FC2ブログ
DK-Kawachiの日記と雑学ノート ホーム »連続立体交差事業
このページの記事一覧

2019年8月11日 近鉄奈良線連続立体交差事業見聞 高架下周りの整備工事  

全面高架へ切替えられてから数年が経過した近鉄奈良線連続立体交差事業ですが、現在も側道や高架下の工事が進められています。

今年に入って若江岩田駅付近の工事が終盤を迎えていました。
まずは南側の側道の整備が完了したことから、これまで設置自体はされていたものの、旧線の撤去で閉鎖された状態だった南出口の使用が開始されました。

20190811_wakae_iwata-01.jpg
20190811_wakae_iwata-02.jpg

高架下の東側は駐輪場が整備されました。

20190811_wakae_iwata-03.jpg

北出口側は車寄せが整備されて他、上屋も整備されました。

20190811_wakae_iwata-07.jpg

正式には若江岩田駅交通広場で、高架工事の進捗により仮駅舎建設に際して一時閉鎖されていました。
当日はまで供用開始前だったため閉鎖された状態ですが、2日後の8月13日から使用が再開されています。

・東大阪市市政だより令和元年8月15日号 16面(テキスト版)
https://www.city.higashiosaka.lg.jp/0000025514.html

20190811_wakae_iwata-04.jpg

これらは主にくるまでの送迎などで使用される車寄せとなりますが、菱江の公共施設への送迎バスの発着場としても使用されることになっており、車寄せの西寄りの1角にそれが充てられています。

20190811_wakae_iwata-05.jpg

路線バスが入るかどうかと言う点について言及すると、八尾枚方線を経路とする近鉄バス萱島線の現行車両が2.3m幅の中型でとしては長尺となる11m級の車両がメインに充てられており、これを取り回すのは無理があると思われることと、すでに八尾枚方線側にバスベイ方式の停留所を整備していることを考えると可能性はないと思われます。

20190811_wakae_iwata-06.jpg

続いて東花園駅。

20190811_higashi_hanazono-01.jpg

こちらも南側側道の整備が順次竣工しています。
先に整備された市道(都市計画道路大阪瓢箪山線)までには届いていませんが、それは工事が着手される予定で説明会実施の段階まで進んでいる「神田町交差点までの道路整備」との兼ね合いがあるため、一部は工事の進捗があるまではそのままと思われます。

20190811_higashi_hanazono-02.jpg

高架下東側は駐輪場が整備され、一部は利用が開始されていました。

20190811_higashi_hanazono-03.jpg
20190811_higashi_hanazono-05.jpg
20190811_higashi_hanazono-06.jpg

側道はさらに東へ伸ばされる模様ですが・・・。
そこへ行けるまでにはもう少し掛かりそうです。

20190811_higashi_hanazono-04.jpg

今回のレポは以上です。
スポンサーサイト



category: 近鉄奈良線高架工事の話題

tag: 近畿日本鉄道  連続立体交差事業 
tb: 0   cm: 0

夏期休暇日記 2019年8月13日  

2019年8月13日(火)

遠征2日目。
この日は今秋から開始されるJR線との相互乗り入れに合わせた改良工事を始め、星川駅付近の立体交差事業など工事が目白押しの相鉄線からスタート。

まずは星川。

20190813_hoshikawa-01.jpg

上下線とも高架へ切替えられましたが、駅施設などは施工中の段階となっていることから改札階への階段は上下ホームとも1ヶ所のままエレベータも暫定の場所のままであるため、完成までにはまだまだ掛かりそうです。

続いて西谷。
こちらは相鉄線と新横浜線との分岐駅として改修工事が進められていますが、現段階では軌道及び信号関連の工事が完了しており、自社の車両を用いた試運転が開始されていました。
(※:連休後からはJR車での試運転が開始されています)

