kyobashi-01.jpg

まだ、ホーム両端の柵が途切れているため、残工事で設置される模様。

20170226_kyobashi-06.jpg

新大阪駅ではおおさか東線第二期工事関連の1号ホームの改修工事。

20170226_shin_osaka-01.jpg

休止前に比べてホーム延長が短縮され、先に進められていた大阪方は形になってきましたが、京都方はようやく上屋の撤去工事が着手された模様。

20170226_shin_osaka-03.jpg
20170226_shin_osaka-09.jpg

東淀川駅はひっそりと工事が着手。
自由通路の自転車用スロープが設置される新大阪方に重機がによる作業が着手されています。

20170226_higashi_yodogawa-03.jpg

茨木ではバスの撮影。

この日は万博記念公園でサッカーの試合が開催されたため、近鉄バスでは臨時のシャトルバスが出ており、普段は稲田にいるハイブリッド車も応援に駆り出されていました。

20170226_kintetsu_bus-01.jpg
20170226_kintetsu_bus-06.jpg
20170226_hankyu-01.jpg
20170226_hankyu-04.jpg
20170226_kintetsu_bus-03.jpg

梅田へ戻って新サインシステムの導入が進む御堂筋線梅田駅の進捗状況を確認。

20170226_umeda-01.jpg
20170226_umeda-03.jpg
20170226_umeda-05.jpg

序でなので阪急梅田から出る空港リムジンバスを撮影。

20170226_okk-01.jpg
20170226_okk-02.jpg
20170226_okk-03.jpg
20170226_hankyu_bus-01.jpg

この日はここで切り上げて帰宅しました。
スポンサーサイト

category: 日記

tag: JR西日本  駅改良工事  ホームドア  おおさか東線  近鉄バス  阪急バス 
tb: 0   cm: 0

2017年2月18日 大阪市営地下鉄なんば駅における新サインシステム導入状況3  

御堂筋線なんば駅では誘導サインが導入されました。

20170218_namba-31.jpg

これは乗車待ちの列が降車する達の邪魔にならないようにするために導入されたようで、ここでは最も混雑する梅田寄りに導入されています。

20170218_namba-32.jpg
20170218_namba-33.jpg

関西地区において誘導サインでも乗換案内の方は他社でも実績があります。

20170218_namba-34.jpg
20170218_namba-35.jpg
20170218_namba-36.jpg
20170218_namba-37.jpg

で、導入後の様子。
まあ、導入されて日数が経過していないため、この時点では認識されているかどうかもまだ怪しく、実際にはご覧の様子です。

20170218_namba-38.jpg

今回のレポは以上です。

category: その他の鉄道工事レポ

tag: 大阪市交通局  大阪市営地下鉄  御堂筋線 
tb: 0   cm: 0

2017年2月18日 大阪市営地下鉄なんば駅における新サインシステム導入状況2  

新サインシステムが導入されている大阪市営地下鉄なんば駅の進捗状況。
改札内コンコース編です。

千日前線西改札口付近(四つ橋線連絡通路前)

20170218_namba-12.jpg

御堂筋線の案内。

20170218_namba-10.jpg
20170218_namba-11.jpg

改札口に向いている側。

20170218_namba-06.jpg

千日前線との乗換口側。

20170218_namba-13.jpg
20170218_namba-14.jpg

千日前線ホームへの下り口に設置されている線内路線図。

20170218_namba-15.jpg

千日前線ホームの西改札口側から撮影。

20170218_namba-16.jpg
20170218_namba-17.jpg
20170218_namba-18.jpg

インフォメーションボード。
時刻表側が新仕様ですが、出口案内が新仕様ではありません・・・。

20170218_namba-19.jpg

柱へ壁面に設置されているタイプ。

20170218_namba-20.jpg

現在は千日前線と御堂筋線まで着手され、四つ橋線が未着手となっています。

今回のレポは以上です。

category: その他の鉄道工事レポ

tag: 大阪市営地下鉄  大阪市交通局  御堂筋線  千日前線 
tb: 0   cm: 0

2017年2月18日 大阪市営地下鉄なんば駅における新サインシステム導入状況1  

新サインシステム導入が進む大阪市営地下鉄ではなんば駅も順次更新されています。

20170218_namba-01.jpg

長いので複数に分けて報告します。
まずは改札外から。

御堂筋線中改札。

20170218_namba-02.jpg

御堂筋線北西改札。
英文が「Kita-Nishi Gate」となっている辺りは・・・汗。

20170218_namba-03.jpg

千日前線西改札。
近鉄の大阪難波駅西出口側に隣接しています。

20170218_namba-04.jpg

御堂筋線南南改札。
南海なんば駅に近いこの改札口は出口専用となっているため進入禁止マークが・・・。

20170219_namba-01.jpg

千日前線西改札(出口)

20170218_namba-05.jpg

近鉄大阪難波駅への案内(御堂筋線北西改札側)

