FC2ブログ
DK-Kawachiの日記と雑学ノート ホーム »JR九州
このページの記事一覧

黄金週間日記 2018年4月30日  

2018年4月30日(

遠征最終日は延岡城へ登城がメイン。

ホテルをチェックアウトした後、宮崎駅西口で軽く撮影。

20180430_miyakoh_bus-01.jpg
20180430_miyakoh_bus-02.jpg
20180430_miyakoh_bus-03.jpg
20180430_miyakoh_bus-04.jpg
20180430_miyakoh_bus-05.jpg
20180430_miyakoh_bus-06.jpg
20180430_miyakoh_bus-07.jpg
20180430_miyakoh_bus-08.jpg
20180430_nishitetsu_expway_bus-01.jpg

撮影を済ませてから宮崎空港へ。
理由は鞄をロッカーに預けておくことと、宮崎交通とJR九州が共同で運行している県内高速バス「ひむか号」に乗るため。

20180430_miyazaki_ariport-01.jpg
20180430_miyazaki_ariport-02.jpg

展望デッキで時間を潰した後、ひむか号に乗車。

20180430_ana-01.jpg
20180430_j_air-01.jpg
20180430_solaseedo_air-01.jpg
20180430_miyazaki_ariport-04.jpg

宮崎交通の車両は一般路線・高速路線車に限らず最新から年代物まで幅広く使用されていますが、今回乗車したときの充てられていた比較的新しい三菱ふそうの高速路線車でした。

20180430_miyakoh_bus-09.jpg

「ひむか号」はJR日豊線の特急「ひゅうが」「にちりん」と競合し、運行本数や所要時間ベースでは圧倒的に不利であることから、シェアーとし芳しくはないものの、比較的廉価であることを考えると鉄道線から遠い地域対宮崎・延岡を結ぶという印象を受けます。

20810430_nobeoka-01.jpg

延岡に到着した頃には昼前だったため、昼食を挟んで延岡城へ登城してきました。

20180430_nobeoka_castle-01.jpg
20180430_nobeoka_castle-02.jpg
20180430_nobeoka_castle-03.jpg

現在の市役所の本庁舎の西側に築城されていた延岡城は城址公園として整備されていますが、平山城としては比較的高く聳え立っている印象を与え、それは香川の丸亀城への登城以来の驚きでもありました。

20180430_nobeoka_castle-04.jpg
20180430_nobeoka_castle-05.jpg
20180430_nobeoka_castle-06.jpg
20180430_nobeoka_castle-07.jpg
20180430_nobeoka_castle-08.jpg
20180430_nobeoka_castle-09.jpg
20180430_nobeoka_castle-10.jpg
20180430_nobeoka_castle-11.jpg
20180430_nobeoka_castle-12.jpg

歴史資料館としては内藤記念館がありましたが文化施設再整備事業により2017年閉館され、史料の一部は延岡市役所南別館に移転して展示が継続されているそうですが、来訪当日はお休みでした・・・。

延岡城への登城を済ませた後は真新しくなった延岡駅の様子を見てきました。

20810430_nobeoka-02.jpg

延岡駅は駅前広場整備事業などにより以前の駅舎は改修リニューアルし駅舎の前に複合施設「エンクロス」が建設。

20810430_nobeoka-03.jpg
20810430_nobeoka-07.jpg
20810430_nobeoka-08.jpg
20810430_nobeoka-09.jpg
20810430_nobeoka-16.jpg
20810430_nobeoka-17.jpg
20810430_nobeoka-18.jpg
20810430_nobeoka-19.jpg

駅に隣接していた延岡バスセンターは閉鎖し窓口などは移転、今後はバスセンターの建物を解体後、その跡地にバスのりばの整備が行われるとのことでした。

20810430_nobeoka-06.jpg
20810430_nobeoka-05.jpg
20810430_nobeoka-10.jpg
20810430_nobeoka-20.jpg
20810430_nobeoka-11.jpg
20810430_nobeoka-12.jpg
20810430_nobeoka-13.jpg
20810430_nobeoka-14.jpg
20810430_nobeoka-15.jpg

