DK-Kawachiの日記と雑学ノート ホーム »箱根山中城
このページの記事一覧

2009年5月4日 日本100名城と未乗路線を巡る東海道の旅35 モケットが交換された211系の座席とゲットしたパンフレット  

小田原城巡りを終えて東京へ向かったのですが、その時乗った211系の座席に変化が・・・。

20090504_odawara-03.jpg

ここでは町田車両センターの0番台ですが、モケットの色が赤系の蘇芳色(すおういろ)から青緑に替えられていました。

20090504_jreast_ec_211_0-01.jpg

これは初期車が登場して20年を超えて劣化してきたことを受けてのことだそうです。

20090504_jreast_ec_211_0-02.jpg
20090504_jreast_ec_211_0-03.jpg

大崎に宿を取っていたため品川で降車。
これで3日目は終了。

20090504_shinagawa-01.jpg

さて、3日目に巡ってきた城跡などのパンフレットです。

まずは三島市観光協会発行の小冊子など。

20090504_mishima-08.jpg

続いて楽寿園のパンフレットと入場券。

20090504_rakujuen-15.jpg

山中城跡を整備した山中城跡公園のパンフレット。

20090504_yamanaka_castle-46.jpg

3日目最後に巡った小田原城と小田原市郷土文化館のパンフレット

20090504_odawara_castle-29.jpg

4日目は八王子城跡を巡ります。

→次に続く。
スポンサーサイト

category: 関東地方遠征

tag: JR東日本  211系  楽寿園  日本100名城  箱根山中城  相州小田原城 
tb: 0   cm: 0

2009年5月4日 日本100名城と未乗路線を巡る東海道の旅32 小田原城・その1  

山中城のあとは小田原城へ向かいます。

山中城址の三島駅行きのバス停は案内所とは別の場所にあることから、箱根旧街道を下りていきます。

20090504_yamanaka_castle-43.jpg

街道から右手に駐車場へ通じる道があり、ここに架かる北条橋を通り駐車場へ出ます。
案内所からだと下の位置にある駐車場は山中城跡公園の駐車場で、三島行きバスのりば、この出入口付近にあります。

20090504_yamanaka_castle-44.jpg

さてさて、私がここへたどり着いて時には後数分でバスが到着する予定なのですが、当日はGW。
当然のことながら箱根付近は渋滞しているため遅れているためやって来ません・・・。

20090504_yamanaka_castle-03.jpg

歩いて下りるには2時間ほどかかることから、このまま待つことにします。
バス停に寄りかかって箱根側を見るとこんな感じで、写真右側にあるのが山中城跡公園の駐車場入口で、うねるように登っている国道1号線沿いに進むと案内所と本城への入口があります。

20090504_yamanaka_castle-45.jpg

結局30分遅れでバスが到着。
次の小田原城へのタイムリミットを気にしながら三島駅へ向かったのですが、東海道線が遅れているようで、三島駅に到着した時には本来なら既に出ているはずの踊り子号が待っていたので、躊躇わず乗り込みました。

こちらは人身事故で遅れた影響を受けて20分遅れとなっているようでしたが、これによって小田原城へのタイムリミットまでマージンを稼ぐ結果となりました。

20090504_mishima-02.jpg

小田原に到着。
この写真を撮っている時にある人とニアミスしたことを翌日の東京滞在中に知ったのですが、そんな余裕もなく小田原城へ急ぎます。

20090504_odawara-01.jpg

駅から見ると至近距離なのですが、歩くと10分ほどかかります。

20090504_odawara-02.jpg

予定より30分ほど遅れて小田原城に到着。

20090504_odawara_castle-02.jpg

天守内は土産物店や休憩所となっている最上階が撮影可能であるものの、その他の階は展示室である関係から撮影は禁止となっています。

20090504_odawara_castle-01.jpg
20090504_odawara_castle-03.jpg

最上階からは丹沢や箱根の他、遠くは伊豆半島や三浦半島、相模灘を一望出来ます。

20090504_odawara_castle-04.jpg
20090504_odawara_castle-05.jpg
20090504_odawara_castle-06.jpg
20090504_odawara_castle-07.jpg
20090504_odawara_castle-08.jpg

→次に続く。

#2009.6.27 1:10 LastUpdate

category: 関東地方遠征

tag: 日本100名城  箱根山中城  相州小田原城 
tb: 0   cm: 0

2009年5月4日 日本100名城と未乗路線を巡る東海道の旅31 山中城・その4  

山中城跡巡り4回目です。
箱根街道(国道1号線)を挟んで南側にある曲輪を見てきます。

南側の出丸は岱崎出丸(だいさきでまる)とよばれ、豊臣軍の小田原征伐に備えて急遽構築されたのですが、結局間に合わず総攻撃を受けました。

20090504_yamanaka_castle-31.jpg
20090504_yamanaka_castle-32.jpg

まずは後馬場曲輪。

20090504_yamanaka_castle-33.jpg

ここには時に何もなく南端に擂鉢曲輪(すりばちくるわ)、一ノ堀側に見張り台があります。
また、この付近に構築途中の曲輪がありますが、完成することなく総攻撃を受けたため無名のまま現在に至ります。

