FC2ブログ
DK-Kawachiの日記と雑学ノート ホーム »名古屋市営地下鉄
このページの記事一覧

週末日記 2016年12月4日  

2016年12月4日(

4日は午前中は阪堺電車関連の撮影へ。
まずは天王寺へ。

こちらは先日道路拡張のためによる軌道切替が実施されたことを受けての来訪。

20161204_tennoji-01.jpg
20161204_tennoji-02.jpg
20161204_tennoji-03.jpg

周辺からのアクセスはあべのキューズモールとの連絡通路側と阿倍野歩道橋からの2箇所となり、事実上の工事着手前に戻りました。

20161204_tennoji-11.jpg
20161204_tennoji-12.jpg
20161204_tennoji-13.jpg
20161204_tennoji-16.jpg
20161204_tennoji-17.jpg
20161204_tennoji-19.jpg

住吉へ。
廃止された住吉~住吉駅前の軌道敷跡はタイムズの駐車場に生まれ変わりました。

20161204_sumiyoshi-01.jpg
20161204_sumiyoshi-02.jpg
20161204_sumiyoshi-05.jpg
20161204_sumiyoshi-06.jpg
20161204_sumiyoshi-07.jpg

阿倍野電停へ。
こちらは上りホームが本設であるのに対し下りホームは旧線の真上に位置するため仮設となっています。

20161204_abeno-01.jpg
20161204_abeno-02.jpg

午後からは名古屋へ出向いて近鉄名古屋線伏屋駅の連立事業見聞へ。

20161204_fushiya-01.jpg

下り線が高架切替されてから来訪するのは今回が初めて。

20161204_fushiya-02.jpg
20161204_fushiya-03.jpg
20161204_fushiya-24.jpg
20161204_fushiya-27.jpg

高畑へ。

20161204_takabata-01.jpg
20161204_takabata-02.jpg

ここでは名古屋市営地下鉄東山線で使用されている車両の車内写真撮影。

20161204_nagoya_city_subway_5050-in01.jpg

N1000形は初期と中後期で車内の仕様が若干異なります。

20161204_nagoya_city_subway_n1000-in01.jpg
20161204_nagoya_city_subway_n1000-in02.jpg

この日の収穫はここまで。
阪堺と近鉄の工事レポは後日報告します。
スポンサーサイト



category: 日記

tag: 阪堺電気軌道  近畿日本鉄道  連続立体交差事業  名古屋市営地下鉄 
tb: 0   cm: 0

三連休日記 2014年9月15日  

2014年9月15日(

遠征最終日である15日は上小田井で編成写真の撮影からスタート。

狙うは名古屋市営地下鉄のN3000形だったのですが、上小田井に到着する直前に入れ違いに・・・。
やむを得ず粘ることにしたのですが、やってくるのは3050形と名鉄100系ばかり・・・。

P9151783
P9151783 posted by (C)dk_kawachi

P9151788
P9151788 posted by (C)dk_kawachi

P9151789
P9151789 posted by (C)dk_kawachi

P9151794
P9151794 posted by (C)dk_kawachi

P9151801
P9151801 posted by (C)dk_kawachi

P9151805
P9151805 posted by (C)dk_kawachi

P9151810
P9151810 posted by (C)dk_kawachi

P9151813
P9151813 posted by (C)dk_kawachi

P9151815
P9151815 posted by (C)dk_kawachi

時折、3000形・・・汗。

P9151826
P9151826 posted by (C)dk_kawachi

P9151832
P9151832 posted by (C)dk_kawachi

P9151835
P9151835 posted by (C)dk_kawachi

P9151840
P9151840 posted by (C)dk_kawachi

粘ること2時間。
ようやくやって来たN3000形。

P9151848
P9151848 posted by (C)dk_kawachi

撮影終了し、午後からは西尾城へ。

20140915_nishio_castle-01.jpg

西尾駅から西へ歩いて15分ほどの場所にある西尾城跡は西尾市歴史公園として整備され、近年整備されたと思われる二の丸の櫓台などがお出迎え。

20140915_nishio_castle-02.jpg
20140915_nishio_castle-03.jpg
20140915_nishio_castle-04.jpg
20140915_nishio_castle-05.jpg

以前来訪した刈谷城もこれに近いイメージで復元されるのかな?

