FC2ブログ
DK-Kawachiの日記と雑学ノート ホーム »JR北海道
このページの記事一覧

黄金週間日記 2018年5月5日  

2018年5月5日(

遠征3日目は江差・上ノ国の史跡などを巡ってきました。
朝7時前に函館駅前バスターミナルを出発する函館バス函館・江差線に乗り込んで江差の市街地を目指します。

20180505_hakodate-01.jpg
20180505_hakodate-02.jpg

この路線は国道227号線を江差を目指して西へ突き進むという淡泊な路線ですが、長距離需要と地域輸送を併せ持っている故に中古のハイデッカーバスか大型の一般路線車が充てられています。

20180505_hakodate_bus-01.jpg

姥神町フェリー前で下車。

20180505_esashi-01.jpg

ここから江差観光の手始めとして開陽丸へ来訪します。

20180505_esashi-02.jpg
20180505_esashi-03.jpg

現在、江差港にある開陽丸は現存のものではなくオランダに残されていた設計図を基に1990年に復元されたもので、船内にはこれまで沈没した海域から発掘・引き上げられた異物が脱塩処理された状態で展示されています。

20180505_esashi-04.jpg

続いて旧中村家住宅へ。
江差の豪商の一つで、4棟の建物が海に向かってひな壇の如く建てられているようすが手に取るように分かるほか、最下段は当時の海岸に接していた経緯から船からの荷物を陸揚げするための場所を兼ねていたとのことです。

20180505_esashi-06.jpg

丘陵地の途中にある旧檜山爾志郡役所へ。
旧檜山爾志郡役所は江差町郷土資料館として使用されていますが、すぐ隣には留置場もあります。
これは、当時の群役場は警察も入っていたことに関係しており、役場内には取調室があり当時の様子が再現されています。

20180505_esashi-08.jpg

旧関川家別荘へ。
こちらも江差の豪商の一つで海側に合った商家は現存しておらず、この別荘だけ一部残っているとのことでした。
内部は関川家で使用されていた調度品などが保存・展示されています。

20180505_esashi-09.jpg

横山家へ。
こちらは北海道指定の有形民俗文化財となっており、建物は旧中村家住宅と近い造りとなっています。

20180505_esashi-12.jpg

江差での最後は旧江差駅跡。

20180505_esashi-13.jpg

駅前広場自体は残されていましたが、駅舎をはじめホームや線路の綺麗さっぱり撤去され更地となっていました。

20180505_esashi-14.jpg

駅前広場にはバス待合所も兼ねた記念館が用意され江差駅に関するものが展示されていました。

20180505_esashi-15.jpg
20180505_esashi-16.jpg

江差ターミナルへ。
函館バス江差営業所に併設されているバスターミナルは江差の市街地の外れに位置するため、どちらかと言うと乗り継ぎの拠点という位置づけになっているようです。

20180505_esashi-17.jpg

江差線の廃止代替バスに乗り換えて大留へ。

20180505_kaminokuni-01.jpg
20180505_kaminokuni-02.jpg

ここは旧上ノ国駅跡があり、駅舎は地元の商工会議所として使用されていました。

20180505_kaminokuni-03.jpg
20180505_kaminokuni-04.jpg

大留停留所の近くにある上ノ国駅前停留所へ移動。

20180505_kaminokuni-05.jpg

本来この停留所が函館バスの停留所で大留の停留所は代替バスの上ノ国駅という扱いのようで、乗換検索でも乗り換え停留所として扱われておらず、一つ江差寄りの北村停留所が乗り換え停留所となっているようです。

20180505_kaminokuni-06.jpg

上ノ国駅前停留所から原口漁港行きに乗って上ノ国停留所へ。
なんか奇妙な感じですが、駅前停留所の所在地が上ノ国町の大留、上ノ国停留所が上ノ国町の上ノ国が所在地となっているためであるからです。

