DK-Kawachiの日記と雑学ノート ホーム »京阪本線
このページの記事一覧

週末日記 2011年5月28日  

2011年5月28日(

夜勤明けの28日はYouTubeにアップする動画の編集を午前中に済ませてから、梅雨入りした空模様の中を外出。
上り線の高架切替えとダイヤ改正が行われた京阪本線へ。

淀屋橋駅は今回のダイヤ改正で切り欠き側ホームがラッシュ時のみに限定されたことからデータイムである来訪時間帯は閉鎖されていました。

20110528_yodoyabashi-01.jpg

そして中之島線開業以来、同線直通の快速急行として主に使用されてきた2代目3000系が、今改正から本線系統の特急に多数入るようになりました。

20110528_keihan_3000_2g-01.jpg

淀へ移動。

20110528_yodo-01.jpg

先に下り線の切り替えを終えた淀では今度の切り替えで上下線とも高架への切り替えが終わりましたが、上り副本線側の高架橋が一部を除いて構築されていないことから、暫定的に2面3線の状態となっています。

20110528_yodo-02.jpg
20110528_yodo-03.jpg
20110528_yodo-06.jpg

上り線の高架切り替えで臨時改札口の競馬場口が拡張され随分広い構内になりました。

20110528_yodo-04.jpg
20110528_yodo-05.jpg

動画も撮影しましたのでYouTubeにアップしたHD動画(720p)を提示します。



三条経由で太秦天神川へ移動して嵐電に乗車。

20110528_randen_mobo101-01.jpg

四条大宮から梅田へ移動。
JR大阪駅の改良工事は路線バスのりばの引っ越しが開始。

20110528_osaka-01.jpg

今週末までに大阪市営バスの一部と阪急バスが北側ののりばへ移転しています。
高速バスの方は2回目となる6月1日にこの場所へ移転してきますが、各種案内表示装置が試験的に稼働していました。

20110528_osaka-02.jpg
20110528_osaka-03.jpg

この日はここで切り上げて帰宅しました。
スポンサーサイト

category: 日記

tag: 京阪電気鉄道  連続立体交差事業  京阪本線  淀駅  京福電気鉄道  JR西日本  駅改良工事  大阪駅 
tb: 0   cm: 0

2011年2月27日 京阪本線淀駅連続立体交差事業見聞2  

2011年5月下旬に上り線の切り替えが行われる淀駅へで向いてきました。

前回から約1年半近く経過して淀駅の様子です。

20110327_yodo-01.jpg

最終的な配線は2面4線で淀屋橋方の外側2線が淀車庫の入出庫線になるのですが、今度の切り替えは上り本線のみ高架に切り替えられます。
これによって上下線とも高架化されることになり、その後上り副本線と入出庫線の整備が着手されると思われます。

20110327_yodo-02.jpg
20110327_yodo-03.jpg

競馬場が閉まっている時間帯なので臨時改札口への階段はシャッターで閉ざされています。

20110327_yodo-04.jpg

淀屋橋方。
ホーム上屋は開放感のある大屋根で3線分を覆う形で上りホームと下り副本線側の高欄に屋根の支柱があります。
(下り副本線側は架線柱と兼用)

20110327_yodo-07.jpg
20110327_yodo-08.jpg


同じく淀屋橋方。
信号機の配置から淀屋橋~淀の臨時列車などの入出庫のためにあるようですが、おそらく現段階では入出庫線が整備されていないため用意されたのかと思われます。

20110327_yodo-05.jpg
20110327_yodo-06.jpg

今回のレポは以上ですが、5月下旬の切り替え後にレポする予定です。

category: その他の鉄道工事レポ

tag: 連続立体交差事業  京阪電気鉄道  京阪本線  淀駅 
tb: 0   cm: 0

年始日記 2010年1月1日~1月3日  

2010年1月1日(

元旦は毎年恒例の所用で岡山県西部へ行ってきました。

例年通り18きっぷ使用で在来線を延々と乗り継いで行くのですが、今年の往路は想定外続きでした。

まず、相生から乗換えの備中高梁行き(4+3両)が車両不具合で相生駅を出てすぐに急停車し立ち往生。
数分後の動きましたが、またしても急停車してしまい15分ほどの遅れとなってしまいました。

所定は7両編成運行の岡山で後部3両切離して4両で備中高梁へ向かうところですが、15分以上遅延の影響を受けて前4両は岡山で運転打ち切りとなり切離し後は岡山電車区へ引き上げてしまい、後3両は糸崎行きとしてそのまま運行という流れになり右往左往する状態でした。

目的の駅には予定の18分遅れでしたが、ともかくたどり着けたので良しとしておきました。

所用は午後で終わり、夕方には大阪へ帰ってきた2010年元旦の一日は終わりました。
やはり多人数を連れて行くのは自分のペースで行けないので一人で動く方が気が楽だったりします。


