FC2ブログ
DK-Kawachiの日記と雑学ノート ホーム »南海電気鉄道
このページの記事一覧

週末日記 2020年2月9日  

2020年2月9日(

9日はまず、南海6000系を撮影。
8300系6次車の投入により廃車対象となっていることから早めの対応という意味で行っています。

20200209_nankai_6000-01.jpg

6000系撮影後は阪堺恵美須町へ。
先週末に新ホームへ移転した工事の進捗状況の確認と再撮影のために来訪。

20200209_ebisucho-01.jpg

旧線跡があらかた片付けられたのか?撤去された枕木などが資材スペース化した駐車場跡に積み上げられています。

20200209_ebisucho-02.jpg
20200209_ebisucho-03.jpg

新ホーム車止め付近から旧ホーム側を撮影。
レールや枕木などは撤去されていますが、バラストなどはそのままとなっています。

20200209_ebisucho-04.jpg

車止めの工事は切替間もない先週末とは異なり、型枠と鉄筋が組み上げられ順調に進められているのが分かります。

20200209_ebisucho-05.jpg
20200209_ebisucho-06.jpg

当日も動画撮影も行っているため、先週末に撮影済みの動画を組み合わせて編集した動画をYouTubeにアップしています。

スポンサーサイト



category: 日記

tag: 南海電気鉄道  駅改良工事  阪堺電気軌道 
tb: 0   cm: 0

週末日記 2020年1月25日~1月26日  

2020年1月25日(

25日は南海高野線での撮影。
2019年度から高野線向けに導入されている8300系と順次廃車が決定した6000系が狙いです。

まずは河内長野で8300系の撮影。
今回は2連と4連の6両編成に遭遇出来ました。
これまで4連×2組の8両編成しか遭遇出来なかったので。

20200125_nankai_8300-01.jpg
20200125_nankai_8300-02.jpg

車内写真も撮っておきました。

20200125_nankai_8300-in01.jpg

2連口が前の編成写真も。

20200125_nankai_8300-03.jpg

6000系との並び。

20200125_nankai-01.jpg

堺東へ移動。

20200125_nankai_6000-01.jpg
20200125_nankai_6000-02.jpg

ここでは主に6000系の撮影を行いましたが、今回は動画も。



この日はここまでです。



2020年1月26日(

26日は阪神なんば線直通快速急行系統の8両編成対応状況を確認するため、阪神本線へ出向いて来ました。

まずは武庫川駅。
武庫川をまたいでホームと通路が構築されているため、細ーいホームの線路側フェンスを切り開いてホーム高さを打ち上げる工事が主ですが、延伸箇所の上屋も造り直されています。

20200126_mukogawa-01.jpg
20200126_mukogawa-02.jpg
20200126_mukogawa-03.jpg

甲子園駅。
こちらは大規模改良工事に際して神戸方で準備工事自体は行われていましたが、8両編成対応に際して本工事が実施されています。
具体的にはホーム状態の監視モニタ・カメラなどの設置と1番・4番線側の壁面設置が行われています。
また、乗車位置案内も再整備されています。

20200126_koshien-01.jpg
20200126_koshien-02.jpg

駅前自体は大規模改良工事の完了後もリニューアル工事が継続されており、コンビニなどがオープンし、バスのりばもリニューアルされています。

20200126_koshien-03.jpg
20200126_koshien-05.jpg
20200126_koshien-07.jpg

今津駅へ。
こちらは梅田方を単純に延伸させる形がとられていおり、最終的には支障となっている既設の柵などを撤去するだけの模様です。

20200126_imazu-01.jpg
20200126_imazu-02.jpg

西宮駅。
こちらは連立事業に際して予め阪神車の10両編成に対応していたことから、工事としては神戸方の閉鎖区画の再整備が主となっています。
具体的には非常通報ボタンや監視カメラやモニタの設置と言った具合です。

20200126_nishinomiya-01.jpg
20200126_nishinomiya-02.jpg

魚崎駅。
こちらは先に行われた連立事業に際して実施された線路切替が後になっていた上りホームの構築が完了しており、照明などの電気系の工事が残されているだけとなっています。

20200126_uozaki-01.jpg
20200126_uozaki-02.jpg

神戸三宮駅。
こちらも大規模改良工事に際してホームが延伸されていますが、個人的な見立てでは結構ギリギリな印象を受けます。
工事自体は閉鎖区画への柵の撤去だけですが、その前にホーム床面の掃除が行われそうですが・・・。