20180505_kaminokuni-07.jpg
20180505_kaminokuni-08.jpg

ここから勝山館跡を目指すべく大手道の山道を登っていきます。

20180505_katsuyamayadate-01.jpg

標高自体はそれほど高くなく比較的整備されていることもあって、館跡へは難なく辿り付きました。

20180505_katsuyamayadate-02.jpg
20180505_katsuyamayadate-03.jpg

勝山館は15世紀頃に築城された山城で、日本海を見渡せる場所に建設された館は17世紀頃までその機能を果たしていたそうです。

20180505_katsuyamayadate-04.jpg
20180505_katsuyamayadate-05.jpg

丘陵地の上にあるガイダンス施設では勝山館跡に関する映像や発掘時に検出された遺構の一部が展示されていました。

20180505_katsuyamayadate-07.jpg
20180505_katsuyamayadate-06.jpg

ガイダンス施設の近くにある夷王山山頂へ。

20180505_katsuyamayadate-08.jpg
20180505_katsuyamayadate-09.jpg

ここからの眺めも良いですが、館を建設するには適正では無かったようです。

20180505_katsuyamayadate-10.jpg

麓へ降りて花沢館跡と須崎館跡へも来訪。
どちらも史跡があったことを示す看板があるものの、整備状態は今一つで雑草に覆われて居る状態・・・。

20180505_hanazawadate-01.jpg
20180505_hanazawadate-02.jpg
20180505_hanazawadate-03.jpg
20180505_suzakidate-01.jpg
20180505_suzakidate-02.jpg

大留へ戻って、江差線廃止代替バスの木古内行きに乗って木古内へ抜けました。
基本的に江差線に沿って進む形で北海道道道5号線を走行するルートが採られています。

20180505_hakodate_bus-02.jpg
20180505_kikonai-01.jpg
20180505_kikonai-02.jpg
20180505_kikonai-03.jpg

木古内では北海道新幹線の駅の方を中心に撮影。

20180505_kikonai-04.jpg

新幹線の駅の中でもコストミニマムに造られている点では北陸新幹線の糸魚川駅にも見られましたが、こちらは寒冷地ならではの設備でホーム階の階段・エスカレータ・エレベータの前には自動ドアによって仕切られています。

20180505_kikonai-05.jpg
20180505_kikonai-06.jpg
20180505_kikonai-07.jpg

木古内での撮影を終えて道南いさりび鉄道に初乗車。

20180505_kikonai-08.jpg

在来線特急が無くなって貨物列車とローカル列車だけとなったため木古内駅の旧在来線のホームが見事に島式1面だけとなり、これまであった本線側のホームは綺麗サッパリと撤去されました。

20180505_kikonai-09.jpg
20180505_kikonai-10.jpg
20180505_kikonai-11.jpg

この日はこれで終了。
ホテルへ戻って遠征最終日の4日目に備えました。

20180505_donan_isaribi_dc_40_1700-01.jpg
20180505_donan_isaribi_dc_40_1700-02.jpg
20180505_donan_isaribi_dc_40_1700-in01.jpg
スポンサーサイト



category: 日記

tag: 続日本100名城  道南十二館  函館バス  JR北海道  道南いさりび鉄道 
tb: 0   cm: 0

黄金週間日記 2018年5月4日  

2018年5月4日(

遠征2日目となる5月4日は北海度新幹線へ初乗車となります。
7過ぎにホテルをチェックアウトして青森駅でバス撮影をして時間つぶし。

時間帯的に夜行バスの到着時間と重なって、そこそこの成果を得ます。

20180504_jr_bus_tohoku-01.jpg
20180504_konan_bus-01.jpg
20180504_konan_bus-02.jpg

新青森からはやぶさ号に乗って青函トンエルを抜けて新函館北斗へ向きます。

20180504_shin_aomori-01.jpg

現行路線の両端に限ると整備新幹線での最高速度である260km/hで走行するのですが、青函トンネル区間では貨物列車と共有しているため、中小国信号所から木古内付近までは在来線時代の最高速度である140km/hに落とされます。

20180504_hayabusa59-01.jpg
20180504_hayabusa59-02.jpg

新函館北斗駅到着後は1時間ほど掛けて撮影を進めました。
新幹線開業前に一度来訪しているのですが、開業後の全面供用開始後は来訪できなかったため、じっくりと撮影してきました。

20180504_shin_hakodate_hokuto-01.jpg
20180504_shin_hakodate_hokuto-02.jpg
20180504_shin_hakodate_hokuto-03.jpg
20180504_shin_hakodate_hokuto-04.jpg
20180504_shin_hakodate_hokuto-05.jpg
20180504_shin_hakodate_hokuto-06.jpg
20180504_shin_hakodate_hokuto-08.jpg
20180504_shin_hakodate_hokuto-09.jpg

