FC2ブログ
DK-Kawachiの日記と雑学ノート ホーム »JR東海
このページの記事一覧

元号またぎの黄金週間日記 2019年4月27日  

2019年(平成31年)4月27日(

2019年は皇位継承に伴い新元号「令和」への改元を5月1日に控えることから、今年のゴールデンウィークは「平成」から「令和」への改元またぎであるのと同時に即位の礼が行われる5月1日と翌日の5月2日を祝日とされたことを受けて、異例ともいえる長期連休となりました。

その初日となる4月27日は東京都内のバス撮影を中心に動きました。
新大阪からのぞみ292号で東京入り。

20190427_shin_osaka-01.jpg

現地到着後は品川での撮影。
モノは試し程度での撮影だったため短時間で切り上げましたが、JR東海の人員輸送用のバスなどを捉えるなどまあまあの成果でした。

20190427_fuji_express_bus-01.jpg
20190427_jr_tokai-01.jpg
20190427_keikyu_bus-01.jpg

昼食をはさんで午後からは東京スカイツリータウンへ向かうため押上へ。
押上で折り返し待ちの東急5000系の車内写真を撮影。
こちらはホームドア導入に伴う6ドア車差し替えで導入された4ドア車で、車内の仕様が2020系・6020系に準拠

20190427_tokyu_5000-in01.jpg
20190427_tokyu_5000-in02.jpg

地上へ上がってスカイツリータウンへ。

20190427_tokyo_skytree_city-01.jpg

目的はシャトルバスの撮影。
シャトルバス向けに改装した際、トラックのヘッドライトを活用したという変わり種を撮影。

20190427_tobu_bus_central-01.jpg
20190427_keisei_bus-01.jpg

錦糸町へ。
目的はやはり例のフルフラットバスでしたが・・・。

20190427_toei_bus-01.jpg
20190427_toei_bus-02.jpg
20190427_toei_bus-03.jpg

待てど来ず。
都02系統に乗って移動したとこと、なんと入れ違いになったので、大塚で待つことに。

20190427_otsuka-01.jpg

大塚でフルフラットバスが来るまでの間、都電荒川線の車両を撮影。

20190427_otsuka-02.jpg

車両の世代交代がかなり進んで、長らく撮っていないと様変わりした様子に驚くばかりです。

20190427_toei_8800-01.jpg
20190427_toei_8500-01.jpg
20190427_toei_7700-01.jpg

この間、営業所から出庫したと思われるフルフラットバスが複数台確認出来たことから、サクッと撮っておきました。

20190427_toei_bus-05.jpg
20190427_toei_bus-06.jpg

フルフラットバスを捕まえて再び都02系統で錦糸町まで戻ると、フルフラットバスの縦列が実現。
2018年度導入分は纏まった台数が導入されていることから、狙えるチャンスがあれば狙ってみようと思います。

20190427_toei_bus-07.jpg
20190427_kinshicho-01.jpg
20190427_toei_bus-08.jpg
20190427_toei_bus-09.jpg

ホテルへもっどる前にヨドバシカメラマルチメディアAKIBAでに寄ってヨドバシドットコムで購入したあるものを受け取り。
今回は「LUME CUBE AIR」

20190427_lume_cube_air-01.jpg
20190427_lume_cube_air-02.jpg

前回のレンズ購入の時をはじめとする「ブツ撮りにおいてライティングで使えるものが欲しかったことから、比較的小型であったそれを見つけ購入した次第です。
しかもこれ、2種類のディフューザが付属しており、本体に被せるように付けるだけで機能するもので、これは重宝しそうなアイテムとも言えます。

20190427_lume_cube_air-03.jpg
20190427_lume_cube_air-04.jpg

この日はここまでです。
スポンサーサイト



category: 日記

tag: JR東海  東京急行電鉄  京急バス  フジエクスプレス  京成バス  東武バスセントラル  東京都交通局  都営バス 
tb: 0   cm: 0

三連休日記 2017年9月16日  

2017年9月16日(

2017年9月中旬の三連休は中日である17日にアルピコ交通上高地線の車両基地においてモハ10型のリバイバル塗装を施した車両の展示・撮影会が実施される予定であることから、まとまった連休としては久し振りの遠征をする予定を考えていました。