20190813_nishiya-01.jpg

また、可動式ホーム柵の整備も行われる模様でホームへの設置工事がすでに着手されています。

海老名で12000系に遭遇。

20190813_sotetsu_12000-01.jpg

東急への乗り入れ対応仕様である20000系とは異なり、JR埼京線への乗り入れ対応であることから車体幅が広く、先頭車のドアピッチと窓割りが変則的であるのが特徴となっています。

以前、相模大塚での公開イベントでしか撮ったことがなかった車内写真を撮影することが出来ました。
だた、これが出来るのも終端部側だけに改札口がある今の状況だから出来ること、現在進められている改良工事が横浜方にも改札口が出来ると折り返し待ちでの人気の無い状態はなくなることから、完成後は同駅での車内写真撮影は不可能になると思われます。

20190813_sotetsu_12000-in01.jpg

東急東横線へ出向いて日吉へ。

20190813_hiyoshi-01.jpg

こちらは相鉄新横浜線への直通ルートに接続する建設される東急新横浜線との分岐駅として整備工事が進められていますが、今年秋に相鉄との乗り入れが開始となるJR側とは異なり、こちらは東急目黒線やその先の都心側となる東京メトロ南北線・埼玉高速鉄道線・都営三田線側の受け入れ工事や車両調達も絡んで乗り入れ開始時期が数年先となっています。

奥沢へ。

20190813_okusawa-01.jpg

車両留置線を有する同駅も改良工事が着手されており、手ざまな敷地を限度いっぱい活用させる形でホーム延伸や留置線の延長工事を始めとする改良工事が進められています。

20190813_okusawa-02.jpg

湘南モノレールで江ノ島へ。
何気に最新の5000形に乗るのは今回が初めて。

20190813_shonan_monorail_5000-01.jpg

湘南江の島駅はバリアフリー対応の一環として駅ビルの拡張と改修工事が実施されて綺麗に生まれ変わりました。

20190813_shonan_enoshima-01.jpg
20190813_shonan_enoshima-02.jpg
20190813_shonan_enoshima-03.jpg
20190813_shonan_enoshima-04.jpg

押上へ。
こちらも可動式ホーム柵の設置工事が進められていました。

20190813_oshiage-01.jpg

ここでの目的は東急2020系が狙いでしたが、上手く遭遇することが出来ず、数年もすれば置換えが行われる計画がある東京メトロ8000系の車内写真を撮っただけに留まりました。

20190813_tokyo_metro_8000-in01.jpg

渋谷から都06系統で新橋へ。
ヘロヘロ状態の体で混み合う山手線に乗って移動するのを避けたかっただけと言う理由で。

20190813_shinbashi-01.jpg

この日はここで終了。
ホテルへ戻って3日目に備えます。

category: 日記

tag: 連続立体交差事業  駅改良工事  輸送力増強工事  相模鉄道  東京急行電鉄  湘南モノレール  東京メトロ 
tb: 0   cm: 0

夏期休暇日記 2019年8月11日  

2019年8月11日(

8連休となった2019年の夏休み初日は近鉄奈良線の立体交差事業の残り工事である側道整備の進捗状況のほか、バス事業の分社化20周辺を記念して数日前から営業運転に入った近鉄バスの復刻塗装車の撮影と言う流れ。

まずは小阪駅前で近鉄バス稲田営業所の復刻塗装車に遭遇。
同営業所管内では大型バスが入る路線にはその路線でも入る上に近大付属中学・高校のスクールバスにも入るため、これは運次第。

20190811_kintetsu_bus-01.jpg
20190811_kintetsu_bus-02.jpg

若江岩田へ。
ここでは南側側道が整備されたため南出口の供用が今年夏から開始されたことと、北側の車寄せの整備が終盤を迎えていることを確認。

20190811_wakae_iwata-01.jpg
20190811_wakae_iwata-02.jpg
20190811_wakae_iwata-04.jpg

東花園駅でも南側側道の整備が駅前と周辺までが完了し、東側高架下には駐輪場が整備されました。

20190811_higashi_hanazono-01.jpg
20190811_higashi_hanazono-03.jpg
20190811_higashi_hanazono-05.jpg

