FC2ブログ
DK-Kawachiの日記と雑学ノート ホーム »志布志城
このページの記事一覧

黄金週間日記 2018年4月29日  

2018年4月29日(

遠征2日目は志布志城跡への登城を主軸に予定。
宮崎滞在なら日南線往復という選択肢を思い出しますが、今回はバスもメインに据えているため都城のバス撮影も絡めるため、志布志入りに際しては都城からバスを利用することにしました。

と言うことで早朝の宮崎駅から「きりしま1号」で都城へ。

20180429_miyazaki-01.jpg
20180429_jr_kyushu_ec_783-01.jpg

イメージ的に距離が近いと思ってしまいますが、鰐塚山地を挟んで平野部にある宮崎市と霧島連山を西に控えた盆地である都城市であることから、特急でそこそこの速度もってしても50分弱掛かる距離であることを改めて認識する次第です・・・。


都城に到着後は志布志行きに乗車するまでの2時間をバスを撮影しつつ中心市街地を経由して西都城駅まで歩いてみました。

20180429_miyakonojo-01.jpg

都城市の中心市街地は都城駅では無く、西都城駅に寄った場所にありますが、両駅とも駅前自体はひっそりとしています。
駅名が中心部の位置関係に矛盾がありそうですが、これはよくある話で都城駅が先に開業し、西都城駅は路線網が拡大されるに伴い後年新設されたという歴史的経緯が生んだ産物に過ぎません。

20180429_miyakonojo-11.jpg
20180429_miyakoh_bus-01.jpg
20180429_miyakoh_bus-02.jpg

都城駅も西都城駅もかつては鉄道交通の要衝でもありましたが、西都城駅側は志布志線が廃止されたため鉄道駅としてはかつても面影を残したままガランとしていますが、宮崎交通の都城営業所併設の西都城バスセンターが併設されている他、いわさきグループ系の路線バスも中心市街地を経由して駅前ロータリーに乗り入れているため、今もなお大隅半島各地への交通の要衝として機能を担っています。

20180429_nishi_miyakonojo-01.jpg
20180429_nishi_miyakonojo-02.jpg
20180429_miyakoh_bus-03.jpg

都城からいわさきグループ系の鹿児島交通の路線バスに乗って志布志を目指しますが、都城駅近くに鹿児島交通のターミナル跡があり、現在も都城停留所および折り返し地点として使用されていますが、営業所が郊外へ移転したため建物自体は蛻の殻状態で閉鎖されていました。

20180429_miyakonojo-02.jpg
20180429_miyakonojo-03.jpg
20180429_miyakonojo-04.jpg

都城から1時間20分掛けて志布志に到着。
ところが、終点は以前の国道沿いの志布志停留所では無く、新しく整備されたJR志布志駅前のロータリーが終点・・・。

20180429_kagoshimakotsu_bus-02.jpg

実は志布志市によるバスターミナル整備の一環でそれまで駅周辺の3ヶ所(国道上の志布志停留所、駅南側にある三州タクシー営業所前にあるバスのりば、駅前の道路の路肩にある志布志駅前停留所)に分散されていたバスターミナルを集約させるため駅前ロータリーが整備され、今年4月15日から志布志市へ乗り入れる路線バスは全てここのロータリー内に整備された停留所に乗入れることになりました。

20180429_shibushi-01.jpg
20180429_shibushi-02.jpg
20180429_shibushi-03.jpg
20180429_shibushi-04.jpg

志布志行きと表示されるバス路線は全て志布志駅前行きに変更され、都城から乗ってきた路線も対象となっています。

・【参考】南日本新聞の記事
https://373news.com/_news/?storyid=91896

さて、到着後は志布志城跡を巡るべく市街地を北へ歩いて行ったのですが、当日は「お釈迦祭り」の開催日であったため人混みで一杯に・・・。

20180429_shibushi-05.jpg

誤算はさらに続いて、肝心の志布志城は主郭部の内城以外に松尾城・高城・新城と言った近接する3つを含めた複合体が最終形態で且ついずれも深い堀切があり、内城だけでもアップダウンの激しい堀切と足元が悪い箇所があり、とても宮崎へ戻る列車には喪に合わないことから内城も3分の1を残して下山する結果となり、事実上惨敗となりました。

20180429_shibushi_castle-01.jpg
20180429_shibushi_castle-02.jpg
20180429_shibushi_castle-03.jpg
20180429_shibushi_castle-04.jpg
20180429_shibushi_castle-05.jpg
20180429_shibushi_castle-06.jpg

詰まるところ、丸一日がかりで挑む必要があると言うことになります・・・。

志布志からは日南線に乗って宮崎へ戻ります。

20180429_jr_kyushu_dc_40_8000-01.jpg

途中の油津で乗り換えが生じ、青島からはがっつりと乗ってくるため混雑すると言う目に遭いましたが、近年のインバウンドの結果なのでどうにも・・・。

20180429_aburatsu-01.jpg
20180429_jr_kyushu_dc_47_8000-01.jpg

宮崎へ戻った後、日没までの1時間をバス撮影に費やします。

20180429_miyazaki-02.jpg

当日は宮崎市内でも音楽フェスティバルが開催されていたためルートの変更が生じたようでしたが、様々な年代の車両が撮れて有意義な時間でした。

20180429_miyakoh_bus-04.jpg
20180429_miyakoh_bus-05.jpg
20180429_miyakoh_bus-06.jpg
20180429_miyakoh_bus-07.jpg
20180429_miyakoh_bus-08.jpg
20180429_miyakoh_bus-09.jpg
20180429_miyakoh_bus-10.jpg
20180429_miyakoh_bus-11.jpg
20180429_miyakoh_bus-12.jpg
20180429_nishitetshi_expway_bus-01.jpg

この日はここで終了。
ホテルへ戻って明日の遠征最終日に備えます。
スポンサーサイト

category: 日記

tag: 宮崎交通  鹿児島交通  JR九州  日本の城郭  続日本100名城  志布志城 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

サイト更新情報Twitter

DK-KawachiのTwitter

カレンダー

最近の記事

Facebook

フォト蔵

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

OSAKAあかるクラブ

▲ Pagetop