西尾城跡へ来訪した後は吉良吉田へ移動。

20140915_kira_yoshida-01.jpg

ここからは「ふれんどバス」に乗車。

「ふれんどバス」はかつて存在した名鉄三河線の吉良吉田~碧南の代替バスで、西尾市と碧南市から名鉄バス東部への委託により運営されている路線で、ICカード乗車券などのプリペイドカードが利用出来ないものの、自治体補助により高校生以下は100円、大人は200円となっています。

20140915_meitetsu_bus-01.jpg

碧南に到着。
もう真っ暗です。

20140915_hekinan-01.jpg
20140915_hekinan-02.jpg

名古屋へ戻り現地での活動は終了。

20140915_hekinan-03.jpg

名古屋からのぞみ407号に乗って帰阪しました。

20140915_nagoya-01.jpg

category: 日記

tag: 名古屋市交通局  名古屋市営地下鉄  名古屋鉄道  日本の城郭  三河西尾城 
tb: 0   cm: 0

三連休日記 2014年9月13日  

2014年9月13日(

9月13日から15日までの三連休を名古屋近郊の城趾巡りをメインとした遠征をすることにしました。

その初日である13日は午後出発。
ここ数日仕事がハードであったため体がバテ気味であったことも考慮してのこと。

往路は近鉄特急を乗り継いで名古屋入り。

20140913_yamato_yagi-01.jpg
20140913_ise_nakagawa-01.jpg

名駅で大きい鞄をロッカーに預けたあと、名鉄に乗って知多武豊へ。
武豊ではかつて存在した旧国鉄・武豊港駅の跡地に駅転車台が保存されていることを知り現地へ赴いてきました。

20140913_taketoyo-01.jpg

転車台ポケットパークと称される場所に保存された転車台はレールが交差する二線式と呼ばれるタイプで、武豊港駅が手狭であったことから採用されたとのことです。

20140913_taketoyo-02.jpg
20140913_taketoyo-03.jpg

武豊駅へ向かい電化を控えて武豊線を走破。
軌道も電化に合わせて手入れされているものの、最高速度は現行と同じく85km/hのままだそうです。

P9131463-e01
P9131463-e01 posted by (C)dk_kawachi

豊田市駅へ移動。
ここでは名古屋市営地下鉄N3000形の車内写真を撮影できました。

P9131490-e01
P9131490-e01 posted by (C)dk_kawachi

P9131482-e01
P9131482-e01 posted by (C)dk_kawachi

この間、撮影中に名鉄6000系にフルカラーLED式の行先表示器へ変更された編成に遭遇。
車内も3150系・3300系並みにリニューアルされていたことから大規模修繕工事を受けた編成だったようです。
名鉄の公式リリースによると2014年度の事業計画において三河線向けワンマン運転対応の6000系2両編成3本に対し施工されるとのことで、当日遭遇した6042編成はその1本目だったようです。

P9131478-e01
P9131478-e01 posted by (C)dk_kawachi

この日はここで終了。
知立経由で今回の宿へ向かいました。

category: 日記

tag: JR東海  名古屋鉄道  名古屋市交通局  名古屋市営地下鉄 
tb: 0   cm: 0

2013年4月28日 東海地方の史跡と鉄道を巡る旅7 名古屋市営地下鉄東山線の車内写真  

斎宮を離れると名古屋市内へ戻ってきました。
ここでは名古屋市営地下鉄東山線の各形式を車内写真で撮ることにしました。

まずは5050形。

主に旧型車両を置換えるために1980年代に投入された5000形に変わって投入された車両で、5000形がアルミ車体+チョッパ制御であったのに対し、1990年代に投入された5500形では同時期に投入された名城線の2000形と同じくステンレス車体+インバータ制御に変更されています。