今秋予定されている東花園へのバスターミナル変更に伴い過去帳入りとなる瓢箪山駅前のバスのりばを撮影。
ここは恩智川水系の支流である御神田川を挟んだ場所にあり、転回場所も狭隘なターミナルであるため保安要員が常駐していることから、代替として整備された東花園駅前への移転を花園ラグビー場が2019年ラグビーワールドカップの会場として使用される期間を終えるのを待って実施されるため、今のうちに撮っておきたいところです。

20190811_hyoutanyama-01.jpg

新石切へ。
ここでは枚岡営業所の復刻塗装車を狙いました。
同営業所の方は基本的に大型車のみで運行されている四條畷線で狙うのが良さそうで。

20190811_kintetsu_bus-03.jpg

バスを乗り継いで河内山本へ。
ここでも係員の人員不足に対応した窓口業務の縮小にともなう定期券・特急券券売機が集中管理システムによる遠隔操作対応の機器が併設されました。
近鉄の公式によると2018年度から導入が進められている「リモートサポート付定期券特急券自動発売機」とされています。

20190811_kawachi_yamamoto-01.jpg

八尾から藤井寺へ。
八尾営業所と松原営業所の復刻塗装が狙いでしたが、藤井寺へ向かう途中ですれ違いました・・・。
北口と南口の両方にバスターミナルがある藤井寺では八尾と松原が南北にそれぞれ路線網があり、基本は大型バスが使用され、特に松原の車両は長尺車が充てられていることが多く、復刻塗装車も府下6営業所で唯一長尺車が導入ています。

八尾から折り返してくる復刻塗装を待っている間に他のバスも撮影。
これまで枚岡営業所を中心に配属されていたいすゞ車が昨年度導入分から、ブルーリボンシティのワンステップ車が多く残っていた八尾営業所にも多く導入されるようになり、ここ藤井寺では今年度導入の5952号車を捉えることができました。

20190811_kintetsu_bus-04.jpg

で、肝心の復刻塗装は松原の方は遭遇出来ず、八尾の方は折返し回送で逃げられてしまいました・・・。

締めは大阪上本町へ。
ここは布施営業所では全便大型車のみで運用されているあべの・上本町シャトルバスを。
大型は加美線でも使用されているが中型車や小型車も入るため、基本大型者のみであるここでの目撃が多いことと、あべのから上本町への移動中にすれ違ったこともあってこの場所で狙うことにしたわけです。

20190811_osaka_uehommachi-01.jpg

15分後にやって来た布施営業所の復刻塗装。
日没後の厳しい状況での撮影でしたが、何とか捉えました。

20190811_kintetsu_bus-05.jpg

この日はここまでです。

category: 日記

tag: 連続立体交差事業  近畿日本鉄道  近鉄バス 
tb: 0   cm: 0

週末日記 2019年6月1日  

2019年6月1日(

6月最初の週末は和歌山市駅へ。
駅前再開発事業の進捗により駅ビルが解体され、JRと南海の改札口分離と跨線橋の改修工事を始めとする駅構内の改修工事がある程度終わった段階の和歌山市駅では、駅前広場の再整備が2019年1月より着手されました。

現状は駅寄りに面する歩道の再整備が先に着手されたため、のりばの一部に変更が生じています。
既に何度か変更が実施されており、一番最近行われたのは4月17日に実施されていますが、今後工事の進捗に伴いのりばの変更が実施されるそうです。

・和歌山バス公式サイトより
http://www.wakayamabus.co.jp/news/wakayamashi_noriba/

駅前広場の現状確認を終えて、再び改札内へ戻って南海の車内写真の撮影へ。
9000系リニューアル車狙いでしたが、当日は姿を現さずリニューアル前の編成と1000系のバリアフリー旅客案内設備更新車と8300系3次車を撮っておきました。

