DK-Kawachiの日記と雑学ノート ホーム »入生田駅
このページの記事一覧

2006年1月21日 モリコロオフ参加記3 雪の入生田  

小田原から箱根登山鉄道の3線軌区間に入ります。

小田急と箱根登山の車両限界が異なるためホームの配置などに特徴があります。

最初の箱根板橋は6両対応の島式ホームが1面に箱根登山車の下りホームが1面(上りは6両対応ホームを使用)、風祭は箱根登山車た停車できる分しかホーム長が無いため小田急車は箱根湯本方の1両のみ(ドアコック扱いによる)手動で開閉し、入生田はごく平凡な対向式ホームの2面2線で構成されているものの小田原方に車庫を有しています。

両端の小田原と箱根湯本は登山車の専用ホームがあります。
ここに乗車したのは8年ほど前・・・。
その時も小田急車でしたが、今回もまた小田急車です。

足柄から乗った電車で引き続き箱根湯本方面へ向かいます。
最初は最後尾にいたのですが、風祭駅でのドアコック扱いを体験するため先頭車まで移動します。

風祭のドアコック扱いは初めて体験するのですが、近鉄名古屋線にも冬季の列車待避や折り返し待ちでドアコックによる手動扱いが存在するので特に不思議ではなく、むしろ風祭駅の「小さすぎるやろ~」突っ込んでしまうほどの狭さに驚いてしまいます。

ここで撮影するため降車した幹事さんを残し、隣の入生田で降車しました。

20060121_iriuda-01.jpg
入生田で箱根湯本方を撮影したもの。
写真奥の踏切から先の勾配は40‰ある。

20060121_iriuda-02.jpg

入生田は小田原方に箱根登山の車庫を有しているのですが意外と小規模です。
でも良く考えれば中小の私鉄なのであることを考えればこんなものかと思いますね。

20060121_iriuda-03.jpg
意外とこじんまりしている入生田の車庫

この後、VSEに乗車するため箱根湯本まで向かう予定なのですが、所定の箱根湯本行きが雪の影響で運転打ち切りとなっているというアナウンスがあり厄介なことに・・・。

そんな中、10000形HiSEが通過。

20060121_odakyu_10000-01.jpg

そこで、並行するバスで箱根湯本駅まで移動するとのことで国道1号線上にある入生田バス停へ急ぎます。
この辺りは箱根登山バスと伊豆箱根バスの2社が運行されていて、時刻表を確認すると伊豆箱根バスが来るらしく雪が激しくなる中待つことに・・・。

20060121_iriuda-04.jpg

しかし、それではVSE乗車に間に合わないと判断した幹事さんが風祭駅付近でタクシーを拾い急行。私たちは程なく回収されるのでありました。

途中渋滞することなく箱根湯本に到着。
ここからはVSEに乗車して都内へ移動します。

→次ぎに続く。
スポンサーサイト

category: オフ会参加記

tag: 箱根登山鉄道  入生田駅 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

サイト更新情報Twitter

DK-KawachiのTwitter

カレンダー

最近の記事

Facebook

フォト蔵

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

OSAKAあかるクラブ

▲ Pagetop