初日は松本入りする前に名古屋近郊のバスなどを撮る予定をしていましたが、台風18号の本州横断がこの週末に予想されていたため、予定のギリギリまで天気予報をチェックしていたのですが、18日未明に通過するとのことなので決行することにしました。

残暑が過ぎて涼しくなった早朝に出発。

20170916_shin_osaka-01.jpg

のぞみ204号で名古屋入りすると、まずは完成間もないJPタワー内にある名古屋市営バスターミナルへ。

20170916_nagoya_city_bus_terminal-01.jpg

バスの待機所を中心にのりばが囲むように配置されており、各のりばはバスが横付けされるまでガラスで仕切られた通路側で待つ形式で、横付けされると自動ドアが開いて乗車扱いするようになっています。

20170916_nagoya_city_bus_terminal-03.jpg
20170916_nagoya_city_bus_terminal-02.jpg
20170916_nagoya_city_bus_terminal-06.jpg

バスが横付けされるまでのりばのドアが開かない方式はなんばOCATや博多や福岡天神バスターミナルでも採用されており、リニューアルされた名鉄バスセンターも見てきましたが、ここも同じ方式が採られていました。

20170916_nagoya_city_bus_terminal-04.jpg

序でに名古屋駅周辺のバスも撮影。

20170916_nagoya_city_bus_terminal-07.jpg
20170916_nagoya_city_bus-01.jpg
20170916_nagoya_city_bus-02.jpg
20170916_nagoya_city_bus-03.jpg
20170916_nagoya_city_bus-04.jpg
20170916_jrtokai_bus-01.jpg
20170916_jr_bus_kanto-01.jpg

高蔵寺へ。
ここでは名鉄バスを中心に撮影。

20170916_meitetsu_bus-01.jpg
20170916_meitetsu_bus-02.jpg
20170916_meitetsu_bus-03.jpg
20170916_nagoya_city_bus-05.jpg

多治見へ。

20170916_tajimi-01.jpg
20170916_tajimi-02.jpg
20170916_tajimi-03.jpg

多治見では東鉄バスを撮影。

20170916_tohtetsu_bus-01.jpg
20170916_tohtetsu_bus-03.jpg
20170916_tohtetsu_bus-06.jpg
20170916_tohtetsu_bus-07.jpg

太多線経由で岐阜へ。
多治見から乗った車両は武豊線で使用されていた25形0番台。

20170916_jrcentral_dc_25_0-01.jpg

このグループは美濃太田車両区へ転籍した際、乗降口のステップ取付改造が施工されています。

20170916_jrcentral_dc_25_0-04.jpg

ステップが付いた分、ドアが高さ方向に拡大されたためドア自体も313系と共通品から1000番代グループ(2次車)と共通の物に交換されています。

20170916_jrcentral_dc_25_0-in01.jpg

岐阜に到着すると昼食を挟んでからJR岐阜駅のターミナルでバスを撮影。

20170916_gifu_bus-01.jpg

市内路線向けは行先表示をフルカラーLEDに換装された車両が目立つ一方、競輪場シャトルバスが都市部ではあまり見られない田の字をしたユニットサッシの車両がやってきたのには目が点に・・・。

20170916_gifu_bus-02.jpg
20170916_gifu_bus-03.jpg
20170916_gifu_bus-04.jpg
20170916_gifu_bus-05.jpg
20170916_gifu_bus-06.jpg
20170916_gifu_bus-07.jpg
20170916_gifu_bus-08.jpg
20170916_f_line_fgifu-01.jpg
20170916_f_line_fgifu-02.jpg

このあと名阪近鉄バスの車両を撮ろ一旦は一度大垣へ出たものの、雨が降る中では撮影がし難いと判断し早々に退却して豊橋へ。

20170916_toyohashi-01.jpg
20170916_toyohashi-02.jpg

ここでは豊鉄バスを撮ってきましたが、ここにもフルカラーLEDの車両が1台見かけました。

20170916_toyotetsu_bus-01.jpg
20170916_toyotetsu_bus-02.jpg
20170916_toyotetsu_bus-03.jpg