羽衣へ。
ここでは連続立体交差事業に連動した駅前再開発事業によるタワーマンション建設に合わせてJR東羽衣駅との結ぶペデストリアンデッキの整備が進められています。

南海羽衣駅側はもう少し掛かる様子でしたが、JR東羽衣駅側は既に供用が開始されており、改札階から地上へのエレベータが整備されました。

この日はここまでです。

#ただ今、画像無しの暫定板です(画像は後日)

category: 日記

tag: 駅改良工事  南海電気鉄道  連続立体交差事業  JR西日本 
tb: 0   cm: 0

週末日記 2018年10月7日  

2018年10月7日(

この日は最初に東花園駅へ。
手狭な瓢箪山駅前から予定だった近鉄バスのターミナル機能が、先日延期されたことから現状はどうなっているのか確認するために来訪。

20181007_higashi_hanazono-01.jpg

延期になった原因が駅前広場に入ってくる自家用車で路線バス乗り入れ時にどう運用するかで駅前広場の管理者である東大阪市側との調整に手間取っているらしいとのことで乗り入れていない現在の実態を見てきたところ、送迎目的はもちろんなのは言うまでもありませんが、高架下に移転したスーパー「KINSHOU」へ買い物する客が難波側に離れた場所にある駐車場を嫌って手近な駅前広場を駐車場代わりに利用している様子が目立ちました。

20181007_higashi_hanazono-02.jpg
20181007_higashi_hanazono-03.jpg

駐車場の方も確認してきましたが、19台分ある駐車スペースのうち数台だけしか止まっていませんでした。
移転前の店舗屋上の時に比べれば圧倒的に利用されていないことから「あんな不便なところを駐車場に移転すんなボケ!駅前広場利用するから」と言うのが地元のコンセンサスのようです。

【参考】流通ニュースの記事
https://www.ryutsuu.biz/store/j082920.html

駅南側の恩智川は堤防の原状復帰工事が着手されています。
一方高架側の更地は歩道・自転車道として整備される予定です。

20181007_higashi_hanazono-04.jpg

続いて赤川鉄橋へ。
ここへ来たのは淡路側の亀岡街道踏切が廃止されて立体交差化されたのを受けて。

201810017_akagawa-01.jpg

この場所の立体交差化はおおさか東線の第2期工事と都市計画道路淀川北岸線の整備工事の一環として行われたもので、以前工事が施工された段階では前後の道路は未整備でしたが、今回は西側の尼崎市公営企業局水道部の取水場(柴島取水場)の一部敷地を買収して暫定整備させて立体交差化させたもので、交差箇所は2.8mの高さ制限となりますが、淀川北岸線が本整備されるまでの前提措置らしいです。

201810017_akagawa-05.jpg
201810017_akagawa-11.jpg
201810017_akagawa-12.jpg
201810017_akagawa-14.jpg

こちらの詳細は別途報告します。

category: 日記

tag: 近畿日本鉄道  近鉄奈良線  JR西日本  連続立体交差事業  おおさか東線 
tb: 0   cm: 0

週末日記 2018年2月18日  

2018年2月18日(

#ただいま画像のみの暫定版です(本文は後日)

20180218_shimo_shinjo-01.jpg
20180218_shimo_shinjo-02.jpg
20180218_shimo_shinjo-03.jpg
20180218_shimo_shinjo-04.jpg
20180218_hankyu-01.jpg
20180218_hankyu-02.jpg
20180218_osaka_higashi_line-01.jpg
20180218_umeda-01.jpg
20180218_umeda-02.jpg
20180218_shin_imamiya-01.jpg

category: 日記

tag: 阪急電鉄  JR西日本  連続立体交差事業  おおさか東線  南海電気鉄道  なにわ筋線 
tb: 0   cm: 0

2017年10月28日 JR東岸和田駅高架工事レポ  

10月22日に上り線が高架切替が実施され、全面高架化が実現したJR阪和線東岸和田駅へ来訪してきました。

20171028_higashi_kishiwada-01.jpg

ホーム階は下りホーム側から撮影してます。

20171028_higashi_kishiwada-02.jpg

天王寺方には渡り線が用意されています。
高架化以前は当駅から天王寺の区間列車が設定されていましたが、2011年以降から現在に至るまで設定されていないことから、現行ダイヤにおいては非常用として機能させる感じです。