20200126_kobe_sannomiya-01.jpg
20200126_kobe_sannomiya-02.jpg

この日はここまでです。

category: 日記

tag: 南海電気鉄道  阪神電気鉄道  駅改良工事  輸送力増強工事 
tb: 0   cm: 0

年始日記 2020年1月5日  

2020年1月5日(

2020年の年始は殆ど自宅で引きこもり状態でしたが、休みの最終日である5日は和歌山へ出向いて来ました。
当日は南海本線に乗って和歌山市へ向かったのですが、9000系リニューアル車「マイトレイン」に乗車できました。

20200105_nankai_9000n-01.jpg

営業運転に就いてからなかなか乗れませんでしたが、ようやく乗れたと言ったところです。
営業運転開始直後にドア上部に取付られていた装飾は外されており、リニューアル前の外装で営業運転に入った2編成目と同じ状態となっていました。

到着後、メインの目的である駅ビル建設工事とバスのりば再整備の様子を確認。
駅ビルの方は中央のホテル棟が姿を現わし、北側の和歌山市民図書館は一足先に外装の工事がほぼ終わっている状態でした。

20200105_wakayamashi-01.jpg
20200105_wakayamashi-02.jpg

一方バスのりばの再整備工事は島式になっていた中央部分と県道15号に面した側が着手されていますが、進捗状況としては屋根が設置された中央部分が先行、のりばとして使用されている箇所がある県道15号線側は使用停止となった部分から歩道の再整備を行っている感じです。

20200105_wakayamashi-03.jpg
20200105_wakayamashi-05.jpg

この日はこれで切り上げて帰宅しました。

20200105_fuse-01.jpg

category: 日記

tag: 駅改良工事  南海電気鉄道  和歌山バス 
tb: 0   cm: 0

週末日記 2019年11月23日  

2019年11月23日(

先日、南海の8300系が高野線ではじめて営業運転を開始したのを受けて、この日は南海高野線へ出向いて来ました。

当日の運用は昼間に難波~橋本を往復する運用となっていることから、比較的撮りやすい橋本で撮影することに。

20191123_hashimoto-01.jpg

難波から橋本への移動途中に8300系と入れ違ったため折り返してくるのを待つこと1時間・・・。
やって来た「高野線の8300系」ですが、今回は車内写真のみ。
ただ、高野線からの乗り換えとタイミングがかち合うため、撮影出来る範囲が大きくとれず、背面タッチパネル液晶に触れてフォーカスポイントがずれたためピンボケ状態・・・。

20191123_nankai_8300-in01.jpg

「こりゃ撮り直しや・・・」と思いつつこの日はここまでとします。

category: 日記

tag: 南海電気鉄道 
tb: 0   cm: 0

週末日記 2019年10月5日~10月6日  

【お知らせ】2019年10月5日投稿分より画像のサイズを720*480から1620*1080に変更します。
1620*1080にリサイズした画像は通常はサムネイル画像の720*480で表示し、該当する画像をクリックすれば1620*1080の画像が表示されます。
それ以前に投稿された画像は一部を除いて小さいサイズのままとなっています。



2019年10月5日(

この日は近鉄バス加美線に乗車。

20191005_kintetsu_bus-01.jpg

目的は循環経路内に新設された停留所などを見るため。
まずは加美正覚寺2丁目。

20191005_kami_shokakuji_2chome-01.jpg
20191005_kami_shokakuji_2chome-02.jpg

続いて、加美正覚寺。

20191005_kami_shokakuji-01.jpg
20191005_kami_shokakuji-02.jpg

加美北5丁目。
これらは大阪シティバスとの併設となっています。

20191005_kami_kita_5chome-01.jpg
20191005_kami_kita_5chome-02.jpg

加美線では一部停留所の仕様が若干変更されており、画像の西衣摺停留所のように上部の近鉄バスの表記が英文併記となっています。
少し前に仕様が変更されたものは下部の大きい方が英文併記となっていましたが、この仕様を見たのは初めてです。

20191005_nishi_kizuri-01.jpg
20191005_nishi_kizuri-02.jpg

東花園駅へ。
11月に瓢箪山からバスターミナルが移転するのですが、ロータリー内の各所に告知が掲示されています。

20191005_higashi_hanazono-01.jpg
20191005_higashi_hanazono-02.jpg
20191005_higashi_hanazono-03.jpg

で、実際に通る経路を確認。
花園中央公園付近への道路が住宅地のど真ん中を通るのですが、これが安全上に問題とされていたのでしょう。
上下線に挟まれる中央分離帯が公園として整備されていることから、ブラインドのようになっていることによるところが気になるところです。

