DK-Kawachiの日記と雑学ノート ホーム »京王電鉄
このページの記事一覧

夏休み遠征日記 2014年8月16日  

2014年8月16日(

遠征4日目からは首都圏に滞在。
その初日は東京モノレールの撮影を行うため天王洲アイルへ。

前回と違うのは機材がOLYMPUS PEN E-P1からE-P5に変わっただけでもありますが、目的はやはり最新鋭の10000形。

P8160968
P8160968 posted by (C)dk_kawachi
P8160970
P8160970 posted by (C)dk_kawachi
P8160972-e01
P8160972-e01 posted by (C)dk_kawachi
P8160973
P8160973 posted by (C)dk_kawachi

若干被られてしまいましたが、折り返しに乗って終点の羽田空港国内線第2ビル駅で車内写真と運転台の撮影で写真としてはコンプリートさせるところまで来ました。

P8160982
P8160982 posted by (C)dk_kawachi
P8160986-e01
P8160986-e01 posted by (C)dk_kawachi

午後からは京葉線でちょっと撮影。
E233系5000番台を捉えたのですが、撮影した結果を見て何か微妙・・・汗。

P8160993-e01
P8160993-e01 posted by (C)dk_kawachi

渋谷へ移動して京王井の頭線に乗車。
しばらく乗っていなかったので井の頭線のダイヤパターンが1:1になっているなど以前乗ったときよりも変わっているなと思った次第。

改良された吉祥寺駅で折り返し待ちの車両の撮影へ。

20140816_kichijouji-01.jpg

ちょうど渋谷方から2両目あたりまでは僅かな時間だけ誰もいない状態になることを利用しての車内写真撮影ですが、バリアフリー化に取り組む京王の例に漏れず前期車にも後期車のような大型の袖仕切りが設置されていたり、3色LEDの行き先表示がフルカラーに交換されているとはあまり考えていなかったので、実車を見るたびに「京王らしい統一感」などと思いを巡らせてみたりしていました。

P8161025
P8161025 posted by (C)dk_kawachi
P8161044
P8161044 posted by (C)dk_kawachi
P8161015
P8161015 posted by (C)dk_kawachi
P8161033
P8161033 posted by (C)dk_kawachi
P8161049
P8161049 posted by (C)dk_kawachi

日も暮れた頃にホテルへ戻り遠征4日目が終了となりました。
スポンサーサイト

category: 日記

tag: 東京モノレール  JR東日本  京王電鉄 
tb: 0   cm: 0

三連休日記 2014年7月20日  

2014年7月20日(

20日は遠征2日目。

はじめは山手線の車内写真撮影。

P7208999-e01
P7208999-e01 posted by (C)dk_kawachi

サイトにもアップ済みなのですが、車内照明のLED化前のものなので、LED化後の車内写真を撮影したしだいです。
しかも数年内にはE235系に置き換えられるということなので今の間に撮っておこうと・・・。

P7209000-e01
P7209000-e01 posted by (C)dk_kawachi

続いて東急東横線の祐天寺駅の大規模改良工事の見聞。

20140720_yutenji-01.jpg

上下線の間に通過線を新設するもので、現状は上下線ホームに仮囲いが設けられて幅が狭くなっています。

20140720_yutenji-02.jpg
20140720_yutenji-03.jpg

午後からは湘南モノレールからスタート。
最新の5000形は未撮影でしたが、ここでようやく撮影できました。

P7209028-e01
P7209028-e01 posted by (C)dk_kawachi

P7209029-e01
P7209029-e01 posted by (C)dk_kawachi

江ノ島からは小田急に乗って藤沢へ。
ここでは折り返し待ちの湘南急行の車内写真撮影で、今回は1000形10両固定編成。
近年中に中間更新となるリニューアル工事が施工されるため、現在の姿を撮っておきたかったところです。

P7209031-e01
P7209031-e01 posted by (C)dk_kawachi

P7209038-e01
P7209038-e01 posted by (C)dk_kawachi

中央林間から田園都市線へ。
ここでは最近のダイヤ改正により運行時間帯が拡大された準急の乗車体験。
あまり代わり映えしない感じですが、二子玉川から各駅停車になるため都心側の混雑の平準化を図るという目的であるのは乗車したときに見立てで容易に想像できました。