20170218_namba-07.jpg

反対側。

20170218_namba-08.jpg

出口・乗換案内。

20170218_namba-09.jpg

→2の改札内編に続きます。

category: その他の鉄道工事レポ

tag: 大阪市交通局  大阪市営地下鉄  御堂筋線  千日前線 
tb: 0   cm: 0

2017年2月18日~2月19日 京橋駅学研都市線上り可動式ホーム柵設置工事レポ  

下りホームに続いて上りホームにも設置されることになった学研都市線京橋駅。

工事が進められていた可動式ホーム柵が2月25日に使用されることになったことから、今回は開始まで1週間を切った2月18日と19日に上りホームの様子を見てきました。

20170218_kyobashi-01.jpg

今回の工事に伴い停車位置が1両分木津寄りに変更されましたが、女性専用車が環状内回りのりばへの上り口に来るという問題が出ていますが、その辺は目を瞑ったと思われます。

20170218_kyobashi-02.jpg

設置工事そのものはほぼ終わっています。

20170218_kyobashi-03.jpg

尼崎方。
こちらには車掌用の開閉スイッチや各種表示器が線路側に配置されていますが、これらは六甲道駅をはじめ既に設置されているものと同じです。

20170218_kyobashi-04.jpg

新たに設置された監視モニタ。

20170218_kyobashi-05.jpg

木津方の様子。

20170219_kyobashi-01.jpg
20170219_kyobashi-02.jpg

ホーム端部は余裕がありますが、この部分は立ち入らないように柵が設けられる模様です。

20170219_kyobashi-03.jpg

前方には運転士開閉表示灯が設置されました。
ロープ昇降式六甲道と高槻駅にあるような範囲表示灯は設置されていません。
これは先に可動式ホーム柵が設置された北新地駅や大阪天満宮駅と同じです。

20170219_kyobashi-04.jpg

今回のレポは以上です。

category: その他の鉄道工事レポ

tb: 0   cm: 0

2017年2月18日 おおさか東線第二期工事レポ JR鴫野駅改良工事 2  

おおさか東線第二期工事に関連した鴫野駅改良工事レポの続き。
まずは改札階から。

改良工事の進捗に伴い順次拡張されてゆく改札口周り。
下の画像を見る限り、自動改札機が2通路分設置できるようですが・・・。

20170228_shigino-21.jpg
20170228_shigino-22.jpg

改札内コンコース。
床の汚れ具合が境目が異なることから、これまで供用されていた箇所と新たに今回が開始されていた箇所が判別できると思われます。
また、点字タイルが本設用のものに切替えられたため、それまで使用されていた仮の点字タイルが剥がされた痕跡が下の画像左側に見られます。

20170228_shigino-23.jpg
20170228_shigino-24.jpg

2番のりばへのエレベーター。
改札口のすぐ近くに設置されています。

20170228_shigino-25.jpg

エスカレータ。

20170228_shigino-26.jpg

階段。

20170228_shigino-28.jpg

階段周りを撮影。
切替前には改札口寄り仮移転されていたトイレが京橋方の本設に移転されました。

20170228_shigino-27.jpg

本設に移転されたトイレ。

20170228_shigino-32.jpg

正面の隠されている辺りが多機能トイレ。
左が女性用、右が男性用です。

20170228_shigino-33.jpg

木目調の壁面を採用したトイレ。

20170228_shigino-35.jpg
20170228_shigino-34.jpg

2番のりばへの階段付近から改札口に向けて撮影。

20170228_shigino-29.jpg

LEDの電照式が採用された案内板。

20170228_shigino-30.jpg
20170228_shigino-31.jpg

4番のりばへ上がります。
3番線側はホーム床面の仕上げ工事がまだ施工されていないようです。

20170228_shigino-36.jpg
20170228_shigino-37.jpg

もう1両分延伸される3番線側の京橋方ホーム端部の様子。

20170228_shigino-38.jpg

以前ホーム中程にあったホーム監視のための保安要員の控え室が京橋方に移転されています。

20170228_shigino-41.jpg

現在の控え室。
以前は奥の自動販売機に近くに設置されていました。

20170228_shigino-42.jpg

曲線上にホームがある鴫野駅ではホーム縁の乗車口に注意喚起するステッカーが貼られています。

20170228_shigino-39.jpg

これはホームと車両との間が特に広い乗車口を対象に貼られているようです。

20170228_shigino-40.jpg

今回の鴫野駅改良工事のレポは以上です。

category: おおさか東線工事の話題

tag: JR西日本  おおさか東線  学研都市線  駅改良工事 
tb: 0   cm: 0

2017年2月18日 おおさか東線第二期工事レポ JR鴫野駅改良工事 1  

おおさか東線第二期工事の関連工事として大規模改良工事が行われている鴫野駅ではこのほど学研都市線木津方面(上り線)のりばが仮設へ切替えられたとのことで、2月18日に来訪してきました。

20170228_shigino-01.jpg

仮設へ切替えられた上り線のりばは京橋方面のりば(下り線)の切替後にホームの改修工事が施工され、上屋の再構築が終わってから旧上り線の真上に仮設ホームを拡張した形となっています。

ホーム床面の舗装の仕上げが本設と仮設の部分とで異なり、仮設の床面の舗装がやや荒いので判別できるかと・・・。

20170228_shigino-02.jpg

木津方。
7両分だけ使用されるため8両分あるうちの木津方の1両分は仮拡張されていないのが分かります。
また、下の画像右手の壁面は本設でありますが、これは該当箇所がおおさか東線部分を跨ぐ勾配の末端に掛かることも一因しています。

