DK-Kawachiの日記と雑学ノート ホーム »京成高砂駅
このページの記事一覧

2010年7月17日 首都圏鉄道を巡る三連休7 京成高砂駅の暫定切替とJR常磐緩行線E233系2000番台の撮影  

京成高砂へ戻って夕食タイムを挟んでから金町経由でホテルへ向かうことにしました。

京成高砂駅は京成本線・金町線・押上線・北総線の4線の列車が2面4線のホームにひしめき合う状態で連立事業の計画が進められているのですが、都市計画などの関係から工事自体が着手される段階まで来ていないのが現状です。

ところが北総線のインフラを利用した成田スカイアクセス線開業による列車本数増加により、容量限界への懸念から上り列車が本線を縦断する金町線の上野直通運転を取りやめ、全列車を線内折り返しに変更し暫定的に高架へ切り替えとられました。

暫定的に構築された金町線のりばは橋上駅舎を挟んで東側に設けられたため、本線・北総線との乗り換えは本線側の改札を出て正面の金町線用改札口を通る必要が生じています。

このため、京成高砂駅では30分の時間制限を条件に改札外連絡出来るようになりました。
実際の利用方法は色分けされている乗換専用の自動改札機を通ることが前提となっています。

20100717_keisei_takasago-01.jpg

金町線の改札口を通り緩いスロープを進むと1面1線のみの金町線のりばがあります。

20100717_keisei_takasago-02.jpg

車止めはやや余裕を待たせて設けられています。

20100717_keisei_takasago-03.jpg

金町方から見ると高砂検車区を見下ろすことができます。

20100717_keisei_takasago-04.jpg

ここやってきたのはファイヤーオレンジ塗装の3300形。

大阪に住んでいる私にとって京成は普通鋼製の車両は現行の塗装以外は雑誌で見るだけでしたので、このファイヤーオレンジ塗装の時には接していない身であったため、ある意味新鮮でした。

20100717_keisei_3300-01.jpg

金町からは常磐線に乗り換えて、鞄を回収するべく品川を目指します。

その途中、綾瀬でE233系2000番代に遭遇。

20100717_jreast_ec_e233_2000-01.jpg

この車両に遭遇するのは2度目ですが、以前はアイコンショット的にとらえただけ。
今回は綾瀬折り返しだったことから人気のないタイミングを見計らって車内写真の撮影をしました。

まずは車内全体。

20100717_jreast_ec_e233_2000-in01.jpg

座席自体は寒色系。

20100717_jreast_ec_e233_2000-in02.jpg

車端部。
車椅子スペースと優先座席があるタイプ。

20100717_jreast_ec_e233_2000-in03.jpg

基本的なタイプ。

20100717_jreast_ec_e233_2000-in04.jpg

E531系からの標準仕様である天井回り。

20100717_jreast_ec_e233_2000-in05.jpg

LCD式の案内表示器は各ドア鴨居部に1台のみ。。

20100717_jreast_ec_e233_2000-in06.jpg

ストレート車体である以外はE233系の基本番台・1000番台と同じドア回り。

20100717_jreast_ec_e233_2000-in07.jpg

撮影終了して初日は終了。
品川で鞄を回収してホテルへ直行しました。

→次に続く。
スポンサーサイト

category: 関東地方遠征

tag: 京成電鉄  連続立体交差事業  駅改良工事  京成本線  京成金町線  京成高砂駅  JR東日本 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

サイト更新情報Twitter

DK-KawachiのTwitter

カレンダー

最近の記事

Facebook

フォト蔵

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

OSAKAあかるクラブ

▲ Pagetop