FC2ブログ
DK-Kawachiの日記と雑学ノート ホーム »宮崎交通
このページの記事一覧

黄金週間日記 2018年4月30日  

2018年4月30日(

遠征最終日は延岡城へ登城がメイン。

ホテルをチェックアウトした後、宮崎駅西口で軽く撮影。

20180430_miyakoh_bus-01.jpg
20180430_miyakoh_bus-02.jpg
20180430_miyakoh_bus-03.jpg
20180430_miyakoh_bus-04.jpg
20180430_miyakoh_bus-05.jpg
20180430_miyakoh_bus-06.jpg
20180430_miyakoh_bus-07.jpg
20180430_miyakoh_bus-08.jpg
20180430_nishitetsu_expway_bus-01.jpg

撮影を済ませてから宮崎空港へ。
理由は鞄をロッカーに預けておくことと、宮崎交通とJR九州が共同で運行している県内高速バス「ひむか号」に乗るため。

20180430_miyazaki_ariport-01.jpg
20180430_miyazaki_ariport-02.jpg

展望デッキで時間を潰した後、ひむか号に乗車。

20180430_ana-01.jpg
20180430_j_air-01.jpg
20180430_solaseedo_air-01.jpg
20180430_miyazaki_ariport-04.jpg

宮崎交通の車両は一般路線・高速路線車に限らず最新から年代物まで幅広く使用されていますが、今回乗車したときの充てられていた比較的新しい三菱ふそうの高速路線車でした。

20180430_miyakoh_bus-09.jpg

「ひむか号」はJR日豊線の特急「ひゅうが」「にちりん」と競合し、運行本数や所要時間ベースでは圧倒的に不利であることから、シェアーとし芳しくはないものの、比較的廉価であることを考えると鉄道線から遠い地域対宮崎・延岡を結ぶという印象を受けます。

20810430_nobeoka-01.jpg

延岡に到着した頃には昼前だったため、昼食を挟んで延岡城へ登城してきました。

20180430_nobeoka_castle-01.jpg
20180430_nobeoka_castle-02.jpg
20180430_nobeoka_castle-03.jpg

現在の市役所の本庁舎の西側に築城されていた延岡城は城址公園として整備されていますが、平山城としては比較的高く聳え立っている印象を与え、それは香川の丸亀城への登城以来の驚きでもありました。

20180430_nobeoka_castle-04.jpg
20180430_nobeoka_castle-05.jpg
20180430_nobeoka_castle-06.jpg
20180430_nobeoka_castle-07.jpg
20180430_nobeoka_castle-08.jpg
20180430_nobeoka_castle-09.jpg
20180430_nobeoka_castle-10.jpg
20180430_nobeoka_castle-11.jpg
20180430_nobeoka_castle-12.jpg

歴史資料館としては内藤記念館がありましたが文化施設再整備事業により2017年閉館され、史料の一部は延岡市役所南別館に移転して展示が継続されているそうですが、来訪当日はお休みでした・・・。

延岡城への登城を済ませた後は真新しくなった延岡駅の様子を見てきました。

20810430_nobeoka-02.jpg

延岡駅は駅前広場整備事業などにより以前の駅舎は改修リニューアルし駅舎の前に複合施設「エンクロス」が建設。

20810430_nobeoka-03.jpg
20810430_nobeoka-07.jpg
20810430_nobeoka-08.jpg
20810430_nobeoka-09.jpg
20810430_nobeoka-16.jpg
20810430_nobeoka-17.jpg
20810430_nobeoka-18.jpg
20810430_nobeoka-19.jpg

駅に隣接していた延岡バスセンターは閉鎖し窓口などは移転、今後はバスセンターの建物を解体後、その跡地にバスのりばの整備が行われるとのことでした。

20810430_nobeoka-06.jpg
20810430_nobeoka-05.jpg
20810430_nobeoka-10.jpg
20810430_nobeoka-20.jpg
20810430_nobeoka-11.jpg
20810430_nobeoka-12.jpg
20810430_nobeoka-13.jpg
20810430_nobeoka-14.jpg
20810430_nobeoka-15.jpg

その後はバス車両の撮影。
整備過渡期の駅前広場なので、駅正面のロータリーをぐるりとまわるバスを取れるのは今の間だけです。

20810430_nobeoka-04.jpg
20180430_miyakoh_bus-10.jpg
20180430_miyakoh_bus-11.jpg
20180430_nishitetsu_bus-01.jpg
20180430_miyakoh_bus-12.jpg
20180430_miyakoh_bus-13.jpg
20180430_miyakoh_bus-14.jpg
20180430_kyushu_sanko_bus-01.jpg
20180430_miyakoh_bus-15.jpg
20180430_miyakoh_bus-16.jpg

1時間ほど撮影した後、にちりん15号で宮崎空港へ。
延岡から宮崎の区間は1990年代に高速化事業によって所要時間が短縮されており、それらを遺憾なく発揮されています。