20171028_higashi_kishiwada-03.jpg

上りホームへの上り口。

20171028_higashi_kishiwada-04.jpg

改札内コンコース天王寺側。
トイレはこの場所に設けられています。

20171028_higashi_kishiwada-05.jpg

同じく和歌山方。
改札口はこちらです。

20171028_higashi_kishiwada-06.jpg

改札口周りを改札内側から撮影。
自動改札機は4通路、有人1通路で、ICカード専用は1通路で入場のみ(出場は磁気券兼用)となっています。

20171028_higashi_kishiwada-07.jpg

同じく改札外側から。
有人改札口に隣接する形でみどりの窓口が設けられています。

20171028_higashi_kishiwada-08.jpg

自動券売機は3台。
いずれもICカード対応となっていますが、1台だけ設置されたピンクの券売機については定期券の新規発行及び継続発行が出来ます。

20171028_higashi_kishiwada-09.jpg

改札外コンコース。

20171028_higashi_kishiwada-10.jpg

改札口の向かい側は店舗が入居していますが、今回はその一部だけオープンしています。

20171028_higashi_kishiwada-11.jpg

今回の全面高架化により、これまで東側にしか出られなかったのが、西側にも抜けられるようになりました。

20171028_higashi_kishiwada-12.jpg

ただし、上り本線跡が残っているため、仮通路となっています。

20171028_higashi_kishiwada-13.jpg
20171028_higashi_kishiwada-14.jpg
20171028_higashi_kishiwada-15.jpg

西口。

20171028_higashi_kishiwada-16.jpg

使用停止となった和歌山方の踏切。

20171028_higashi_kishiwada-17.jpg

東口。
こちらは駅前広場が整備されていますが、残り工事はこれからであるため現状は暫定となります。

20171028_higashi_kishiwada-18.jpg

ちなみに駅出入口は岸和田のだんじりをイメージした意匠となっているそうです。

20171028_higashi_kishiwada-19.jpg

今回のレポは以上です。

category: その他の鉄道工事レポ

tag: JR西日本  連続立体交差事業 
tb: 0   cm: 0

三連休日記 2017年10月9日  

2017年10月9日(

遠征最終日はかぼちゃ電車が保存されている月潟へ来訪し、午後は撮影を進め、夕方に新潟空港から飛行機で帰阪すると言う流れです。

長岡のホテルをチェックアウトし、とき481号で新潟へ移動。

20171009_nagaoka-01.jpg

到着した新潟駅では連続立体交差事業により在来線の高架工事が進められていますが、乗換の利便を向上させるため同一ホームでの乗換が出来るように造られています。

20171009_niigata-01.jpg

工事自体は結構進んでおり、2018年度には一部が高架に切り替えられる予定だそうです。

20171009_niigata-02.jpg
20171009_niigata-03.jpg

新潟からBRT万代橋ラインに乗って青山へ。

20171009_aoyama-01.jpg

青山からW80系統味方・月潟線に乗り変えて終点の月潟へ向かいました。

20171009_tsukigata-01.jpg

終点の月潟停留所は月潟図書館の敷地内にあり、降車扱いを終えると一旦図書館入口の脇で待機。
出発の数分前に待合所がある停留所ポストの前に寄せられて乗車扱いを行う方式となっています。

20171009_tsukigata-02.jpg
月潟停留所及び月潟図書館周辺
折返し待機中の様子で、バス停留所と待合所は中央左の図書館から左側手前にあります

旧月潟駅は停留所から東へ歩いた中ノ口川沿いにあります。

20171009_tsukigata-03.jpg
20171009_tsukigata-04.jpg
20171009_tsukigata-06.jpg

この日は年に数回催されるイベントが行われた翌日に来訪だったので人が疎ら。
詳細は日を改めて投稿します。

20171009_tsukigata-05.jpg
20171009_tsukigata-07.jpg
20171009_tsukigata-09.jpg
20171009_niigata_kotsu_moha11-01.jpg
20171009_niigata_kotsu_mowa51-01.jpg
20171009_niigata_kotsu_ki100-01.jpg
20171009_tsukigata-10.jpg