P7209048-e01
P7209048-e01 posted by (C)dk_kawachi

押上まで乗車後は編成写真の撮影へ。

20140720_oshiage-01.jpg

ここでは滅多に撮ることができない東急8590系の車内写真の撮影に成功しました。

P7209057-e01
P7209057-e01 posted by (C)dk_kawachi

P7209051-e01
P7209051-e01 posted by (C)dk_kawachi

押上から京成押上線で八広へ。

20140720_yahiro-01.jpg

定番の撮影地での走行写真撮影ですが、例の幸福の黄色い電車に遭遇。
運行開始からようやく撮影することができました。

P7209077
P7209077 posted by (C)dk_kawachi

本八幡へ移動して都営新宿線の撮影。
狙うはE233系2000番台ベースとなった10-300形3次車でしたが、3本目で引き当てることができました。

P7209109-e01
P7209109-e01 posted by (C)dk_kawachi

あとは編成写真を撮るだけとなりましたが、実際に首尾良く撮ることができるのだろうか・・・。

P7209096-e01
P7209096-e01 posted by (C)dk_kawachi

P7209097-e01
P7209097-e01 posted by (C)dk_kawachi

P7209106-e01
P7209106-e01 posted by (C)dk_kawachi

このあとは橋本へ向かう京王線直通列車に乗ったのですが、京王線調布駅付近で落雷による停電が発生したため、笹塚止めとなり降ろされてしまいました。

20140720_sasazuka-01.jpg

と言うことでこの日はここで終了しホテルへ戻りました。

category: 日記

tag: JR東日本  駅改良工事  東京急行電鉄  湘南モノレール  小田急電鉄  京浜急行電鉄  東京都交通局  都営地下鉄  京王電鉄 
tb: 0   cm: 0

三連休日記 2013年11月3日  

2013年11月3日(

遠征2日目は鉄道工事見聞をメインに据えて動きました。

20131103_jreast_ec_e233_7000-01.jpg

午前中は京成押上線の曳舟駅周辺の連立事業からスタート。

20131103_keisei_hikifune-01.jpg

今年8月下旬に上り線が高架切り替えとなった京成曳舟駅はホーム幅が広く取られていますが、3階構造でホーム階が高い場所にあることから上り下りするという負担が増えてしまいます・・・。

20131103_keisei_hikifune-02.jpg
20131103_keisei_hikifune-03.jpg
20131103_keisei_hikifune-04.jpg

横浜へ移動して昼食後は相鉄の天王町~和田町の連立事業見聞。
高架橋を構築し直しとなる天王町ではホームの二俣川方の一部が閉鎖され、横浜方に仮設ホームを設けて工事スペースを捻出している様子。

20131103_tennocho-01.jpg
20131103_tennocho-02.jpg

一方、星川では下り仮線の真上に巨大な高架構造物が構築されており、数年前に見たJR奈良駅の高架工事を連想させられます。

20131103_hoshikawa-01.jpg
20131103_hoshikawa-02.jpg

相鉄線内では東海道貨物線の横浜羽沢を経由して東急東横線・目黒線とJRとの相互直通運転に備えた工事が進められており、相鉄線側の分岐点となる西谷駅も見てきました。

20131103_nishiya-01.jpg

工事自体は待避線が一時閉鎖され、横浜方では分岐までの複々線化と交差部分の仮設工事が進められています。

20131103_nishiya-02.jpg

夕方からは南武線へ。
南武線は沿線自治体の予算編成や執行手続きなどの都合により順次立体交差化と駅改良工事が進められていますが、今回は2005年にあるオフ会で見た矢野口と現時点では見聞していなかった稲城長沼と南多摩の工事も見てきました。

矢野口は2005年に来訪したときは下り線の高架切り替えが済んだところでしたが、来訪後数ヶ月後には上り線も高架切り替えが完了していたということで、今回ようやくまともに見ることが出来た次第です・・・。

20131103_yanokuchi-01.jpg
20131103_yanokuchi-02.jpg

一方、矢野口から立川寄りにある稲城長沼と南多摩は2011年に下り線の高架切り替えが完了し、上り線が今年12月に切替えの予定で、両駅では上り線の主要工事がほぼ終わっている状態ですが、稲城長沼駅は切替え後に旧線の撤去後に2面4線化される予定となるため、次回の行われる上り線の高架切り替え時点では暫定的に2面3線となる模様です。

20131103_inagi_naganuma-01.jpg
20131103_inagi_naganuma-02.jpg
20131103_minami_tama-01.jpg
20131103_minami_tama-02.jpg

