FC2ブログ
DK-Kawachiの日記と雑学ノート ホーム »続日本100名城
このページの記事一覧

黄金週間日記 2018年5月5日  

2018年5月5日(

遠征3日目は江差・上ノ国の史跡などを巡ってきました。
朝7時前に函館駅前バスターミナルを出発する函館バス函館・江差線に乗り込んで江差の市街地を目指します。

20180505_hakodate-01.jpg
20180505_hakodate-02.jpg

この路線は国道227号線を江差を目指して西へ突き進むという淡泊な路線ですが、長距離需要と地域輸送を併せ持っている故に中古のハイデッカーバスか大型の一般路線車が充てられています。

20180505_hakodate_bus-01.jpg

姥神町フェリー前で下車。

20180505_esashi-01.jpg

ここから江差観光の手始めとして開陽丸へ来訪します。

20180505_esashi-02.jpg
20180505_esashi-03.jpg

現在、江差港にある開陽丸は現存のものではなくオランダに残されていた設計図を基に1990年に復元されたもので、船内にはこれまで沈没した海域から発掘・引き上げられた異物が脱塩処理された状態で展示されています。

20180505_esashi-04.jpg

続いて旧中村家住宅へ。
江差の豪商の一つで、4棟の建物が海に向かってひな壇の如く建てられているようすが手に取るように分かるほか、最下段は当時の海岸に接していた経緯から船からの荷物を陸揚げするための場所を兼ねていたとのことです。

20180505_esashi-06.jpg

丘陵地の途中にある旧檜山爾志郡役所へ。
旧檜山爾志郡役所は江差町郷土資料館として使用されていますが、すぐ隣には留置場もあります。
これは、当時の群役場は警察も入っていたことに関係しており、役場内には取調室があり当時の様子が再現されています。

20180505_esashi-08.jpg

旧関川家別荘へ。
こちらも江差の豪商の一つで海側に合った商家は現存しておらず、この別荘だけ一部残っているとのことでした。
内部は関川家で使用されていた調度品などが保存・展示されています。

20180505_esashi-09.jpg

横山家へ。
こちらは北海道指定の有形民俗文化財となっており、建物は旧中村家住宅と近い造りとなっています。

20180505_esashi-12.jpg

江差での最後は旧江差駅跡。

20180505_esashi-13.jpg

駅前広場自体は残されていましたが、駅舎をはじめホームや線路の綺麗さっぱり撤去され更地となっていました。

20180505_esashi-14.jpg

駅前広場にはバス待合所も兼ねた記念館が用意され江差駅に関するものが展示されていました。

20180505_esashi-15.jpg
20180505_esashi-16.jpg

江差ターミナルへ。
函館バス江差営業所に併設されているバスターミナルは江差の市街地の外れに位置するため、どちらかと言うと乗り継ぎの拠点という位置づけになっているようです。

20180505_esashi-17.jpg

江差線の廃止代替バスに乗り換えて大留へ。

20180505_kaminokuni-01.jpg
20180505_kaminokuni-02.jpg

ここは旧上ノ国駅跡があり、駅舎は地元の商工会議所として使用されていました。

20180505_kaminokuni-03.jpg
20180505_kaminokuni-04.jpg

大留停留所の近くにある上ノ国駅前停留所へ移動。

20180505_kaminokuni-05.jpg

本来この停留所が函館バスの停留所で大留の停留所は代替バスの上ノ国駅という扱いのようで、乗換検索でも乗り換え停留所として扱われておらず、一つ江差寄りの北村停留所が乗り換え停留所となっているようです。

20180505_kaminokuni-06.jpg

上ノ国駅前停留所から原口漁港行きに乗って上ノ国停留所へ。
なんか奇妙な感じですが、駅前停留所の所在地が上ノ国町の大留、上ノ国停留所が上ノ国町の上ノ国が所在地となっているためであるからです。