名古屋近郊での撮影はここで切り上げて、滅多に見られなくなった311系の新快速で名古屋へ移動。

20170916_jrcentral_ec_311-01.jpg

夕食を挟んで名古屋からしなの25号で今回の宿泊先である松本へ向かい遠征初日は終わりです。

20170916_nagoya-01.jpg
20170916_jrcentral_ec_383-01.jpg

category: 日記

tag: JR東海  名古屋市営バス  名鉄バス  東鉄バス  岐阜バス  豊鉄バス 
tb: 0   cm: 0

三連休日記 2017年1月7日~1月9日  

2017年1月7日(

7日は昼前から乗り鉄。
湖西線を経由して近江塩津→米原→名古屋へ移動。
撮影は殆どせず、撮ったのはしらさぎへ転用された681系だけ。

20170107_jrwest_ec_681_0-01.jpg

名古屋での撮影後は近鉄特急に乗って帰阪。
結局のところ乗り鉄で終わった一日でした。



2017年1月8日(

8日は天候が宜しくなかったため、年末から放置していたブログの更新に割くことにしました。
年末の時点で暫定板としてアップした仮投稿分も含めると13本あり、テキストよりも画像編集に労力を割くのはいつものことなのですが、40を超えたせいだろうか疲れます・・・。



2017年1月9日(

9日は乗り鉄で関西線経由で津へ抜けるだけというもので、大和路快速に乗って加茂へ。

20170109_jrwest_ec_221n-01.jpg
20170109_jrwest_ec_221n-in01.jpg

加茂から亀山行きに乗換。

20170109_kamo-01.jpg

例によってキハ120形ですが、このところ昼間の列車でも単行ではなく2両で運行される比率が高くなっているようです。
1992年の営業運転開始以来、トイレの設置やドライブレコーダーの設置など小規模な改造が施されていますキハ120形はもう25年選手であることから、体質改善工事が施工されてもよさそうですが特に大きな動きは無さそうで、工事の施工を先送りしているのか?それとも新型車両で置換えるのか如何なのかは分かりません。

亀山から津まではキハ25系の暖地向けロングシート仕様である1500番台に初乗車。
都市近郊向けだった0番台とは異なり、2両ワンマン運転でも収容能力を上げるためオールロングとしている点と前面の行先表示が一つだけになっている点で、伊勢・南紀地区や高山地区などのローカル輸送の効率化を狙ったものとなっているようです。

20170109_jrcentral_dc_25_1500-01.jpg

津からは近鉄特急で帰阪。

20170109_tsu-01.jpg

時間もあまり割けなかったため撮影に専念できなかったのが惜しまれますが・・・。

category: 日記

tag: JR西日本  JR東海 
tb: 0   cm: 0

三連休日記 2014年9月13日  

2014年9月13日(

9月13日から15日までの三連休を名古屋近郊の城趾巡りをメインとした遠征をすることにしました。

その初日である13日は午後出発。
ここ数日仕事がハードであったため体がバテ気味であったことも考慮してのこと。

往路は近鉄特急を乗り継いで名古屋入り。

20140913_yamato_yagi-01.jpg
20140913_ise_nakagawa-01.jpg

名駅で大きい鞄をロッカーに預けたあと、名鉄に乗って知多武豊へ。
武豊ではかつて存在した旧国鉄・武豊港駅の跡地に駅転車台が保存されていることを知り現地へ赴いてきました。

20140913_taketoyo-01.jpg

転車台ポケットパークと称される場所に保存された転車台はレールが交差する二線式と呼ばれるタイプで、武豊港駅が手狭であったことから採用されたとのことです。

20140913_taketoyo-02.jpg
20140913_taketoyo-03.jpg

武豊駅へ向かい電化を控えて武豊線を走破。
軌道も電化に合わせて手入れされているものの、最高速度は現行と同じく85km/hのままだそうです。

P9131463-e01
P9131463-e01 posted by (C)dk_kawachi

豊田市駅へ移動。
ここでは名古屋市営地下鉄N3000形の車内写真を撮影できました。

P9131490-e01
P9131490-e01 posted by (C)dk_kawachi

P9131482-e01
P9131482-e01 posted by (C)dk_kawachi

この間、撮影中に名鉄6000系にフルカラーLED式の行先表示器へ変更された編成に遭遇。
車内も3150系・3300系並みにリニューアルされていたことから大規模修繕工事を受けた編成だったようです。
名鉄の公式リリースによると2014年度の事業計画において三河線向けワンマン運転対応の6000系2両編成3本に対し施工されるとのことで、当日遭遇した6042編成はその1本目だったようです。