橋本へ移動して夕食後は京王線の車内写真の撮影。

20131103_keio_9030-01.jpg

ここでは9000系30番台後期車と都営10-300形を撮影しました。

20131103_toien_10_300-01.jpg
20131103_toien_10_300-in01.jpg
20131103_toien_10_300-cab01.jpg

ここでの撮影を持って遠征2日目は終了。
ホテルへ戻って遠征最終日を迎えることにします。

category: 日記

tag: 連続立体交差事業  京成電鉄  相模鉄道  輸送改善工事  JR東日本  京王電鉄  東京都交通局 
tb: 0   cm: 0

2012年11月24日 首都圏の鉄道工事と車両撮影の旅27 夜の車内写真撮影・その2  

高尾山口へ移動。

20121124_takaosanguchi-01.jpg

ここなら京王線の各形式の車内写真を楽に撮れるかと思ったのですが、紅葉シーズンと重なったため人気が絶えず撮影に難儀します。
時期をずらせば良かったのかと後悔したのですが、それでも何とか捉えた車両の車内写真を出していきます。

まずは9000系。
10両編成口の30番台は撮影済みなのですが、8両編成の0番台は車内写真のみ未撮影と言うこともあって撮ったおきたかった次第です。

20121124_keio_9000-in01.jpg

袖仕切自体は30番台とな異なります。

20121124_keio_9000-in02.jpg

妻面側。
首都圏では3人掛が多い中、京王では9000系でも4人掛となっている。

20121124_keio_9000-in03.jpg

8000系。
京王線では初めてインバータ制御が導入された形式で、6000系・7000系以来のフルモデルチェンジとなった車両です。

20121124_keio_8000-in01.jpg

座席周り。
両側の袖仕切は近年ATC導入と合わせて追加されたもの。

20121124_keio_8000-in02.jpg

妻面側。

20121124_keio_8000-in03.jpg

最後に7000系。

20121124_keio_7000-in01.jpg

座席周り。
座席自体はバケットタイプとなっていますが、大型袖仕切は追加されていません。
リニューアルされた年度によっては追加されている編成も有るそうなので、またの機会で捉えることにします。

思いっきり女性専用車のステッカーが貼られていますが、撮影当日は設定のない土休日ダイヤです。

20121124_keio_7000-in02.jpg

妻面側。
貫通扉の窓が天地方向に大きくないのが、製造当時の時代を感じさせます。

20121124_keio_7000-in03.jpg

高尾山口での撮影はここまでとしますが、この後もう少し夜の撮影が続きます。

→次に続く。

category: 関東地方遠征

tag: 京王電鉄 
tb: 0   cm: 0

2012年11月24日 首都圏の鉄道工事と車両撮影の旅26 夜の車内写真撮影・その1  

調布駅周辺の地下化工事の見聞を終えるとホテルへ戻るまでの間は車内写真の撮影に専念します。

東府中へ。
ここでは都営地下鉄10-300R形に遭遇します。

20121124_toei_10_300-01.jpg

京王線と相互乗り入れする都営地下鉄新宿線の最新形式は10-300形ですが、10-000形の若齢車の中間車に10-300形の先頭車を組み込んで8両編成としたのが10-300R形に区分されています。