新函館北斗駅では駅前広場へ乗り入れる路線バスも撮影。

20180504_shin_hakodate_hokuto-07.jpg

乗り入れている本数こそ少ないながら興味の啜る時間を過ごさせていただきました。

20180504_hakodate_bus-01.jpg
20180504_hakodate_teisan-01.jpg
20180504_hakodate_bus-02.jpg
20180504_hokuto_kotsu-01.jpg
20180504_hokkaido_kanko_bus-01.jpg
20180504_onuma_kotsu-01.jpg

はこだてライナーに乗って函館駅に到着。

20180504_jr_hokkaido_ec_733_1000-01.jpg
20180504_jr_hokkaido_ec_733_1000-in01.jpg
20180504_hakodate-01.jpg

昼食を挟んでから1時間ほどはバスの撮影に注力しました。

メインは函館バスですが、函館空港リムジンバスを運行している函館帝産バス(※:帝産観光バス系列であるの函館タクシーの路線バス事業の呼称)や定期観光バスを運行している北都交通、東京バスグループの北海道バス・北海道観光バスのバスも捉えました。

20180504_hakodate_bus-03.jpg
20180504_hakodate_bus-04.jpg
20180504_hakodate_bus-05.jpg
20180504_hakodate_bus-06.jpg
20180504_hakodate_bus-07.jpg
20180504_hakodate_teisan-02.jpg
20180504_hakodate_teisan-03.jpg
20180504_hokkaido_bus-02.jpg
20180504_hokkaido_kanko_bus-02.jpg

撮影を切り上げて志海苔へ。

20180504_shinori-01.jpg

続日本100名城の一つに認定された志苔館への来訪が目的。

20180504_shinoridate-01.jpg

函館空港の裏手となる南側に位置する志苔館は中世頃に造られた城館跡で道南十二館の一つでもあり、1980年代に発掘調査が実施され、遺構や陶磁器などが発見されているとのこと。

20180504_shinoridate-04.jpg

現状整備されている部分としては小規模となっています。

20180504_shinoridate-02.jpg
20180504_shinoridate-03.jpg
20180504_shinoridate-05.jpg
20180504_shinoridate-06.jpg

志苔館から海沿いの土方・啄木浪漫館へ来訪。

20180504_takuboku_shou_koen-01.jpg
20180504_takuboku_shou_koen-02.jpg

ここは土方歳三・函館記念と石川啄木・函館記念館を併設された展示館で両氏に関する史料が展示・紹介されていましたが、建物自体は小さいため割と凝縮させている感があります。

20180504_takuboku_shou_koen-03.jpg
20180504_takuboku_shou_koen-04.jpg
20180504_takuboku_shou_koen-05.jpg

この日はここで終了。
函館市内のホテルにチェックインして遠征3日目に備えることにしました。

category: 日記

tag: 続日本100名城  JR北海道  弘南バス  JRバス東北  函館バス  北海道観光バス  北海道バス  大沼交通  函館帝産バス  北都交通 
tb: 0   cm: 0

2012年8月14日 北海道の史跡と鉄道を巡る旅31  

遠征最終日は帰阪するだけとなります。

札幌を発つ前に少しだけ撮影タイム。
まずは735系に遭遇。

車内写真は撮れない状況だったので、アイコンショット的に撮影。

20120815_jrhokkaido_ec_735-01.jpg

続いてキハ261系1000番台。
基本番台は「スーパー宗谷」向けでしたが、1000番台は「とかち」向けで、両者の大きな違いは前者がグリーン車が普通車との合造車であるのに対し、後者は全室グリーン車で構成されている点。