P9131478-e01
P9131478-e01 posted by (C)dk_kawachi

この日はここで終了。
知立経由で今回の宿へ向かいました。

category: 日記

tag: JR東海  名古屋鉄道  名古屋市交通局  名古屋市営地下鉄 
tb: 0   cm: 0

夏休み遠征日記 2014年8月15日  

2014年8月15日(金)

遠征3日目は甲府盆地内の旧跡巡り。
まずは新府城跡から。

20140815_shimpu-01.jpg
20140815_shimpu_castle-01.jpg

新府城は甲府盆地の北西部に位置し、正面に秩父山地を望むその場所は諏訪・佐久・遠州からの街道が交差する交通の要所でもあったことから築城されたのですが、数年後には武田家が滅亡、武田亡き後の甲斐国を巡る徳川と後北条の争いで徳川方の戦略上の拠点として使われた後、廃城となっています。

20140815_shimpu_castle-02.jpg
クリックするとフルサイズで表示されます。

20140815_shimpu_castle-03.jpg
20140815_shimpu_castle-04.jpg
20140815_shimpu_castle-05.jpg

現地を見た感じでは、想像されているよりも規模の小さな城跡でしたが、本丸がかなりの大きさであったのには驚きました。

続いては甲府盆地の東端にある勝沼氏館跡。
最寄りである勝沼ぶどう郷駅は笹子峠を擁する御坂山地の中腹に、肝心の館跡は徒歩で30分ほどかかる麓にあることから県道38号線を延々と下りて行く羽目になりました。

20140815_katsunuma_budokyo-01.jpg
20140815_katsunuma_site-01.jpg

ワインの産地として知られる甲州市勝沼町は甲州街道が通り、背後に笹子峠を控えたこの場所は甲府盆地東を一望できる地理的条件から当地を所管するための拠点としてこの館が置かれていたようです。

山梨県立ワインセンターの建設に際して調査が行われ、館の存在が明らかになったことから以降の整備が行われ現在に至るのですが、結構入り組んだ場所で民家などが隣接しているところに復元された建物があったりすることから最初は本当にここか確証が無かったほどです。

館の内郭部へも行ってきたのですが、日頃のお手入れがよろしくないようで藪で遮られている場所があちこちに見られて、入るのを躊躇ってしまうほどです・・・。

20140815_katsunuma_site-02.jpg

館跡から再び戻ってきたものの、予定を前倒しして動いていたことから、その余裕分を使って大日影トンネル遊歩道へ行ってきました。

20140815_ohokage_tunnel-01.jpg

現在の中央本線の大日影トンネルは線形改良に伴い新たに新大日影トンネルを使用しているため旧トンネルが用途廃止されていましたのですが、産業遺産としての価値があることから甲州市に譲渡・再整備を行って上で遊歩道として一般開放されることになったとのことです。

20140815_ohokage_tunnel-02.jpg

全長約1.4kmのトンネルを30分ほどで走破するのですが、最小限ながら照明も整備されていることもあって、大きな不安無く通ることができます。

20140815_ohokage_tunnel-03.jpg
20140815_ohokage_tunnel-04.jpg
20140815_ohokage_tunnel-05.jpg

甲府へ戻って土産物を購入・発送の手筈を整えてから身延線で縦断。

20140815_kofu-01.jpg
P8150939
P8150939 posted by (C)dk_kawachi

通常はガラガラの身延線とは思えないほどの混雑ぶりだったのには驚かされましたが、途中の内船で「南部の火祭り」という南部町のお祭りが当日開催されることからで、普段は無人駅である内船駅は出改札のための要員が多数派遣されていました。

20140815_utsubuna-01.jpg
20140815_minobu_line-01.jpg

富士に到着後は東海道線を東へと乗り継いで東京入り。

20140815_fuji-01.jpg
20140815_odawara-01.jpg

都内のホテルにチェックインして遠征3日目は終わりです。

category: 日記

tag: 日本の城郭  甲斐新府城  勝沼氏館  JR東日本  大日陰トンネル遊歩道  JR東海 
tb: 0   cm: 0

夏休み遠征日記 2014年8月13日  

2014年8月13日(水)

2014年の夏休みは前半を南信~甲州の旧跡を巡り、後半は首都圏滞在ということにしました。

まずは遠征初日である13日のダイジェストから。
遠征は当日朝から出発でしたが、例年のごとく早朝出発では無く7時過ぎに出発という少し遅めの時間となりました。

往路は新大阪からこだま642号で豊橋へ。
帰省ラッシュと逆方向なので、少し混む程度での移動となりました。

20140813_shin_osaka-01.jpg

というのはここまで。

豊橋からは飯田線で縦断するため、乗車時間6時間49分という長丁場に挑みましたが、短い2両編成の313系3000番台に120pクラス混み具合。
しかも座れず立つ羽目になってしまいます。