その後はバス車両の撮影。
整備過渡期の駅前広場なので、駅正面のロータリーをぐるりとまわるバスを取れるのは今の間だけです。

20810430_nobeoka-04.jpg
20180430_miyakoh_bus-10.jpg
20180430_miyakoh_bus-11.jpg
20180430_nishitetsu_bus-01.jpg
20180430_miyakoh_bus-12.jpg
20180430_miyakoh_bus-13.jpg
20180430_miyakoh_bus-14.jpg
20180430_kyushu_sanko_bus-01.jpg
20180430_miyakoh_bus-15.jpg
20180430_miyakoh_bus-16.jpg

1時間ほど撮影した後、にちりん15号で宮崎空港へ。
延岡から宮崎の区間は1990年代に高速化事業によって所要時間が短縮されており、それらを遺憾なく発揮されています。

20180430_jrkyushu_ec_787-01.jpg
20180430_miyazaki_ariport-05.jpg

現地での撮影などはここで終了。
宮崎空港からANA512便に搭乗して帰阪しました。

20180430_miyazaki_ariport-06.jpg
20180430_ana-02.jpg
スポンサーサイト



category: 日記

tag: 宮崎交通  日本の城郭  続日本100名城  日向延岡城  JR九州  全日空 
tb: 0   cm: 0

黄金週間日記 2018年4月29日  

2018年4月29日(

遠征2日目は志布志城跡への登城を主軸に予定。
宮崎滞在なら日南線往復という選択肢を思い出しますが、今回はバスもメインに据えているため都城のバス撮影も絡めるため、志布志入りに際しては都城からバスを利用することにしました。

と言うことで早朝の宮崎駅から「きりしま1号」で都城へ。

20180429_miyazaki-01.jpg
20180429_jr_kyushu_ec_783-01.jpg

イメージ的に距離が近いと思ってしまいますが、鰐塚山地を挟んで平野部にある宮崎市と霧島連山を西に控えた盆地である都城市であることから、特急でそこそこの速度もってしても50分弱掛かる距離であることを改めて認識する次第です・・・。


都城に到着後は志布志行きに乗車するまでの2時間をバスを撮影しつつ中心市街地を経由して西都城駅まで歩いてみました。

20180429_miyakonojo-01.jpg

都城市の中心市街地は都城駅では無く、西都城駅に寄った場所にありますが、両駅とも駅前自体はひっそりとしています。
駅名が中心部の位置関係に矛盾がありそうですが、これはよくある話で都城駅が先に開業し、西都城駅は路線網が拡大されるに伴い後年新設されたという歴史的経緯が生んだ産物に過ぎません。

20180429_miyakonojo-11.jpg
20180429_miyakoh_bus-01.jpg
20180429_miyakoh_bus-02.jpg

都城駅も西都城駅もかつては鉄道交通の要衝でもありましたが、西都城駅側は志布志線が廃止されたため鉄道駅としてはかつても面影を残したままガランとしていますが、宮崎交通の都城営業所併設の西都城バスセンターが併設されている他、いわさきグループ系の路線バスも中心市街地を経由して駅前ロータリーに乗り入れているため、今もなお大隅半島各地への交通の要衝として機能を担っています。

20180429_nishi_miyakonojo-01.jpg
20180429_nishi_miyakonojo-02.jpg
20180429_miyakoh_bus-03.jpg

都城からいわさきグループ系の鹿児島交通の路線バスに乗って志布志を目指しますが、都城駅近くに鹿児島交通のターミナル跡があり、現在も都城停留所および折り返し地点として使用されていますが、営業所が郊外へ移転したため建物自体は蛻の殻状態で閉鎖されていました。