20180430_jrkyushu_ec_787-01.jpg
20180430_miyazaki_ariport-05.jpg

現地での撮影などはここで終了。
宮崎空港からANA512便に搭乗して帰阪しました。

20180430_miyazaki_ariport-06.jpg
20180430_ana-02.jpg
スポンサーサイト



category: 日記

tag: 宮崎交通  日本の城郭  続日本100名城  日向延岡城  JR九州  全日空 
tb: 0   cm: 0

黄金週間日記 2018年4月29日  

2018年4月29日(

遠征2日目は志布志城跡への登城を主軸に予定。
宮崎滞在なら日南線往復という選択肢を思い出しますが、今回はバスもメインに据えているため都城のバス撮影も絡めるため、志布志入りに際しては都城からバスを利用することにしました。

と言うことで早朝の宮崎駅から「きりしま1号」で都城へ。

20180429_miyazaki-01.jpg
20180429_jr_kyushu_ec_783-01.jpg

イメージ的に距離が近いと思ってしまいますが、鰐塚山地を挟んで平野部にある宮崎市と霧島連山を西に控えた盆地である都城市であることから、特急でそこそこの速度もってしても50分弱掛かる距離であることを改めて認識する次第です・・・。


都城に到着後は志布志行きに乗車するまでの2時間をバスを撮影しつつ中心市街地を経由して西都城駅まで歩いてみました。

20180429_miyakonojo-01.jpg

都城市の中心市街地は都城駅では無く、西都城駅に寄った場所にありますが、両駅とも駅前自体はひっそりとしています。
駅名が中心部の位置関係に矛盾がありそうですが、これはよくある話で都城駅が先に開業し、西都城駅は路線網が拡大されるに伴い後年新設されたという歴史的経緯が生んだ産物に過ぎません。

20180429_miyakonojo-11.jpg
20180429_miyakoh_bus-01.jpg
20180429_miyakoh_bus-02.jpg

都城駅も西都城駅もかつては鉄道交通の要衝でもありましたが、西都城駅側は志布志線が廃止されたため鉄道駅としてはかつても面影を残したままガランとしていますが、宮崎交通の都城営業所併設の西都城バスセンターが併設されている他、いわさきグループ系の路線バスも中心市街地を経由して駅前ロータリーに乗り入れているため、今もなお大隅半島各地への交通の要衝として機能を担っています。

20180429_nishi_miyakonojo-01.jpg
20180429_nishi_miyakonojo-02.jpg
20180429_miyakoh_bus-03.jpg

都城からいわさきグループ系の鹿児島交通の路線バスに乗って志布志を目指しますが、都城駅近くに鹿児島交通のターミナル跡があり、現在も都城停留所および折り返し地点として使用されていますが、営業所が郊外へ移転したため建物自体は蛻の殻状態で閉鎖されていました。

20180429_miyakonojo-02.jpg
20180429_miyakonojo-03.jpg
20180429_miyakonojo-04.jpg

都城から1時間20分掛けて志布志に到着。
ところが、終点は以前の国道沿いの志布志停留所では無く、新しく整備されたJR志布志駅前のロータリーが終点・・・。

20180429_kagoshimakotsu_bus-02.jpg

実は志布志市によるバスターミナル整備の一環でそれまで駅周辺の3ヶ所(国道上の志布志停留所、駅南側にある三州タクシー営業所前にあるバスのりば、駅前の道路の路肩にある志布志駅前停留所)に分散されていたバスターミナルを集約させるため駅前ロータリーが整備され、今年4月15日から志布志市へ乗り入れる路線バスは全てここのロータリー内に整備された停留所に乗入れることになりました。

20180429_shibushi-01.jpg
20180429_shibushi-02.jpg
20180429_shibushi-03.jpg
20180429_shibushi-04.jpg

志布志行きと表示されるバス路線は全て志布志駅前行きに変更され、都城から乗ってきた路線も対象となっています。

・【参考】南日本新聞の記事
https://373news.com/_news/?storyid=91896

さて、到着後は志布志城跡を巡るべく市街地を北へ歩いて行ったのですが、当日は「お釈迦祭り」の開催日であったため人混みで一杯に・・・。

20180429_shibushi-05.jpg

誤算はさらに続いて、肝心の志布志城は主郭部の内城以外に松尾城・高城・新城と言った近接する3つを含めた複合体が最終形態で且ついずれも深い堀切があり、内城だけでもアップダウンの激しい堀切と足元が悪い箇所があり、とても宮崎へ戻る列車には喪に合わないことから内城も3分の1を残して下山する結果となり、事実上惨敗となりました。

20180429_shibushi_castle-01.jpg
20180429_shibushi_castle-02.jpg
20180429_shibushi_castle-03.jpg
20180429_shibushi_castle-04.jpg
20180429_shibushi_castle-05.jpg
20180429_shibushi_castle-06.jpg

