DK-Kawachiの日記と雑学ノート ホーム »秩父鉄道
このページの記事一覧

2009年11月23日 編成写真を追う首都圏の旅14 帰阪  

さて、秩父鉄道の乗りつぶしを完了しましたので、帰阪までの間は時間を潰します。

ここで元東急8500系を転用した7000系に遭遇したので、編成写真を撮っておきました。

20091123_chichitetsu_7000-01.jpg

近々、8090系を転用した編成も登場するとのことなので、また撮りに行かないといけません・・・。

20091123_chichitetsu_7000-02.jpg

羽生は3面6線の配線で、秩父鉄道が1面2線、東武伊勢崎線が2面4線となっています。

20091123_hanyu-01.jpg

羽生から東武伊勢崎線に乗って久喜へ向かい、ここで遅めの昼食としました。
羽生で適当なお店がなかったと言うだけですが・・・。

20091123_tobu_30000-01.jpg

昼食後は折り返し羽生へ戻り秩父鉄道に乗車。

20091123_kuki-01.jpg

本日何本目の1000系か忘れてしまいましたが、ここでは秩父鉄道登場時の塗装の編成。

20091123_chichitetsu_1000-04.jpg

熊谷へ移動し高崎線を赤羽乗換えで池袋へ。

20091123_kumagaya-01.jpg
20091123_kumagaya-02.jpg

池袋で253系に遭遇。
E259系への置き換えで成田エクスプレスから姿を消してゆくことから撮っておきました。

20091123_jreast_ec_253-01.jpg

池袋で着替えの入った鞄を回収して池袋から山手線に乗って東京へ向かっていたところ「山手線」の命名100周年を記念して昭和30年代に運転されていた旧型国電カラーリングを模した編成に遭遇。

乗っていた列車と逆方向であったことから、中央線快速でショートカットして、該当の編成を待ち伏せて東京から乗車。
品川で降車して先頭と側面を撮っておきました。

20091123_jreast_ec_e231_500-01.jpg

これで現地での予定は終了。
東京からのぞみ403号に乗って大阪へ帰りました。

20091123_tokyo-01.jpg
20091123_nozomi403-01.jpg

車中で頂いた弁当。

20091123_diner-01.jpg
20091123_diner-02.jpg

#「2009年11月21日~11月23日 編成写真を追う首都圏の旅」おわり
スポンサーサイト

category: 関東地方遠征

tag: 秩父鉄道  東武鉄道  JR東日本  JR東海 
tb: 0   cm: 0

2009年11月23日 編成写真を追う首都圏の旅13 秩父鉄道秩父本線  

さて、三峰口から折り返し秩父鉄道を羽生に向けて乗り潰していきます。

20091123_chichitetsu_1000-cab01.jpg

出発前に入線してきた1000系。
写真の編成は関西線のウグイス色に黄色の警戒色を配したものですが、地元でリアルに見てきた世代としては懐かしいカラーリングです。
現在の大和路線では前照灯が常時点灯なので警戒色が白色となっています。

20091123_chichitetsu_1000-07.jpg

掲示されている「110thアニバーサリー・ありがとうフェスタ」のヘッドマーク。

20091123_chichitetsu_1000-08.jpg

三峰口を出ると延々と下っていきます。
利用状況としては座席が埋まり立ち客が出ている程度ですが、熊谷あたりまではこのような感じです。

途中の武州中川で「パレオエクスプレス号」と列車交換するのですが、ホーム端部は10数名の撮影隊で占められていると思っていると、それ以外の人も注目するという一種の見せ物的様相を呈していました。

20091123_bushu_nakagawa-01.jpg

列車はこのまま秩父盆地を東へ進み、撮影の名スポットである荒川橋梁を渡り長瀞(ながとろ)渓谷を挟む山間部に入ります。
日本100名城に選定されている鉢形城の旧城下町である寄居で長瀞渓谷を抜けます。