20191005_higashi_hanazono-04.jpg
20191005_hanazono_chuo_park-01.jpg

鷹殿町交差点。
東花園駅前乗り入れ後の四條畷線は直進し、恩智線が新たに交差点から西へ入ることから、現状の交差点へ入ってくる構図が11月で変化します。

20191005_takadonocho-01.jpg

京橋へ。
可動式ホーム柵の稼働が開始された環状内回りのりばの様子を見てきました。

20191005_kyobashi-01.jpg

不等沈下の如く凸凹となっているホームはそのままで放置するみたいな感じです・・・。

20191005_kyobashi-02.jpg

この日はここまでとしました。



2019年10月6日(

6日は和歌山へ。
南海で現地入りすると9000系リニューアル車「マイトレイン」に遭遇したのですが、入れ違いとなってしまいました。

20191006_nankai_9000n-01.jpg

例の駅ビル群は「キーノ和歌山」と言う名称となりますが、既に南側の駐車場棟とオフィス棟が竣工済みで、残る3棟のうち最も北側に位置する公益施設棟が今年12月に竣工する予定となっており、来訪時点ではその姿を現わしています。

残る2棟はホテル棟と商業棟は来年竣工を目指して工事が進められています。
また、バスターミナルも改修工事が進められています。

20191006_wakayamashi-01.jpg
20191006_wakayamashi-02.jpg

この日はここで終了とし帰宅しました・・・。

20191006_jrwest_ec_227_1000-01.jpg

category: 日記

tag: 近鉄バス  南海電気鉄道  駅改良工事  和歌山バス  JR西日本 
tb: 0   cm: 0

週末日記 2019年6月1日  

2019年6月1日(

6月最初の週末は和歌山市駅へ。
駅前再開発事業の進捗により駅ビルが解体され、JRと南海の改札口分離と跨線橋の改修工事を始めとする駅構内の改修工事がある程度終わった段階の和歌山市駅では、駅前広場の再整備が2019年1月より着手されました。

現状は駅寄りに面する歩道の再整備が先に着手されたため、のりばの一部に変更が生じています。
既に何度か変更が実施されており、一番最近行われたのは4月17日に実施されていますが、今後工事の進捗に伴いのりばの変更が実施されるそうです。

・和歌山バス公式サイトより
http://www.wakayamabus.co.jp/news/wakayamashi_noriba/

駅前広場の現状確認を終えて、再び改札内へ戻って南海の車内写真の撮影へ。
9000系リニューアル車狙いでしたが、当日は姿を現さずリニューアル前の編成と1000系のバリアフリー旅客案内設備更新車と8300系3次車を撮っておきました。

羽衣へ。
ここでは連続立体交差事業に連動した駅前再開発事業によるタワーマンション建設に合わせてJR東羽衣駅との結ぶペデストリアンデッキの整備が進められています。

南海羽衣駅側はもう少し掛かる様子でしたが、JR東羽衣駅側は既に供用が開始されており、改札階から地上へのエレベータが整備されました。

この日はここまでです。

#ただ今、画像無しの暫定板です(画像は後日)

category: 日記

tag: 駅改良工事  南海電気鉄道  連続立体交差事業  JR西日本 
tb: 0   cm: 0

令和元年の黄金週間日記 2019年5月6日  

2019年(令和元年)5月6日(

令和元年のゴールデンウィーク最終日は南海の9000系リニューアル車「マイ・トレイン」を狙いに南海本線へ。
営業列車に入っているか分からないまま挑んだものの、最終的に羽倉崎の車庫でお休みしているのが分かり、空振りに終わりました。

和歌山市乗り換えでJR和歌山へ。
和歌山線ホームにある乗換改札などを見るのが目的でしたが、仕組み自体は加古川や姫路で導入されているものと同じですが、先の2例が高架駅であるのに対しこちらは地上駅で地下通路と跨線橋からのアクセスとなることから、乗り換え改札口自体はホーム側に用意されています。

この乗り換え改札口は和歌山線の高田~五条へのICOCA導入に伴い設置されたもので、和歌山までの運賃チェックと不正乗車の抑止を図るためのものなので、ICカードでタッチしても残高が差し引かれることはありませんが、車載型ICOCA改札機が搭載されている227系1000番台に置き換えられる2020年春までは非対応区間である田井ノ瀬~大和二見の各駅へ行く場合は乗り換え精算機を利用する必要があり、逆の場合できっぷ未購入の場合はホーム中程の精算窓口での精算が必要となります。

