DK-Kawachiの日記と雑学ノート ホーム »肥前名護屋城
このページの記事一覧

2011年5月5日 筑肥の城を巡る旅44 肥前名護屋城・その6  

水手口から城趾北側の山里丸などを巡ってきます。

20110505_hizen_nagoya_castle-86.jpg

鯱鉾池と台所丸。

20110505_hizen_nagoya_castle-87.jpg
20110505_hizen_nagoya_castle-89.jpg

上山里丸への虎口跡。

20110505_hizen_nagoya_castle-88.jpg

上山里丸。
秀吉の居館や謁見所・能舞台・茶室があった山里丸でも山里口から西側に位置する曲輪。

20110505_hizen_nagoya_castle-90.jpg

山里丸の石垣。
山里丸の大半は農家と寺の敷地になっている。

20110505_hizen_nagoya_castle-91.jpg
20110505_hizen_nagoya_castle-92.jpg

山里口。

20110505_hizen_nagoya_castle-93.jpg

上山里丸へ通じる虎口。

20110505_hizen_nagoya_castle-94.jpg

東側は下山里丸。

20110505_hizen_nagoya_castle-95.jpg

最上段から先は柵で仕切られて立入らないようにしている。

20110505_hizen_nagoya_castle-96.jpg

佐賀県立名護屋城博物館へ。
ここには名護屋城の復元模型がある他、日本列島と朝鮮半島の交流史をテーマにして資料が展示・紹介されています。

20110505_hizen_nagoya_castle-97.jpg

これで名護屋城巡りは終了。

20110505_hizen_nagoya_castle-98.jpg

道の駅「桃山天下市」前にあるバス停へ。

20110505_showa_bus-10.jpg
20110505_showa_bus-09.jpg

ようやくやってきたバスに乗り唐津へ戻りました。

20110505_hizen_nagoya_castle-06.jpg

→次に続く。
スポンサーサイト

category: 九州・沖縄地方遠征

tag: 日本100名城  肥前名護屋城 
tb: 0   cm: 0

2011年5月5日 筑肥の城を巡る旅43 肥前名護屋城・その5  

二の丸の北隣にある遊撃丸を見てきます。

20110505_hizen_nagoya_castle-70.jpg

遊撃丸は1593年に講和使節として来日した沈維敬の宿舎となった場所で、明の遊撃軍の将軍付きの使節として派遣されていたことに因んで曲輪の名称として呼ばれる事になった。

20110505_hizen_nagoya_castle-71.jpg

東側を天守台と接する。
左手奥が城内の貯水池があった水手曲輪に繋がる。

20110505_hizen_nagoya_castle-72.jpg

続いて名護屋城における搦め手側に当たり、二の丸の南に隣接する弾正丸へ。
弾正丸は名護屋城の総取締を行っていた浅野弾正長政が居住していた場所に因んで名付けられた曲輪。