20180429_miyakonojo-02.jpg
20180429_miyakonojo-03.jpg
20180429_miyakonojo-04.jpg

都城から1時間20分掛けて志布志に到着。
ところが、終点は以前の国道沿いの志布志停留所では無く、新しく整備されたJR志布志駅前のロータリーが終点・・・。

20180429_kagoshimakotsu_bus-02.jpg

実は志布志市によるバスターミナル整備の一環でそれまで駅周辺の3ヶ所(国道上の志布志停留所、駅南側にある三州タクシー営業所前にあるバスのりば、駅前の道路の路肩にある志布志駅前停留所)に分散されていたバスターミナルを集約させるため駅前ロータリーが整備され、今年4月15日から志布志市へ乗り入れる路線バスは全てここのロータリー内に整備された停留所に乗入れることになりました。

20180429_shibushi-01.jpg
20180429_shibushi-02.jpg
20180429_shibushi-03.jpg
20180429_shibushi-04.jpg

志布志行きと表示されるバス路線は全て志布志駅前行きに変更され、都城から乗ってきた路線も対象となっています。

・【参考】南日本新聞の記事
https://373news.com/_news/?storyid=91896

さて、到着後は志布志城跡を巡るべく市街地を北へ歩いて行ったのですが、当日は「お釈迦祭り」の開催日であったため人混みで一杯に・・・。

20180429_shibushi-05.jpg

誤算はさらに続いて、肝心の志布志城は主郭部の内城以外に松尾城・高城・新城と言った近接する3つを含めた複合体が最終形態で且ついずれも深い堀切があり、内城だけでもアップダウンの激しい堀切と足元が悪い箇所があり、とても宮崎へ戻る列車には喪に合わないことから内城も3分の1を残して下山する結果となり、事実上惨敗となりました。

20180429_shibushi_castle-01.jpg
20180429_shibushi_castle-02.jpg
20180429_shibushi_castle-03.jpg
20180429_shibushi_castle-04.jpg
20180429_shibushi_castle-05.jpg
20180429_shibushi_castle-06.jpg

詰まるところ、丸一日がかりで挑む必要があると言うことになります・・・。

志布志からは日南線に乗って宮崎へ戻ります。

20180429_jr_kyushu_dc_40_8000-01.jpg

途中の油津で乗り換えが生じ、青島からはがっつりと乗ってくるため混雑すると言う目に遭いましたが、近年のインバウンドの結果なのでどうにも・・・。

20180429_aburatsu-01.jpg
20180429_jr_kyushu_dc_47_8000-01.jpg

宮崎へ戻った後、日没までの1時間をバス撮影に費やします。

20180429_miyazaki-02.jpg

当日は宮崎市内でも音楽フェスティバルが開催されていたためルートの変更が生じたようでしたが、様々な年代の車両が撮れて有意義な時間でした。

20180429_miyakoh_bus-04.jpg
20180429_miyakoh_bus-05.jpg
20180429_miyakoh_bus-06.jpg
20180429_miyakoh_bus-07.jpg
20180429_miyakoh_bus-08.jpg
20180429_miyakoh_bus-09.jpg
20180429_miyakoh_bus-10.jpg
20180429_miyakoh_bus-11.jpg
20180429_miyakoh_bus-12.jpg
20180429_nishitetshi_expway_bus-01.jpg

この日はここで終了。
ホテルへ戻って明日の遠征最終日に備えます。

category: 日記

tag: 宮崎交通  鹿児島交通  JR九州  日本の城郭  続日本100名城  志布志城 
tb: 0   cm: 0

三連休日記 2017年3月18日  

2017年3月18日(

年度末の三連休を利用して久し振りに遠征をすることにしました。

20170318_kabe-01.jpg

今回は3月4日のダイヤ改正から路線が延伸(法的には復活ではない)された可部線の乗りつぶしと新駅の見聞を絡めつつ、ここ暫く泊まり掛けをやっておらず、連休中西鉄の最新鋭である9000形の営業運転が開始される福岡をメインに据えることにしました。

初日である18日は早朝に自宅を出発しさくら543号に乗車。

20170318_shin_osaka-01.jpg

広島で下車すると、最初の目的である可部線のあき亀山行きに乗り換え。
227系2両編成口が進出し始めた可部線では土休日を中心に2本つないだ4両の列車が大幅に増えています(ただし半数の列車は113系4両編成が充てられています)