青山へ戻って昼食後はかぼちゃ電車塗装のバスをはじめとする新潟交通の車両撮影。

20171009_niigata_kotsu-01.jpg
20171009_niigata_kotsu-02.jpg
20171009_niigata_kotsu-03.jpg

新潟駅へ戻り、E129系の撮影を目的に越後線へ。

20171009_jreast_ec_e129_0-02.jpg
20171009_jreast_ec_e129_0-01.jpg

内野での折返し時間を使って車内写真の再撮影。

20171009_uchino-01.jpg

結論、撮り直した甲斐がありました。

20171009_jreast_ec_e129_0-in01.jpg
20171009_jreast_ec_e129_0-in02.jpg

再び新潟駅へ戻って、今度は南口での撮影へ。

20171009_niigata-04.jpg

当日は新潟シティマラソンが開催されているため、新潟交通の貸切車を使ったシャトルバスが運行されていた事から、貸切車がゾロゾロと・・・。

20171009_niigata_kotsu-05.jpg
20171009_niigata_kotsu-06.jpg
20171009_niigata_kotsu-07.jpg
20171009_niigata_kotsu-08.jpg
20171009_niigata_kotsu-09.jpg
20171009_niigata_kotsu-10.jpg

万代口へ移動。
本数的にはこちらが多いので・・・。

20171009_niigata_kotsu-12.jpg
20171009_niigata_kotsu-13.jpg
20171009_niigata_kotsu-14.jpg
20171009_niigata_kotsu-15.jpg

16時前まで粘って現地での撮影はここで終了。
新潟駅からリムジンバスに乗って新潟空港へ。

20171009_niigata_kotsu-20.jpg
20171009_niigata_airport-01.jpg

新潟からANA520便に搭乗して伊丹経由で帰阪。

20171009_niigata_airport-02.jpg
20171009_ana_520-01.jpg

伊丹に戻ったらボーディングブリッジでは無く、タラップでエプロンに降ろされそこからバスで到着ロビーに移動というオチが待ってました。

20171009_ana_520-02.jpg

3日間にわたる遠征はここまでです。

category: 日記

tag: JR東日本  連続立体交差事業  新潟交通  全日空 
tb: 0   cm: 0

週末日記 2017年3月25日  

2017年3月25日(

25日は上り線が高架切り替えとなった阪神本線へ。

20170325_koshien-01.jpg

先に甲子園駅を見てきましたが、高校野球開催日であるため後日改めて見ることにしました。

20170325_koshien-06.jpg

鳴尾駅は駅設備としては完成状態で供用が開始されたので、あとは旧線の撤去の改札外周りの工事ぐらいです。

20170325_naruo-01.jpg
20170325_naruo-03.jpg
20170325_naruo-04.jpg
20170325_naruo-12.jpg
20170325_naruo-14.jpg
20170325_naruo-15.jpg
20170325_naruo-20.jpg

そのあとは京阪の撮影。
ここで撮影出来たのは臨時特急中之島行きで使用されていた3000系のみ。

20170325_keihan_3000_2g-in01.jpg

この日はここで切り上げて帰宅しました。

category: 日記

tag: 連続立体交差事業  阪神電気鉄道  駅改良工事  京阪電気鉄道 
tb: 0   cm: 0

三連休日記 2017年3月18日  

2017年3月18日(

年度末の三連休を利用して久し振りに遠征をすることにしました。

20170318_kabe-01.jpg

今回は3月4日のダイヤ改正から路線が延伸(法的には復活ではない)された可部線の乗りつぶしと新駅の見聞を絡めつつ、ここ暫く泊まり掛けをやっておらず、連休中西鉄の最新鋭である9000形の営業運転が開始される福岡をメインに据えることにしました。