20180505_kaminokuni-07.jpg
20180505_kaminokuni-08.jpg

ここから勝山館跡を目指すべく大手道の山道を登っていきます。

20180505_katsuyamayadate-01.jpg

標高自体はそれほど高くなく比較的整備されていることもあって、館跡へは難なく辿り付きました。

20180505_katsuyamayadate-02.jpg
20180505_katsuyamayadate-03.jpg

勝山館は15世紀頃に築城された山城で、日本海を見渡せる場所に建設された館は17世紀頃までその機能を果たしていたそうです。

20180505_katsuyamayadate-04.jpg
20180505_katsuyamayadate-05.jpg

丘陵地の上にあるガイダンス施設では勝山館跡に関する映像や発掘時に検出された遺構の一部が展示されていました。

20180505_katsuyamayadate-07.jpg
20180505_katsuyamayadate-06.jpg

ガイダンス施設の近くにある夷王山山頂へ。

20180505_katsuyamayadate-08.jpg
20180505_katsuyamayadate-09.jpg

ここからの眺めも良いですが、館を建設するには適正では無かったようです。

20180505_katsuyamayadate-10.jpg

麓へ降りて花沢館跡と須崎館跡へも来訪。
どちらも史跡があったことを示す看板があるものの、整備状態は今一つで雑草に覆われて居る状態・・・。

20180505_hanazawadate-01.jpg
20180505_hanazawadate-02.jpg
20180505_hanazawadate-03.jpg
20180505_suzakidate-01.jpg
20180505_suzakidate-02.jpg

大留へ戻って、江差線廃止代替バスの木古内行きに乗って木古内へ抜けました。
基本的に江差線に沿って進む形で北海道道道5号線を走行するルートが採られています。

20180505_hakodate_bus-02.jpg
20180505_kikonai-01.jpg
20180505_kikonai-02.jpg
20180505_kikonai-03.jpg

木古内では北海道新幹線の駅の方を中心に撮影。

20180505_kikonai-04.jpg

新幹線の駅の中でもコストミニマムに造られている点では北陸新幹線の糸魚川駅にも見られましたが、こちらは寒冷地ならではの設備でホーム階の階段・エスカレータ・エレベータの前には自動ドアによって仕切られています。

20180505_kikonai-05.jpg
20180505_kikonai-06.jpg
20180505_kikonai-07.jpg

木古内での撮影を終えて道南いさりび鉄道に初乗車。

20180505_kikonai-08.jpg

在来線特急が無くなって貨物列車とローカル列車だけとなったため木古内駅の旧在来線のホームが見事に島式1面だけとなり、これまであった本線側のホームは綺麗サッパリと撤去されました。

20180505_kikonai-09.jpg
20180505_kikonai-10.jpg
20180505_kikonai-11.jpg

この日はこれで終了。
ホテルへ戻って遠征最終日の4日目に備えました。

20180505_donan_isaribi_dc_40_1700-01.jpg
20180505_donan_isaribi_dc_40_1700-02.jpg
20180505_donan_isaribi_dc_40_1700-in01.jpg
スポンサーサイト

category: 日記

tag: 続日本100名城  道南十二館  函館バス  JR北海道  道南いさりび鉄道 
tb: 0   cm: 0

黄金週間日記 2018年5月4日  

2018年5月4日(

遠征2日目となる5月4日は北海度新幹線へ初乗車となります。
7過ぎにホテルをチェックアウトして青森駅でバス撮影をして時間つぶし。

時間帯的に夜行バスの到着時間と重なって、そこそこの成果を得ます。

20180504_jr_bus_tohoku-01.jpg
20180504_konan_bus-01.jpg
20180504_konan_bus-02.jpg

新青森からはやぶさ号に乗って青函トンエルを抜けて新函館北斗へ向きます。

20180504_shin_aomori-01.jpg

現行路線の両端に限ると整備新幹線での最高速度である260km/hで走行するのですが、青函トンネル区間では貨物列車と共有しているため、中小国信号所から木古内付近までは在来線時代の最高速度である140km/hに落とされます。

20180504_hayabusa59-01.jpg
20180504_hayabusa59-02.jpg

新函館北斗駅到着後は1時間ほど掛けて撮影を進めました。
新幹線開業前に一度来訪しているのですが、開業後の全面供用開始後は来訪できなかったため、じっくりと撮影してきました。