20170318_hiroshima-01.jpg
20170318_jrwest_ec_227_0-01.jpg

延伸区間の新駅の一つである河戸帆待川で下車。

20170318_kodo_homachigawa-01.jpg

1面1線のみというシンプルな構造で自動券売機も改札機も簡易型という・・・。

20170318_kodo_homachigawa-02.jpg
20170318_kodo_homachigawa-06.jpg

河戸帆待川から徒歩であき亀山へ移動。

20170318_aki_kameyama-01.jpg

法的には新線扱いとなる延伸区間は原則として立体交差であることが求められるのですが、交渉の末に特例として踏切が復活しています。

20170318_kabe_line-03.jpg

島式ホームの1面2線であるあき亀山は河戸帆待と同じく無人駅ですが、車両の夜間留置を前提としているため乗務員宿泊施設と電車留置線を2線を有しています。

20170318_aki_kameyama-04.jpg
20170318_aki_kameyama-08.jpg
20170318_aki_kameyama-14.jpg

可部へ。

20170318_kabe-02.jpg

路線延伸に合わせて駅構内の改良および縮小が行われた同駅はあき亀山行き用に単式ホームを1面新設した代わりに頭端式の2線閉鎖させているほか、広島方では更地にする工事が進められています。

20170318_kabe-04.jpg
20170318_kabe-03.jpg
20170318_kabe-09.jpg
20170318_kabe-11.jpg
20170318_kabe-13.jpg

可部線の延伸区間を見た後はのぞみ19号に乗って博多へ移動。

20170318_hakata-01.jpg

博多に到着後は博多口側でバスの撮影。

20170318_nishitetsu_bus-01.jpg

狙いは例の連接バスでありますが、当地での撮影は滅多にないので来る車両は兎に角撮るというスタンスで撮っていきました。

20170318_nishitetsu_bus-02.jpg
20170318_jrkyushu_bus-01.jpg
20170318_nishitetsu_bus-03.jpg
20170318_nishitetsu_bus-04.jpg
20170318_nishitetsu_bus-05.jpg
20170318_nishitetsu_bus-06.jpg
20170318_nishitetsu_bus-07.jpg
20170318_nishitetsu_bus-08.jpg
20170318_nishitetsu_bus-09.jpg
20170318_nishitetsu_bus-10.jpg

15時頃に例の連接バスがやって来ました。

20170318_nishitetsu_bus-11.jpg
20170318_nishitetsu_bus-12.jpg

早速捉えた後、乗り込んで終点の博多港国際ターミナルまで乗車しました。

20170318_nishitetsu_bus-13.jpg

折り返し待ちの間にターミナルの展望デッキに上がりましたが、あまりすることがないので戻ってきました。

20170318_hakata_port-01.jpg

折り返しの連接バスに乗って博多へ戻り、博多から折尾へ向かいました。

20170318_orio-01.jpg

全面立体交差化を目指して工事が進められている折尾では鹿児島本線の上下線が新設の高架へ切り替えられ、白を基調とした高架駅を撮りまくってきました。

20170318_orio-11.jpg
20170318_orio-28.jpg

折尾では819系「DENCHA」を撮影できましたが、車内写真は断念しました。

20170318_jr_kyushu_ec_819_0-01.jpg
20170318_jr_kyushu_ec_819_0-02.jpg
20170318_jr_kyushu_ec_819_0-03.jpg

この日はここで終了とし博多近辺のホテルへ向かいました。

category: 日記

tag: JR西日本  可部線  西鉄バス  連接バス  JR九州  連続立体交差事業 
tb: 0   cm: 0

週末日記 2016年10月23日  

2016年10月23日(

23日は福岡市営地下鉄のイベントへ行くことにしていたのですが、その前に御堂筋線の31604編成を捉えるべく夜も明けないうちから中百舌鳥へ出向きました。

公式サイト公開されている22日と23日の運用によると、例の編成の1本目は6時台の中百舌鳥発であることから中百舌鳥の検車場か新金岡の留置線から出庫してくる模様。

そこで該当列車が入線する前に撮影。
初っ端から21系のリフレッシュ車に遭遇したのですが、これがリフレッシュ工事の方針が転換されて以降に施工された編成で一部趣味者の間で「サラミみたいだ」と言われている床面が赤系の柄に張り直されたもの。

