DK-Kawachiの日記と雑学ノート ホーム »湯浅町
このページの記事一覧

年始日記 2014年1月3日~1月4日  

2014年1月3日(金)

正月三箇日最終日は紀伊半島一周のために前日入りすることから、特に動くサイトの更新を少し済ませてから和歌山に向けて出発となりました。

20140103_nankai_12000-01.jpg

サイトの方は相変わらずの停滞ぶりですが、某有名なサイトと違って一人でやっていることもあるため、限られた時間のリソースを振り分けつつ進めてきてたらなと思ってたりします。



2014年1月4日(

遠征初日は和歌山県内の観光。
予定では最初に有田川町鉄道公園へ行くことにしていたのですが、調べてみると日帰りコースの方が都合が良いので今回はパスしてその分を残りの予定に充てることにしました。

まずは湯浅へ。

20140104_yuasa-01.jpg

熊野街道の宿場町であった湯浅は醤油醸造発祥の地であり、現在も当地に本社を置く醤油醸造会社がいくつか残存しています。
当地では醸造町として国の伝統的建造物群保存地区に選定されています。

20140104_yuasa-02.jpg

選定の範囲は金沢の町屋程度の規模ですが、いわゆる商業的観光地化されていないため閑静な町並みとなっています。

20140104_yuasa-03.jpg

古い町並を見た後は湯浅城跡へ。
ぱっと見ると立派な天守だなと思ってしまいますが、実は国民宿舎「湯浅城」で本来の湯浅城跡は南側の城山にありました。

20140104_yuasa_castle-01.jpg

御坊で北条鉄道へ活躍の場を移した紀州鉄道のレールバスを撮影。

20140104_kitetsu_1-01.jpg

その後はくろしお9号で紀伊田辺へ移動。

20140104_kuroshio9-01.jpg
20140104_kii_tanabe-01.jpg

ここでは始めに田辺城跡へ。
と言っても市街地化されているため、残されているのは水門跡ぐらいです・・・。

20140104_tanabe_castle-01.jpg
20140104_tanabe_castle-02.jpg

田辺城水門跡から日本国内におけるナショナルトラスト運動の最初の一例となった天神崎へ。

20140104_tenjinzaki_cape-02.jpg

ここは道路より外側が広い岩礁海岸となっており、干潮時には手軽な釣り場など近隣の憩いの場でもあり、小中学校の遠足先としても利用されているそうです。

20140104_tenjinzaki_cape-01.jpg
20140104_tenjinzaki_cape-03.jpg

と言うことでちょっと撮影・・・。

20140104_tenjinzaki_cape-04.jpg

日も傾き始めた頃に宿泊場所へ向かうため紀伊田辺を発ち遠征初日は終わりました。

20140104_jrwest_ec_105_500-01.jpg
スポンサーサイト

category: 日記

tag: 伝統的建造物群保存地区  湯浅町  日本の城郭  紀伊湯浅城  紀伊田辺城  天神崎 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

サイト更新情報Twitter

DK-KawachiのTwitter

カレンダー

最近の記事

Facebook

フォト蔵

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

OSAKAあかるクラブ

▲ Pagetop