まずは先頭車から。
こちらは新造された車両で車内の仕様はJR東日本のE231系をベースにしています。

20121124_toei_10_300-in02.jpg

袖仕切や座席の表地、化粧板などの形状や配色が異なりますが、基本設計自体はE231系と同じとなっています。

20121124_toei_10_300-in06.jpg

妻面側。
貫通扉自体は設けられていますが、隣の車両が10-000形の中間車を活用したと言うのがよく分かります。

20121124_toei_10_300-in07.jpg

続いて中間車。
こちらは10-000形の若齢車。

20121124_toei_10_300-in01.jpg

座席。

20121124_toei_10_300-in03.jpg

妻面側。
10-000形時代のままであるため4人掛。

20121124_toei_10_300-in04.jpg

こちらは優先席設定側。

20121124_toei_10_300-in05.jpg

10-300R形の運転室。
10-000形の中間車を組み込んでいるため、純粋の新造車で組成されている10-300形との仕様が若干異なる。

20121124_toei_10_300-cab01.jpg

京王線での車内写真撮影、続きます。

→次に続く。

category: 関東地方遠征

tag: 京王電鉄  東京都交通局  都営地下鉄 
tb: 0   cm: 0

2012年11月24日 首都圏の鉄道工事と車両撮影の旅25 京王電鉄連立事業見聞~国領駅・その2  

京王線連立事業見聞。
最後は国領駅の地上階と改札外の様子です。

東側にある階段の下り口。

20121124_kokuryo-17.jpg

西側にあるエスカレーターの下り口。

20121124_kokuryo-18.jpg

その向かい側にエレベータ。

20121124_kokuryo-19.jpg

改札内コンコースの通路。
現状は旧上り側にある仮設に位置するため、微妙に入り組んだ状態です。

20121124_kokuryo-20.jpg
20121124_kokuryo-21.jpg

仮駅舎。
本設の駅舎は休戦状日設けられる計画であることから、仮駅舎は旧上り線側にあります。

20121124_kokuryo-04.jpg

撤去工事が続く旧線。

20121124_kokuryo-22.jpg
20121124_kokuryo-23.jpg

南口側の駅前広場。

20121124_kokuryo-24.jpg
20121124_kokuryo-25.jpg

狛江通りと交差する旧踏切から撮影。

20121124_kokuryo-26.jpg

同じ場所から西側を撮影。
右側に見える出入口らしき建物は地下ホームの下り側から続く非常用通路の出入口のようです。

20121124_kokuryo-27.jpg

京王線の連立事業見聞はここまでとします。

→次に続く。

category: その他の鉄道工事レポ

tag: 連続立体交差事業  京王電鉄  京王線  国領駅 
tb: 0   cm: 0

2012年11月24日 首都圏の鉄道工事と車両撮影の旅24 京王電鉄連立事業見聞~国領駅・その1  

国領駅へ到着しました。

20121124_kokuryo-05.jpg

国領駅も調布駅と同じくゲートタイプのホームドアとなっています。

20121124_kokuryo-06.jpg
20121124_kokuryo-07.jpg

京王八王子・高尾山口・橋本方。

20121124_kokuryo-08.jpg

こちらは地上への非常用通路が用意されるのですが、この箇所は剥き出しの状態。

20121124_kokuryo-09.jpg

地上への非常用通路。

20121124_kokuryo-10.jpg

ホーム端部から京王八王子・高尾山口・橋本方を撮影。
駅間はシールド工法で掘られています。

20121124_kokuryo-11.jpg

ホーム端部から撮影。

20121124_kokuryo-01.jpg

京王八王子・高尾山口・橋本方にあるエスカレータ。

20121124_kokuryo-12.jpg

中程のエレベータ。

20121124_kokuryo-13.jpg

新宿方の階段。
これらの位置関係は布田駅と同じ。

20121124_kokuryo-14.jpg

新宿方。

20121124_kokuryo-02.jpg

ホーム端部。

20121124_kokuryo-15.jpg

ここから地下線の新宿方坑口が見えます。

20121124_kokuryo-16.jpg

ホーム端部から中程を撮影。

20121124_kokuryo-03.jpg

次回は地上側の改札階と駅周辺を見てきます。

→次に続く。

category: その他の鉄道工事レポ

tag: 連続立体交差事業  京王電鉄  京王線  国領駅 
tb: 0   cm: 0

2012年11月24日 首都圏の鉄道工事と車両撮影の旅23 京王電鉄連立事業見聞~布田駅・その2  

京王線連立事業見聞。
布田駅のレポの続きです。

今回は地上の改札階。
まずはホーム階へのエレベータでこの背後に階段があります。

20121124_fuda-15.jpg

エレベータと向かい合わせに配置されているエスカレータ。

20121124_fuda-16.jpg

改札口周り。
こちら側は仮駅舎となっています。

20121124_fuda-17.jpg
20121124_fuda-18.jpg

仮駅舎の外側。
自動券売機は改札口を出て新宿方に配置されています。

20121124_fuda-19.jpg

仮駅舎の背後では新駅舎の工事が進められています。

20121124_fuda-04.jpg