20110505_hizen_nagoya_castle-73.jpg

弾正丸にある浄水施設は名護屋浄水所。

20110505_hizen_nagoya_castle-74.jpg

浄水所の脇を抜けると。

20110505_hizen_nagoya_castle-76.jpg

弾正丸に出てきます。
南東隅からみる弾正丸。

20110505_hizen_nagoya_castle-75.jpg

浄水場に沿って奥へ行くと二の丸がちらりと見えます。

20110505_hizen_nagoya_castle-80.jpg

搦手口。

20110505_hizen_nagoya_castle-77.jpg

城外側から搦手口を見る。

20110505_hizen_nagoya_castle-78.jpg

眼下に見えるのは茶屋海月。

20110505_hizen_nagoya_castle-79.jpg

搦手口から南西方向を見る。
ちょうど東松浦半島の西側を見る事になる。

20110505_hizen_nagoya_castle-81.jpg

同じ場所から馬場と本丸を見る。

20110505_hizen_nagoya_castle-82.jpg

二の丸へ戻って船手口へ。

20110505_hizen_nagoya_castle-83.jpg

船手口から城外北面へ。

20110505_hizen_nagoya_castle-84.jpg

三の丸と上山里丸に間にあった腰曲輪からの登城道を合流し水手口に到着。

20110505_hizen_nagoya_castle-85.jpg

このあとは城趾北面を見てきます。

20110505_hizen_nagoya_castle-06.jpg

→次に続く。

category: 九州・沖縄地方遠征

tag: 日本100名城  肥前名護屋城 
tb: 0   cm: 0

2011年5月5日 筑肥の城を巡る旅41 肥前名護屋城・その3  

名護屋城本丸へ出てきました。
現状は建物礎石を保護するため一部立ち入りが制限されています。

20110505_hizen_nagoya_castle-40.jpg

本丸中程にある石碑。

20110505_hizen_nagoya_castle-03.jpg

本丸北面にある石碑。

20110505_hizen_nagoya_castle-41.jpg

天守台跡。

20110505_hizen_nagoya_castle-68.jpg

ここには立派な天守台と五層の天守が立っていましたが、廃城後に破却されるなどして現状は写真の通り,
礎石と石垣が僅かに残されているだけという状態です。

20110505_hizen_nagoya_castle-04.jpg

天守台跡からの眺め。
正面の小半島の先が波戸岬、右手の島が加部島と対岸を結ぶ呼子大橋。

20110505_hizen_nagoya_castle-42.jpg

眼下に見えるのは遊撃丸。

20110505_hizen_nagoya_castle-43.jpg

こちらは二の丸跡。
遊撃丸の南隣に位置しています。

20110505_hizen_nagoya_castle-44.jpg

本丸多聞櫓跡。
内側の敷石が旧多聞櫓、外側の敷石が新多聞櫓の跡。

20110505_hizen_nagoya_castle-45.jpg

本丸南西隅櫓跡。
こちらも新旧櫓の礎石が示されています。

20110505_hizen_nagoya_castle-46.jpg
20110505_hizen_nagoya_castle-47.jpg

南西隅櫓跡から見る弾正丸跡。

20110505_hizen_nagoya_castle-48.jpg

本丸新石垣櫓台跡。

20110505_hizen_nagoya_castle-49.jpg

本丸旧石垣。
ここにも櫓台らしきものが検出されているそうですが、確定には至ってないそうです。

20110505_hizen_nagoya_castle-50.jpg

本丸南東隅側。
櫓跡かなと思って撮っておいたのですが、後ほど来館した博物館に展示されている模型によると、ここには櫓はなかったようです。

20110505_hizen_nagoya_castle-51.jpg

本丸南東隅側から本丸大手門跡を見る。

20110505_hizen_nagoya_castle-52.jpg

名護屋城の本丸大手門は後に伊達政宗が築城した仙台城の大手門として移築されたそうですが、第二次世界大戦末期の空襲で焼失してしまいました。

20110505_hizen_nagoya_castle-53.jpg

ここを下りるとさっきの三の丸跡へ出てきます。