20140813_toyohashi-01.jpg

如何せん本長篠以北の中部天竜・天竜峡・飯田方面へ抜ける列車は少なく、今回の豊橋駅10:42発岡谷行きを逃すと次は○時間後という恐ろしい自体になってしまいますのでこればかりは仕方が無いのですが、今回の列車はワンマンでは無く飯田線の定番である変則ツーマンなることからいっそのこと4両に増結してくれという嘆きが聞こえそうです・・・汗。
結局のところ豊橋から2時間ぐらいは座れず、浦河で下車する老夫婦に席を譲られて事なきを得ましたが、飯田でようやく80pぐらいに落ち着くという感じでした。

途中、中央本線の遅れが波及する形で3分ほど遅れたものの、大幅な遅れが出ない程度で岡谷に到着。

20140813_okaya-01.jpg

P8130348
P8130348 posted by (C)dk_kawachi

P8130351
P8130351 posted by (C)dk_kawachi

長丁場を共にした313系3000番台に別れを告げたあとは幕張から転籍した新参者211系3000番台に乗って松本へ移動。

20140813_okaya-02.jpg

P8130356
P8130356 posted by (C)dk_kawachi

移動のみとなった遠征初日はここまでとし、松本市内のホテルへ一泊することにしました。

20140813_matsumoto-01.jpg

category: 日記

tag: JR東海  JR東日本 
tb: 0   cm: 0

年始日記 2014年1月5日  

2014年1月5日(

遠征最終日は三重県内の史跡巡り。
まずは新宮から紀勢本線を延々と北上して多気乗換で田丸へ。

20140105_jrcentral_dc_48_6000-01.jpg
20140105_jrcentral_dc_11_0-01.jpg
20140105_tamaru-01.jpg

田丸では伊勢神宮の後背地に位置する田丸城へ登城。

20140105_tamaru_castle-01.jpg

現状は城下跡に田丸町役場が、三の丸御殿跡に中学校の敷地となっていますが、石垣などの遺構群が比較的残されています。

20140105_tamaru_castle-02.jpg

来訪時は天守を電飾で復元というものが今年1月末まで行われているそうで、天守台にはそのための骨組みが組まれていました。

20140105_tamaru_castle-03.jpg

田丸城跡で思っていた以上に時間が掛かったため田丸駅へ戻ったときには予定の列車に逃げられてしまい、やむを得ず三交バスで伊勢市駅へ向かいました。

20140105_sanco_bus-01.jpg
20140105_sanco_bus-02.jpg

伊勢市から快速みえとローカル列車を乗り継いで亀山へ。

20140105_kameyama-01.jpg

旧宿場町である亀山には伊勢亀山城が駅北側にある台地上にあり、今回は亀山城へ登城することにしました。
現状は本丸の多聞櫓が現存建造物として残されている他、土塁や石垣の一部が残されています。

ただし本丸多聞櫓以外は中学校・小学校や住宅地に変わっていますが・・・。

20140105_kameyama_castle-01.jpg
20140105_kameyama_castle-02.jpg
20140105_kameyama_castle-03.jpg
20140105_kameyama_castle-05.jpg