20161023_osaka_city_subway_21n-in11.jpg

3本目でようやく31604編成が入線。
じっくりと撮ることが出来、人が殆どいない早朝を狙って正解でした。

20161023_osaka_city_subway_31000-in01.jpg

そのまま、千里中央まで乗車。

20161023_osaka_city_subway_31000-01.jpg

こちらも折返しが2本並びになるタイミングだったので、もう一度撮影。

20161023_osaka_city_subway_31000-in11.jpg

3編成までとの違いは中間車の座席の配置で、これまでは3-5-5-5-3または3-5-5-5-車椅子スペースだったのが、車椅子スペースの位置変更と座席の仕様変更等の理由で3-5-6-5-3または3-5-6-3+車椅子スペース-3に変更となり一部ドア間の座席が車椅子スペースと隣接する事から5人掛から3人掛になっている点と車端部に車椅子スペースの設定がなくなったことで全て3人掛座席が配置されている点でしょう。

#2016.11.7追記 後日確認で先頭車は3-5-5-5(東側)と5-5-3+車椅子スペース-3(中百舌鳥方西側)または3-車椅子スペース+3-5-5(千里中央方西側)の配置となっています。

20161023_osaka_city_subway_31000-in03.jpg
20161023_osaka_city_subway_31000-in04.jpg
20161023_osaka_city_subway_31000-in02.jpg

これらは11月頃を目処にサイトに反映させる予定です。

31604編成を撮影する目的を達したので、福岡市営地下鉄のイベント会場である姪浜へ向かいます。
博多まではのぞみ97号で。

20161023_shin_osaka-01.jpg

久しぶりの九州です。

20161023_hakata-01.jpg

博多から福岡市営地下鉄に乗り換え。
博多駅の発車標がフルカラーに更新され、駅ナンバーも表示されています。
(JRQは駅ナンバーが設定されていないため行先のみ)

