FC2ブログ
DK-Kawachiの日記と雑学ノート ホーム »2008年05月
2008年05月の記事一覧

2008年4月13日 首都圏新線開業オフ参加記12 横浜市営地下鉄グリーンライン・その4  

高田駅へやって来ました。
写真は高田駅の入口の一つですが、ご覧の通りマンションとの一体構造となっています。

20080413_takata-01.jpg

その前の雰囲気はこんな感じ。

20080413_takata-02.jpg

上2枚の写真撮影の周辺はメインの出入口で、バスのロータリーがその出入口の向こう側にあります。

20080413_takata-03.jpg
20080413_takata-04.jpg

のりばは単式ホームの2面2線ですが、改札口を含めた3つのフロアに別れ、それを生かしてエレベーターや階段などが配置されています。
その場所を上から見たときの感想は奈落の底と言ったところ・・・。

20080413_takata-05.jpg

各のりばはこんな感じ。
まずは改札階の下のフロアにある日吉方面のりば。

20080413_takata-06.jpg

その階下は中山方面のりば。

20080413_takata-07.jpg

お次はは日吉本町へ移動します。

→次に続く。

#2008.5.11 1:50 LastUpdate

category: オフ会参加記

tb: 0   cm: 0

2008年4月13日 首都圏新線開業オフ参加記11 横浜市営地下鉄グリーンライン・その3  

東山田駅へやって来ました。
ここはのりばが地下で、改札口など駅業務関連施設は地上にあります。

20080413_higashiyamata-02.jpg

20080413_higashiyamata-05.jpg

駅前を通る道路は交通量が多いものの周辺は戸建ての住宅がチラホラ見られる程度です。

20080413_higashiyamata-01.jpg

すぐ近くに路線バスが乗り入れるためのスペースが用意されていますが、来訪時は整備途上と言った段階です。

20080413_higashiyamata-04.jpg

駅舎内は出札・改札口などの駅業務関連の他、バスののりば案内も用意されています。
そのバスのりば案内板は停留所にあるようなものが置かれていました。

20080413_higashiyamata-06.jpg

20080413_higashiyamata-03.jpg

再び、日吉行きに乗り高田へ移動しました。

20080413_higashiyamata-07.jpg

→次に続く

#2008.5.11 1:30 LastUpdate

category: オフ会参加記

tb: 0   cm: 0

ゴールデンウィーク日記 2008年5月6日  

2008年5月6日(

遠征最終日であるこの日は宮崎からスタート。

まずはにちりん8号に乗り大分へ。
混むかなと思っていたのですが、宮崎での乗り込みがそれほどでなかったので一安心。
途中の佐伯・臼杵での乗り込みで満席。

20080506_nichirin8-01.jpg

大分からはゆふいんの森を狙い乗車するための3時間ほどのバッファを利用して昼食と編成写真ゲットタイム。
ここで883系ソニックと885系の白いソニック・白いかもめの両編成をゲット。

20080506_jrkyushu_ec_883-01.jpg

20080506_jrkyushu_ec_885-01.jpg

20080506_jrkyushu_ec_885-02.jpg

ついでにキハ220形もゲットしましたが、バスで使用される行先表示装置を使った車両も編成写真とアイコンショットをゲット。

20080506_jrkyushu_dc_220_1500-01.jpg

20080506_jrkyushu_dc_220_200-01.jpg

最後に九州横断特急の編成写真をゲットし、ゆふいんの森4号で久大本線経由で博多へ。

20080506_jrkyushu_dc_71-01.jpg

この日やってきたのは初代の編成。
JR初期に改造された車両であるため経年を経た車内はわずかに痛みが見られてましたが、近年のA-Trainベースの885系などとは好対照な内装。

当日はUターンラッシュもあって大分側は半分も埋まっていない様子でしたが、湯布院からどっと乗り込みがあり満席になってしまいました。
博多で編成写真をゲット。これでゆふいんの森の2編成ともゲットできました。