あと、亀山城が現在の場所へ移る前に存在した古城跡も・・・。

20140105_kameyama_castle-04.jpg

この2つで今回の遠征は終わり。
亀山から加茂・天王寺乗換で帰宅しました。

20140105_jrwest_dc_120_0-01.jpg

category: 日記

tag: JR東海  日本の城郭  伊勢田丸城  伊勢亀山城  JR西日本 
tb: 0   cm: 0

2013年8月16日 飛騨国を巡る旅52 飛騨国を離れ加賀国へ  

飛騨古川へ戻ってきました。

案内所に預けていた鞄を回収して飛騨国を離れます。

20130816_hida_furukawa-01.jpg

富山方面の列車までにはまだ1時間ほどあります。

20130816_hida_furukawa-03.jpg
20130816_hida_furukawa-04.jpg

ここから乗車するのは特急ひだ13号。

20130816_hida_furukawa-05.jpg
20130816_hida13-02.jpg

飛騨古川では列車別改札のため列車到着の数分前まではホームへ出られません。
のりばは2面3線。

20130816_hida_furukawa-06.jpg
20130816_hida_furukawa-07.jpg

定刻より数分遅れてひだ13号が到着。

20130816_jrcentral_dc_85-01.jpg

短い3両の列車で富山を目指します。

20130816_hida13-03.jpg
20130816_hida13-01.jpg

日も暮れた富山に到着。

20130816_toyama-01.jpg

富山駅では北陸新幹線の建設と在来線の高架化の工事が同時に進行しています。

20130816_toyama-02.jpg
20130816_toyama-03.jpg
20130816_toyama-04.jpg

富山からは金沢行きのローカル列車に乗ります。

20130816_toyama-05.jpg

しばらくぶりの413系。

20130816_jrwest_ec_413-01.jpg

富山は金沢経済都市圏内にあることと帰宅時間帯のため比較的利用が多く見られます。

1時間ほどで金沢に到着。
ここまでの移動は5日目からの予定を石川県内にしているため。

20130816_kanazawa-01.jpg
20130816_kanazawa-02.jpg

ここで夕食をとり遠征4日目は終了。

20130816_diner-01.jpg

ホテルへ向かいます。

→次に続く。

category: 東海地方遠征

tag: JR東海  JR西日本 
tb: 0   cm: 0

2013年8月13日 飛騨国を巡る旅1 飛騨高山へ  

2013年の夏休みは6連休となりましたが、これが確定したのが1ヶ月前。
そのため、ホテルの予約次第で遠征先が決まるという状況でしたが、なんとか確保できた次第です。

今夏は6連休中の最初の4日間を飛騨へ、残り2日間を城廻の一環として能登・加賀へ足を伸ばすことにしました。
まずは飛騨地方遠征へ。

往路はのぞみ218号からスタート。

20130813_shin_osaka-01.jpg
20130813_jrcentral_tec_n700_0-01.jpg

今年はカレンダーの都合から9連休というところあることから実施連休中日ということもあったため、名古屋までは自由席であったものの半分以下の乗車率で快適に移動出来ました。

20130813_nozomi218-01.jpg

名古屋に到着。
高山まで移動する待ち時間を利用して当駅在来線ホームの乗車位置案内が更新されていることから、これらを見聞していきます。

名古屋駅にある乗車位置案内はこれまで3色LED式が用いられていましたが、近年になってフルカラーLED式に順次更新されていることを知った次第です。

表示装置自体は新幹線でも使用されているタイプとは若干異なり大きめのモノが使用されているようです。

20130813_nagoya-02.jpg
20130813_nagoya-03.jpg

ひだ7号より先行する臨時のひだ81号。
短い3両編成で出発していきました。

20130813_jrcentral_dc_85-02.jpg

私が乗車するのはひだ7号。

20130813_nagoya-01.jpg

今回は先頭のグリーン車を指定しましたが、ひだ号の最長は10両編成であるため号車表示は10となっています。

20130813_nagoya-04.jpg
20130813_jrcentral_dc_85-01.jpg
20130813_hida7-01.jpg

パノラマグリーン車の最前列を指定。

20130813_hida7-02.jpg

定刻通り名古屋を出発しましたが、途中の岐阜までは逆向きのまま進みます。

20130813_hida7-03.jpg

岐阜からは10号車が先頭となり、高山本線へ入ります。

20130813_hida7-04.jpg

一息ついたところで昼食タイムとします。

20130813_lunchi-01.jpg
20130813_lunchi-02.jpg

味噌カツ味濃いです・・・。

20130813_lunchi-03.jpg

飛水峡を横目に。

20130813_hida7-05.jpg

または、ダムを横目に。

20130813_hida7-06.jpg

クネクネと橋梁を渡りつつ。

20130813_hida7-07.jpg
20130813_hida7-08.jpg

高山に到着。

20130813_takayama-04.jpg

この後ホテルのチェックインまでの時間を利用して高山市内へ繰り出します。

20130813_takayama-01.jpg

→次に続く。

category: 東海地方遠征

tag: JR東海 
tb: 0   cm: 0

夏休み日記 2013年8月16日  

2013年8月16日(金)