20121124_fuda-20.jpg

新駅舎は旧線敷地内に建てられていますが、この写真で見ると仮駅舎は新駅舎に張り付く形に見えます。

20121124_fuda-21.jpg

新宿方の様子。

20121124_fuda-22.jpg

工事自体は本線の直下で行われていたため、旧線の撤去後に埋め戻しが行われるものと思われます。

20121124_fuda-23.jpg

京王八王子・高尾山口・橋本方。
交差する道路は布田南通り。

20121124_fuda-24.jpg

旧線時代の仮駅舎。

20121124_fuda-25.jpg

旧線の京王八王子・高尾山口・橋本方。

20121124_fuda-26.jpg

旧線の撤去工事が終わると踏切から新宿方と新駅舎との間に駅前広場が整備される予定です。

20121124_fuda-27.jpg

次回は国領駅を見てきます。

→次に続く。

category: その他の鉄道工事レポ

tag: 連続立体交差事業  京王電鉄  京王線  布田駅 
tb: 0   cm: 0

2012年11月24日 首都圏の鉄道工事と車両撮影の旅22 京王電鉄連立事業見聞~布田駅・その1  

京王線連立事業見聞。
続いては布田駅へ。

20121124_fuda-05.jpg

布田駅は地下化された3駅の中で唯一フルスクリーンタイプのホームドアが採用されています。

20121124_fuda-11.jpg
20121124_fuda-13.jpg

運転室が前後に来る箇所は乗務員側との干渉を避けるために片側が2枚タイプとなっています。

20121124_fuda-12.jpg

車両間の当たる箇所は非常時に開閉出来る構造となっています。

20121124_fuda-14.jpg

それでは実際の駅構内の様子を。
まずは京王八王子・高尾山口・橋本方。

20121124_fuda-06.jpg

ホーム端部から撮影。

20121124_fuda-01.jpg

京王八王子・高尾山口・橋本方側にあるエスカレータ。

20121124_fuda-07.jpg

ホーム中程。

20121124_fuda-08.jpg

ホーム中程の新宿寄りにあるエレベータ。

20121124_fuda-09.jpg

新宿方にある階段。

20121124_fuda-10.jpg

新宿方。

20121124_fuda-02.jpg

ホーム端部から撮影。

20121124_fuda-03.jpg

次回は地上の改札階と駅舎外を見てきます。

→次に続く。

category: その他の鉄道工事レポ

tag: 連続立体交差事業  京王電鉄  京王線  布田駅 
tb: 0   cm: 0

2012年11月24日 首都圏の鉄道工事と車両撮影の旅21 京王電鉄連立事業見聞~調布駅・その4  

京王線調布駅レポ。
最後は地上部分と東口改札を見てきます。

まずは北口ロータリー。

20121124_chofu-49.jpg

写真左側に見えているのが仮橋上駅舎。

20121124_chofu-50.jpg

仮橋上駅舎と北口ロータリーを結ぶ階段。
地下切替により閉鎖されている。

20121124_chofu-51.jpg

写真中央より右下にある入口が地下駅への出入口。

20121124_chofu-52.jpg

西側の踏切跡から撮影。
原状回復のための工事が進められています。

20121124_chofu-53.jpg
20121124_chofu-54.jpg

撤去工事中の仮橋上駅舎。

20121124_chofu-55.jpg

来訪当時の調布駅周辺の出入口および南北にあるロータリーの位置関係図。

20121124_chofu-56.jpg

こちらは南口ロータリー側の出入口。

20121124_chofu-57.jpg

南口ロータリー。

20121124_chofu-58.jpg
20121124_chofu-59.jpg

新宿方にも仮橋上駅舎があり、こちらは東口改札に引き継がれています。

20121124_chofu-60.jpg

京王八王子・高尾山口・橋本方の仮橋上駅舎との位置関係。
解体工事に入っているため、分かり難いかも知れませんが・・・。

20121124_chofu-61.jpg

新宿方の仮橋上駅舎の直下から撮影。
ホームは跡形もなく撤去されて軌道敷が残っているだけですが、早いうちに撤去されると思われます。

20121124_chofu-62.jpg
20121124_chofu-63.jpg

新宿方の仮橋上駅舎の北側から。
現在の東口は仮橋上駅舎の直下に出入口があります。

20121124_chofu-64.jpg

東口は切替え後の暫定状態のため階段が整備されただけですが、エスカレータの整備が進められています。

20121124_chofu-65.jpg

東口改札外コンコース。

20121124_chofu-66.jpg
20121124_chofu-67.jpg

東口改札。

20121124_chofu-68.jpg

これで京王調布駅のレポは終了。
次回からは調布駅と共に地下化された布田駅と国領駅を見てきます。

→次に続く。

category: その他の鉄道工事レポ

tag: 連続立体交差事業  京王電鉄  京王線  京王相模原線  調布駅 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

サイト更新情報Twitter

DK-KawachiのTwitter

カレンダー

最近の記事

Facebook

フォト蔵

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

OSAKAあかるクラブ

▲ Pagetop