20170228_shigino-03.jpg

木津方の端部に位置するエスカレータ。
こちらは今回新設された物です。

20170228_shigino-04.jpg

エレベータ前から撮影。
この部分、本設化されていそうなのに微妙にそうなっていない辺りが気になる所ですが・・・。

20170228_shigino-05.jpg

エスカレータ。
上りと下りが別々に配置されている4番のりば用とは違い、島式ホーム側のこれは上り下りが同じ場所に並んで配置されています。
また、案内板も4番のりばで採用された非電照式からLED照明を用いた電照式となっています。

20170228_shigino-06.jpg

階段。

20170228_shigino-07.jpg

例の向きになっているベンチ。

20170228_shigino-08.jpg

待合室。

20170228_shigino-09.jpg

列車接近表示器。
3番のりば側にも設置されていることからこれらは本設のようです。

20170228_shigino-10.jpg

ホーム中程。

20170228_shigino-11.jpg

発車標は仮となる2番のりば用のみ設置されていることから、3番のりば用は別途設置されると思われます。
画像の発車標は木津方とホーム中程の2箇所に設置されています。

20170228_shigino-12.jpg

上屋の支柱の様子。
改修工事のため使用休止中の1番のりば側と上屋の支柱間隔が合わないため、改修工事が終わるまでの間はご覧のような感じ仮の支柱を追加した状態で使用されるようです。

20170228_shigino-13.jpg

仮に伸ばした上屋は本来架線が取り付けられる場所ですが、仮ホームとして使用される段階では屋外用LED照明が取り付けられた状態となります。

20170228_shigino-14.jpg

改めて京橋方からホーム中程を撮影。

20170228_shigino-15.jpg

京橋方を撮影。
こちらは上屋が仮設部分に拡張されていません。

20170228_shigino-16.jpg

京橋方ホーム端部。

20170228_shigino-17.jpg

2番のりば側は8両分確保されていることからそのままになりそうですが、3番のりば側は高架橋の高欄がなく、ホーム延伸のための工事が施工されるもようで、既に鉄筋が組まれているのが分かります。
これにより3番のりばのホーム有効長も8両分確保されるものと思われますが、2番のりば側は壁か柵などで仕切られるのではないかと思われます。

20170228_shigino-18.jpg

京橋方ホーム端部から撮影。

20170228_shigino-19.jpg

停車中の電車と絡めて。

20170228_shigino-20.jpg

高架下と4番のりば側からのレポは稿を改めて報告します。

→次に続く。

category: おおさか東線工事の話題

tag: JR西日本  おおさか東線  学研都市線  駅改良工事 
tb: 0   cm: 0

2017年2月18日 東花園駅駅前整備事業レポ  

先日、東大阪市土木部道路建設室より現在整備工事中の東花園駅駅前整備事業に関する市役所公式のFacebookへの投稿があったことを受けて2月18日に来訪してきました。

・東大阪市役所公式Facebookより土木部道路建設室の投稿
https://www.facebook.com/higashiosaka.city/posts/1367514653311528

・完成イメージ(Facebookページの画像)
https://scontent.xx.fbcdn.net/v/t31.0-8/16463759_1367514119978248_2249188189643609307_o.jpg?oh=9d19e40fd9566b41fdb5e19c3defcf23&oe=59251808

本題に入る前に東花園駅の高架下工事も見てきます。

20170218_higashi_hanazono-01.jpg

現在、同駅は北と南の2方向のみしか出ることが出来ません。
改札口と向かい合わせとなる西側は工事そのものは終わっていますが、高架下の整備工事自体が終わっていないこともあり現時点ではシャッターが閉ざされたままとなっています。

20170218_higashi_hanazono-02.jpg
20170218_higashi_hanazono-03.jpg

駅前広場の工事は歩道の再整備と屋根の整備工事が進められています。

屋根自体は骨組膜構造と言うもので、阪神甲子園駅の大屋根をはじめ公共施設などでも近年見られる鉄骨などの骨組みに膜を張る構造で「膜屋根」とも言われ、建築業界ではテント倉庫などに代表される膜構造の一つとされています。

20170218_higashi_hanazono-04.jpg

屋根の工事は西側がから順次着手され東側は骨組みの塗装が施工されている段階でした。
こちらも近日中には膜が張られることになると思われます。

また、下の画像右手に見える植栽などは撤去され、バスなどの待機場所になる模様です。

20170218_higashi_hanazono-05.jpg

東大阪市公式Facebookによると再整備される駅前広場には路線バスが乗入れることもできるように設計されているとのことですが、実際には主に送迎の車寄せで使われると言うオチが見えそうですが・・・。

今回のレポは以上です。

category: その他の鉄道工事レポ

tb: 0   cm: 0

2017年2月18日 若江岩田駅付近のバス停設置工事レポ  

若江岩田駅の周辺で整備工事が進められている府道八尾枚方線の街路工事により近鉄奈良線との交差付近にバスベイの新設工事が行われていることを知り、若江岩田駅の工事を見に来た序でに見てきました。

この場所は近鉄奈良線が地上だった時、若江跨線橋が架けられていた場所で、現在のここを通る近鉄バス萱島線は駅近くに停留所を設けることが出来ず、駅から離れた跨線橋の前後に設けられた若江岩田停留所(南側)と岩田五丁目停留所(北側)に行くしかありませんでした。

近鉄奈良線の連立事業の進捗により、跨線橋が撤去されたあとしばらく動くがありませんでしたが、去年辺りから街路整備の工事が進められることになり、府道中央環状線から若江岩田駅北側を通る都市計画道路大阪瓢箪山線との交差点付近に位置する跨線橋跡地を利用して右折用レーンの整備とバスベイの整備が行われました。