20130428_nagoya_subway_5050-01.jpg

車内全体。

20130428_nagoya_subway_5050-in01.jpg

座席周り。

20130428_nagoya_subway_5050-in02.jpg

天井周り。
スリット式の冷風吹出し口(ラインフロー)は製造時期によってフラップの形状が異なり、後期形は造形がシンプルなものになっている。

20130428_nagoya_subway_5050-in03.jpg

微妙に違う天井周り。
上の画像が前期、下の画像が後期。

20130428_nagoya_subway_5050-in04.jpg

妻面側。
貫通扉は設けられていません。

20130428_nagoya_subway_5050-in06.jpg

乗務員室後方。
画像は竣工時のままですが、ホームドアとATO導入に際して改造工事が施工された編成については車掌台側の窓が閉鎖されている他、乗務員室仕切扉と運転士側のガラスをスモークガラスに交換されているそうです。

20130428_nagoya_subway_5050-in05.jpg

運転台。
こちらはCS-ATC導入時に速度計が交換された以外は竣工時のままとなっていますが、ホームドアとATO対応工事施工車は計器類やスイッチ類などの配置が変更されていると思われます。

20130428_nagoya_subway_5050-cab01.jpg

続いてN1000形。

東山線では最新の系列で日車式ブロック工法で製作された車体と直線的な前面形状とブラックフェイスが特徴です。
何年か前に藤が丘の工場で一般公開イベントが模様されたときに第1編成が一部公開され、写真はそのとき撮影しておいたのですが、今回は改めて撮影することにします。

20130428_nagoya_subway_n1000-01.jpg

車内全体。

20130428_nagoya_subway_n1000-in01.jpg

座席周り。

20130428_nagoya_subway_n1000-in02.jpg

ドア鴨居部の設けられた3色LED式車内案内表示器。
5050系では妻面側の設けられていましたが、N1000形では他社でも採用されている標準的な位置に設置されています。
また、2010年に竣工された第5編成から三菱電機製トレインビジョンの第二世代タイプのLCD式車内案内表示器に変更されています。

20130428_nagoya_subway_n1000-in03.jpg

天井周り。

20130428_nagoya_subway_n1000-in04.jpg

妻面側。
大邱の地下鉄火災事故を受けて、既存の系列までは設けられていなかった貫通扉が設けられるようになりました。

20130428_nagoya_subway_n1000-in06.jpg

乗務員室後方。
ホームドアとATO導入対応のため、乗務員室仕切扉にはスモークガラスになっています。

20130428_nagoya_subway_n1000-in05.jpg

運転台。

20130428_nagoya_subway_n1000-cab01.jpg

撮影はここまで。
名古屋駅へ移動して遠征2日目は終了。

20130428_nagoya-01.jpg

ホテルへ戻って遠征最終日を迎えます。

category: 東海地方遠征

tag: 名古屋市交通局  名古屋市営地下鉄 
tb: 0   cm: 0

黄金週間日記 2013年4月28日  

2013年4月28日(

遠征2日目は午前中に50000系「しまかぜ」を捉えるため近鉄名古屋線を軸に活動。
基本的に走行写真を捉えるためですが、近鉄名古屋線で「しまかぜ」を狙う時間帯となると順光になる場所に難儀します。
沿線から捉えるのなら何とかなりそうですが、駅撮りとなると・・・ということなので、移動しながら撮影場所を吟味してきました。

20130428_kusu-01.jpg

今回は外側にホームを配した2面4線である楠で撮影することにしました。
移動中に調べて出しておいた撮影の候補地の一つですが、ここだと「しまかぜ」がやってくる時間帯が順光であることが分かったので急遽降車。

20130428_kusu-02.jpg

待ち構えること15分ほどしてお目当ての「しまかぜ」が通過。
難なく捉えることが出来ましたが、今回は賢島方を先頭とした走行写真です。

20130428_kintetsu_50000-01.jpg

楠での撮影を済ませた後は斎宮へ。

20130428_saiku-01.jpg

斎宮駅がある明和町は古代から南北朝時代にかけて、伊勢神宮に奉仕した斎王の御所が置かれた場所で、中心部があった斎宮駅付近から四方に2kmほどあったそうで、現状は斎宮の縮尺模型などがあるだけですが、数年後に一部建造物が復元される計画が進められています。