20180504_shin_hakodate_hokuto-01.jpg
20180504_shin_hakodate_hokuto-02.jpg
20180504_shin_hakodate_hokuto-03.jpg
20180504_shin_hakodate_hokuto-04.jpg
20180504_shin_hakodate_hokuto-05.jpg
20180504_shin_hakodate_hokuto-06.jpg
20180504_shin_hakodate_hokuto-08.jpg
20180504_shin_hakodate_hokuto-09.jpg

新函館北斗駅では駅前広場へ乗り入れる路線バスも撮影。

20180504_shin_hakodate_hokuto-07.jpg

乗り入れている本数こそ少ないながら興味の啜る時間を過ごさせていただきました。

20180504_hakodate_bus-01.jpg
20180504_hakodate_teisan-01.jpg
20180504_hakodate_bus-02.jpg
20180504_hokuto_kotsu-01.jpg
20180504_hokkaido_kanko_bus-01.jpg
20180504_onuma_kotsu-01.jpg

はこだてライナーに乗って函館駅に到着。

20180504_jr_hokkaido_ec_733_1000-01.jpg
20180504_jr_hokkaido_ec_733_1000-in01.jpg
20180504_hakodate-01.jpg

昼食を挟んでから1時間ほどはバスの撮影に注力しました。

メインは函館バスですが、函館空港リムジンバスを運行している函館帝産バス(※:帝産観光バス系列であるの函館タクシーの路線バス事業の呼称)や定期観光バスを運行している北都交通、東京バスグループの北海道バス・北海道観光バスのバスも捉えました。

20180504_hakodate_bus-03.jpg
20180504_hakodate_bus-04.jpg
20180504_hakodate_bus-05.jpg
20180504_hakodate_bus-06.jpg
20180504_hakodate_bus-07.jpg
20180504_hakodate_teisan-02.jpg
20180504_hakodate_teisan-03.jpg
20180504_hokkaido_bus-02.jpg
20180504_hokkaido_kanko_bus-02.jpg

撮影を切り上げて志海苔へ。

20180504_shinori-01.jpg

続日本100名城の一つに認定された志苔館への来訪が目的。

20180504_shinoridate-01.jpg

函館空港の裏手となる南側に位置する志苔館は中世頃に造られた城館跡で道南十二館の一つでもあり、1980年代に発掘調査が実施され、遺構や陶磁器などが発見されているとのこと。

20180504_shinoridate-04.jpg

現状整備されている部分としては小規模となっています。

20180504_shinoridate-02.jpg
20180504_shinoridate-03.jpg
20180504_shinoridate-05.jpg
20180504_shinoridate-06.jpg

志苔館から海沿いの土方・啄木浪漫館へ来訪。

20180504_takuboku_shou_koen-01.jpg
20180504_takuboku_shou_koen-02.jpg

ここは土方歳三・函館記念と石川啄木・函館記念館を併設された展示館で両氏に関する史料が展示・紹介されていましたが、建物自体は小さいため割と凝縮させている感があります。

20180504_takuboku_shou_koen-03.jpg
20180504_takuboku_shou_koen-04.jpg
20180504_takuboku_shou_koen-05.jpg

この日はここで終了。
函館市内のホテルにチェックインして遠征3日目に備えることにしました。

category: 日記

tag: 続日本100名城  JR北海道  弘南バス  JRバス東北  函館バス  北海道観光バス  北海道バス  大沼交通  函館帝産バス  北都交通 
tb: 0   cm: 0

黄金週間日記 2018年4月30日  

2018年4月30日(

遠征最終日は延岡城へ登城がメイン。

ホテルをチェックアウトした後、宮崎駅西口で軽く撮影。

20180430_miyakoh_bus-01.jpg
20180430_miyakoh_bus-02.jpg
20180430_miyakoh_bus-03.jpg
20180430_miyakoh_bus-04.jpg
20180430_miyakoh_bus-05.jpg
20180430_miyakoh_bus-06.jpg
20180430_miyakoh_bus-07.jpg
20180430_miyakoh_bus-08.jpg
20180430_nishitetsu_expway_bus-01.jpg