詰まるところ、丸一日がかりで挑む必要があると言うことになります・・・。

志布志からは日南線に乗って宮崎へ戻ります。

20180429_jr_kyushu_dc_40_8000-01.jpg

途中の油津で乗り換えが生じ、青島からはがっつりと乗ってくるため混雑すると言う目に遭いましたが、近年のインバウンドの結果なのでどうにも・・・。

20180429_aburatsu-01.jpg
20180429_jr_kyushu_dc_47_8000-01.jpg

宮崎へ戻った後、日没までの1時間をバス撮影に費やします。

20180429_miyazaki-02.jpg

当日は宮崎市内でも音楽フェスティバルが開催されていたためルートの変更が生じたようでしたが、様々な年代の車両が撮れて有意義な時間でした。

20180429_miyakoh_bus-04.jpg
20180429_miyakoh_bus-05.jpg
20180429_miyakoh_bus-06.jpg
20180429_miyakoh_bus-07.jpg
20180429_miyakoh_bus-08.jpg
20180429_miyakoh_bus-09.jpg
20180429_miyakoh_bus-10.jpg
20180429_miyakoh_bus-11.jpg
20180429_miyakoh_bus-12.jpg
20180429_nishitetshi_expway_bus-01.jpg

この日はここで終了。
ホテルへ戻って明日の遠征最終日に備えます。

category: 日記

tag: 宮崎交通  鹿児島交通  JR九州  日本の城郭  続日本100名城  志布志城 
tb: 0   cm: 0

黄金週間日記 2018年4月28日  

2018年4月28日(

2018年ゴールデンウィークは例年同様、3連休と4連休に別れたため、前後半制となりました。
その前半となる4月28日から4月30日を宮崎県内及び鹿児島県大隅半島北部の城趾巡りおよびバス撮影と、近年の遠征シリーズに倣って鉄道少なめの予定となります。

遠征初日はANA503便で宮崎入り。

20180428_miyazaki_airport-01.jpg
20180428_miyazaki_airport-02.jpg

宮崎空港からJRではなくバスで市街地へ。

20180428_miyakoh_bus-01.jpg

宮崎交通のバスターミナルの一つである宮交シティで鞄を預けてから昼食と挟んだ後にバス撮影。

20180428_miyakoh_bus-02.jpg
20180428_miyakoh_bus-03.jpg
20180428_miyakoh_bus-04.jpg
20180428_miyakoh_bus-05.jpg
20180428_miyakoh_bus-06.jpg

撮影後は西都バスセンター行きに乗車して佐土原城跡の最寄りである交流センター停留所へ。

20180428_sadowara_castle-01.jpg

佐土原城は14世紀中頃に伊東家一族の田島氏によって築城された田島城が起源で、日向国に勢力を伸ばしてきた伊東氏に追放されたあと入城した伊東祐賀が佐土原氏に改姓したことから佐土原城と称されるより、16世紀前半に焼失した後再建されて鶴松城と改称され、さらに17世紀前半に政務を麓の二の丸に再整備した時に鶴丸城の鶴の字と採って正式に鶴松城となったものの、今日に至るまで通称の佐土原城が残されたことから、日本城郭協会による続日本100名城認定に際しては通称の佐土原城が採用されています。

20180428_sadowara_castle-02.jpg

明治初期に広瀬城を築城して移転させることになり破却されたため、現存建造物は残されていませんが、歴史資料館として二の丸御殿の一部が発掘調査を基に復元され「鶴松館」として土休日を中心に公開され、背後の城山も整備されて主郭部を巡ることが出来ます。

20180428_sadowara_castle-03.jpg
20180428_sadowara_castle-04.jpg
20180428_sadowara_castle-05.jpg
20180428_sadowara_castle-06.jpg
20180428_sadowara_castle-07.jpg
20180428_sadowara_castle-08.jpg
20180428_sadowara_castle-09.jpg
20180428_sadowara_castle-10.jpg
20180428_sadowara_castle-11.jpg
20180428_sadowara_castle-12.jpg

宮交シティへ戻って、ホテルへチェックインするまでは再びバス撮影。

20180428_miyakoh_city-01.jpg

1980年代の車両を撮ることが出来ましたが、大阪ではもう見ない車両なので、興味深く見てました。

20180428_miyakoh_bus-07.jpg
20180428_miyakoh_bus-08.jpg
20180428_miyakoh_bus-09.jpg
20180428_miyakoh_bus-10.jpg

これで初日は終了。
ホテルへチェックインして2日目に備えます。

20180428_minami_miyazaki-01.jpg
20180428_miyakoh_bus-11.jpg

category: 日記

tag: 宮崎交通  日本の城郭  続日本100名城 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

サイト更新情報Twitter

DK-KawachiのTwitter

カレンダー

最近の記事

Facebook

フォト蔵

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

OSAKAあかるクラブ

▲ Pagetop