20130428_itsukinomiya-01.jpg
20130428_itsukinomiya-02.jpg

斎宮跡を巡るだけで、2時間ほどかかりますが、明星駅から徒歩圏にある遺構へ来訪することが出来ませんでした。
如何せん、移動中に見かけて来訪することを決めたものですから、いい加減なものです・・・。

20130428_itsukinomiya-03.jpg
20130428_itsukinomiya-04.jpg
20130428_itsukinomiya-05.jpg
20130428_itsukinomiya-06.jpg
20130428_itsukinomiya-07.jpg
20130428_itsukinomiya-08.jpg

斎宮跡を巡ったあとは数年ぶりに三岐鉄道へ乗ろうかと思ったのですが、日も暮れてきたので断念。
近鉄八田経由で高畑へ移動し、名古屋市営地下鉄東山線の車内写真の撮影。

東山線は常に人が絶えない路線であるため、夜間の高畑で撮影するしかありません。
結果としては5500形とN1000形の車内写真を撮影できました。

20130428_nagoya_subway_5050-01.jpg
20130428_nagoya_subway_5050-in01.jpg
20130428_nagoya_subway_n1000-01.jpg
20130428_nagoya_subway_n1000-in01.jpg

高畑での撮影で遠征2日目は終了。
ホテルへ戻って最終日の備えます。

20130428_nagoya-01.jpg

category: 日記

tag: 近畿日本鉄道  50000系「しまかぜ」  斎宮  名古屋市営地下鉄 
tb: 0   cm: 0

2009年6月14日 尾張・三河の日本100名城を巡る日帰りの旅2 名鉄犬山線で諸々撮影  

近鉄で名古屋入りした後は犬山城へ向かうべく名鉄へ乗り換えたのですが、そこまでの間に名鉄犬山線内で諸々撮影です。

まずは上小田井で編成写真の撮影です。
3050系以外は撮りましたが、来訪時間帯でここから撮影するのは逆光なので無茶なのですか・・・。

20090614_meitetsu_100-01.jpg
20090614_nagoya_subway_3000-01.jpg

岩倉ではエレベータの設置工事が進められているようでホーム上屋の一部が撤去されていました。

20090614_iwakura-01.jpg

岩倉から1000系特別車編成の廃車発生品を利用して造られた5000系(2代目)に乗りましたが、3300系ベースのステンレス車体を新製したものとなっているので、2200系一般車や3300系などとさほど変りませんが、走りっぷりはちょっと違います。

布袋では7000系が留置されているのですが、おそらく廃車待ちのための疎開かも知れません。

20090614_hotei-01.jpg

丁度側線に留置されていたため編成写真を撮影したのですが、この後折り返しの鶴舞線直通列車がこの間に割って入ったたので、タイミングよく撮れたなと思った次第です。

20090614_meitetsu_7000-02.jpg

折り返しの鶴舞線直通列車は名古屋市営地下鉄の3000形。
これが出るまでには数本先だったらしく、無人の車内を撮っておきました。

20090614_nagoya_subway_3000-02.jpg

中間車に押し込まれた先頭車を組み込んだ編成のようです。

20090614_nagoya_subway_3000-03.jpg
20090614_nagoya_subway_3000-04.jpg

布袋から再び乗車して犬山城を向かいます。

→次に続く。

category: 東海地方遠征

tag: 名古屋鉄道  パノラマカー  名古屋市営地下鉄 
tb: 0   cm: 0

2004年10月10日 名古屋近郊鉄道巡り7 名古屋市営地下鉄乗車編4 #2020/05/02_Update  

八事で鶴舞線に乗り換え赤池に向った後、折り返し伏見へ向うルートをとりました。

時間は16時を回り郊外へ向う流れ出てきたので名鉄100系の赤池行きは120pで八事に到着。比較的降車がありましたがここからの乗車と名城線からの乗り換えもあり100pで出発。赤池到着時は80p。