20170218_wakae_iwata-20.jpg

まずは八尾方面側。
こちらは交差点の南側に整備されています。

20170218_wakae_iwata-22.jpg

路駐されないようにカラーコーンが置かれています。
まだ完成したばかりであるため、来訪した段階では停留所ポストは整備されていません。

20170218_wakae_iwata-21.jpg

続いて枚方方面。

20170218_wakae_iwata-23.jpg

こちらは東大阪市の再開発ビル「希来里」の東側にバスベイが整備されています。

20170218_wakae_iwata-24.jpg

同じく完成したばかりで停留所ポストは整備されていません。

20170218_wakae_iwata-25.jpg

跡は停留所ポストの整備と近鉄バスからの公式発表が待たれるところです。

今回のレポは以上です。

category: バス関連

tag: 近鉄バス 
tb: 0   cm: 0

2017年2月18日 近鉄奈良線連続立体交差事業レポ  

2月18日に見てきた近鉄奈良線の高架工事の詳細です。

20170218_wakae_iwata-02.jpg

今回は若江岩田駅の詳細を報告しますが、これまで仮駅舎で営業されていた出改札口の本設となる高架下への移転と上りホームの一部拡張および各昇降設備の使用開始が2月15日の始発実施されたのを受けて来訪した次第です。

20170218_wakae_iwata-01.jpg

2月14日の終電まで使用されてきた仮駅舎。

20170218_wakae_iwata-03.jpg

駅出入口は遂に所定の高架下へ切替えられました。


20170218_wakae_iwata-05.jpg

ただし出入口は北側に面する1箇所だけ、今後の整備工事の進捗により南側からも出入りできるようになる模様です。

20170218_wakae_iwata-06.jpg

駅出入口の上にある駅名標。
すぐ下に金具が3つ取り付けられていることから駅名標を照らす照明が取り付けられるものと思われます。

20170218_wakae_iwata-04.jpg

入口を入ってすぐ左手に自動券売機が3台置かれています。
窓口が設置出来そうなスペースは確保されていますが、若江岩田駅では定期券などの窓口発行業務などは取止められているため、時刻表などの掲示スペースとして割り当てられています。

20170218_wakae_iwata-07.jpg

改札口周り。

改札階は西側が改札外コンコース、東側が改札内コンコースに割り当てられており、下の画像では手前側が改札外、奥が改札内となります。
自動改札機は車椅子兼用1通路、その他3通路の計4通路あり、車椅子兼用の方にはインターフォンが設けられていますが、これは係員が不在になる時間帯があるために設置されたもので、他社でも使用されているような方式が採用されています。

20170218_wakae_iwata-08.jpg

まだ使用されていない南出口。
現在は仮通路として使用されていた旧上りホームなどの地上設備が残されているため、撤去と整備工事が進み次第、こちらからも出入り出来るようになりますが、当面はそのままになると思われます。

20170218_wakae_iwata-09.jpg

改札内コンコース。

20170218_wakae_iwata-10.jpg

来訪時は下り線のエレベータはメンテナンス中。

20170218_wakae_iwata-11.jpg

上りホームの昇降設備。
大阪難波方は階段と上りエスカレータ。

20170218_wakae_iwata-12.jpg

奈良方はエレベータ。
以前は仮通路側に設けられていましたが、今回の切替により本設側となるこちらに切替えられています。

20170218_wakae_iwata-13.jpg

本設への切替まで使用されていた下りホーム~仮駅舎の仮通路。
現在は閉鎖されており、今後撤去工事と本設工事が施工され、最終的には上りホーム側と同じものになると思われます。

20170218_wakae_iwata-14.jpg

奈良方の階段。

20170218_wakae_iwata-15.jpg
20170218_wakae_iwata-16.jpg

仮通路が残されているため、ここから上りホームへは上がることが出来ません。

20170218_wakae_iwata-17.jpg

ホーム階。
上りホームは大阪難波方から3分の2程が所定の幅に拡張されています。

20170218_wakae_iwata-18.jpg

一方、奈良方から3分の1程は閉鎖された仮通路などが残されているため、これらが完成するまではあと2年程掛りそうです。

20170218_wakae_iwata-19.jpg

若江岩田駅のレポは以上です。

category: 近鉄奈良線高架工事の話題

tag: 連続立体交差事業  近畿日本鉄道  近鉄奈良線 
tb: 0   cm: 0

週末日記 2017年2月19日  

2017年2月19日(

19日は京橋駅からスタート。
ここでは昨日見てきた可動式ホーム柵設置工事の未撮影箇所を撮影。

20170219_kyobashi-01.jpg

大阪駅へ。
ここでは短時間ではあるものの、バスの撮影。

20170219_osaka_city_bus-01.jpg
20170219_hankyu_kanko_bus-01.jpg
20170219_tokushima_bus-01.jpg
20170219_bihoku_bus-01.jpg