遠征4日目である16日は神岡へ。

20130816_nouhi_bus-01.jpg

ホテルをチェックアウトした後は15日の時と同じく駅前の観光案内所にカバンを預け、飛騨市巡回バス「ふれあい号」東回りに乗車し、岐阜県道75号線を通って神原峠を越えて神岡町へ入ります。

20130816_nouhi_bus-02.jpg

巡回バスの経路が複雑で神岡町域へ入ったとたん集落や神通川水系の高原川の河岸段丘上にある住宅地を縫うようにルートがとられているため、目を回しそうなほどです。

20130816_nouhi_bus-03.jpg
20130816_nouhi_bus-04.jpg

旧奥飛騨温泉口駅で降車。

20130816_okuhidaonsenguchi-01.jpg

かつて存在した神岡鉄道の終点である奥飛騨温泉口駅は路線が廃止された後も大きく姿を変えておらず、隣接していた喫茶店「あすなろ」も顕在していますが、レール・アンド・サイクルの拠点として駅舎内部やホームなどは若干手が入っています。

20130816_okuhidaonsenguchi-02.jpg
20130816_okuhidaonsenguchi-03.jpg
20130816_okuhidaonsenguchi-04.jpg

旧駅から離れて、メインの目的である神岡城跡を目指します。
神岡町市街地の南側はバスの本数が乏しいため徒歩で向かうことにしました。

20130816_hida_kamioka-01.jpg

旧駅から歩いて20分ほどで神岡城跡に到着。

20130816_kamioka_castle-01.jpg

神岡城は高原郷を支配していた江馬氏が越中攻略目的とした武田信玄の命により高原川の河岸段丘上に築城された高原諏訪城の支城なのですが、豊臣氏の飛彈攻略によって江馬氏が排除された後は飛彈攻略に関わった金森氏の家臣が城代となったものの、江戸時代初期に一国一城令によって廃城されたため堀と石垣のみだったのを神岡鉱山を所有する三井金属鉱業神岡鉱業所の創業100周年記念して1970年に高原郷土館と神岡鉱山資料館と共に模擬天守と模擬城門が建設去れ現在に至ります。

20130816_kamioka_castle-02.jpg
20130816_kamioka_castle-03.jpg
20130816_kamioka_castle-04.jpg

神岡城跡へ来訪した後は高原郷を支配していた江馬氏の居館である史跡江馬氏館跡公園へ。
ここには江馬氏の下館があったばしょとして一部建物などが復元されています。

南東側にある山城が高原諏訪城跡なのですが、この城自体は非常時の詰城のようなもので、史跡公園あるのは日常の政務や住居などを行っていた場所といったところで戦国時代では一般的なものと言えます。

20130816_takahara_suwa_castle-01.jpg
20130816_takahara_suwa_castle-02.jpg
20130816_takahara_suwa_castle-03.jpg

飛騨古川へ戻るため河岸段丘の谷底にある神岡町の市街地へ向かったのですが、乗るつもりだった高山濃飛バスセンター行きと入れ違いになり、やむを得ず近くにあった交流施設「船津屋」の無料休憩所で時間つぶし。

20130816_funatuza-01.jpg

逃げられた高山BC行きから2時間半後の便に乗り込んで飛騨古川へ。

20130816_nouhi_bus-05.jpg

神岡から乗った高山BC行きは往路で乗った飛騨市巡回バスと違い、国道41号線を通って数河峠を越えて飛騨細江から高山本線に沿うルートで登坂車線などが整備されたところを通る感じです。

20130816_nouhi_bus-06.jpg
20130816_hida_furukawa-01.jpg

飛騨古川駅へ戻って預けていたカバンを引き取ると、ひだ13号に乗って富山へ。

20130816_jrcentral_dc_85-01.jpg

この区間は2度目となりますが、特急で通るのは今回が初めて。

20130816_hida13-01.jpg

富山からは413系に乗って金沢入りをして遠征3日目が終了。

20130816_jrwest_ec_413-01.jpg

夕食をとってからホテルにチェックインして4日目を迎えることにしました。

category: 日記

tag: 濃飛乗合自動車  飛騨市巡回バス  神岡鉄道  奥飛騨温泉口駅  日本の城郭  飛騨神岡城  江馬氏城館公園  JR東海  JR西日本 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

サイト更新情報Twitter

DK-KawachiのTwitter

カレンダー

最近の記事

Facebook

フォト蔵

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

OSAKAあかるクラブ

▲ Pagetop