撮影を済ませてから宮崎空港へ。
理由は鞄をロッカーに預けておくことと、宮崎交通とJR九州が共同で運行している県内高速バス「ひむか号」に乗るため。

20180430_miyazaki_ariport-01.jpg
20180430_miyazaki_ariport-02.jpg

展望デッキで時間を潰した後、ひむか号に乗車。

20180430_ana-01.jpg
20180430_j_air-01.jpg
20180430_solaseedo_air-01.jpg
20180430_miyazaki_ariport-04.jpg

宮崎交通の車両は一般路線・高速路線車に限らず最新から年代物まで幅広く使用されていますが、今回乗車したときの充てられていた比較的新しい三菱ふそうの高速路線車でした。

20180430_miyakoh_bus-09.jpg

「ひむか号」はJR日豊線の特急「ひゅうが」「にちりん」と競合し、運行本数や所要時間ベースでは圧倒的に不利であることから、シェアーとし芳しくはないものの、比較的廉価であることを考えると鉄道線から遠い地域対宮崎・延岡を結ぶという印象を受けます。

20810430_nobeoka-01.jpg

延岡に到着した頃には昼前だったため、昼食を挟んで延岡城へ登城してきました。

20180430_nobeoka_castle-01.jpg
20180430_nobeoka_castle-02.jpg
20180430_nobeoka_castle-03.jpg

現在の市役所の本庁舎の西側に築城されていた延岡城は城址公園として整備されていますが、平山城としては比較的高く聳え立っている印象を与え、それは香川の丸亀城への登城以来の驚きでもありました。

20180430_nobeoka_castle-04.jpg
20180430_nobeoka_castle-05.jpg
20180430_nobeoka_castle-06.jpg
20180430_nobeoka_castle-07.jpg
20180430_nobeoka_castle-08.jpg
20180430_nobeoka_castle-09.jpg
20180430_nobeoka_castle-10.jpg
20180430_nobeoka_castle-11.jpg
20180430_nobeoka_castle-12.jpg

歴史資料館としては内藤記念館がありましたが文化施設再整備事業により2017年閉館され、史料の一部は延岡市役所南別館に移転して展示が継続されているそうですが、来訪当日はお休みでした・・・。

延岡城への登城を済ませた後は真新しくなった延岡駅の様子を見てきました。

20810430_nobeoka-02.jpg

延岡駅は駅前広場整備事業などにより以前の駅舎は改修リニューアルし駅舎の前に複合施設「エンクロス」が建設。

20810430_nobeoka-03.jpg
20810430_nobeoka-07.jpg
20810430_nobeoka-08.jpg
20810430_nobeoka-09.jpg
20810430_nobeoka-16.jpg
20810430_nobeoka-17.jpg
20810430_nobeoka-18.jpg
20810430_nobeoka-19.jpg

駅に隣接していた延岡バスセンターは閉鎖し窓口などは移転、今後はバスセンターの建物を解体後、その跡地にバスのりばの整備が行われるとのことでした。

20810430_nobeoka-06.jpg
20810430_nobeoka-05.jpg
20810430_nobeoka-10.jpg
20810430_nobeoka-20.jpg
20810430_nobeoka-11.jpg
20810430_nobeoka-12.jpg
20810430_nobeoka-13.jpg
20810430_nobeoka-14.jpg
20810430_nobeoka-15.jpg

その後はバス車両の撮影。
整備過渡期の駅前広場なので、駅正面のロータリーをぐるりとまわるバスを取れるのは今の間だけです。

20810430_nobeoka-04.jpg
20180430_miyakoh_bus-10.jpg
20180430_miyakoh_bus-11.jpg
20180430_nishitetsu_bus-01.jpg
20180430_miyakoh_bus-12.jpg
20180430_miyakoh_bus-13.jpg
20180430_miyakoh_bus-14.jpg
20180430_kyushu_sanko_bus-01.jpg
20180430_miyakoh_bus-15.jpg
20180430_miyakoh_bus-16.jpg