続いて東海道支線の地下化工事の見聞。
工事区間の起点は市営地下鉄御堂筋線との交差地点付近からなので順を追ってみてきました。

20170219_tokaido-01.jpg
20170219_tokaido-04.jpg
20170219_tokaido-08.jpg

難波へ。
ここでは市営地下鉄の新サインシステム導入状況の確認で未撮影だった箇所を撮影。

20170219_namba-01.jpg

ここで終わりだったのですが、現在機器更新中の近鉄特急の特急券自動券売機が大阪上本町駅にも現れました。
地上・地下とも1台ずつ更新されていますが、近日中には全て更新されそうな感じです。
ちなみに大阪難波駅のホームに5台、近鉄名古屋駅に3台ある特急券自動券売機は全て新型に更新されました。

20170219_osaka_uehommachi-01.jpg
20170219_osaka_uehommachi-02.jpg

19日はここまでです。

category: 日記

tb: 0   cm: 0

週末日記 2017年2月18日  

2017年2月18日(

この週末は鉄道工事などを中心とした撮影のための外出。

まずは近鉄奈良線若江岩田駅へ。
上下線が高架切替後もきっぷうりばと改札口は北側の仮駅舎にあった若江岩田駅では2月15日から高架下の本設に移転されました。

20170218_wakae_iwata-01.jpg
20170218_wakae_iwata-06.jpg
20170218_wakae_iwata-08.jpg

詳細は別途レポしますが、切替後は支障となる旧線の撤去があったためホーム幅が狭く昇降設備が仮の暫定状態となっていた上りホームも難波方が所定のホーム幅になり、一部を除いてく昇降設備が本設に切替えられました。

20170218_wakae_iwata-18.jpg
20170218_wakae_iwata-19.jpg

また、駅東側で交差する府道八尾枚方線には駅近くに路線バスを停めるためにバスベイが新設されました。

20170218_wakae_iwata-20.jpg

バスベイ自体は先日まで工事が先日まで工事が行われていた出来たてホヤホヤであるため、停留所ポストはまだ建っていませんが、現在この道路を通っている近鉄バス萱島線(近鉄八尾駅~荒本駅~JR住道駅(南口)~萱島)の停留所になると思われます。
(公式発表が待たれるところです)

20170218_wakae_iwata-21.jpg
20170218_wakae_iwata-23.jpg

東花園駅へ。

こちらは駅前広場の再整備が進められていますが、整備工事の完成イメージが東大阪市公式Facebookの投稿で明らかにされたのを受けて現地を見てきました。

20170218_higashi_hanazono-01.jpg

工事自体は昨年から着手されていますが、来訪時点での進捗状況は歩道の整備と屋根設置工事が進められている段階でした。
こちらも後日詳細を報告します。

20170218_higashi_hanazono-04.jpg

3つ目は学研都市線鴫野駅。
おおさか東線第二期工事による改良工事が進められている同駅では上りホームの改修工事を着手するため島式の2号ホームを暫定的に拡幅した仮ホームへ切替えられました。

20170228_shigino-01.jpg
20170228_shigino-02.jpg

また、これに合わせて高架下のコンコースも拡張され、改札内のトイレも京橋方に設置された本設へ移転されました。
こちらは2月23日頃に詳細を報告します。

20170228_shigino-24.jpg
20170228_shigino-29.jpg

京橋駅では学研都市線上りホームへの可動式ホーム柵設置の工事が行われ、2月25日から使用が開始されるとのことです。
こちらは25日以降の使用開始後のレポと合わせて2月27日以降に詳細を報告します。

20170218_kyobashi-01.jpg
20170218_kyobashi-03.jpg

18日の最後は地下鉄なんば駅の案内板の新サインシステムへの更新工事を見てきました。
同駅の更新工事は千日前線側から着手され続いて御堂筋線側が着手されていますが、天井の低い箇所がある御堂筋線側の処理が興味深いものになっています。

20170218_namba-01.jpg
20170218_namba-02.jpg
20170218_namba-15.jpg

また、同駅の御堂筋線のりばにはホーム床面に誘導サインが張り付けられています。

20170218_namba-31.jpg

まだ始められて日数が経過していないため下の画像のような感じなので、しばらくは様子見ですが・・・。

20170218_namba-38.jpg

こちらは2月24日以降を目処に詳細を報告する予定です。

18日は以上です。

category: 日記

tag: 連続立体交差事業  近畿日本鉄道  近鉄奈良線  JR西日本  おおさか東線  学研都市線  大阪市営地下鉄  駅改良工事 
tb: 0   cm: 0

2017年2月12日 リニモ(東部丘陵線)公園西駅改良工事レポ  

IKEAが長久手市郊外に新店舗を建設するのに合わせて最寄り駅となる東部丘陵線公園西駅の改良工事が行われることになりました。

今回は公園西駅改良工事の詳細と進捗状況を見てきます。
駅東側から愛知県道6号線を跨いでIKEA新店舗前を結ぶ歩道橋が整備されています。

歩道橋自体がかなり高いようですが、これは駅西側にある前熊東交差点で県道6号線の本線が県道215号線を跨ぐ立体交差する構造(県道6号線の側道は県道215号線と平面交差)により地上と同レベルにある側線との高低差が生じることから、高さを確保する必要が生じたためです。

この歩道橋自体は駅東側に新設される改札口にも通じるようになる模様です。

20170212_koen_nishi-01.jpg

駅出入口がある南側は駅前広場が整備されるようですが、それ以上に更地が広がっています。
以前は田畑に復旧されていたのですが、この駅南側一帯はIKEAが建設されている北側と共に土地区画整理事業により住宅分譲地が造成されるようで、モリコロパークの西側は2005年9月下旬の愛知万博閉幕後から11年5ヶ月が経過した今、変貌を遂げてつつあるようです。