2010年1月2日(

2日はこれまで撮影した画像データをフォトショップエレメンツ7の名札機能を使って整理。

比較的最近のものは検索が出来るように振っているのですが、2007年以前の画像は半数が未整理か再整理が必要なので一日かかっても終わる気配無くと言う状況です。

20100102_cake.jpg
1月2日のデザート


2010年1月3日(

年末年始休みの最終日である3日は実質上の初撮り。
今回は正月ダイヤの京阪電鉄で。

20100103_keihan-01.jpg

ところが肝心の撮影場所は難航、名所の森小路などは撮影隊が陣取っているため滝井で妥協することに・・・。
手短に済ませましたが、近年はデータイムでは見られなくなった急行も見られ、普段は見ることのない急行中之島行きを掲げた列車も捉えました。

20100103_keihan_6000-01.jpg
20100103_keihan_9000-01.jpg

丹波橋で近鉄の乗り換えて京都へ向かい、京都からみやこ路快速で奈良へ。
6両編成のみやこ路快速は前方の4両は満席状態でしたが最後尾はガラガラ、これは京都駅の停車位置の関係で人の流れから死角になってしまうのと、どの停車駅も出口から遠いからなのですが・・・。

奈良では3月に切替が行われる桜井線のりばの工事の状況を確認。
前回は下の写真を撮った無かったのでこの日改めて撮影することにしたのです。

20100103_jr_nara-01.jpg

奈良から大和路線快速で天王寺へ。
奈良電車区の221系では手数が足りないので、夕方の快速系統は103系や201系が入りここで乗った車両も201系6両編成。
乗車後は大和小泉辺りから爆睡し久宝寺の手前で目を覚ますのはいつも通りと言ったところです。

天王寺から足を伸ばして日本橋へ。
大手の量販店以外はお店を開けているようで、ここで買い物をして帰宅。

帰宅後は4日から更新予定に向けてブログ画像の準備とサイトの更新準備を進めて正月三箇日の最後を締めくくりました。

category: 日記

tag: 正月三箇日  スイーツ  京阪電気鉄道  京阪本線  連続立体交差事業  JR西日本  JR奈良駅 
tb: 0   cm: 0

2009年9月13日 京阪本線淀駅連続立体交差事業見聞1-4  

京阪淀駅高架工事レポ。
今回のレポの最後は高架駅の外観と一般改札口の様子を報告します。

まず最初の写真は出町柳方から撮影したものです。
こうして見ると臨時出口側がメインのように見えてしまいます。

20090913_yodo-06.jpg

普段使用される一般出口(公式には単に「出口」として案内されていますが、臨時出口と区別するため、このレポでは一般出口と記述しています)は淀屋橋方に小ぢんまりとした構えで設けられています。

20090913_yodo-28.jpg

入口側を撮影したもの。
階段と上りエスカレータがあるのですが、エスカレータの奥にエレベータが設置されています。

20090913_yodo-29.jpg

改札外コンコースから撮影したもの。
ホームへの階段は改札口入ってすぐ、上りエスカレータはその奥という配置となっています。
改札内コンコースには売店も設けられています。

20090913_yodo-31.jpg

改札内コンコース。
4通路分ある自動改札機は有人側の1通路が入場専用で、残り3通路は双方向となっています。
また、自動精算機は1台となっています。

20090913_yodo-32.jpg

今回のレポは以上です。

category: その他の鉄道工事レポ

tag: 連続立体交差事業  京阪電気鉄道  京阪本線  淀駅 
tb: 0   cm: 0

2009年9月13日 京阪本線淀駅連続立体交差事業見聞1-3  

京阪淀駅工事レポ。
今回は臨時出口の状況を報告します。

JRA京都競馬場の最寄り駅である淀駅には臨時の改札口がありますが、今回切り替えられた高架駅にも臨時改札口がありますが、今度は競馬場のステーションゲートに近くなったことからこれを期に独立したコンコースが設けられています。

臨時の改札口にある自動改札機は7通路分ですが、下り線が高架化された暁には増設されるのでしょうか?