20161023_hakata-02.jpg

福岡市営地下鉄空港線系統の車両基地は姪浜ですが、工場の西口から最も近いのは筑肥線下山門駅なので姪浜を過ぎて一駅先にあるこの駅で下車します。

20161023_shimoyamato-01.jpg

通常は使われないと思われる西口か会場入り。

20161023_fukuoka_subway_event-01.jpg

路線規模そのものは東京や大阪とは違い決して大きいわけではないので車両基地そのものの規模もそれになりと言ったところです。

20161023_fukuoka_subway_event-02.jpg
20161023_fukuoka_subway_event-03.jpg

車両基地を出て筑前前原へ。
昼食を挟んでから少しの間だけ撮影。

103系1500番台。
305系に投入で地下鉄乗り入れの運用としては撤退していますが、筑前前原から西唐津のワンマン運転用3連口は今も残っています。

20161023_jr_kyushu_ec_103_1500-01.jpg
20161023_jr_kyushu_ec_103_1500-02.jpg

その103系1500番台を地下鉄乗り入れから駆逐した305系。

20161023_jr_kyushu_ec_305-01.jpg
20161023_jr_kyushu_ec_305-02.jpg

本当は車内写真も撮りたかったのですが、帰阪の時間が迫ってきたので博多へ戻りました。
ここで別の編成をアイコンショットで撮影。

20161023_jr_kyushu_ec_305-03.jpg

博多からはまもなく消滅する700系0番台を使用したのぞみ182号に乗って帰阪しました。

20161023_hakata-03.jpg
20161016_jrcentral_tec_700_0-01.jpg

category: 日記

tag: 大阪市交通局  大阪市営地下鉄  御堂筋線  福岡市交通局  福岡市営地下鉄  JR西日本  JR九州 
tb: 0   cm: 0

2013年1月6日 福岡都市圏を巡る鉄道撮影の旅17 荒尾での撮影  

再び荒尾へやって来ました。

20130106_arao-01.jpg

まずは813系200番台。

20130106_jrkyushu_ec_813_200-in01.jpg

妻面側。

20130106_jrkyushu_ec_813_200-in03.jpg
20130106_jrkyushu_ec_813_200-in02.jpg

ドア周り。

20130106_jrkyushu_ec_813_200-in04.jpg

ドア窓の押さえが編成によって異なる。

20130106_jrkyushu_ec_813_200-in05.jpg
20130106_jrkyushu_ec_813_200-in06.jpg

ようやく捉えた813系0番台。
竣工当初は2両編成でしたが、後に中間車を挿入して3両編成化されています。

20130106_jrkyushu_ec_813_0-in01.jpg

3両編成化に際して挿入された400番台。
こちらは同時期に導入されていた300番台と仕様が合わせられている。

20130106_jrkyushu_ec_813_400-in01.jpg

妻面側。

20130106_jrkyushu_ec_813_0-in02.jpg

400番台には車椅子スペースが設けられている。

20130106_jrkyushu_ec_813_400-in02.jpg

天井周り。
3両編成化に合わせて0番台には補助送風機が追加されている。

20130106_jrkyushu_ec_813_0-in03.jpg
20130106_jrkyushu_ec_813_400-in03.jpg

ドア周り。
0番台では811系0番台と同じくドア間は転換可能となっているため立席スペースが狭い。

20130106_jrkyushu_ec_813_0-in04.jpg

400番台はドア付近は固定。

20130106_jrkyushu_ec_813_400-in04.jpg

運転席。

20130106_jrkyushu_ec_813_0-cab01.jpg

側面。
0番台は車外スピーカーが追設されている。

20130106_jrkyushu_ec_813_0-01.jpg

400番台は竣工当初から車外スピーカーが設置されています。
また、窓がはUVカットガラスとなっているため、カーテンが省略されています。

20130106_jrkyushu_ec_813_400-01.jpg

博多へは811系0番台。

20130106_jrkyushu_ec_811_0-01.jpg

配色自体は100番台と同じ。

20130106_jrkyushu_ec_811_0-in01.jpg

ドア間の座席が全列転換可能としているため立席スペースが狭くなっています。

20130106_jrkyushu_ec_811_0-in02.jpg

乗務員室後方。
右側に置かれているのは運転状況記録装置。

20130106_jrkyushu_ec_811_0-in03.jpg

博多に到着するとお土産の購入と鞄の回収を済ませてのぞみ64号へ乗り込みます。

20130106_hakata-01.jpg
20130106_nozomi64-01.jpg

N700系ですが、ここではJR西日本の編成である3000番台。

20130106_jrwest_tec_n700_3000-01.jpg

東京行き最終であるため、21:18に新大阪に到着。

20130106_shin_osaka-01.jpg

2013年最初の遠征はここまでとします。

#「2013年1月4日~1月6日 福岡都市圏を巡る鉄道撮影の旅」おわり

category: 九州・沖縄地方遠征

tag: JR九州  JR西日本 
tb: 0   cm: 0

2013年1月5日 福岡都市圏を巡る鉄道撮影の旅14  

小倉へ移動。
大牟田から小倉へ移動で乗車したのが817系3000番台であったため、小倉で下車したときに編成写真を撮っておきました。

20130105_jrkyushu_ec_817_3000-02.jpg

小倉からは日豊本線へ。
ここで乗車したのは813系1100番台。

20130105_jrkyushu_ec_813_1100-01.jpg

813系の最新グループで行先表示が大型化されているのが特徴です。

20130105_jrkyushu_ec_813_1100-02.jpg

813系1100番台の車内。

20130105_jrkyushu_ec_813_1100-in01.jpg

車端部。

20130105_jrkyushu_ec_813_1100-in02.jpg
20130105_jrkyushu_ec_813_1100-in03.jpg

ドア周り。

20130105_jrkyushu_ec_813_1100-in04.jpg

ドア付近の吊革の配置が円形となっている。
これは817系でも見られる特徴で、813系ではこのグループから採用されている。
また、JR九州の近郊形電車では811系以来となる補助送風機が取り付けられています。