1時間ほど撮影した後、にちりん15号で宮崎空港へ。
延岡から宮崎の区間は1990年代に高速化事業によって所要時間が短縮されており、それらを遺憾なく発揮されています。

20180430_jrkyushu_ec_787-01.jpg
20180430_miyazaki_ariport-05.jpg

現地での撮影などはここで終了。
宮崎空港からANA512便に搭乗して帰阪しました。

20180430_miyazaki_ariport-06.jpg
20180430_ana-02.jpg

category: 日記

tag: 宮崎交通  日本の城郭  続日本100名城  日向延岡城  JR九州  全日空 
tb: 0   cm: 0

黄金週間日記 2018年4月29日  

2018年4月29日(

遠征2日目は志布志城跡への登城を主軸に予定。
宮崎滞在なら日南線往復という選択肢を思い出しますが、今回はバスもメインに据えているため都城のバス撮影も絡めるため、志布志入りに際しては都城からバスを利用することにしました。

と言うことで早朝の宮崎駅から「きりしま1号」で都城へ。

20180429_miyazaki-01.jpg
20180429_jr_kyushu_ec_783-01.jpg

イメージ的に距離が近いと思ってしまいますが、鰐塚山地を挟んで平野部にある宮崎市と霧島連山を西に控えた盆地である都城市であることから、特急でそこそこの速度もってしても50分弱掛かる距離であることを改めて認識する次第です・・・。


都城に到着後は志布志行きに乗車するまでの2時間をバスを撮影しつつ中心市街地を経由して西都城駅まで歩いてみました。

20180429_miyakonojo-01.jpg

都城市の中心市街地は都城駅では無く、西都城駅に寄った場所にありますが、両駅とも駅前自体はひっそりとしています。
駅名が中心部の位置関係に矛盾がありそうですが、これはよくある話で都城駅が先に開業し、西都城駅は路線網が拡大されるに伴い後年新設されたという歴史的経緯が生んだ産物に過ぎません。

20180429_miyakonojo-11.jpg
20180429_miyakoh_bus-01.jpg
20180429_miyakoh_bus-02.jpg

都城駅も西都城駅もかつては鉄道交通の要衝でもありましたが、西都城駅側は志布志線が廃止されたため鉄道駅としてはかつても面影を残したままガランとしていますが、宮崎交通の都城営業所併設の西都城バスセンターが併設されている他、いわさきグループ系の路線バスも中心市街地を経由して駅前ロータリーに乗り入れているため、今もなお大隅半島各地への交通の要衝として機能を担っています。

20180429_nishi_miyakonojo-01.jpg
20180429_nishi_miyakonojo-02.jpg
20180429_miyakoh_bus-03.jpg

都城からいわさきグループ系の鹿児島交通の路線バスに乗って志布志を目指しますが、都城駅近くに鹿児島交通のターミナル跡があり、現在も都城停留所および折り返し地点として使用されていますが、営業所が郊外へ移転したため建物自体は蛻の殻状態で閉鎖されていました。

20180429_miyakonojo-02.jpg
20180429_miyakonojo-03.jpg
20180429_miyakonojo-04.jpg

都城から1時間20分掛けて志布志に到着。
ところが、終点は以前の国道沿いの志布志停留所では無く、新しく整備されたJR志布志駅前のロータリーが終点・・・。

20180429_kagoshimakotsu_bus-02.jpg

実は志布志市によるバスターミナル整備の一環でそれまで駅周辺の3ヶ所(国道上の志布志停留所、駅南側にある三州タクシー営業所前にあるバスのりば、駅前の道路の路肩にある志布志駅前停留所)に分散されていたバスターミナルを集約させるため駅前ロータリーが整備され、今年4月15日から志布志市へ乗り入れる路線バスは全てここのロータリー内に整備された停留所に乗入れることになりました。

20180429_shibushi-01.jpg
20180429_shibushi-02.jpg
20180429_shibushi-03.jpg
20180429_shibushi-04.jpg

