DK-Kawachiの日記と雑学ノート ホーム »JR姫路駅
このページの記事一覧

週末日記 2013年6月30日  

2013年6月30日(

6月最後のお休みは姫路へお出かけ。

姫路駅付近の連立事業に合わせて進められている姫路駅北駅前広場の整備事業において新駅ビルの開業とJR姫路駅前と山陽電鉄姫路駅を結ぶ歩行者デッキの結節点にある姫路城眺望デッキが供用開始されたことを受けて当日見聞してきた次第。

姫路駅北口にある姫路城眺望デッキ。

20130630_himeji-01.jpg

デッキの構造自体は眺望・歩行者の両デッキとも鋼鉄と杉材を用いています。

20130630_himeji-02.jpg

眺望デッキ。
新駅ビルの西側に隣接し同駅ビル2階と歩行者デッキとを結んでいます。

20130630_himeji-05.jpg

正面に大手通りと奥に姫路城を一望出来る。

20130630_himeji-06.jpg

歩行者デッキ。
展望デッキと山陽姫路駅とを結んでいます。

20130630_himeji-07.jpg

計画ではデッキの下にバスのりばが整備される予定で、デッキにはそれらを結ぶ階段などの取付準備が施工済みとなっています。

20130630_himeji-08.jpg

新駅ビルである「ピオレ姫路(piole HIMEJI)」
先にオープンした高架下のプリエ3館もピオレ姫路の一部となり、新駅ビルが本館となります。

20130630_himeji-03.jpg

プリエ姫路と既存地下街のグランフェスタとの間に造られた「サンクンガーデン」

20130630_himeji-04.jpg

姫路駅を出て書写山へ。
ロープウェイの駅までは姫路駅北口から神姫バスの「8番・書写ロープウェイ行」で約30分。
自家用車などでも行くことが出来、ロープウェイ駅の南側付近に駐車場があります。

20130630_shosha-01.jpg

実は書写山ロープウェイが未乗だったりします。

20130630_shosha-02.jpg
20130630_shosha-05.jpg

折角上がってきたので書寫山圓教寺へ。
一般的には拝観料と言いますが、ここ圓教寺では志納金と称されます。

20130630_engyoji_temple-01.jpg

パンフレット。

20130630_engyoji_temple-02.jpg

西の比叡山とも呼ばれる圓教寺は西国三十三所中最大規模の寺院で、中世には比叡山、大山とともに天台の三大道場と並び称された巨刹だそうです。
来訪時は夕方であったため閉まっているところが多くあまり見られずでしたが、一通りは巡ってきました。

20130630_engyoji_temple-03.jpg
20130630_engyoji_temple-04.jpg

ロープウェイ山頂駅へ戻って展望台へ

20130630_shosha-03.jpg

下山。

20130630_shosha-04.jpg

姫路駅行きバスへの乗り換えはスムーズ。

20130630_shinki_bus-01.jpg

姫路から帰宅前に221系体質改善車に遭遇。
こちらは網干総合車両所本所に在籍する6連口のB編成で、221系の6両編成の体質改善車はこの編成が初めて。

20130630_jrwest_221n-01.jpg

吹田総合車両所本所で先に施工された京都支所の4連口2本、奈良支所の4連口1本の3本と異なる点は側窓がこれまでのブロンズガラスでありグリーンガラスに交換されていない点が外観上の違いです。
ネット上に出ている情報では、ドア付近の滑り止めが205系体質改善車や321系に見られるステンレス製ではなく225系グループや223系や207系などで採用されている貼付形となっている点ぐらいのようです。

20130630_jrwest_221n-02.jpg

この日はここで切り上げて帰宅しました。
スポンサーサイト

category: 日記

tag: 連続立体交差事業  JR西日本  JR姫路駅  駅改良工事  書写山ロープウェイ  書寫山圓教寺 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

サイト更新情報Twitter

DK-KawachiのTwitter

カレンダー

最近の記事

Facebook

フォト蔵

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

OSAKAあかるクラブ

▲ Pagetop