初日である18日は早朝に自宅を出発しさくら543号に乗車。

20170318_shin_osaka-01.jpg

広島で下車すると、最初の目的である可部線のあき亀山行きに乗り換え。
227系2両編成口が進出し始めた可部線では土休日を中心に2本つないだ4両の列車が大幅に増えています(ただし半数の列車は113系4両編成が充てられています)

20170318_hiroshima-01.jpg
20170318_jrwest_ec_227_0-01.jpg

延伸区間の新駅の一つである河戸帆待川で下車。

20170318_kodo_homachigawa-01.jpg

1面1線のみというシンプルな構造で自動券売機も改札機も簡易型という・・・。

20170318_kodo_homachigawa-02.jpg
20170318_kodo_homachigawa-06.jpg

河戸帆待川から徒歩であき亀山へ移動。

20170318_aki_kameyama-01.jpg

法的には新線扱いとなる延伸区間は原則として立体交差であることが求められるのですが、交渉の末に特例として踏切が復活しています。

20170318_kabe_line-03.jpg

島式ホームの1面2線であるあき亀山は河戸帆待と同じく無人駅ですが、車両の夜間留置を前提としているため乗務員宿泊施設と電車留置線を2線を有しています。

20170318_aki_kameyama-04.jpg
20170318_aki_kameyama-08.jpg
20170318_aki_kameyama-14.jpg

可部へ。

20170318_kabe-02.jpg

路線延伸に合わせて駅構内の改良および縮小が行われた同駅はあき亀山行き用に単式ホームを1面新設した代わりに頭端式の2線閉鎖させているほか、広島方では更地にする工事が進められています。

20170318_kabe-04.jpg
20170318_kabe-03.jpg
20170318_kabe-09.jpg
20170318_kabe-11.jpg
20170318_kabe-13.jpg

可部線の延伸区間を見た後はのぞみ19号に乗って博多へ移動。

20170318_hakata-01.jpg

博多に到着後は博多口側でバスの撮影。

20170318_nishitetsu_bus-01.jpg

狙いは例の連接バスでありますが、当地での撮影は滅多にないので来る車両は兎に角撮るというスタンスで撮っていきました。

20170318_nishitetsu_bus-02.jpg
20170318_jrkyushu_bus-01.jpg
20170318_nishitetsu_bus-03.jpg
20170318_nishitetsu_bus-04.jpg
20170318_nishitetsu_bus-05.jpg
20170318_nishitetsu_bus-06.jpg
20170318_nishitetsu_bus-07.jpg
20170318_nishitetsu_bus-08.jpg
20170318_nishitetsu_bus-09.jpg
20170318_nishitetsu_bus-10.jpg

15時頃に例の連接バスがやって来ました。

20170318_nishitetsu_bus-11.jpg
20170318_nishitetsu_bus-12.jpg

早速捉えた後、乗り込んで終点の博多港国際ターミナルまで乗車しました。

20170318_nishitetsu_bus-13.jpg

折り返し待ちの間にターミナルの展望デッキに上がりましたが、あまりすることがないので戻ってきました。

20170318_hakata_port-01.jpg

折り返しの連接バスに乗って博多へ戻り、博多から折尾へ向かいました。

20170318_orio-01.jpg

全面立体交差化を目指して工事が進められている折尾では鹿児島本線の上下線が新設の高架へ切り替えられ、白を基調とした高架駅を撮りまくってきました。

20170318_orio-11.jpg
20170318_orio-28.jpg

折尾では819系「DENCHA」を撮影できましたが、車内写真は断念しました。

20170318_jr_kyushu_ec_819_0-01.jpg
20170318_jr_kyushu_ec_819_0-02.jpg
20170318_jr_kyushu_ec_819_0-03.jpg

この日はここで終了とし博多近辺のホテルへ向かいました。

category: 日記

tag: JR西日本  可部線  西鉄バス  連接バス  JR九州  連続立体交差事業 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

サイト更新情報Twitter

DK-KawachiのTwitter

カレンダー

最近の記事

Facebook

フォト蔵

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

OSAKAあかるクラブ

▲ Pagetop