20120815_jrhokkaido_dc_261_1000-01.jpg

グリーン車の車内。

20120815_jrhokkaido_dc_261_1000-in01.jpg

撮影はここまでとして予定の列車に乗り込みます。
札幌からはスーパー北斗6号に乗車。

20120815_sapporo-01.jpg

例によってキハ281系。

20120815_jrhokkaido_dc_281-01.jpg

こちらもキハ283系と同じく座席の交換が進められています。
基本的には指定席車を中心に使用されるのですが、運用によっては自由席車にも充てられるようです。

20120815_jrhokkaido_dc_281-in01.jpg

往路同様にグリーン車で。

20120815_super_hokuto9-01.jpg

往路で乗った車両のそうでしたが、実は近年リニューアルされた車両だったりします。

肘掛に装備されているPC用コンセント。
こちらは一人掛用。

20120815_jrhokkaido_dc_281-in02.jpg

あると便利なドリンクホルダー。

20120815_jrhokkaido_dc_281-in03.jpg

移動の車中を過ごしている間、リバイバル塗装の711系に遭遇。
編成写真で撮りたかったな~。

20120815_jrhokkaido_ec_711_100-01.jpg

函館からスーパー白鳥30号に乗換え。

20120815_super_hakucho30-04.jpg
20120815_Super_hakucho30-01.jpg

木古内から中小国信号所付近までの海峡線内は北海道新幹線建設による三線軌条化工事の進捗状況を確認。
木古内側の合流地点は在来線の間に新幹線の高架橋が割り込みという形となっています。

20120815_super_hakucho30-05.jpg

トンネル区間や一部の高架区間はスラブ軌道で、それ自体は三線軌条に対応していることもありレールの敷設などが済めばと言ったところですが、それ以外の区間では枕木の交換が必要となっているようです。

20120815_super_hakucho30-06.jpg
20120815_Super_hakucho30-02.jpg
20120815_super_hakucho30-07.jpg

中小国側の合流地点も工事が進んでいますが、こちらも木古内側と同じ在来線外側・新幹線内側という形。

20120815_Super_hakucho30-03.jpg

ここから青森市街地までは数キロを離れて併走来る形となり、一部区間では在来線からも見ることが出来ます。

20120815_super_hakucho30-08.jpg

遠くに新青森駅が見えてくると右手から奥羽本線合流し、青森車両センターに疎開されている211系を横目に見るとしばらくして青森駅に到着。

20120815_super_hakucho30-09.jpg

青森で列車の接続と方向転換で数分ほど停車。

20120815_aomori-01.jpg

青森を出ると数分ほどで新青森に到着。

20120815_shin_aomori-05.jpg

ここで1本落として新青森駅を見聞してみることにします。

→次に続く。

category: 北海道遠征

tag: JR北海道  JR東日本 
tb: 0   cm: 0

2012年8月14日 北海道の史跡と鉄道を巡る旅30  

根室駅へ戻ってきました。

20120814_nemuro-04.jpg

根室駅は単式ホームの1面1線ですが、機回し線の他に西側に側線を有しています。

20120814_nemuro-05.jpg

実際の最東端は隣の東根室駅ですが、有人駅としてはここ根室駅が最東端となります。

20120814_nemuro-06.jpg
20120814_nemuro-07.jpg

根室からは釧路へ向かいます。

20120814_jrhokkaido_dc_54_500-02.jpg

浜中では例のものに遭遇。

20120814_hamanaka-01.jpg

茶内から丘陵地を越えて別寒辺牛湿原・厚岸湖を眺めつつ厚岸へ。

20120814_nemuro_line-01.jpg
20120814_nemuro_line-02.jpg
20120814_nemuro_line-03.jpg
20120814_akkeshi-01.jpg