20110505_hizen_nagoya_castle-33.jpg

三の丸側から本丸大手門を見る。

20110505_hizen_nagoya_castle-54.jpg

このあとは本丸南面に隣接する馬場跡などを見てきます。

→次に続く。

category: 九州・沖縄地方遠征

tag: 日本100名城  肥前名護屋城 
tb: 0   cm: 0

2011年5月5日 筑肥の城を巡る旅40 肥前名護屋城・その2  

東出丸から三の丸に入ります。

20110505_hizen_nagoya_castle-24.jpg

三方向から見た三の丸。
まずは東出丸側から見た三の丸。

20110505_hizen_nagoya_castle-25.jpg

本丸大手櫓石垣付近から見た三の丸。

20110505_hizen_nagoya_castle-39.jpg

本丸大手門から見た三の丸。

20110505_hizen_nagoya_castle-33.jpg

三の丸井戸跡。
名護屋城跡にはこうした井戸跡が複数見られます。

20110505_hizen_nagoya_castle-34.jpg

三の丸南東隅櫓跡。

20110505_hizen_nagoya_castle-36.jpg

新旧櫓台の関係。
豊臣秀吉の命により名護屋城は松浦党家臣の居城であった垣添城の跡地に高石が基を築いた城で、城趾内各所にはこうした新旧の遺構が見られます。

20110505_hizen_nagoya_castle-37.jpg

旧櫓台石垣

20110505_hizen_nagoya_castle-38.jpg

東出丸に戻って今度は三の丸と上山里丸の間にある腰曲輪を見てきます。

20110505_hizen_nagoya_castle-26.jpg

三の丸よりも一段高く本丸よりも低い位置にあるものの正確な名称が分からないので、ここでは仮に腰曲輪と称しておきます。

20110505_hizen_nagoya_castle-27.jpg
20110505_hizen_nagoya_castle-28.jpg

腰曲輪を出ると水手口への道に出てきます。

20110505_hizen_nagoya_castle-29.jpg

本丸石垣北面。
右手に身あるのは水手曲輪。

20110505_hizen_nagoya_castle-30.jpg

水手曲輪の東側から下りると水手口へ出られますが、それは後ほど。
20110505_hizen_nagoya_castle-31.jpg

それでは本丸へ出てきます。

20110505_hizen_nagoya_castle-32.jpg

→次に続く。

category: 九州・沖縄地方遠征

tag: 日本100名城  肥前名護屋城 
tb: 0   cm: 0

2011年5月5日 筑肥の城を巡る旅39 肥前名護屋城・その1  

肥前名護屋城へ向かう前に。

来訪時の大手口バスセンターは建て替えにより、のりばが暫定的に道路上に変更されています。

20110505_katatsu-14.jpg

完成後は元の場所に戻るそうです。
写真はその完成イメージ。

20110505_katatsu-15.jpg
20110505_katatsu-16.jpg

現状は市役所東側とバスセンター向かいのパチンコ屋跡を一部借用した形で設けられた待合所と案内所の前に分散されています。

20110505_katatsu-17.jpg

大手口バスセンターから波戸岬方面行きのバスに乗って名護屋城博物館入口停留所まで移動。
停留所前は道の駅「桃山天下市」があり、名護屋城が豊臣秀吉の大陸進出の拠点である由来から、ここには多くの幟が立っています。

20110505_hizen_nagoya_castle-01.jpg

名護屋城跡交差点を渡って歩道の方を県立名護屋城博物館に向けて歩いて行きます。
写真正面の丘が肥前名護屋城跡がある場所です。

20110505_hizen_nagoya_castle-07.jpg

しばらくすると右手に階段が見えてきますので、そこを登っていく名護屋城大手口と博物館に通じます。

20110505_hizen_nagoya_castle-08.jpg

登った先で見かけるのは大手前井戸跡。
駐車場建設時の発掘調査で検出されたもので、写真はその一部です。

20110505_hizen_nagoya_castle-10.jpg
20110505_hizen_nagoya_castle-11.jpg

井戸跡付近から唐津方面を見る。

20110505_hizen_nagoya_castle-09.jpg

井戸跡からさらに進むと右手に城趾の入口があります(左手を奥に進むと博物館)

