DK-Kawachiの日記と雑学ノート ホーム »南海高野線
このページの記事一覧

週末日記 2013年9月8日  

2013年9月8日(

今月1日に近鉄バス「あべの・上本町循環バス」に四天王寺参道口停留所が新設された事を知り、8日の午後に現地へ出向いて来ました。

GoogleMap上の走行ルート。


より大きな地図で 【近鉄バス】あべの・上本町循環バス を表示

位置的には府道30号線に面した大阪星光学院付近に設けられ、四天王寺への出入りは西門が最寄りとなります。

20130908_kintetsu_bus-01.jpg
20130908_kintetsu_bus-02.jpg

三国ヶ丘へ移動。

20130908_mikunigaoka-02.jpg

バリアフリー化の一環として橋上駅舎への改築が進められている南海三国ヶ丘駅では、前日の9月7日から橋上駅舎へ移転され、それまで使用されてきた北口および西口改札が廃止されました。

20130908_mikunigaoka-01.jpg

それに伴いJR阪和線・南海高野線の境界にフェンスが設けられました。

20130908_mikunigaoka-03.jpg

改札内コンコース。
ホーム側の工事が終わっていないため、共用されていない箇所が多く見られます。

20130908_mikunigaoka-04.jpg

南海側の改札口が橋上駅舎へ集約されたのに伴い、北口側の連絡改札口が廃止されてJR専用となっています。
南海の改札機があった場所から奥にJRの駅事務室が建設される計画だそうです。

20130908_mikunigaoka-05.jpg

これまで恩恵を受けていた利用者にとっては廻り道をさせられることになるのですが、これまで現地を見ている限りで言うと、切替前では列車が到着するたびに連絡改札口付近に滞留する現象が見られることもさることながら、西口側からのJR線へのアクセス性の悪さや駅自体の手狭さも問題だったと見られることです。

そこで橋上駅舎化による南海の改札口の集約と事実上の動線を伸ばすことで、それらを処理しようという考えがあったと見られます。
最も通路と改札口を地下に置くという手もありそうですが、橋上駅舎化に比べると工期が長くなる上にコストが嵩むため、財務上不利であったと言う考え方も出来ます。

20130908_mikunigaoka-06.jpg

和歌山経由でみさき公園へ。
ここで折返し待ちをする1000系の車内写真を撮影。

南海の1000系は1990年代に登場していることから、もう20年近く経っているのですね。

20130908_nankai_1000-01.jpg

帰りは住吉大社から阪堺・近鉄バスを乗り継ぐという珍しいルートで帰宅しました。
スポンサーサイト

category: 日記

tag: 近鉄バス  あべの・上本町循環バス  南海電気鉄道  南海高野線  駅改良工事  三国ヶ丘駅 
tb: 0   cm: 0

2013年7月7日 南海三国ヶ丘駅改良工事見聞  

三国ヶ丘駅橋上駅舎化工事見聞。
以前に比べて建物の形が分かるようになってきました。

工事進捗に伴って地下通路の難波方階段が閉鎖される予定。
閉鎖時期は学生の夏休みが始まってからとなるため、この閉鎖による影響は半減される模様です。

20130707_mikunigaoka-01.jpg

まずは北口

20130707_mikunigaoka-02.jpg

続いて南口

20130707_mikunigaoka-03.jpg

橋上駅舎への切替および供用開始は8月の予定となっています。
完成予定図面によると、この橋上駅舎でJR側の改札口を拡張して南海の改札口と分離させる予定で、乗換え改札口廃止される模様、これは乗換え改札口周辺で錯綜する人の流れを整理すると共に実質上迂回させることによって乗換への流動に対するバッファの機能をもたせると言う狙いがあるのでしょう。

category: その他の鉄道工事レポ

tag: 駅改良工事  南海電気鉄道  南海高野線 
tb: 0   cm: 0

週末日記 2012年1月14日~1月15日  

2012年1月14日(

仕事休みである14日は夕方まで爆睡するという無駄に使った一日・・・。

起きてからは4日分溜め込んでいたブログの更新を済ませて、昨年末に撮影した阪神三宮駅の改良工事のレポの編集をしてました。
編集を終えてYouTubeにアップをすることには明けて5時をまわってましたが・・・。

以下の提示したのがその動画です。





2012年1月15日(

15日は昼過ぎに起きてからアップして動画を確認して外出。

南海三国ヶ丘駅のバリアフリー関連工事を見聞。
どうやら駅舎はそのままにして上下ホーム間の通路を地下通路から跨線橋に切替えるようです。

20120115_mikunigaoka-01.jpg

日根野へ移動。
日根野駅では橋上駅舎側のバリアフリー化工事による改良工事がたけなわで、先に竣工した天王寺方のホーム延伸は改札口側が狭くなるための対策のようなモノと考えて良いかも知れません。

20120115_haneno-01.jpg
20120115_haneno-02.jpg

東岸和田へ。
連立事業の工事進捗によって上り線が仮線へ切替えが昨年末に実施されたことを受けての見聞です。

20120115_higashi_kishiwada-01.jpg
20120115_higashi_kishiwada-04.jpg
20120115_higashi_kishiwada-02.jpg
20120115_higashi_kishiwada-03.jpg

大阪市内へ戻って長堀鶴見緑地線へ。

偶然70系の更新車に乗れましたが、車両制御装置のスイッチング素子がGTOサイリスタから今里筋線の80系で採用されたIGBTへ換装されたため走行音の低減が図られたのがはっきりと判るぐらい違います。

20120115_osaka_subway_70-01.jpg

門真南まで乗車。

20120115_kadoma_minami-01.jpg

門真南から市営バス36系統に乗車。

20120115_kadoma_minami-02.jpg

門真南駅から鶴見区茨田(まった)を経由して大阪駅までを結ぶ路線で以前から知っていた路線ですが、実際に乗るのは初めてで常時10~30人ほど乗っている状態で、19時台であったことから都心側発車の便は立ち客が出るほど乗っているという感じ。
路線自体は古くからあり、長堀鶴見緑地線も一部併走しているのですが、鶴見区から大阪へ出るには地下鉄のルート上、不便であるため長堀鶴見緑地線開業後も比較的利用が多く本数も3本/h~5本/h設定されています。



このあとは梅田で買物をしてから帰宅しました。

category: 日記

tag: 南海電気鉄道  南海高野線  駅改良工事  JR西日本  連続立体交差事業  阪和線  大阪市交通局 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

サイト更新情報Twitter

DK-KawachiのTwitter

カレンダー

最近の記事

Facebook

フォト蔵

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

OSAKAあかるクラブ

▲ Pagetop