DK-Kawachiの日記と雑学ノート ホーム »牧之郷駅
このページの記事一覧

2009年5月4日 日本100名城と未乗路線を巡る東海道の旅25 牧之郷駅で編成写真撮影  

修善寺から折り返し牧之郷へやって来ました。

20090504_makinoko-02.jpg

牧之郷駅は無人駅で、上りホームには自動券売機が、下りホームには整理券発行機が設置されています。

20090504_makinoko-01.jpg
20090504_makinoko-04.jpg

上りホームにある自動券売機の前には同駅の発車時刻表と三島での乗換え時刻表が掲示されています。

20090504_makinoko-08.jpg

ホームの配置が上下でずれた形となっていて編成写真の撮影には好都合。
位置的には午後で上りホームの修善寺方から撮るのが順光になる感じですが、午後は山中城と小田原城への登場が控えているため午前中の撮影です。

20090504_makinoko-03.jpg
20090504_makinoko-06.jpg
20090504_makinoko-07.jpg

まずは3000系。
写真の車両は初期に造られた普通鋼製の車体で、運転席後部に戸袋窓がなく独特の窓配置が特徴です。


20090504_izuhakone_3000-03.jpg

7000系は伊豆箱根鉄道に在籍する現役車両としては最もグレードが高く、転換クロスシートとなっています。
当時は一部座席指定の快速などで使用されてきたのですが、踊り子号以外が各駅停車となったため、現在は他形式と同じ普通列車で使用されています。
また、この車両はJR東海への乗入れ構想があった時に造られたことから、マスコンが横軸ツインレバー形となっていますが、結局実現されることなく現在に至ります。

20090504_izuhakone_7000-01.jpg

3000系の初期車では運転席後部に座席がないため、この場所に座席をと言う要望の答えたのが後期に造られたステンレス車で、窓配置が211系と同じとなったことから平凡な印象となったものの、これにより運転席後部に座席が設置出来るようになったそうです。

20090504_izuhakone_3000-04.jpg

最後は1100系。
元西武701系で当時在籍していた吊り掛駆動車を置換えるために導入されたのですが、1300系の導入により置換え対象車となり、3本あった車両も1本が廃車となっています。

20090504_izuhakone_1300-02.jpg

撮影はこれで終了。
このあと、山中城址へのバスに間に合わせるべく、急ぎ三島へ戻ったのですが・・・。

→次に続く

#2009.6.17 23:30 LastUpdate
スポンサーサイト

category: 東海地方遠征

tag: 伊豆箱根鉄道  駿豆線  牧之郷駅 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

サイト更新情報Twitter

DK-KawachiのTwitter

カレンダー

最近の記事

Facebook

フォト蔵

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

OSAKAあかるクラブ

▲ Pagetop