この日はここまで、紀州路快速に乗って令和最後のゴールデンウィークを終えることになりました。

#ただ今、画像無しの暫定板です(画像は後日)

category: 日記

tag: JR西日本  南海電気鉄道 
tb: 0   cm: 0

2018年2月25日 なにわ筋線の南海側計画ルートを歩く その2  

なにわ筋線南海側計画ルート撮り歩きレポの続き。
今回はゼップなんば大阪北西角から北へ進みます。

ここから先は西本町までを単線シールド工法で掘り進められる計画です。

20180225_naniwasuji_line-17.jpg

敷津東交差点。
クボタ本社があるこの交差点は阪神高速環状線をなんば出口が西側に近接し、東西に抜ける道路と交差することから、ここを境に難波西口交差点までは交通量が多くなります。

20180225_naniwasuji_line-19.jpg
20180225_naniwasuji_line-20.jpg

難波中交差点周辺。
なんばパークスとなんばスカイオ・難波ビルディング(南海難波駅と高島屋の本館)を南北に控える交差点は交通量が多く渋滞しやすい。

20180225_naniwasuji_line-21.jpg
20180225_naniwasuji_line-23.jpg
20180225_naniwasuji_line-24.jpg

なんばスカイオ西側。
難波中交差点から難波西口交差点までの区間は南行きの一方通行ですが、なんばスカイオの建設工事により一車線潰している上に西側は路上駐車場に充てられているのでとても狭く感じます。

20180225_naniwasuji_line-22.jpg
20180225_naniwasuji_line-25.jpg

難波西口交差点。

20180225_naniwasuji_line-27.jpg

新難波駅は難波西口交差点の北側から市バスのなんばバスターミナルの真下に沿って設置されます。

20180225_naniwasuji_line-26.jpg

駅自体は出入り口部分のみ開削工法で単線シールドで掘られようで、南側の出入り口は大阪空港リムジンバスのりば付近の地下に設けられます。
大阪府内では谷町線の阿倍野駅に近い構造になると思われます。

20180225_naniwasuji_line-28.jpg
20180225_naniwasuji_line-29.jpg
20180225_naniwasuji_line-30.jpg

市バスのターミナルの周辺は改札口が設けられる南北両端を除いて単線シールドとなるため大きく触ることはないと思われますが、環境影響評価方法書を読む限りこの付近は新駅設置工区の工事用搬入路にもなるため、工事期間中はバスのりばの暫定移転などの影響が出ると思われます。

20180225_naniwasuji_line-31.jpg

なんばウォーク・近鉄大阪難波駅・地下鉄四つ橋線なんば駅側となる新難波駅北側。
もう一方の改札口はこの付近の地下に設けられると思われます。

20180225_naniwasuji_line-32.jpg
20180225_naniwasuji_line-33.jpg
20180225_naniwasuji_line-34.jpg

市バスターミナル北側を出てすぐの交差点。
画像を奥へ直進する高架橋が阪神高速環状線、横切るように横断する道路が千日前通りでその地下をなんばウォーク・近鉄大阪難波駅と千日前線なんば駅が設置されています。
(下の画像の中央奥にチラリと見える建物が湊町リバープレイス)

なにわ筋線南海ルートは阪神高速環状線に沿って進んだ後、道頓堀川南岸付近から北西に向かって進路を変える計画となっています。

20180225_naniwasuji_line-35.jpg

なにわ筋線南海側計画ルート撮り歩きレポはここまでです。

category: なにわ筋線

tag: 南海電気鉄道  新線建設工事  なにわ筋線 
tb: 0   cm: 0

2018年2月25日 なにわ筋線の南海側計画ルートを歩く その1  

2031年の開業を目指すべく2017年秋に国・大阪府・大阪市・JR西日本・南海との間で基本合意がなされた「なにわ筋線」
そのなにわ筋線に関する環境影響評価方法書が2018年2月21日に公開され、計画ルートと断面図が公表されたことを受けて2月25日に実際の計画ルートを歩いてみることにしました。

・大阪市役所公式サイト「大阪都市計画都市高速鉄道なにわ筋線に係る環境影響評価方法書」
http://www.city.osaka.lg.jp/kankyo/page/0000423999.html

・想定ルートマップ(Googleマイマップ 2018.2.28更新)


先月は基本合意の段階の情報ベースだったため大雑把な情報を基にSNSなどで挙がっている想定案を比較しつつ歩いてみましたが、今回はより詳細な計画ルートを基に現状の様子を撮り歩きすることにしました。

まずは新今宮駅難波方。
なにわ筋線では南海側の終点となる駅です。

高架の下は貸倉庫や店舗などになっていますが、新今宮駅の真下だけは違うようで環状線を越えた北側は南海の変電所となっているようです。
計画ルートは高架西側より分岐するため、このまま北へ向かって歩いて行きます。