志布志行きと表示されるバス路線は全て志布志駅前行きに変更され、都城から乗ってきた路線も対象となっています。

・【参考】南日本新聞の記事
https://373news.com/_news/?storyid=91896

さて、到着後は志布志城跡を巡るべく市街地を北へ歩いて行ったのですが、当日は「お釈迦祭り」の開催日であったため人混みで一杯に・・・。

20180429_shibushi-05.jpg

誤算はさらに続いて、肝心の志布志城は主郭部の内城以外に松尾城・高城・新城と言った近接する3つを含めた複合体が最終形態で且ついずれも深い堀切があり、内城だけでもアップダウンの激しい堀切と足元が悪い箇所があり、とても宮崎へ戻る列車には喪に合わないことから内城も3分の1を残して下山する結果となり、事実上惨敗となりました。

20180429_shibushi_castle-01.jpg
20180429_shibushi_castle-02.jpg
20180429_shibushi_castle-03.jpg
20180429_shibushi_castle-04.jpg
20180429_shibushi_castle-05.jpg
20180429_shibushi_castle-06.jpg

詰まるところ、丸一日がかりで挑む必要があると言うことになります・・・。

志布志からは日南線に乗って宮崎へ戻ります。

20180429_jr_kyushu_dc_40_8000-01.jpg

途中の油津で乗り換えが生じ、青島からはがっつりと乗ってくるため混雑すると言う目に遭いましたが、近年のインバウンドの結果なのでどうにも・・・。

20180429_aburatsu-01.jpg
20180429_jr_kyushu_dc_47_8000-01.jpg

宮崎へ戻った後、日没までの1時間をバス撮影に費やします。

20180429_miyazaki-02.jpg

当日は宮崎市内でも音楽フェスティバルが開催されていたためルートの変更が生じたようでしたが、様々な年代の車両が撮れて有意義な時間でした。

20180429_miyakoh_bus-04.jpg
20180429_miyakoh_bus-05.jpg
20180429_miyakoh_bus-06.jpg
20180429_miyakoh_bus-07.jpg
20180429_miyakoh_bus-08.jpg
20180429_miyakoh_bus-09.jpg
20180429_miyakoh_bus-10.jpg
20180429_miyakoh_bus-11.jpg
20180429_miyakoh_bus-12.jpg
20180429_nishitetshi_expway_bus-01.jpg

この日はここで終了。
ホテルへ戻って明日の遠征最終日に備えます。

category: 日記

tag: 宮崎交通  鹿児島交通  JR九州  日本の城郭  続日本100名城  志布志城 
tb: 0   cm: 0

黄金週間日記 2018年4月28日  

2018年4月28日(

2018年ゴールデンウィークは例年同様、3連休と4連休に別れたため、前後半制となりました。
その前半となる4月28日から4月30日を宮崎県内及び鹿児島県大隅半島北部の城趾巡りおよびバス撮影と、近年の遠征シリーズに倣って鉄道少なめの予定となります。

遠征初日はANA503便で宮崎入り。

20180428_miyazaki_airport-01.jpg
20180428_miyazaki_airport-02.jpg

宮崎空港からJRではなくバスで市街地へ。

20180428_miyakoh_bus-01.jpg

宮崎交通のバスターミナルの一つである宮交シティで鞄を預けてから昼食と挟んだ後にバス撮影。

20180428_miyakoh_bus-02.jpg
20180428_miyakoh_bus-03.jpg
20180428_miyakoh_bus-04.jpg
20180428_miyakoh_bus-05.jpg
20180428_miyakoh_bus-06.jpg

撮影後は西都バスセンター行きに乗車して佐土原城跡の最寄りである交流センター停留所へ。

20180428_sadowara_castle-01.jpg

佐土原城は14世紀中頃に伊東家一族の田島氏によって築城された田島城が起源で、日向国に勢力を伸ばしてきた伊東氏に追放されたあと入城した伊東祐賀が佐土原氏に改姓したことから佐土原城と称されるより、16世紀前半に焼失した後再建されて鶴松城と改称され、さらに17世紀前半に政務を麓の二の丸に再整備した時に鶴丸城の鶴の字と採って正式に鶴松城となったものの、今日に至るまで通称の佐土原城が残されたことから、日本城郭協会による続日本100名城認定に際しては通称の佐土原城が採用されています。