20170212_koen_nishi-02.jpg

万博閉幕後は基本的に無人となった公園駅の出入口。

20170212_koen_nishi-03.jpg

改札階からホーム階の途中にあるフロアは駅の構造上の制約で階段・エスカレータとも向きが変わるためにあるのですが、このフロアの東側にIKEAとを結ぶ歩道橋に出るための改札口が新設されることから、フロア増築のための工事が施工されている模様です。

20170212_koen_nishi-04.jpg

ホーム階。

20170212_koen_nishi-05.jpg

東側に改札口が新設されるのに合わせて八草方にエレベータが新設されることになりました。
既存のエレベータが藤が丘方にあることから、リニモでは唯一一つのホームに前後2箇所のエレベータが用意されることになります。

20170212_koen_nishi-06.jpg

新設されるエレベータは工事中の東側改札口に直接結ぶことになります。

20170212_koen_nishi-07.jpg

ホームから駅の南北を撮影。
土地区画整備事業による分譲地の造成が進む駅南側。

20170212_koen_nishi-08.jpg

IKEAの新店舗の建設が進む駅北側。

20170212_koen_nishi-09.jpg

今回のレポは以上です。

category: その他の鉄道工事レポ

tag: 駅改良工事  愛知高速鉄道  東部丘陵線  リニモ  IKEA 
tb: 0   cm: 0

2017年2月12日 名鉄瀬戸線連立事業見聞  

連立事業による高架化工事が着手された名鉄瀬戸線の工事を見てきました。

今回は喜多山駅周辺です。
喜多山駅は仮線への切替が順次進められており、来訪した時点では下り線の仮線への切替済みで、上り仮線の工事が進められています。

20170212_kitayama-01.jpg

尾張瀬戸方から。
見た感じだと仮線切替後の配線は島式ホームを2面挟んだ2面3線と思われます。
高架後の配線は2面4線になる計画のようです。

20170212_kitayama-02.jpg
20170212_kitayama-03.jpg

上り仮ホームの工事は基礎工事が終わって上物のホーム構築の段階まで進んでいます。

20170212_kitayama-04.jpg

仮駅舎への出入口がある栄町方。
フルカラーLED式の発車標はこの箇所のみ設置されています。

20170212_kitayama-05.jpg

スロープ。

20170212_kitayama-06.jpg
20170212_kitayama-07.jpg

下り待避線を横断する下りホームへの構内踏切。
現状においては通常使用されることがないため作動する姿は見られませんが、工事の進捗状況次第では見られるかも知れません。

20170212_kitayama-08.jpg

仮ホームが東側にある関係上、仮駅舎とは通路を介して繋がっています。

20170212_kitayama-09.jpg

上りホームへの構内踏切。
旧駅舎は現在残存する旧下りホームに隣接する形で、この画像を撮るために著者が立っている仮通路がある辺りまであり、その北側に駅前ビルである喜多山ビルが建っていました。
下り仮線に切替後、上りホームへ行くには構内踏切を2つ渡らないといけません。

20170212_kitayama-10.jpg

仮駅舎。

20170212_kitayama-11.jpg
20170212_kitayama-12.jpg

駅西側の踏切。
北側から撮影。

20170212_kitayama-13.jpg
20170212_kitayama-14.jpg

続いて南側から。
車両基地の線路があった場所は現在の橋まで踏切がセットバックされて舗装の再舗装されています。

20170212_kitayama-15.jpg
20170212_kitayama-16.jpg

今回のレポは以上です。

category: その他の鉄道工事レポ

tag: 連続立体交差事業  名古屋鉄道  名鉄瀬戸線 
tb: 0   cm: 0

週末日記 2017年2月12日  

2017年2月12日(

12日は名古屋へ撮影のため外出。

20170212_sakae-01.jpg

まずは栄でバスの撮影。
短時間の撮影でしたが・・・。

20170212_mie_kotsu-01.jpg
20170212_shizutetsu_justline-01.jpg

続いて喜多山へ。

20170212_kitayama-01.jpg

連立事業に伴う高架工事のため仮線への切替が実施されている喜多山駅周辺は下り線の仮線切替が完了し上り線の仮線工事が進められています。

20170212_kitayama-02.jpg
20170212_kitayama-05.jpg
20170212_kitayama-09.jpg
20170212_kitayama-11.jpg

尾張瀬戸から名鉄バスに乗車。
目的は愛・地球博記念公園駅行きの路線バスに乗ることが目的。

20170212_meitetsu_bus-01.jpg

微妙に距離がある陶磁美術館を結ぶ目的がメインに据えられているようですが、利用の実態は瀬戸市側の住宅地を中心に双方向から利用が目立ちます。

20170212_meitetsu_bus-02.jpg

バス乗車後はモリコロパークに寄り道して園内バスでも撮ろうかと思ったのですが、当日は園内の周回路を使ってマラソン大会が実施されていたため終日運休でした・・・。

20170212_moricoro_park-01.jpg
20170212_moricoro_park-02.jpg
20170212_moricoro_park-03.jpg
20170212_moricoro_park-04.jpg