根室から2時間ほどで釧路に到着。
人が出払った一瞬を狙って車内写真を撮っておきました。

20120814_jrhokkaido_dc_54_500-in01.jpg

釧路からはスーパーおおぞら14号に乗換。
札幌へはこの列車が最終となります。

20120814_kushiro-02.jpg
20120814_jrhokkaido_dc_283-02.jpg

座席が交換されて背摺が高いタイプのもの。

20120814_jrhokkaido_dc_283-in01.jpg

789系1000番台のuシートを同じく枕部が上下可動式となっています。

20120814_jrhokkaido_dc_283-in02.jpg

背面テーブルは大型のモノが使用されていますが、流石にPC用コンセントは装備されていません。

20120814_jrhokkaido_dc_283-in03.jpg

さて、往路と同じくトンネル区間の減速の影響で15分の遅れを持って札幌に到着。

20120814_sapporo-03.jpg

これで遠征5日目は終了。
もう一泊して6日目は帰阪するだけとなります。

→次に続く。

category: 北海道遠征

tag: JR北海道 
tb: 0   cm: 0

2012年8月14日 北海道の史跡と鉄道を巡る旅28  

遠征5日目を迎えました。

遠征5日目である14日は根室半島シャチ群の一つであるヲンネモトチャシを訪れるため納沙布岬へ出向いて札幌へ戻ると言う日帰りコースとしました。

20120814_sapporo-01.jpg

予定している列車に乗車する前に735系を撮影。
試作車的要素が強いため本数が少ないのが悩みどころです。

20120814_jrhokkaido_ec_735-01.jpg

出発は7時過ぎのスーパーおおぞら1号。

20120814_sapporo-02.jpg
20120814_jrhokkaido_dc_283-01.jpg
20120814_super_ozora1-01.jpg

以前発生した石勝線のトンネル内における走行中の火災事故の影響などで、同線内でのトンネル区間内は減速運転が実施されているため、遅延が最大20分近くに拡大したものの、釧路到着までに10分ほどに回復するというヒヤヒヤものの道中です。

20120814_super_ozora1-02.jpg

釧路からは快速ノサップ号に乗り換えて根室へ。
満席状態ではあるものの、如何せん単行でまかなえる程度・・・。

20120814_kushiro-01.jpg

私も、デッキの一角で途中まで立ったままと言う状態で・・・。

20120814_jrhokkaido_dc_54_500-03.jpg

根室に到着。

20120814_jrhokkaido_dc_54_500-01.jpg
20120814_nemuro-01.jpg
20120814_nemuro-02.jpg

根室からは根室交通の納沙布岬行きに乗換。

20120814_nemuro-03.jpg

スーパーおおぞら1号の遅延に引きずられる格好で5分遅れで出発することになったのですが、目的地は皆同じようで、乗車券を発行する窓口には10人ほど並んでいるという有様・・・。

20120814_nemuro_transport-01.jpg
20120814_nemuro_transport-02.jpg

根室から1時間ほどで納沙布岬に到着。

20120814_cape_nosappu-01.jpg

category: 北海道遠征

tag: JR北海道  根室交通 
tb: 0   cm: 0

2012年8月13日 北海道の史跡と鉄道を巡る旅27  

夕食を挟んだあとは721系に乗って新千歳空港方面へ出向きます。

目的は721系8次車の車内写真。
前日での確認で夜間は新千歳空港から札幌方面への流れがメインであることと、千歳自体は札幌都市圏郊外になるため、人が捌ける状態であることは判っていることから、あとは実際に乗ってタイミングを狙うだけです。

案の定、千歳を出た時点で無人自体になったことから、このタイミングで撮っておきました。
事実上の最終増備車グループである8次車は731系と同じオープンデッキ構造となっていますが、これは前日の新千歳空港駅での撮影にも触れた通りホーム自体が6両編成までしか対応出来ない物理上の制約から来るもので、いわば次善の策と言ったところです。

20120813_jrhokkaido_ec_721_5100-in01.jpg

731系と同じくドア周りの温風ヒーターが設置されています。

20120813_jrhokkaido_ec_721_5100-in02.jpg

また、半自動用の押しボタンが設けられています。

20120813_jrhokkaido_ec_721_5100-in03.jpg

妻面側。

20120813_jrhokkaido_ec_721_5100-in04.jpg

札幌まで乗らず、途中の新札幌で下車。
ここからは札幌市営地下鉄へ。

20120813_shin_sapporo-01.jpg

ホームドアが設置された東西線は開業時の車両は全廃して、その後継車である8000形に統一されています。

20120813_sapporo_subway_8000-01.jpg

大通から南北線に乗換えて札幌へ。
南北線はホームドアの設置工事が進められていますが、先の東西線も含めてワンマン運転対応工事の一環でもあります。

20120813_sapporo-01.jpg

こちらも4ドア車の5000形に統一されました。

20120813_sapporo_subway_5000-01.jpg

長い乗換通路を通って東豊線のりばへ。
ここは7000形のみですが、前期車と後期車で違います。

20120813_sapporo_subway_7000-01.jpg
20120813_sapporo_subway_7000-02.jpg

遠征4日目はここで終了。
ホテルへ戻って5日目を迎えます。

→次に続く。

category: 北海道遠征

tag: JR北海道  札幌市営地下鉄 
tb: 0   cm: 0

2012年8月13日 北海道の史跡と鉄道を巡る旅26 789系1000番台の車内を見る  

駅構内を見回ったあとは789系1000番台の車内を見てきます。
時間帯的にも旭川での折返しのタイミングで撮影する方が人が出払った状態になるのでやりやすいからです。