20180225_naniwasuji_line-01.jpg

北へ少し歩いた先にある大阪市立木津中学校。

20180225_naniwasuji_line-02.jpg
20180225_naniwasuji_line-03.jpg

市立木津中学校の北東角。
なにわ筋線は中学校の東側か北西角あたりで南海本線と平面交差で分岐すると想定されます。

20180225_naniwasuji_line-05.jpg

市立木津中学校北西角から国道25号線と交差する戎本町交差点が用地買収されると思われる街区の一つで、計画図面を見る限りでは賃貸マンションや雑居ビルとの立ち退きおよび補償交渉がここ10年ぐらいを目処に進められるではと思われます。

20180225_naniwasuji_line-04.jpg
20180225_naniwasuji_line-07.jpg

今宮戎駅西側の戎本町交差点周辺。
国道25号線と交差するこの付近は高架工法で建設される区間となっており、2018年2月25日現在はご覧の通りです。

20180225_naniwasuji_line-06.jpg

計画ルートでは交差点の上を跨がず、交差点の先でパークス通りのでる形となっています。
実際に建設される際は道路の再整備が実施されるとのことですが、具体的に設計は今後に譲ることにします。

20180225_naniwasuji_line-08.jpg
20180225_naniwasuji_line-10.jpg

戎本町交差点からパークス通りを正面に撮影。
計画ルートでは画像右側の建物群の半分が立ち退き対象になりそうですが、5年以上から10年ほどの猶予もって立ち退き及び補償交渉が進められると思われます。

20180225_naniwasuji_line-09.jpg
20180225_naniwasuji_line-11.jpg

計画ルート及び断面図では戎本町交差点付近から阪神高速との交差地点まで地下へ下りていきますが、ニコニコのり本社付近から工法の境界地点となり南側が高架と北側が堀割となります。

20180225_naniwasuji_line-12.jpg
20180225_naniwasuji_line-14.jpg

戎本町交差点からパークス通りを北へ歩いた先に阪神高速1号環状線との交差地点が見えてきます。

20180225_naniwasuji_line-13.jpg

この付近は堀割工法となりますが、阪神高速の交差と橋脚の径間の関係で、地下に出来ず高架にも出来ないので、この付近が堀割工法が選択された理由とも言えます。

20180225_naniwasuji_line-15.jpg

阪神高速との交差地点を抜けると地下へ向かって堀割を進みます。
この西側に木津卸売市場があります。

20180225_naniwasuji_line-16.jpg

ゼップなんば大阪・北西角の交差点。
この交差点の手前で地下の坑口が設けられ、ここからは開削工法で掘り進められます。

20180225_naniwasuji_line-18.jpg

計画ルートの地上区間はここまでとなります。

→次に続く。

category: なにわ筋線

tag: 南海電気鉄道  新線建設工事  なにわ筋線 
tb: 0   cm: 0

週末日記 2018年2月25日  

2018年2月25日(

今月最後の日曜日は環境影響評価方法関連の資料が公開されたなにわ筋線において、計画ルートの詳細がある程度判明したことを受けて昼過ぎから新今宮~難波で撮り歩きをしてきました。

20180225_naniwasuji_line-01.jpg
20180225_naniwasuji_line-02.jpg
20180225_naniwasuji_line-09.jpg
20180225_naniwasuji_line-21.jpg
20180225_naniwasuji_line-30.jpg
20180225_naniwasuji_line-34.jpg
20180225_jr_namba-01.jpg

難波まで歩いた後はJR難波駅へ。

20180225_jr_namba-02.jpg

ここではJRルートにあたるOCATの構造の解析。
引き上げ線として使用されている準備工事区間がある程度分かりましたが、実際のところ先に続くトンネル掘削工事が順調に進むか注目したいところです

20180225_jr_tickt-01.jpg
20180225_jr_namba-09.jpg
20180225_jr_namba-10.jpg
20180225_jr_namba-13.jpg

湊町リバープレイスへ。
ここではJR・南海ルートの地上の様子を撮影。

20180225_minatomachi-03.jpg

市バスに乗ってなにわ筋を北上して梅田へ向かって四つ橋線で再び難波へ戻ってくると、四つ橋線コンコースも新サインシステムが導入されていました。
いつ更新されたは分かりませんが・・・。

20180225_namba-01.jpg
20180225_namba-04.jpg
20180225_namba-05.jpg

25日はここまでです。

category: 日記

tag: 南海電気鉄道  JR西日本  新線建設工事  なにわ筋線  大阪市交通局  大阪市営地下鉄 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

サイト更新情報Twitter

DK-KawachiのTwitter

カレンダー

最近の記事

Facebook Page

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

OSAKAあかるクラブ

▲ Pagetop