20041010_meitetsu_100-01.jpg
名鉄100系 岩倉にて(写真はイメージ画像です)

赤池の折り返しは比較的余裕があるようで伏見へのお供は先ほど乗車した名鉄100系となりました。

鶴舞線の利用状況

赤池発車時は20p、八事到着時で40pに上昇、同出発時は60p・3・4両目は100pに上昇、その後は乗換駅で入れ替りはあるもののこの状態がキープされる。伏見では下車が多く40p~60pで出発した。

伏見から上小田井までは乗車済みなので今回はパスし、ここから東山線に乗り換え栄に向かい再び名城線に乗り換えます。

栄で東山線を降り近くの乗り換え口から名城線へ急ぎます。丁度到着したところだったのですぐさま乗車、平安通を過ぎ大曽根に下車ここから千種までは最短距離になるJR中央線に乗り換え、名古屋行きが若干遅れたたため丁度よいタイミングで乗車でき効率よく千種へ向います。

千種から再び東山線に乗車し隣の今池へ、今池から桜通線に乗り換え新瑞橋へ向かいます。

本日2度目の新瑞橋から名城線に乗車、今度は左回り(外回り)に乗車です。睡魔と闘いつつ金山へ・・・(あぶないあぶない)。

金山から市営地下鉄完乗の締めくくりとして名港線に乗車し名古屋港へ向ったわけですが・・・。

名港線の利用状況

金山から順次下車のみが続き名古屋港到着時には10p~0pとなり、金山方3両目はとうとう私だけとなってしまいました。

19時前に目的達成!ようやく着いた名古屋港駅のホームは静かなモンでした~。

20041010_nagoya-port_sta-01.jpg

で、その後はそのまま帰ったわけではなくオプションがあるわけです。

名古屋市営地下鉄1日乗車券
今回使用した地下鉄1日乗車券

→次ぎに続く。

category: 東海地方遠征

tag: 名古屋市営地下鉄 
tb: 0   cm: 0

2004年10月10日 名古屋近郊鉄道巡り6 名古屋市営地下鉄乗車編3 #2020/05/02_Update  

新名古屋からは再び地下鉄に乗車です。

東山線に乗車するのですが、名古屋駅の東山線は島式1面のみですが、ラッシュ時の混乱を避けるため中村公園延伸時に拡張された長いホームを生かし藤ヶ丘行きと高畑行きをずらして停車させているのが特徴です。

東山線は名古屋市営地下鉄の中でも最も古く開業した路線で名駅と中心部を結んでいるため栄まで非常に混雑する、大阪で言えば御堂筋線のような存在です。

路線は高畑から一社までは地下で以東は高架区間で構成されてます。

車両は開業当初の車両は無く、電機子チョッパ車の5000形とVVVFインバータの5050形が運用されてます。

東山線・名古屋~藤ヶ丘の利用状況

名古屋で入れ替りはあるものの120p~140pに、栄で一気に100pまで落ち込む、その後は乗換駅で入れ替わりがあるものの基本的に降車が続き、星が丘到着時で40p、一社以東の地上区間は20pで推移し藤ヶ丘へ。

藤ヶ丘で下車。

20041010_fujigaoka-01.jpg
リニモの駅建設工事たけなわの藤ヶ丘駅

現在、愛・地球博の開催に合わせてリニモの建設工事が真っ盛りで南側の位置に入口が設置されるような感じですが、フェンスに囲まれているため状況が確認できませんでした。

名古屋市営地下鉄東山線5000形 本郷にて
5000形 本郷にて

名古屋市営地下鉄5050形 本郷にて
20041010_nagoya_subway_5050-03.jpg
5050形 本郷にて

赤池に向うため再び東山線に乗車。途中の本郷で5000形と5050形を撮影し、本山と八事で乗り換え鶴舞線に乗車したのです。

→次ぎに続く。

category: 東海地方遠征

tag: 名古屋市営地下鉄 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

サイト更新情報Twitter

DK-KawachiのTwitter

カレンダー

最近の記事

Facebook Page

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

OSAKAあかるクラブ

▲ Pagetop