20180428_sadowara_castle-02.jpg

明治初期に広瀬城を築城して移転させることになり破却されたため、現存建造物は残されていませんが、歴史資料館として二の丸御殿の一部が発掘調査を基に復元され「鶴松館」として土休日を中心に公開され、背後の城山も整備されて主郭部を巡ることが出来ます。

20180428_sadowara_castle-03.jpg
20180428_sadowara_castle-04.jpg
20180428_sadowara_castle-05.jpg
20180428_sadowara_castle-06.jpg
20180428_sadowara_castle-07.jpg
20180428_sadowara_castle-08.jpg
20180428_sadowara_castle-09.jpg
20180428_sadowara_castle-10.jpg
20180428_sadowara_castle-11.jpg
20180428_sadowara_castle-12.jpg

宮交シティへ戻って、ホテルへチェックインするまでは再びバス撮影。

20180428_miyakoh_city-01.jpg

1980年代の車両を撮ることが出来ましたが、大阪ではもう見ない車両なので、興味深く見てました。

20180428_miyakoh_bus-07.jpg
20180428_miyakoh_bus-08.jpg
20180428_miyakoh_bus-09.jpg
20180428_miyakoh_bus-10.jpg

これで初日は終了。
ホテルへチェックインして2日目に備えます。

20180428_minami_miyazaki-01.jpg
20180428_miyakoh_bus-11.jpg

category: 日記

tag: 宮崎交通  日本の城郭  続日本100名城 
tb: 0   cm: 0

三連休日記 2018年1月8日  

2018年1月8日(

遠征最終日は八代城跡へ登城し、午後は大阪へ帰るまでの時間を利用してバスを撮影と言う流れです。

熊本交通センターのコインロッカーにキャリーカートを預けて熊本駅へ。
いよいよ全面高架化される予定で、現在の白川口の駅舎も見納めに・・・。

20180108_kumamoto-01.jpg
20180108_kumamoto-02.jpg

八代からは九州産交バスに乗るのですが、八代駅では駅舎建替え工事が着手されるため以前は駅舎よりにあったバスのりばが、広場を挟んで向かい側にあるホテル前に暫定移転されていました。

20180108_yatsushiro-01.jpg
20180108_yatsushiro-02.jpg
20180108_yatsushiro-03.jpg
20180108_yatsushiro-04.jpg
20180108_yatsushiro-05.jpg

バスに乗って八代城跡の最寄りとなる八代宮前へ。

20180108_yatsushiro_castle-01.jpg

八代城跡は廃城した明治以降に殆どが改変されてしまい、八代宮の境内となった本丸跡の石垣が比較的良い状態で残されているほか、北ノ丸跡の一部は中期以降の城主だった松井家を祀る松井神社として残されているだけとなっています。

20180108_yatsushiro_castle-02.jpg
20180108_yatsushiro_castle-03.jpg
20180108_yatsushiro_castle-04.jpg
20180108_yatsushiro_castle-05.jpg
20180108_yatsushiro_castle-06.jpg
20180108_yatsushiro_castle-07.jpg
20180108_yatsushiro_castle-08.jpg

また現在、八代城跡と称されいたものは3箇所ありますが、それぞれが異なる時代に存在し、一つ目は南北朝時代から戦国時代まで存在した古麓城(ふるふもとじょう)、2つ目は安土桃山時代から江戸時代まで存在した麦島城(むぎしまじょう)、そして大地震で倒壊した麦島城に代って松江町に築城されて現在は八代宮の境内となっていて現在の八代城跡として指定されているもので、これら3つの城跡は「八代城跡群」として国の史跡として指定されています。

熊本へ戻って昼食を挟んでから、熊本交通センターでバスの撮影。
撮影の最中、それまで止んでいた雨が降り始め、傘を差しながらの撮影となってしまいました。

20180108_kumaden_bus-01.jpg
20180108_kumaden_bus-02.jpg
20180108_kumamoto_bus-01.jpg
20180108_kumamoto_bus-02.jpg
20180108_kumamoto_toshibus-01.jpg
20180108_sankou_bus-01.jpg
20180108_sankou_bus-02.jpg
20180108_sankou_bus-03.jpg
20180108_sankou_bus-04.jpg

