DK-Kawachiの日記と雑学ノート ホーム »萩城
このページの記事一覧

2010年8月14日 日本100系城を巡る中国地方の旅33 萩城・その4  

指月山を下山して萩城三ノ丸跡の旧城下町などを見て回ります。

まずは旧厚狭毛利家萩屋敷長屋へ。
二ノ丸南門とは駐車場となっている旧中堀跡を挟んで三ノ丸側に位置する武家屋敷で、萩市内に現存する武家屋敷としては最大級の建物です。

20100814_hagi_castle-06.jpg
20100814_hagi_castle-54.jpg

この周辺には萩史料館もあります。

20100814_hagi_castle-05.jpg

それでは、伝統的建造物保存地区へ。

20100814_hagi_castle-55.jpg

旧毛利家別邸表門。

20100814_hagi_castle-56.jpg

萩博物館。

20100814_hagi_castle-57.jpg

隅櫓。
この櫓は復元されたものです。

20100814_hagi_castle-58.jpg

萩市郷土博物館の移転改築により建設された萩博物館は大野毛利家の屋敷跡に建てられています。

20100814_hagi_castle-59.jpg
20100814_hagi_castle-07.jpg

表門に当たる長屋門。

20100814_hagi_castle-60.jpg
20100814_hagi_castle-61.jpg

北の総門。

20100814_hagi_castle-62.jpg

三ノ丸東側にある門で、萩城で3つある総門のうち最も北に位置しいることが由来となっています。

20100814_hagi_castle-63.jpg

そろそろ下関へ向かう時間が迫ってきたので東萩駅へ戻ります。

→次に続く。
スポンサーサイト

category: 中国地方遠征

tag: 日本100名城  萩城 
tb: 0   cm: 0

2010年8月14日 日本100系城を巡る中国地方の旅32 萩城・その3  

萩城本丸の背後にある詰丸を目指すべく指月山を登ります。
萩城の背後の日本海に突き出る形になっている指月山は143mの小さな山で、山頂へ通じるこの登山口は昭和40年代に整備されたものだそうで、徒歩で20分ほどかかります。

20100814_hagi_castle-03.jpg

では登山道へ。

20100814_hagi_castle-45.jpg

仰徳神社跡。

20100814_hagi_castle-46.jpg

重建大祖神廊記の碑。

20100814_hagi_castle-47.jpg

登山道はご覧の通り整備されていますが・・・。

20100814_hagi_castle-48.jpg

中にはこのような急な所が・・・。

20100814_hagi_castle-49.jpg

登り始めてから16分で詰丸の虎口に到着。

20100814_hagi_castle-50.jpg

個の虎口は要害門。

20100814_hagi_castle-04.jpg

詰丸の二ノ丸。

20100814_hagi_castle-51.jpg

詰丸の本丸。

20100814_hagi_castle-52.jpg

これで萩城の指月公園エリアは終了。
公園外の長屋などを見てきます。

20100814_hagi_castle-53.jpg

→次に続く。

category: 中国地方遠征

tag: 日本100名城  萩城  指月山 
tb: 0   cm: 0

2010年8月14日 日本100系城を巡る中国地方の旅31 萩城・その2  

萩城本丸を自転車で進んでいきます。
写真の場所は本丸御殿があった場所。

20100814_hagi_castle-25.jpg

城壁跡から本丸門跡付近を望む。

20100814_hagi_castle-26.jpg

本丸跡と指月山。

20100814_hagi_castle-27.jpg

福原家書院。

20100814_hagi_castle-28.jpg

明倫館遺構と万歳橋。

20100814_hagi_castle-29.jpg

満載橋から奥に見えるのは志都岐山神社。

20100814_hagi_castle-30.jpg

城址内にある石碑。

20100814_hagi_castle-31.jpg
20100814_hagi_castle-32.jpg

梨羽家茶室。

20100814_hagi_castle-33.jpg

天守台へ。

20100814_hagi_castle-34.jpg

萩城の天守は天守の隣に櫓が付属する複合型天守と呼ばれるもので、写真の場所は付属の櫓である付櫓があった場所。

20100814_hagi_castle-35.jpg

付櫓から撮影した写真。

20100814_hagi_castle-36.jpg
20100814_hagi_castle-38.jpg
20100814_hagi_castle-39.jpg

天守跡から撮影した写真。

20100814_hagi_castle-40.jpg
20100814_hagi_castle-41.jpg
20100814_hagi_castle-42.jpg

本丸西側。

20100814_hagi_castle-37.jpg

岡崎櫓跡。

20100814_hagi_castle-43.jpg

八間櫓跡。
ここから西側は西指月公園(石彫公園)となっています。

20100814_hagi_castle-44.jpg

次は詰丸があった指月山へ登ります。

→次に続く。

category: 中国地方遠征

tag: 日本100名城  萩城 
tb: 0   cm: 0

2010年8月14日 日本100系城を巡る中国地方の旅30 萩城・その1  

4日目を迎えました。
4日目は萩城と旧城下町を巡り、午後は長門市から「みすゞ潮彩号」で下関へ向かい、下関から広島へ移動する流れとしています。

20100814_higashi_hagi-01.jpg

ホテルをチェックアウトして萩市内を何で巡るかを思案します。
選択肢としては市内循環バスかレンタサイクルの2つですが、バスだと時間的制約もあることから今回はレンタサイクルで。

ホテルを出た脇にレンタサイクル店があったことからここで自転車を借りて萩市内へ飛び出します。
萩は中学自分のころ修学旅行で訪れた場所で、その当時もレンタサイクルで市内各所の観光地を巡っており、あれから20年もの月日が流れた今同じことをしている自分自身がいたりします・・・。

