DK-Kawachiの日記と雑学ノート ホーム »発車標
このページの記事一覧

週末日記 2013年7月6日  

2013年7月6日(

7月最初のお休みである6日は猫の電車に乗るため和歌山へ出向いたのですが、その前に布施とJR八尾へ寄り道。
まずは布施駅へ。

乗換え口用の発車標などの更新が続けられていた布施駅ではこのほど改札階の発車標がワイドLCD式に更新されました。

20130706_fuse-02.jpg

これまで、布施駅の乗換え案内用や改札口では大阪上本町駅の大阪線のりばや主要駅の乗換案内で用いられてきたCRT式発車標が使用されてきましたが、今回の更新で南北改札口直後と階段・エスカレータ上り口の3箇所に設けられるようになりました。

20130706_fuse-01.jpg

続いて八尾駅へ。

20130706_jr_yao-01.jpg

この日から橋上駅舎に切替えられたことを受けた来訪した次第。
まずは北側。

20130706_jr_yao-02.jpg

続いて南側。

20130706_jr_yao-03.jpg

改札外コンコースと南北自由通路。
改札口の向かい側にJR西系列のコンビニ「ハートイン」が入居しています。

20130706_jr_yao-04.jpg

改札内コンコース。

20130706_jr_yao-05.jpg

ホーム。
これで完成という感じでなないようなので、今後の様子を見てみます。

20130706_jr_yao-06.jpg

天王寺から紀州路快速に乗って和歌山へ。
和歌山から和歌山電鐵に乗車。

20130706_wakaden-01.jpg

ここで遭遇したのは猫の電車こと「たま電車」

20130706_wakaden_2270-01.jpg

新駅舎になった貴志に到着。

20130706_kishi-02.jpg

前回は和歌山電鐵になって「いちご電車」登場した間がない頃に鉄道系オフ会で来訪した時以来なので、現在の駅舎になってからは初めてです。

20130706_kishi-01.jpg

例のネコの駅長ですが・・・。
「たま」が高齢であることから専ら平日で、伊太祁曽に常駐している代行の「ニタマ」が「たま」が不在の土休日に限り貴志駅にいるとのこと。
当日はタイムアップだったため伊太祁曽駅へお帰りになるところしか見れませんでしたが・・・。

20130706_wakaden-02.jpg

和歌山への戻りは「おもちゃ電車」

20130706_wakaden_2270-02.jpg

和歌山からバスに乗り継いで和歌山市駅へ。
南海の和歌山市駅はバリアフリー化工事の一環で3番線の車止めが難波寄りにセットバックされたため、JR和歌山駅行きの2番のりばへのアクセスが改善されていました。

20130706_wakayamashi-01.jpg

ここでは2代目8000系の第6編成を撮影。

20130706_nankai_8000_2g-01.jpg

天下茶屋で堺筋線に乗換え。
ここで車内写真を撮影と言うことにしたのですが、偶然にも66系リフレッシュ施工車に出くわしました。

20130706_osaka_subway_66n-01.jpg

現在2本目が正雀のアルナ車両でリフレッシュ工事施工中ですが、早々お目にかかれないので撮っておきました。
新20系のリフレッシュ車と共通する内容ですが、基本は座席周りとバリアフリーの深度化および制御装置などの電装品の更新であるため、化粧板や照明などは特に変化無しです。

20130706_osaka_subway_66n-in01.jpg

メインの制御機器の更新により運転台周りも更新されています。

20130706_osaka_subway_66n-cab01.jpg

この日はここで終って帰宅しました。
スポンサーサイト

category: 日記

tag: 近畿日本鉄道  発車標  駅改良工事  JR西日本  和歌山電鐵  南海電気鉄道  大阪市営地下鉄 
tb: 0   cm: 0

週末日記 2013年5月19日  

2013年5月19日(

19日は阿倍野へ出向いて来ました。

大阪市道道長柄堺線(大阪府道30号大阪和泉泉南線との重複)と同じく大阪市道尼崎平野線(大阪府道28号大阪高石線との重複)が拡張されるのに伴い近鉄前交差点に架けられていた阿倍野歩道橋の架け替え工事がほぼ終り、先日全面的に供用が開始されたことから来訪した次第です。

20130519_abeno-01.jpg

近鉄前交差点に架かる阿倍野歩道橋。

20130519_abeno-02.jpg

JR天王寺駅側から。

20130519_abeno-03.jpg

近鉄大阪阿部野橋駅側から。

20130519_abeno-05.jpg

近鉄側はあべのハルカスが6月にオープンされるまでは閉鎖されているため、それまでの間は東側へ少し進んだ近鉄百貨店阿倍野本店の新館側からアクセスすることになります。

20130519_abeno-06.jpg

西側。
正面に見える道路はあびこ筋(大阪市道尼崎平野線と大阪府道28号大阪高石線の重複)で南側へ拡張工事中です。

20130519_abeno-04.jpg

東側。

20130519_abeno-07.jpg

南側。
こちらはあべの筋(大阪市道道長柄堺線と大阪府道30号大阪和泉泉南線の重複)の拡張工事中で、これに伴い阪堺線も西側へ移設される計画です。

20130519_abeno-08.jpg

北側。
こちらは谷町筋(大阪府道30号大阪和泉泉南線)。

20130519_abeno-09.jpg

近鉄前交差点。

20130519_abeno-10.jpg

天王寺ミオプラザ館は耐震補強工事と共に南側の外観がリニューアルされました。

20130519_abeno-11.jpg

折角、阿倍野まで出てきたので今春の改正から布施駅(北口)へ乗入れてきた大阪市営バス12号系統へ乗ってきました。
阿倍野停留所ですが、場所的には天王寺駅北口から玉造筋を東へ歩いた先にあるあべの北操車場の前にのりばがあります。

20130519_abeno-12.jpg

市バスの12号系統は阿倍野と生野区を結び2013年春改正前までは東大阪市三ノ瀬(南側が東大阪市岸田堂北町との境界地)にある布施三ノ瀬とを結んでいたのですが、2013年春に東大阪市岸田堂北町にある布施三ノ瀬操車場が廃止されたため86号系統が乗入れている布施駅北口へ乗入れるようになったと言う経緯があります。

この系統は一部区間が狭隘であるため中型車が用いられていますが、実際に狭い道をズンズンと進んでいきます。

利用状況的には生野区内の利用と同区~阿倍野の利用が重なる感じで、全体的には少ないため実際のダイヤも毎時1本~2本程度の留まっています。

20130519_osaka_city_bus-01.jpg

布施駅へ戻って奈良線のりばへ上がってくると乗換え案内用の発車標が更新されていました。
外観はコスト削減による簡易仕様となった大和八木駅の仕様と同じとなっていて、現状は奈良線のりばのみとなっていますが、今後は大阪線のりば側と改札口側も順次更新されるものと思われます。

20130519_fuse-01.jpg

category: 日記

tag: 阿倍野歩道橋  大阪市交通局  大阪市営バス  近畿日本鉄道  発車標 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

サイト更新情報Twitter

DK-KawachiのTwitter

カレンダー

最近の記事

Facebook

フォト蔵

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

OSAKAあかるクラブ

▲ Pagetop