20120813_jrhokkaido_ec_789_1000-01.jpg

前面と側面の表示器は3色LED式。

20120813_jrhokkaido_ec_789_1000-02.jpg
20120813_jrhokkaido_ec_789_1000-03.jpg

前日はuシートでしたが、ここでは自由席車を主に見てきます。
自由席車の座席は比較的広く普及されているタイプのもので、背面テーブルは大型であるものの、背もたれの高さ自体はuシート車よりも低めとなっています。

20120813_jrhokkaido_ec_789_1000-in01.jpg

客室側の仕切。

20120813_jrhokkaido_ec_789_1000-in02.jpg

天井周り。
スーパー白鳥用の基本番台をベースとしながら白熱灯を省略したものとなっています。

20120813_jrhokkaido_ec_789_1000-in03.jpg

車椅子対応の洋式便所。

20120813_jrhokkaido_ec_789_1000-in04.jpg

バリアフリー対応のものとしては一世代前の仕様で、レール方向に対し長めとなっています。

20120813_jrhokkaido_ec_789_1000-in06.jpg

洗面所と男子用小便所。

20120813_jrhokkaido_ec_789_1000-in05.jpg

こちらは前日撮影した指定席のuシート車。
比較のために提示しておきます。

20120812_jrhokkaido_ec_789_1000-in01.jpg

スーパーカムイ38号で札幌へ戻って夕食タイム。

20120813_diner-01.jpg

夕食タイムを挟んだあとは、もう少し撮影をすることにします。

→次に続く。

category: 北海道遠征

tag: JR北海道 
tb: 0   cm: 0

2012年8月13日 北海道の史跡と鉄道を巡る旅24  

岩見沢から旭川へ移動します。

20120813_iwamizawa-05.jpg

旭川までは711系に乗車。
このパターンは2004年に北海道へ初上陸した際と同じだったりします。

20120813_jrhokkaido_ec_711_100-01.jpg
20120813_jrhokkaido_ec_711_100-02.jpg

現存する711系は後期に導入された100番台グループで一部編成の先頭車が3ドアに改造されています。

まずは中間車の車内。
ここはオリジナルとほぼ変わらないようですが、3ドアに改造されなかったのは台枠の強度が確保出来ないという理由からだそうです。

20120813_jrhokkaido_ec_711_100-in01.jpg

3ドア改造の先頭車の車内。
前位側はボックスが1つだけ、後位側はボックスが2つとなっています。
また双方ともデッキよりはロングシートとなっています。

20120813_jrhokkaido_ec_711_100-in02.jpg

追設された中扉側の仕切戸。
721系と同じく両開きとなっています。

20120813_jrhokkaido_ec_711_100-in03.jpg

竣工時からある両端のデッキ。
国鉄形急行車両と共通の雰囲気です。

20120813_jrhokkaido_ec_711_100-in04.jpg

追設された中扉のデッキ。
間隔で言うと711系配色と721系を折半したような格好とも言えます。

20120813_jrhokkaido_ec_711_100-in05.jpg

711系の100番台には後年冷房改造された編成もありますが、乗車した車両は非冷房編成であるため、天井はご覧の通り。

20120813_jrhokkaido_ec_711_100-in06.jpg

最後尾の一角に座って旭川へ移動。
途中の深川では後追いのスーパーカムイ号を待避するため長時間停車。

20120813_fukagawa-01.jpg

この間、駅構内の隅っこでお休みしているキハ54形500番台を撮影。

20120813_jrhokkaido_dc_54_500-01.jpg

深川を出て山間部を一気に越えると高架化された旭川はもうすぐ。

20120813_asahikawa-04.jpg

旭川に到着。

20120813_asahikawa-05.jpg

高架切り替え後に来訪するのは今回が初めて。

20120813_asahikawa-01.jpg

ここで下車すると高架化された旭川駅を見てきます。

→次に続く。

category: 北海道遠征

tag: JR北海道 
tb: 0   cm: 0