20090504_yamanaka_castle-34.jpg
20090504_yamanaka_castle-35.jpg

一ノ堀は擂鉢曲輪から出丸の中腹に掛けて掘られた南北に長い堀で畝堀を長くしたもので、現在は遺構保護のため芝生が敷詰められていますが、当時はローム層剥き出しの所を豊臣軍が攻め込んだとされています。

20090504_yamanaka_castle-37.jpg
20090504_yamanaka_castle-38.jpg

南端に擂鉢曲輪見張り台があり、ここから田方平野や富士山が見ることが出来ます。

20090504_yamanaka_castle-36.jpg
20090504_yamanaka_castle-39.jpg

擂鉢曲輪は岱崎出丸の南端にある曲輪で、武者だまりであったとされています。

20090504_yamanaka_castle-40.jpg
20090504_yamanaka_castle-41.jpg
20090504_yamanaka_castle-42.jpg

山中城址巡りはこれで終了。
石畳の箱根旧街道を通ってバス停へ向かいます。

20090504_yamanaka_castle-43.jpg

#2009.6.28 0:45 LastUpdate

category: 東海地方遠征

tag: 日本100名城  箱根山中城 
tb: 0   cm: 0

2009年5月4日 日本100名城と未乗路線を巡る東海道の旅30 山中城・その3  

山中城跡巡り3回目です。

西櫓から障子堀を挟んだ場所に写真のようなものが置かれています。
この場所から富士山などが見ることが出来ることから、何が見られるかを示したものです。

20090504_yamanaka_castle-16.jpg

冬期の晴天なら富士山がスッキリと見えるのですが、流石に暖かくなってきたこの時期は霞んで見えないです。

20090504_yamanaka_castle-17.jpg

本丸などを含む城郭北側の周りは帯曲輪というもので囲われていますが、実際は急な斜面で、当時は地肌が露出していたため、普通の人が登るにはほぼ不可能だったと言われています。

20090504_yamanaka_castle-18.jpg

元西櫓は西ノ丸と二ノ丸の間にある小さな曲輪で、周囲を深い彫りに囲まれた曲輪は名称が不明であったため無名曲輪と称されていたのですが、発掘調査の結果から元西櫓と命名されたという経緯があります。

20090504_yamanaka_castle-19.jpg

二ノ丸虎口から撮影した土塁です。
侵入する敵をここで迎え撃つらしいです。

20090504_yamanaka_castle-20.jpg

二ノ丸は北条丸とも言われていますが、ご覧のようにそのままの地形で整地されてないまま攻め込まれたと言うのが容易に想像されます。

20090504_yamanaka_castle-21.jpg
20090504_yamanaka_castle-22.jpg

本丸二ノ丸の北側に位置、この場所には本丸御殿が建っていました。
発掘調査後は埋め戻されて整備されましたが、御殿は藤棚の辺りにあったそうです。

20090504_yamanaka_castle-23.jpg

本丸の北側にある天守台。
本来なら天守(現地解説では天守櫓と称されています)があったのですが、廃城後は植樹されるなど攪乱されていたため、発掘調査では確認出来なかったそうです。

なお、山中城の天守は2層程度の小規模のものだったされています。

20090504_yamanaka_castle-24.jpg

木製の架橋を渡ってさらに北側の北ノ丸へ。

20090504_yamanaka_castle-25.jpg

北ノ丸は北条軍と豊臣軍との戦いで最後の攻防の舞台となった場所で、この戦いで奮戦した城将・松田康長が戦死した場所と言われています。

北ノ丸の規模は本丸以上に大きいというのが写真でも分ります。

20090504_yamanaka_castle-26.jpg

本丸の南側にある兵糧庫・弾薬庫跡へ。

20090504_yamanaka_castle-27.jpg

この場所は現在休憩所が設けられているのですが、当時は山中城の武器弾薬や食料を納めた倉があったとされています。

20090504_yamanaka_castle-28.jpg
20090504_yamanaka_castle-29.jpg

旧街道に出て北側は終了。
お次は城郭の南側を巡ります。

20090504_yamanaka_castle-30.jpg

→次に続く。

#2009.6.24 1:35 Update

category: 東海地方遠征

tag: 日本100名城  箱根山中城 
tb: 0   cm: 0

2009年5月4日 日本100名城と未乗路線を巡る東海道の旅29 山中城・その2  

さて、山中城跡を巡ってきます。

箱根十城一つである山中城は北条氏康のよって1560年代に築城された小田原城の支城ですが、後に豊臣秀吉側との関係が悪化した際、急遽改修・増築されることになったものの、それらが未完成のまま豊臣軍の攻撃を受けたため半日で落城したそうです。