20110505_hizen_nagoya_castle-12.jpg

入口を入ると大手口前があり、右手が大手口があります。

20110505_hizen_nagoya_castle-13.jpg

大手前から搦め手側を撮影。

20110505_hizen_nagoya_castle-14.jpg

大手口。

20110505_hizen_nagoya_castle-02.jpg

名護屋城跡の石垣は写真のように三角に崩されていますが、これは廃城後に崩されたもの。

20110505_hizen_nagoya_castle-15.jpg

大手口櫓台。

20110505_hizen_nagoya_castle-16.jpg

大手口櫓台から大手口前を撮影。

20110505_hizen_nagoya_castle-17.jpg

同じく東出丸側。

20110505_hizen_nagoya_castle-18.jpg

大手口から登って行くと東出丸の門跡があります。

20110505_hizen_nagoya_castle-19.jpg

東出丸。
別名「千人枡」とも呼ばれ三の丸の警備を固めるため侍詰所があったそうです。

20110505_hizen_nagoya_castle-20.jpg
20110505_hizen_nagoya_castle-21.jpg

東出丸の櫓門跡から大手口を見る。

20110505_hizen_nagoya_castle-22.jpg

同じく下山里丸跡を見る。

20110505_hizen_nagoya_castle-23.jpg

このあとは三ノ丸跡へ入ります。

→次に続く。

category: 九州・沖縄地方遠征

tag: 日本100名城  肥前名護屋城 
tb: 0   cm: 0

黄金週間日記 2011年5月5日  

2011年5月5日(

後半遠征最終日は肥前国入り。
目的は唐津城と肥前名護屋城への登城。

20110505_karatsu_castle-01.jpg

天神BCから昭和バスの高速バス「からつ号」に乗って唐津城へ。

20110505_showa_bus-01.jpg

ここで乗った7:21発の便が「からつ号」で唯一唐津城入口付近まで乗入れると言うこともあって大手口からひたすら歩くというのは避けられましたが、最後まで乗ってたのは私だけというのは何ともです・・・。

20110505_showa_bus-02.jpg

唐津城は築城400年を経て緩みなどが発生した石垣の解体修復作業が進められていて、二の曲輪の西半分が立入れない状態。

20110505_karatsu_castle-02.jpg
20110505_karatsu_castle-03.jpg
20110505_karatsu_castle-04.jpg
20110505_karatsu_castle-05.jpg
20110505_karatsu_castle-06.jpg

市街地化された二の丸跡などは各所に石垣が残されているほか、一部の櫓が復元されているなどかつて城下町であったことを示すものが見られます。

20110505_karatsu_castle-07.jpg
20110505_karatsu_castle-08.jpg

午後からは唐津大手口BCからバスに乗って肥前名護屋城へ。
唐津市呼子のさらに西側に位置する名護屋城跡は廃城後石垣が破壊されているものの、各曲輪は比較的広範囲に渡り残されています。

20110505_hizen_nagoya_castle-01.jpg
20110505_hizen_nagoya_castle-02.jpg
20110505_hizen_nagoya_castle-03.jpg
20110505_hizen_nagoya_castle-04.jpg
20110505_hizen_nagoya_castle-05.jpg
20110505_hizen_nagoya_castle-06.jpg

唐津へ戻って博多へは筑肥線・市営地下鉄空港線を利用。

20110505_showa_bus-03.jpg

たまたま快速に乗れましたが、103系1500番台となかなか303系に当たりません。

20110505_jrkyushu_ec_103_1500-01.jpg

筑前前原~姪浜で303系とすれ違ったことから、福岡空港まで乗り通して待ち構えると首尾良く捕まえましたが、車内写真は人が多かったため撮れませんでしたので、アイコンショットで我慢・・・。

20110505_jrkyushu_ec_303-01.jpg

ここで現地行動は終了。
夕食を挟んでさくら580号で帰阪しました。

20110505_diner-01.jpg
20110505_hakata-01.jpg
20110505_jrwest_tec_n700-01.jpg

category: 日記

tag: 日本の城郭  肥前唐津城  日本100名城  肥前名護屋城  昭和バス  JR九州  JR西日本 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

サイト更新情報Twitter

DK-KawachiのTwitter

カレンダー

最近の記事

Facebook

フォト蔵

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

OSAKAあかるクラブ

▲ Pagetop