DK-Kawachiの日記と雑学ノート ホーム »九州産交バス
このページの記事一覧

三連休日記 2018年1月7日  

2018年1月7日(

遠征2日目は菊池十八外城の一つで日本城郭協会から続日本100名城に認定された鞠智城跡の登城、午後からは熊本電鉄の撮影と熊本市内のバス車両の撮影に勤しむことにしました。

朝は新ターミナル建設で仮設状態である熊本交通センターから熊電バス・北1系統の菊池温泉行きに乗り、菊池プラザへ。
この北1系統は藤崎宮前から御代志までのほとんどの区間を熊本電鉄の鉄道線に併走する形となりますが、御代志から菊池までの区間はかつて鉄道線が通っていた区間だったそうで、しかもバス路線自体は熊本駅まで結んでいることから競合と言うよりも補完関係に近いとも言えます。

20180107_kikuchi-01.jpg

菊池プラザはかつての鉄道線の終点で建物自体は廃止された当時のものだそうです。

20180107_kikuchi-02.jpg

駅前は熊電バスと九州産交バスの鉄道代替路線が乗り入れていますが、九州産交バスは鉄道代替路線を除く路線が交差点を挟んで斜向かいにある旧営業所前の菊池産交停留所から発着しています。

20180107_kikuchi-03.jpg
20180107_kikuchi-04.jpg

ここから九州産交バスの遊蛇口・来民中町経由・山鹿温泉行きに乗車し一寸榎まで移動します。
一寸榎から鞠智城跡までは徒歩で1kmほど歩いた先にあります。

20180107_issunenoki-01.jpg

史跡公園として復元・整備された鞠智城跡は想像していたよりも広範囲に整備されていたのですが、バスのダイヤの関係で現地滞在が1時間10分しか確保できず全部まわるのは無理。
結局、主郭部のところだけ見るだけで終わってしまったことから、あと2回来訪するか昼を挟んでほぼ一日仕事でないとダメのようです。

20180107_kikuchi_castle-01.jpg
20180107_kikuchi_castle-03.jpg
20180107_kikuchi_castle-04.jpg

菊池へ戻って昼食を挟んでから、御代志へ。

20180107_miyoshi-01.jpg

熊本市内へ直接戻らず御代志なのは熊電の車両を撮影するため。

20180107_kumaden_01-01.jpg
20180107_kumaden_01-in01.jpg
ちょうど元東京メトロの01系が折り返し待ちだったことから、存分に撮影してきました。

20180107_kumaden_01-02.jpg
20180107_kumaden_01-03.jpg

熊本市内へ戻って夕方までは熊本交通センターでバス車両の撮影。
路線によって一巡どころか二巡してしまいましたが、満足のいく成果は得ました。

20180107_kumamoto_bus_terminal-01.jpg
20180107_kumamoto_bus_terminal-02.jpg

2日目はこれで終了。
ホテルへ戻って3日目に備えます。
スポンサーサイト

category: 日記

tag: 熊本電気鉄道  日本の城郭  続日本100名城  筑後鞠智城  熊本電鉄バス  九州産交バス  熊本バス  熊本都市バス 
tb: 0   cm: 0

2011年8月13日 日本100名城を巡る旅in九州9 世界有数のカルデラ・阿蘇へ  

2日目を迎えました。
2日目の予定は午前中を阿蘇山観光、午後からは豊後竹田へ移動して岡城と旧城下町を巡り、大分入りするという行程です。

熊本市内のホテルをチェックアウトして市電で熊本駅へ向かいます。
熊本駅自体は市街地の外縁部に位置しているため市電がある時間帯は楽に移動できます。

20110813_kumamoto-01.jpg

豊肥本線に乗り阿蘇山観光の玄関口である阿蘇駅へ向かったのですが、市電からの乗り換え時間が短かったため熊本と駅で撮っている間がなく、急いで乗り込んだら直ぐ発車・・・。

20110813_hohi_ilne-02.jpg

阿蘇駅に到着。
ここまで乗った車両をようやく撮影。

20110813_jrkyushu_dc_200_100-01.jpg
20110813_jrkyushu_dc_200_100-02.jpg

これは阿蘇駅の改札口側ホームにあるくろ駅長室。

これまでキハ58系気動車を使用した「あそ1962」に代わり、九州新幹線全通に合わせて設定された観光列車「あそぼーい!」のマスコットキャラクターで「くろちゃん」こと「あそくろえもん」の駅長室。

生憎不在でしたが・・・。

20110813_aso-02.jpg

阿蘇駅は「あそぼーい!」の運行開始に合わせて黒を基調としたデザインに全面的にリニューアルされました。

20110813_aso-01.jpg
20110813_aso-03.jpg

改札外コンコースの様子。
写真左側には売店と飲食店が入居していますが、到着時は営業時間外だったようで、阿蘇山から下山したときには営業していました。

20110813_aso-04.jpg

駅舎の西側には産交バスの待合所と窓口があり、ここには産交バス阿蘇営業所の事務所も入居しています。

20110813_aso-05.jpg

ここは熊本~大分・延岡などを結ぶ特急バスの乗入れています。
写真は大分バスのやまびこ号。

20110813_oita_bus-01.jpg

ここからは阿蘇山の中岳火口に近い阿蘇山ロープウェイの阿蘇山西駅へ向かいます。

20110813_sanko_bus-03.jpg
20110813_sanko_bus-01.jpg

阿蘇駅から出る産交バス阿蘇登山線は阿蘇駅前から熊本県道111号阿蘇吉田線(阿蘇東登山道(坊中線)や阿蘇パノラマライン)をひたすら登り、阿蘇火山博物館がある草千里を経て阿蘇山西駅とを路線バスです。

20110813_sanko_bus-04.jpg

沿道は放牧地が点在している事から、写真のように牛が放牧されている様子を見る事が出来ます。

20110813_sanko_bus-05.jpg
20110813_sanko_bus-06.jpg
20110813_sanko_bus-07.jpg

草千里ヶ浜を経て。

20110813_sanko_bus-08.jpg

阿蘇山西駅に到着。
ここには阿蘇山ロープウエイの他、大規模の駐車場が用意されています。

20110813_mt_aso-01.jpg

ここからは阿蘇山ロープウエイに乗ります。

20110813_mt_aso-10.jpg

阿蘇山中岳火口付近は火山ガスが発生している場合があり、気管支喘息や気管支炎に支障のある人は健康上の問題から登山が禁止されています。
このため、窓口でこれらに関する質問や説明を受ける事になります。

20110813_mt_aso-11.jpg

それでは、ロープウエイに乗車。
ちなみのこの車両は2006年に水戸岡鋭治のデザインによりリニューアルされたもの。

20110813_mt_aso-02.jpg

火口西駅までは約4分。

20110813_mt_aso-12.jpg
20110813_mt_aso-13.jpg
20110813_mt_aso-14.jpg

火口西駅に到着。

20110813_mt_aso-15.jpg

ここから阿蘇山中岳の火口を見てきます。

→次に続く。

category: 九州・沖縄地方遠征

tag: JR九州  九州産交バス  産交バス  カルデラ  阿蘇山  阿蘇山ロープウエイ 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

サイト更新情報Twitter

DK-KawachiのTwitter

カレンダー

最近の記事

Facebook

フォト蔵

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

OSAKAあかるクラブ

▲ Pagetop