寄居を出ると右手に東武東上線、左手にJR八高線を見つつ関東平野に入ります。
ここから石原付近までの駅間は長閑な田園地帯を進みます。

明戸でスカイブルーの1000系に遭遇。

20091123_chichitetsu_1000-09.jpg

石原で途中下車。

20091123_ishiwara-01.jpg

良さそうな撮影ポイントを探し序でに秩父鉄道オリジナル塗装の1000系を捉えます。

20091123_chichitetsu_1000-03.jpg

石原で思いついて捉えたワンショット。

20091123_ishiwara-02.jpg

再び乗車。
今度は羽生まで一気に乗り通します。

熊谷で若干少なくなり、ようやくここで座れるようになりました。
この段階で座席が半分埋まる程度まで減っています。

熊谷からは市街地と田園地帯が交互に続き、大きくカーブして東武伊勢崎線に合流すると終点の羽生に到着です。

20091123_hanyu-02.jpg

これで秩父鉄道の乗りつぶしは終了しました。

→次に続く。

category: 関東地方遠征

tag: 秩父鉄道 
tb: 0   cm: 0

2009年11月23日 編成写真を追う首都圏の旅12 秩父鉄道のイベントと鉄道車両公園  

改札を出てイベント会場と秩父鉄道車両公園へ向かいます。

20091123_mitsumineguchi-01.jpg

三峰口駅前は時に整備されていませんが、駅前に三峰神社・秩父湖方面へ向かう路線バスが乗り入れています。

20091123_mitsumineguchi-07.jpg

バスの待合所。

20091123_mitsumineguchi-06.jpg

イベント会場へ。

20091123_mitsumineguchi-02.jpg

イベント会場は駐車場内にありますが、基本的には車両展示・撮影をメインとしている感じではなくどちらかというとグッズ販売などがメインになっている様子です。

20091123_mitsumineguchi-03.jpg

側らには西武101系から改造された6000系が休憩用車両として留置・開放されています。

20091123_chichitetsu_6000-01.jpg

イベント会場の方はこの辺にして置いて裏手にある秩父鉄道車両公園へ。
-- 続きを読む --

category: 関東地方遠征

tag: 秩父鉄道 
tb: 0   cm: 0

2009年11月23日 編成写真を追う首都圏の旅11 秩父鉄道のイベントへ  

最終日は秩父鉄道のイベントを絡めて乗りつぶしをしてきます。

朝は予定よりも起きるのが遅くなってしまったため、初っ端から出遅れましたが、ちちぶ9号の指定席に空きがあったのが幸いし、出遅れた分はこれで取り返すことになりました。

20091123_ikebukuro-01.jpg
20091123_chichibu9-01.jpg

西武秩父から徒歩で御花畑駅へ。

20091123_ohanabatake-01.jpg

窓口で「秩父路遊々フリーきっぷ」を購入。
秩父鉄道は全線乗り通しでも結構な出費になるので、こんかいはこの一日乗車券を使います。

20091123_chichitetsu_ticket-01.jpg

御花畑駅は2面2線ですが、通常使用されるのは改札口に面している側のみで、反対側は西武池袋方面の直通列車専用になっているようです。

20091123_ohanabatake-02.jpg
20091123_ohanabatake-03.jpg
20091123_ohanabatake-04.jpg