2012年8月13日 北海道の史跡と鉄道を巡る旅23  

札幌へ戻ると昼食を挟み、旭川方面へ移動しました。
まずは区間快速いしかりライナーに乗り江別へ移動します。

20120813_sapporo-03.jpg

ここで遭遇したのはキハ201系。
731系と同時期に導入された車両で、非電化区間から札幌都市圏への乗り入れと731系などの電車との協調運転対応を目的として造られたのですが、本数としてはあまり多く導入されていません。

20120813_jrhokkaido_dc_201-01.jpg

江別に到着。

20120813_ebetsu-03.jpg

ここでキハ201系の車内写真の撮影。

20120813_jrhokkaido_dc_201-in01.jpg

車体構造が731系と共通であるため車内設備もあまり変わりませんが、便所が先頭車ではなく中間車にある点で731系と異なります。

20120813_jrhokkaido_dc_201-in02.jpg

中間車の逆エンド側。

20120813_jrhokkaido_dc_201-in03.jpg

気動車ならではの排気ダクトも電車である731系と違う点。

20120813_jrhokkaido_dc_201-03.jpg

編成写真。

20120813_jrhokkaido_dc_201-02.jpg

江別駅は島式ホーム1面2線と切りかけホーム1面2線の2面4線。

20120813_ebetsu-01.jpg
20120813_ebetsu-02.jpg

駅本屋側の札幌方が切りかけホームがあり、これはかつて王子製紙の工場への専用線だったのを廃止されたのを機に客用として転用したもので、現在は札幌方面への折返し列車の一部がここを利用しています。

20120813_ebetsu-04.jpg

キハ201系のあとで折返しでやって来た721系3000番台。

20120813_jrhokkaido_721_3000-01.jpg

江別から岩見沢へ移動。
2009年度のグッドデザイン賞の大賞を受賞した現在の駅舎は、2000年12月に発生した漏電による火災で全焼した駅舎に代わり建てられたもので、国内では初めて一般公募型のコンペによりデザインを採用した駅舎として2009年3月30日に全面開業したものです。

20120813_iwamizawa-01.jpg

駅舎は立派になりましたが、改札口から奥の跨線橋などは旧態然としているというギャップが生じています。

20120813_iwamizawa-02.jpg
20120813_iwamizawa-03.jpg
20120813_iwamizawa-04.jpg

このあとは711系に乗って旭川へ移動します。

→次に続く。

category: 北海道遠征

tag: JR北海道 
tb: 0   cm: 0

2012年8月13日 北海道の史跡と鉄道を巡る旅22  

遠征4日目は札幌近郊での撮影を基本に動きます。
当日は生憎の雨模様なので編成写真はあまり撮らず車内写真の撮影に絞ることにしたのですが・・・。

まずは小樽へ。
丁度快速がないため各駅停車で揺られて移動。

20120813_sapporo-02.jpg

乗車した車両は731系。

20120813_jrhokkaido_ec_731-01.jpg

小樽の到着後は隣で出発待ちをしているキハ150形を撮影。
この車両、運用線区の関係で札幌都市圏の外縁部まで出ないと撮れなかったりします。

20120813_jrhokkaido_dc_150_0-01.jpg

ここでは留置線でお休みをしている733系の編成写真も撮影。

20120813_jrhokkaido_ec_733-01.jpg

4・5番ホームと駅本屋側の様子。

20120813_otaru-02.jpg

同じ場所を改札口側から撮影。

20120813_otaru-03.jpg

で、目的は721系の車内写真撮影だったのですが、ご覧の通り入線時間が近づくと人が絶えない状態になるため断念しました・・・。

20120813_otaru-01.jpg

結局、目的は達せず札幌へ戻る羽目になりました・・・。

→次に続く。

category: 北海道遠征

tag: JR北海道 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

サイト更新情報Twitter

DK-KawachiのTwitter

カレンダー

最近の記事

Facebook

フォト蔵

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

OSAKAあかるクラブ

▲ Pagetop