20130105_jrkyushu_ec_813_1100-in05.jpg

車椅子スペースと大型トイレ。
トイレは洋式。

20130105_jrkyushu_ec_813_1100-in06.jpg

運転室後方。
ATS-DKの整備対応のため仕切が後位側へ後退しているため、乗務員室への扉が前位側へ凹んだ形となっています。

20130105_jrkyushu_ec_813_1100-in07.jpg

行橋へ。

20130105_yukuhashi-01.jpg

ここでは415系の編成写真を撮影。

20130105_jrkyushu_ec_415_0-01.jpg

博多へ戻ります。

→次に続く。

category: 九州・沖縄地方遠征

tag: JR九州 
tb: 0   cm: 0

2013年1月5日 福岡都市圏を巡る鉄道撮影の旅12 再び吉塚での撮影  

遠征2日目は吉塚での撮影からスタートです。
初日は夜間での撮影でしたが、2日目は午前中での撮影をしました。

まずは817系3000番台。
前日は夜間での撮影だったため、明るいうちに撮影。
朝は2本繋いで6両編成での運行だったようです。

20130105_jrkyushu_ec_817_3000-01.jpg

415系1500番台。

20130105_jrkyushu_ec_415_1500-01.jpg

817系1100番台。

20130105_jrkyushu_ec_817_1000-03.jpg

813系200番台。

20130105_jrkyushu_ec_813_200-01.jpg

817系1000番台。
1100番台以降と異なるのは行先表示が基本番台と同じく標準サイズであること。

20130105_jrkyushu_ec_817_1000-01.jpg

811系100番台。

20130105_jrkyushu_ec_811_100-01.jpg

817系1000番台。

20130105_jrkyushu_ec_817_1000-02.jpg

415系100番台。
導入当初はセミクロスでしたが、大分在籍車を除いてロングシートに改造されています。
こちらの車内写真は以前撮影済みとなっています。

20130105_jrkyushu_ec_415_100-01.jpg

813系500番台。
遠征初日に車内写真を撮ったものですが、編成写真としてはあまり撮っていないグループだったりします。

20130105_jrkyushu_ec_813_500-01.jpg

813系200番台。

20130105_jrkyushu_ec_813_200-02.jpg

1時間ほど滞在して吉塚での撮影はここで終りです。

→次に続く。

category: 九州・沖縄地方遠征

tag: JR九州 
tb: 0   cm: 0

2013年1月4日 福岡都市圏を巡る鉄道撮影の旅11 吉塚でもう少し粘って撮影・・・。  

817系3000番台と捉えるとそのまま吉塚まで移動します。
博多ではなく一つ手前の吉塚なのは、折り返してきたところを捉えるためです。

20130104_yoshizuka-01.jpg

待っている間に鹿児島本線上り列車を撮影。
こちらは813系0番台。

20130104_jrkyushu_ec_813_0-01.jpg

狙い目の817系3000番台が折り返してきました。

20130104_jrkyushu_ec_817_3000-01.jpg

そして福北ゆたか線特急「かいおう」がやってくると言うことで待っていると、やってきたのは787系ではなく783系でした。

20130104_jrkyushu_ec_783-01.jpg

遠征初日の活動はこれで終り。
夕食を挟んでホテルへ戻って2日目を迎えます。

→次に続く。

category: 九州・沖縄地方遠征

tag: JR九州 
tb: 0   cm: 0

2013年1月4日 福岡都市圏を巡る鉄道撮影の旅10 夜の福北ゆたか線での撮影  

再び鉄道撮影へ戻ります。

20130104_jrkyushu_ec_885-01.jpg

小倉から折尾へ移動。

20130104_orio-01.jpg

折尾駅周辺の総合開発事業に一環として筑豊本線の高架化とルート変更という大規模な改良工事が進められています。

20130104_orio-02.jpg
20130104_orio-03.jpg

解体される旧駅舎。

20130104_orio-04.jpg

福北ゆたか線に乗り直方へ戻ってきました。
ここでは折返し待ちの817系の撮影ですが、待っている間はとても寒いです・・・。

まずは817系1100番台。

20130104_jrkyushu_ec_817_1100-01.jpg

九州の各都市圏に配置されている817系や815系には地区別にロゴマークが用意されています。
福北ゆたか線で使用される直方車両センターの817系はイエロー地のものですが、福北ゆたか線専用のもの。