公園西駅周辺は万博閉幕後に一度原状水田地帯に戻されていたのですが、南側は宅地の造成が始まり、北側はIKEAの新店舗建設工事が進められていて、随分変わりました。

20170212_koen_nishi-01.jpg
20170212_koen_nishi-02.jpg
20170212_koen_nishi-03.jpg

これに合わせて駅の増築工事も行われ、八草方にエレベータを新設する工事が進められていました。

20170212_koen_nishi-04.jpg
20170212_koen_nishi-06.jpg
20170212_koen_nishi-07.jpg
20170212_koen_nishi-08.jpg
20170212_koen_nishi-09.jpg

名駅へ戻って名鉄の撮影。
ここ数年の名鉄は地味に車両が置き換わったり、リニューアルされたりするのでサボると面倒なことになります。

20170212_meitetsu_3300-01.jpg
20170212_meitetsu_2200-01.jpg
20170212_meitetsu_1000n-01.jpg

1000・1200系のリニューアル車を車内写真を撮りたかったのですが、人がそこそこいる豊橋や岐阜ではやや困難で、都合が良い場所となると知多半島エリアの末端にある内海か河和に限られました。

20170212_meitetsu_1000n-02.jpg
20170212_meitetsu_1200n-01.jpg

40分程待って河和行きがリニューアル車でやって来たので、そのまま終点まで乗って車内写真を撮影。

20170212_meitetsu_1200n-in01.jpg
20170212_meitetsu_1000n-in01.jpg

序でに編成写真も撮っておきました。

20170212_meitetsu_1200n-02.jpg

河和から国府宮へ移動。
1時間足らずでしたが、ここでは1700・2300系の編成写真を撮影。

20170212_meitetsu_1700-01.jpg

これで12日の撮影は終了。
アーバンライナーに乗って帰阪しました。

20170212_kintetsu_21000-01.jpg

category: 日記

tag: 名鉄バス  三重交通  しずてつジャストライン  名古屋鉄道  連続立体交差事業  リニモ  駅改良工事 
tb: 0   cm: 0

2017年2月4日 JR茨木駅改良工事レポ  

立命館大学・大阪いばらきキャンパス開設による駅周辺の環境の変化と茨木市の玄関口の一つとしてイメージを一新させる目的としてJR茨木駅の改良工事が着手されました。

・参考:JR西日本の公式リリース
http://www.westjr.co.jp/press/article/2014/02/page_5224.html

工事内容としては美装化などのリニューアルの他、駅ナカ店舗の拡充を図るべく橋上駅舎の京都方への増築が主に行われます。
改良工事とは別に茨木市による東口駅前広場の整備が行われ、これに合わせて同駅へ乗入れる路線バスの乗場の変更も実施されました。

・参考:茨木市建設部道路交通課のリリース
http://www.city.ibaraki.osaka.jp/kikou/kensetsu/dorokotsu/menu/news/jribarakiekinisiguchi.html
http://www.city.ibaraki.osaka.jp/kikou/kensetsu/dorokotsu/menu/news/1479355349472.html

今回の駅舎の改良工事の方を見てきました。
駅舎の工事はエスカレータ新設により大阪方の階段の使用に制限が設けられたため駅ナカ店舗向けに拡張したスペースを利用して仮改札口を新設まで進んでいます。

20170204_ibaraki-01.jpg

大阪方の階段。
エスカレータ新設により階段が狭まるため通常は閉鎖されています。

20170204_ibaraki-02.jpg

利用できそうな感じですが・・・。

20170204_ibaraki-03.jpg

実際はラッシュ時の下り階段として使用されるため、それ以外の時間帯は閉鎖しているようです。

20170204_ibaraki-04.jpg

リニューアル工事中の改札内コンコース。
一番奥に見えるのが仮改札口。

20170204_ibaraki-05.jpg

京都方に暫定的に新設された仮改札口。
完成時には駅ナカスペースとしてテナント貸し出されるため改良工事中限定の改札口となっています。
また本設のトイレもリニューアル工事のため仮設のトイレが仮改札口を入って右手に設けられています。

20170204_ibaraki-06.jpg

下りホームから見る仮改札口の上り口。
見た目からして明らかに仮設であると分かります。

20170204_ibaraki-07.jpg

今回のレポは以上です。

category: その他の鉄道工事レポ

tag: JR西日本  駅改良工事 
tb: 0   cm: 0

2017年2月4日 京都駅JR奈良線のりば改良工事レポ  

JR奈良線の輸送改善工事として進められる複線化第二期事業に関連して京都駅の改良工事が行われています。

以前のレポではホームの拡張が完了した所まではレポしていますが、橋上駅舎側との接続部の改良工事は終わっていませんでしたが、このほどほぼ完了していることから今回はこれらの部分を報告していきます。

京都駅のJR奈良線のりばは開業当初から旧国鉄時代を経てJR西日本へ移管されるまでは新幹線高架に接する1面1線のみで客扱いしていました。
その後、1990年に8・9番のりばが増設されて2面3線に強化、それから20年程は現状のままとなりましたが、増加傾向にあった利用者数に対し現行の設備では狭隘であったことから複線化第二期事業に合わせて改良工事が行われることになったわけです。

まずは新設された8・9番のりばへの階段とエスカレータ。
これまで西口から8・9番のりばへは新幹線高架下にある新幹線乗換え口および10番のりば車止め側を経由しないとアクセス出来ませんでした(地下東口および八条口・中央口からは地下乗換通路を経由してアクセスできる)