20090913_yodo-19.jpg

メインレース終了後の利用集中に対応するべく、臨時出口の改札内コンコースはかなり広く取られています。

20090913_yodo-20.jpg
20090913_yodo-05.jpg

臨時出口側の改札内コンコースと一般出口用の改札内コンコースは両者の中間点にエレベータがあるため跨道橋を通じてつながっています。

下の写真の左側が臨時出口側のコンコースとなっていますが、そこにある階段辺りにシャッターがあるらしく、普段はそれで臨時側と仕切りつつエレベータから一般出口への通路も確保するようになっています。

20090913_yodo-22.jpg

エレベータ正面にある一般改札口への連絡通路。
写真奥が一般用の改札口・出口となります。

20090913_yodo-21.jpg

臨時改札口を抜けるとステーションゲートへの連絡通路となっています。

20090913_yodo-23.jpg
20090913_yodo-24.jpg

連絡通路側出口付近からは仮下り仮ホームを見ることができます。

20090913_yodo-25.jpg

連絡通路はペデストリアンデッキとなっていてステーションゲート前までは階段で降りることなく向かうことが出来ます。
また、改札口近くに階段があるのですが、これは競馬場のステーションゲートから西側にあるメインレース終了後に使用される臨時出口殻の利用を考慮したものとなっています。

20090913_yodo-27.jpg

ステーションゲートの近くにある臨時バスのりば。
主に京阪バスで、対岸のJR山崎駅や阪急水無瀬駅とを結びます。

20090913_yodo-26.jpg

→1-4に続く。

category: その他の鉄道工事レポ

tag: 連続立体交差事業  京阪電気鉄道  京阪本線  淀駅 
tb: 0   cm: 0

2009年9月13日 京阪本線淀駅連続立体交差事業見聞1-2  

淀駅高架工事レポ。
続いては高架に上がった下りホームを見てきます。

20090913_yodo-13.jpg

まずは淀屋橋・中之島方。
こちらにはメインの出口への階段・エスカレータが設けられています。
このため列車の停止位置は両数に関係なく淀屋橋方に揃えられているようです。

20090913_yodo-03.jpg
20090913_yodo-14.jpg

淀屋橋方に淀車庫がある関係から外側に入出庫線が設けられるようになっていますが、現状は暫定状態で下り本線のみ軌道が敷設されています。

20090913_yodo-15.jpg

上下本線の間に両渡りの分岐器が挿入されていますが、これも入出庫の関係からだと思われます。

20090913_yodo-16.jpg

出町柳方は臨時出口への階段が設けられていますが、ここにはエスカレータは設けられていません。

20090913_yodo-17.jpg
20090913_yodo-04.jpg

出町柳方は南側に引き上げ線が設けられていて、こちらにも両渡りの分岐器が挿入されています。

20090913_yodo-18.jpg

次は改札内外のコンコースと高架駅の外観を見てきます。

→1-3に続く。

category: その他の鉄道工事レポ

tag: 連続立体交差事業  京阪電気鉄道  京阪本線  淀駅 
tb: 0   cm: 1

2009年9月13日 京阪本線淀駅連続立体交差事業見聞1-1  

9月12日に淀屋橋方面(上り線)の高架切替が行われた京阪本線淀駅の様子を見てきました。

20090913_keihan-01.jpg

実際に切り替えられた下り線を見る前に現行の上り線側から見ることにします。
まず、下の写真が地上駅のままである上りのりばで、下りのりばは仮ホームへ移転する前までこの場所にありました。

20090913_yodo-10.jpg

下りホームがこの場所にないのは高架橋構築に際して支障を来たすためであり、写真からもそれが良く分かります。

20090913_yodo-12.jpg

先に淀屋橋・中之島側にある工事終点を見てみます。
すぐ西側に淀車庫がある関係から高架~地上~高架~淀川水系の橋梁群~八幡市駅(地上)という感じになります。

20090913_yodo-07.jpg

切り替えられた証拠として下り線を行く列車を撮ってみました。

20090913_yodo-01.jpg

地上駅の改札口は出町柳方にあります。

20090913_yodo-11.jpg

その先に下り仮ホームが小さく見えるのですが、高架後の淀駅はその辺りに移転されます。
そのため現状は上りと下りののりばが400mほど離れています。

20090913_yodo-08.jpg
20090913_yodo-09.jpg

中書島から折り返して本線上を出町柳方から見てみることにします。
写真の辺りから旧下り線と分れ、高架橋はその先に見える跨線橋を過ぎた辺りからとなります。

20090913_keihan-02.jpg
20090913_keihan-03.jpg

引き上げ線がある辺りまでは曲線で、写真左側にはJRA京都競馬場の敷地が広がります。

20090913_keihan-04.jpg

引き上げ線の車止めを過ぎると曲線が終了。

20090913_keihan-05.jpg

引き上げ線と並走して分岐器を過ぎると淀駅下りホームに到着します。

20090913_keihan-06.jpg

→1-2に続く

category: その他の鉄道工事レポ

tag: 連続立体交差事業  京阪電気鉄道  京阪本線  淀駅 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

サイト更新情報Twitter

DK-KawachiのTwitter

カレンダー

最近の記事

Facebook

フォト蔵

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

OSAKAあかるクラブ

▲ Pagetop