使用されない時は写真のように閉鎖されている2番線への連絡通路

20091123_ohanabatake-05.jpg

三峰口までは元国鉄→JR101系の1000系。

20091123_chichitetsu_1000-01.jpg

揺られること20分で三峰口に到着。

20091123_mitsumineguchi-04.jpg

三峰口は2面3線と車両留置のための側線を有し、末端部は機回しのための引き上げ線があります。

20091123_mitsumineguchi-05.jpg

先程乗ったオレンジの1000系。

20091123_chichitetsu_1000-06.jpg

入れ替りに三峰口を出発する1000系で、こちらは秩父鉄道オリジナル塗装。

20091123_chichitetsu_1000-05.jpg

それではイベント会場と駅北側に併設されている鉄道車両公園へ向かいます。

20091123_mitsumineguchi-01.jpg

→次に続く。

category: 関東地方遠征

tag: 西武鉄道  秩父鉄道 
tb: 0   cm: 0

三連休日記 2009年11月23日  

2009年11月23日(

遠征最終日である23日は秩父鉄道が創業110周年を記念するイベントを同鉄道の三峰口駅構内で催されたことから、乗り潰しと絡めて秩父鉄道へ行ってきました。

20091123_chichitetsu_ticket-01.jpg

朝起きたのが遅かったため、初っ端からしくじりましたが、池袋から西武レッドアロー「ちちぶ9号」でロスを最小限としました。

20091123_ikebukuro-01.jpg

西武秩父から徒歩圏内にある秩父鉄道御花畑から三峰口へは旧国鉄101系から転用した1000系のオレンジ塗装の編成。
元東急8500系からの転用である7000系の進出で引導を渡されることになりそうな気配で、1000系のリバイバルカラーはオレンジの他・ウグイス・カナリヤ・スカイブルーの旧国鉄塗装が4色と秩父鉄道転用時の塗装と旧型車両の塗装というバリエーションが用意されています。

20091123_chichitetsu_1000-01.jpg

三峰口の会場は駅構内にある側線を利用したもので、先に触れていた1000系のリバイバルカラー2編成と休憩車両として元西武101系から転用されてきた6000系が展示されていました。

20091123_mitsumineguchi-01.jpg
20091123_mitsumineguchi-02.jpg
20091123_mitsumineguchi-03.jpg
20091123_chichitetsu_6000-01.jpg

また、併設の秩父鉄道車両公園にも入ってきました。
こちらは秩父鉄道で活躍した車両と機関車が静態保存されていますが、イベント開催とSL「パレオエクスプレス」の運転日だったため人出が多かったです・・・。

イベント会場を離れて今度は三峰口から折り返して羽生までの未乗区間を乗りつぶしてきます。
途中、パレオエクスプレスとの列車交換の時はカメラを抱えた一団以外の人も注目するという一種の見せ物的様相を呈していました。

20091123_bushu_nakagawa-01.jpg

秩父鉄道で目に付いたのはワンマン運転なのですが基本的に有人駅であることで、運賃授受を駅で行う都市型ワンマンの形態が採られています。

石原で途中下車して2本ほど編成写真を捉えました。

20091123_chichitetsu_1000-03.jpg

石原から再び羽生へ向かいましたが、またしても1000系で今度は現行の秩父鉄道オリジナル塗装。
これで3本連続して同形式を引き当ててしまいました(1本目と2本目は同じ編成)

羽生では後追いでやって来た7000系の編成写真をゲット。
ただし、今回は乗れず終いでしたが・・・。

20091123_chichitetsu_7000-01.jpg
20091123_hanyu-01.jpg

羽生から東武伊勢崎線で久喜まで移動します。

ここへ来たのは車内写真の撮影が出来るかどうかを確認するためで、今回確認した限りでは押上の折り返しほどの本数ではないのの撮影自体は出来そうです。
(つまり、人気がない車両があると言うことです)

遅めの昼食と言うよりは夕食に近い食事をとったあとは再び羽生に戻って、秩父鉄道を熊谷まで乗車。
ここでは、1000系の導入時の塗装を纏った1007編成。

20091123_chichitetsu_1000-04.jpg

熊谷からは赤羽乗換えで池袋へ向かい、ここで着替えの入った鞄を回収して池袋から山手線に乗って東京へ向かっていたところ、「山手線」の命名100周年を記念して昭和30年代に運転されていた旧型国電カラーリングを模した編成に遭遇。

乗っていた列車と逆方向であったことから、中央線快速でショートカットして、該当の編成を待ち伏せて東京から乗車。
品川で降車して先頭と側面を撮っておきました。

20091123_jreast_ec_e231_500-01.jpg

これで今回の遠征はこれで終了。
東京駅からのぞみ403号で帰阪しました。

20091123_tokyo-01.jpg

category: 日記

tag: 秩父鉄道  JR東日本 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

サイト更新情報Twitter

DK-KawachiのTwitter

カレンダー

最近の記事

Facebook

フォト蔵

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

OSAKAあかるクラブ

▲ Pagetop