その後廃城したものの、三島市の発掘調査が行われ、その結果を基に行われた復元作業により400年前の遺構をほぼ忠実に再現されています。
建造物こそありませんが、遺構自体がここまで復元されているのは全国的にも珍しく、2006年に日本100名城の一つに選定されています。

20090504_yamanaka_castle-08.jpg

まずは三ノ丸堀。
三ノ丸の西側を南北に通る堀で、他の堀は自然の地形を活用しているのに対し、ここは自然の谷を活用したもので、中央に畝を設けて西側を空堀、東側を田尻の池と箱井戸からの排水の処理用として使用されていたそうです。

画像からだと丁度園路の部分が畝と思われ堀はその両側にあったものと想像されます。
写真にあるのは空堀として利用されていたもの。

20090504_yamanaka_castle-09.jpg

三ノ丸堀を登った先にある田尻の池。
ここは主に馬の飲料水などに使用されていたもので、隣にある箱井戸とは一つの池であったのを土塁によって分離したものです。

20090504_yamanaka_castle-10.jpg

田尻の池から西の丸の方へ登ってみます。

20090504_yamanaka_castle-11.jpg

西ノ丸と帯曲輪との分岐点付近に堀があります。

この北側にある斜面上部に元西櫓があることから、元西櫓下の堀と称されるこの堀は人工的に深く掘ったもので現在はご覧の通り緑で覆われているのですが、当時はローム層が露出してもっと急斜面だったそうです。

20090504_yamanaka_castle-13.jpg

土橋の解説掲示がある場所から右手に登った先にあるのが西ノ丸。

20090504_yamanaka_castle-02.jpg

その西端にある西ノ丸物見台は防御上より強固補強するためにロームブロックと黒色土を交互に積み上げたそうです。

20090504_yamanaka_castle-12.jpg

西ノ丸の手前まで戻ります。

西ノ丸と西櫓の周囲には堀がありますが、ここのある堀は後北条の特徴として見られる堀で、障子の桟の形から障子堀と呼ばれているそうで、本来は防御と用水池を兼ねたものだったそうです。

20090504_yamanaka_castle-14.jpg

西櫓。
この場所には掘っ立て式の建物があったそうですが、遺構自体は埋め戻されています。

20090504_yamanaka_castle-15.jpg

山中城跡巡りは続きます。

→次に続く。

category: 東海地方遠征

tag: 日本100名城  箱根山中城 
tb: 0   cm: 0

2009年5月4日 日本100名城と未乗路線を巡る東海道の旅28 山中城・その1  

ようやく三島から山中城へ向かいます。
山中城へは三島駅南口から沼津登山東海バスの元箱根港行きに乗り、三島市街地と箱根越えの中ほどにある山中城址停留所で降車してすぐの場所となっています。

まずは三島駅からバスに乗って山中城址へ。
ここでは沼津登山東海バスのトップドア車。

20090504_numazu_tozan_tokai_bus-01.jpg

バスの揺られて、箱根街道を延々と登ること約30分。
山中城址停留所に到着。

20090504_yamanaka_castle-01.jpg

元箱根港行きの停留所は山中城の入口と案内所兼食堂にあるのですが、三島行きはここから下の方にある駐車場付近に停留所があります。
下の写真は案内所兼食堂側から撮影したもので、右(東)へ行くと箱根。左(西)へ行くと三島市街地へ向かいます。

20090504_yamanaka_castle-04.jpg

案内所兼食堂でパンフレットをゲットし山中城を巡ってきます。

20090504_yamanaka_castle-05.jpg

旧街道だと三島宿と箱根関所とはほぼ中間に位置するようです。

20090504_yamanaka_castle-06.jpg

箱根街道は石畳の旧街道が要所要所に残っていて、徒歩での登頂コースまで存在します。
ここ山中城址付近を挟んで旧街道と新街道が交差します。

20090504_yamanaka_castle-07.jpg

さて、ここから山中城内へを進みます。

20090504_yamanaka_castle-08.jpg

→次に続く。

category: 東海地方遠征

tag: 日本100名城    箱根山中城 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

サイト更新情報Twitter

DK-KawachiのTwitter

カレンダー

最近の記事

Facebook

フォト蔵

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

OSAKAあかるクラブ

▲ Pagetop