20130104_jrkyushu_ec_817_1100-02.jpg

車内。
基本番台と同じ転換クロスシートが配されています。

20130104_jrkyushu_ec_817_1100-in01.jpg

ユニット工法で設置された洋式便所。

20130104_jrkyushu_ec_817_1100-in02.jpg

運転室後方。

20130104_jrkyushu_ec_817_1100-in03.jpg

最新グループである817系2000番台・3000番台。
鹿児島地区の旧国鉄形車両を置換えるための車両を捻出させるために投入されたグループで、815系と同じくロングシートでしたことから識別のために白の塗装がなされています。
このロングシートグループには2連口と3連口があり、2000番台が2連口、3000番台が3連口となっています。

20130104_jrkyushu_ec_817_2000-01.jpg

ロゴは2連口と3連口で異なり、写真のものは3連口の3000番台のもので南福岡電車区に在籍しており、福北ゆたか線以外に813系と併結して鹿児島本線の快速などにも使用され、ロゴは他地区と同じCTロゴで配色はオレンジとなっています。
ちなみに2連口は直方車両センター在籍で、ロゴは同センター在籍の基本番台・1000番台と同じ。

20130104_jrkyushu_ec_817_3000-02.jpg

木製のベースとしたセパレート式のロングシートが並ぶ車内。

20130104_jrkyushu_ec_817_3000-in01.jpg

車椅子対応となった洋式便所。
2000年代初頭から採用されている事業者が多い中、JR九州はこの手も部分が遅れています。

20130104_jrkyushu_ec_817_3000-in02.jpg

運転室後方。
今回のロングシートグループから貫通路と車掌台側にも仕切が設けられています。

20130104_jrkyushu_ec_817_3000-in03.jpg

ホテルへ戻る前にもう少し撮影を続けます。

→次に続く。

category: 九州・沖縄地方遠征

tag: JR九州 
tb: 0   cm: 0

2013年1月4日 福岡都市圏を巡る鉄道撮影の旅4 直方駅の自由通路見聞と西鉄の特急バス乗車  

直方へ移動しました。
直方駅では設置工事が進められていた自由通路が完成し、通路自体は供用が開始されています。

20130104_nogata-01.jpg
20130104_nogata-03.jpg

通路自体は駅構内に隣接している直方車両センターも跨ぎます。

20130104_nogata-04.jpg
20130104_nogata-05.jpg

駅舎側を撮影。

20130104_nogata-02.jpg

直方から小倉へ移動。
ここでは西鉄バス筑豊の特急バスを利用します。

20130104_nishitetsu_bus-01.jpg

直方から乗った特急バスは直方駅前にある直方バスセンターを出発し、遠賀川を渡って直方の市街地を国道200号線で北上した後、馬場山ICから北九州高速道路4号線に入ります。
北九州市に入り紫川ICで一般道へ降りて東へ進んだ後、片野付近から北九州モノレールに沿って北上して小倉駅の小倉城口に到着します。

20130104_kokura-01.jpg

直方から小倉まで乗った西鉄バス筑豊の車両。

20130104_nishitetsu_bus-02.jpg

この後は小倉城へ向かいます。

→次に続く。

category: 九州・沖縄地方遠征

tag: JR九州  西鉄バス筑豊 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

サイト更新情報Twitter

DK-KawachiのTwitter

カレンダー

最近の記事

Facebook

フォト蔵

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

OSAKAあかるクラブ

▲ Pagetop