15時半頃から雨足が強くなったため撮影を切り上げ。
キャリーカートを回収して熊本空港へ移動し、出発までの間に早めの夕食。

20180108_diner-01.jpg

夕食を終えて搭乗口へ出向くと、乗る予定のANA528便が遅れているとのこと。
結局、20分遅れで出発することになりましたが、今後の遠征では飛行機路を利用する機会が増えるので、マージンは余分に取っておくことが必要になりそうです。

20180108_ana528-01.jpg

これで1月の三連休は終り。
現実に引き戻されていきます。

category: 日記

tag: 日本の城郭  続日本100名城  肥後八代城 
tb: 0   cm: 0

三連休日記 2018年1月7日  

2018年1月7日(

遠征2日目は菊池十八外城の一つで日本城郭協会から続日本100名城に認定された鞠智城跡の登城、午後からは熊本電鉄の撮影と熊本市内のバス車両の撮影に勤しむことにしました。

朝は新ターミナル建設で仮設状態である熊本交通センターから熊電バス・北1系統の菊池温泉行きに乗り、菊池プラザへ。
この北1系統は藤崎宮前から御代志までのほとんどの区間を熊本電鉄の鉄道線に併走する形となりますが、御代志から菊池までの区間はかつて鉄道線が通っていた区間だったそうで、しかもバス路線自体は熊本駅まで結んでいることから競合と言うよりも補完関係に近いとも言えます。

20180107_kikuchi-01.jpg

菊池プラザはかつての鉄道線の終点で建物自体は廃止された当時のものだそうです。

20180107_kikuchi-02.jpg

駅前は熊電バスと九州産交バスの鉄道代替路線が乗り入れていますが、九州産交バスは鉄道代替路線を除く路線が交差点を挟んで斜向かいにある旧営業所前の菊池産交停留所から発着しています。

20180107_kikuchi-03.jpg
20180107_kikuchi-04.jpg

ここから九州産交バスの遊蛇口・来民中町経由・山鹿温泉行きに乗車し一寸榎まで移動します。
一寸榎から鞠智城跡までは徒歩で1kmほど歩いた先にあります。

20180107_issunenoki-01.jpg

史跡公園として復元・整備された鞠智城跡は想像していたよりも広範囲に整備されていたのですが、バスのダイヤの関係で現地滞在が1時間10分しか確保できず全部まわるのは無理。
結局、主郭部のところだけ見るだけで終わってしまったことから、あと2回来訪するか昼を挟んでほぼ一日仕事でないとダメのようです。

20180107_kikuchi_castle-01.jpg
20180107_kikuchi_castle-03.jpg
20180107_kikuchi_castle-04.jpg

菊池へ戻って昼食を挟んでから、御代志へ。

20180107_miyoshi-01.jpg

熊本市内へ直接戻らず御代志なのは熊電の車両を撮影するため。

20180107_kumaden_01-01.jpg
20180107_kumaden_01-in01.jpg
ちょうど元東京メトロの01系が折り返し待ちだったことから、存分に撮影してきました。

20180107_kumaden_01-02.jpg
20180107_kumaden_01-03.jpg

熊本市内へ戻って夕方までは熊本交通センターでバス車両の撮影。
路線によって一巡どころか二巡してしまいましたが、満足のいく成果は得ました。

20180107_kumamoto_bus_terminal-01.jpg
20180107_kumamoto_bus_terminal-02.jpg

2日目はこれで終了。
ホテルへ戻って3日目に備えます。

category: 日記

tag: 熊本電気鉄道  日本の城郭  続日本100名城  筑後鞠智城  熊本電鉄バス  九州産交バス  熊本バス  熊本都市バス 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

サイト更新情報Twitter

DK-KawachiのTwitter

カレンダー

最近の記事

Facebook

フォト蔵

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

OSAKAあかるクラブ

▲ Pagetop