しばらく進むと指月小橋と二ノ丸東門があり、その手前を南へ進み指月橋から西へ進むと二ノ丸南門前で写真の辺りは中堀があった場所で、手前側が武家屋敷などがあった三ノ丸跡です。

20100814_hagi_castle-21.jpg

二ノ丸南門跡を通り正面に橋が見えると萩城本丸が目と鼻の先にあります。
写真の側は本丸門跡。

20100814_hagi_castle-01.jpg

少し脇に逸れて東へ出てみます。

20100814_hagi_castle-23.jpg

出たところは二ノ丸東門跡。

20100814_hagi_castle-09.jpg

三の丸中堀ですが、海水を引き込んでいることから青いのが特徴です。

20100814_hagi_castle-22.jpg

では二ノ丸側に戻って北へ進みます。

20100814_hagi_castle-12.jpg

潮入門跡。

20100814_hagi_castle-13.jpg

おそらく荒川櫓跡。

20100814_hagi_castle-15.jpg
20100814_hagi_castle-24.jpg

海側へ。

20100814_hagi_castle-14.jpg

お寺があった場所。
この奥に北櫓があったそうです。

20100814_hagi_castle-16.jpg

東園側から萩城址本丸へ入ります。
萩城は現在本丸とその背後の詰丸があった指月山を含めた区域が指月公園として整備されています。

20100814_hagi_castle-18.jpg
20100814_hagi_castle-17.jpg

東園。

20100814_hagi_castle-10.jpg

本丸へ。

20100814_hagi_castle-19.jpg

御台所門跡。

20100814_hagi_castle-20.jpg

この後も本丸跡と天守台を巡ります。

→次に続く。

category: 中国地方遠征

tag: 日本100名城  萩城 
tb: 0   cm: 0

中国地方遠征日記 2010年8月14日  

2010年8月14日(

遠征後半を迎えた14日は最終日の予定の絡みで午前中を萩城を中心とした萩市内観光、午後は移動だけという予定としました。

ホテルをチェクアウトして始めは萩城へ向かうのですが、萩城は地図上で言うと市街地の端っこにある突き出た場所に位置し、東萩駅からはやや離れています。
市内循環バスがありますが、一方通行で使いにくそうだったことから、東萩駅近くにあるレンタサイクルを活用しました。

萩を訪れるのは中学時代の修学旅行以来で、実に約20年ぶり。
あの当時もレンタサイクルで萩市内を巡りましたが、似たようなことを35にもなってやってるとは・・・。

萩城は関ヶ原の役で敗れた西軍の総大将だった毛利輝元が整備した城郭で日本海に突き出た指月山の山頂にある詰丸と山麓側にある主郭部が合わさったもので、山城・海城と平山城が合わさった形となっています。

20100814_hagi_castle-01.jpg

廃城後は厚狭毛利家萩屋敷長屋以外の建造物が解体されて石垣のみが残され、現在は指月公園として整備されています。
公園として整備されているのは二ノ丸から内側で、武家屋敷が軒を連ねていた三ノ丸は住宅地などになっていますが、武家屋敷長屋跡が保存地域に指定されているなど城下町のの雰囲気が残されているのが特徴です。

指月公園側にある二ノ丸と本丸は有料の公園として整備され天守台などの石垣や堀はある程度手入れがされていますが、山頂にある詰丸は藪だらけ・・・。

20100814_hagi_castle-03.jpg
20100814_hagi_castle-04.jpg

下山して厚狭毛利家萩屋敷長屋へ。
萩市内に残されている武家屋敷としては最大級だそうで東西に長い造りの屋敷です。

20100814_hagi_castle-06.jpg

萩城以外では萩史料館と萩博物館にも入館しましたが、博物館には櫓と長屋が復元されていました。

20100814_hagi_castle-05.jpg
20100814_hagi_castle-07.jpg

午後からは自転車を返却し東萩から山陰本線を西へ移動。
目的は快速みすゞ潮彩号に乗ること。

20100814_jrwest_dc_47_0-01.jpg

この列車で長門市から下関まで乗車。
下関到着時に車内写真の撮影を手短に済ませました。

20100814_jrwest_dc_47_7000-01.jpg
20100814_jrwest_dc_47_7000-in01.jpg
20100814_jrwest_dc_47_7000-in02.jpg

下関からは山陽本線に乗り換えて東へ移動。

20100814_shimonoseki-01.jpg

広島支社管内では馴染みとなった115系3000番台ですが、1990年代までの車両にありがちな弾力性が高い座席は長時間の乗車には厳しいということが判明。
腰部のホールド性が悪く走行中の揺れに敏感に反応するように跳ねて正しい姿勢での着座状態が保てないのです。

移動中の車内だと年齢性別問わず座面の前の方に浅く腰掛けて尻の全面で体を支える人をかなり見かけますが、あれは日本人特有の悪い座り方で将来確実に腰痛になります。

広島に到着後、黄色一色に塗られた115系に遭遇。
編成写真こそ撮れませんでしたが、今後この色に統一される車両を今回初遭遇ということになりました。

20100814_jrwest_ec_115-01.jpg

この後は夕食を挟んで広島市内のホテルにチェックインして4日目は終了です。

category: 日記

tag: 日本100名城  萩城 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

サイト更新情報Twitter

DK-KawachiのTwitter

カレンダー

最近の記事

Facebook

フォト蔵

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

OSAKAあかるクラブ

▲ Pagetop