今回の改良工事ではホーム拡張と同時に8・9番のりばへ直接アクセス出来る階段・エスカレータを新設されました。
下の画像は西口改札がある橋上駅舎通路側から撮影。

20170204_kyoto-01.jpg

新設部分から撮影。
右手にあるエレベータは改良工事で新に設けられたもので、それまで通路を挟んで西側にあったエレベータは8・9番のりば側のエレベータの供用開始後に閉鎖されています。
エスカレータは上り下り各1基ずつ設けられています。

20170204_kyoto-02.jpg

新設通路側から西口通路側を撮影。
ちょっと分かり難いですが通路を挟んで西側にあったエレベータが閉鎖されているのが確認出来ます(画像左側に小さく見える封鎖箇所がそれ)

20170204_kyoto-03.jpg

8・9番のりば側から撮影
これまで画像から見る幅の約半分程だったホーム幅員が拡張された分、余裕があるのが分かります。

20170204_kyoto-04.jpg

階段上り口と車止め周りを撮影。
現在は旧エレベータ撤去のため奥の方が工事中でした。

20170204_kyoto-05.jpg

今回のレポは以上です。

category: その他の鉄道工事レポ

tag: JR西日本  輸送力増強工事  駅改良工事 
tb: 0   cm: 0

週末日記 2017年2月4日  

2017年2月4日(

この日は京都へ。
途中、新名神高速道路の工事を横目にしつつ・・・。

20170204_shin_meishin-01.jpg
20170204_shin_meishin-02.jpg

京都に到着後はバスの撮影。
詳しくは高解像度版と共にフォト蔵で順次報告します。

20170204_kyoto_city_bus-01.jpg
20170204_kyoto_city_bus-02.jpg
20170204_kyoto_city_bus-03.jpg
20170204_kyoto_city_bus-04.jpg
20170204_keihan_kyoto_kotsu_bus-01.jpg
20170204_kyoto_city_bus-05.jpg
20170204_kyoto_city_bus-06.jpg
20170204_meihan_kintetsu_bus-01.jpg
20170204_kyoto_bus-01.jpg
20170204_kyoto_city_bus-07.jpg
20170204_kyoto_city_bus-08.jpg
20170204_kyoto_city_bus-09.jpg
20170204_kyoto_city_bus-10.jpg
20170204_west_jr_bus-01.jpg
20170204_kyoto_city_bus-11.jpg

続いては京都駅JR奈良線のりば改良工事。
こちらは後日詳細を報告します。

20170204_kyoto-01.jpg
20170204_kyoto-02.jpg
20170204_kyoto-04.jpg

締めは茨木駅の改良工事。
こちらは仮改札口の共用が開始され、仮設トイレへの移転と大阪方改札口側のエスカレータ新設工事による階段の一時ラッシュ線用化が実施されています。

20170204_ibaraki-01.jpg
20170204_ibaraki-02.jpg
20170204_ibaraki-03.jpg
20170204_ibaraki-04.jpg

こちらも後日詳細を報告します。

20170204_ibaraki-05.jpg
20170204_ibaraki-06.jpg

以上です。

category: 日記

tag: 京都市交通局  京都市営バス  京阪京都交通  京都バス  名阪近鉄バス  西日本JRバス  駅改良工事  JR西日本 
tb: 0   cm: 0

2017年1月29日 名鉄知立駅連立事業レポ  

名鉄知立駅の連立事業見聞。

前回の見聞から経過している間に仮線への切替が進められている知立駅へ来訪しました。

仮線への切替は名古屋本線上り線まで切替が完了し、現在は名古屋本線下り線の仮線工事が進められています。
旧上り線ホームを一度撤去してから仮ホームなどを構築するようで、ホーム中程まで工事が進んでいます。

20170129_chiryu-01.jpg

名古屋方の様子。

20170129_chiryu-02.jpg
20170129_chiryu-04.jpg

三河線から本線への渡り線が設けられており、車両の送り込みや直通列車の設定は出来るようになっているほか、引き上げ線も用意されています。

20170129_chiryu-03.jpg

既に仮線へ移転した三河線と共に。

20170129_chiryu-05.jpg

名古屋方から下り仮ホーム工事の様子。

20170129_chiryu-06.jpg

仮跨線橋からの眺め。
名古屋方。

20170129_chiryu-07.jpg

続いて豊橋方。
工事着手前に豊橋方あった地下連絡通路は埋め戻されています。

20170129_chiryu-08.jpg

本線上り仮ホームへ降りてきて豊橋方へ。

20170129_chiryu-09.jpg

本線上り線の仮線には既に下り仮線のスペースが確保されています

20170129_chiryu-10.jpg

電気関係の配線が物々しいです。

20170129_chiryu-11.jpg
20170129_chiryu-12.jpg

豊橋方の仮ホーム工事の様子。

20170129_chiryu-13.jpg

名古屋方同様、これからのようです。

20170129_chiryu-14.jpg

今回の知立駅の連立事業レポは以上です。

category: その他の鉄道工事レポ

tag: 連続立体交差事業  名古屋鉄道  名鉄名古屋本線 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

サイト更新情報Twitter

DK-KawachiのTwitter

カレンダー

最近の記事

Facebook

フォト蔵

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

OSAKAあかるクラブ

▲ Pagetop