20080506_jrkyushu_dc_71-02.jpg

九州乗りつぶしの締めくくりは博多南線。
盲腸線のような路線なので意外とめんどくさかったのですが、博多南駅周辺の九州新幹線の工事を見ることが出来たので、まあ満足。

20080506_hakata_minami-01.jpg

20080506_hakata_minami-02.jpg

これで九州新幹線の博多延伸までないので、とりあえず九州の全路線の乗りつぶしは終了。
当面九州での課題は編成写真のゲットだけですね。

観光は鉄道乗りつぶしや編成写真ゲットを絡めると限定されてしまいますから、鉄道系の活動が一区切りしたらじっくりやってみたいですね。

この後博多へ戻り、のぞみ58号で帰阪しました。

20080506_jrcentral_tec_n700-01.jpg

#2008.5.10 23:30 LastUpdate

category: 日記

tb: 0   cm: 0

ゴールデンウィーク日記 2008年5月5日  

2008年5月5日(

九州遠征後半戦を迎えたこの日は長崎を立ち、鹿児島経由で宮崎へ向かうことにしました。

朝から長崎で未撮影の形式をいくつか撮影。
いくつかと言っても多数ある中の2形式だけなので、あとはイベント関連での展示などで撮影するしか方法がないようです。

20080505_nagasaki_tram_1800-01.jpg

長崎から八代へ向かうためかもめ8号に乗り鳥栖へ。
Uターンラッシュを避けてか?指定席は完売。自由席も諫早を過ぎると満席+立客が出始め、佐賀で通路にまで立席客で埋もれてしまいました(これじゃ明日が怖いですね・・・)

20080505_jrkyushu_ec_885-01.jpg

鳥栖からは予定より1本早めの八代行きに乗車。
ワンマン運転区間が大牟田~鳥栖間も行われるようになり、車両も815系が走る中、817系も進出するようになってきました。

20080505_jrkyushu_ec_817_0-01.jpg

大牟田で後追いのリレーつばめ号に乗り新八代へ。
これは新八代付近にある在来線と新幹線との連絡線を乗りつぶすため。

20080505_jrkyushu_ec_785-01.jpg

ここから出水までを九州新幹線を使う予定だったのをさらに変更して、新八代から鳥栖で乗った列車よりもさらに1本前を行く八代行きに乗って八代へ向かい八代から肥薩おれんじ鉄道に変更。
これは、新八代まで前倒しで来たため、肥薩おれんじ鉄道を全線乗り通し出来て、さらに出水で所定の列車に乗車+編成写真のゲットも出来ることため。

20080505_yatsushiro-05.jpg

出水で一段落とすことから八代から一日乗車券を購入し、川内行きに乗りひとまず出水へと向かいましたが、車内はガラガラとまでは行かなかったものの、座席が3分の2程度しか埋まらない状況。

20080505_hisatsu_orange_1day_tickets-01.jpg

20080505_hisatsu_hsor_100-01.jpg

出水で降車後、数分ほど停車しているHSOR-100形の編成写真をゲット。

20080505_hisatsu_hsor_100-02.jpg

八代から乗った車両はラッピング車両でしたが、ほかにも数種類ある模様。
このあとオリジナル塗装の車両の編成写真をゲット出来たのでホット一安心。

20080505_hisatsu_hsor_100-03.jpg

出水から快速オーシャンライナーさつま3号に乗り鹿児島中央へと向かいました。
肥薩おれんじ鉄道~JR鹿児島本線との直通快速列車と言う鳴り物入りで登場したのですが、利用的に伸びるかどうかと言う点に関すると今ひとつ分かりません。

20080505_hisatsu_hsor_100-04.jpg

鹿児島中央で鹿児島市電の最新鋭である7000形の編成写真をゲット。

20080505_kagoshima_citytram_7000-01.jpg

締めくくりは、きりしま14号に乗り宮崎へ向かいこの日は終了しました。

20080505_jrkyushu_ec_485_200-01.jpg

#2008.5.10 0:45 LastUpdate

category: 日記

tb: 0   cm: 0

ゴールデンウィーク日記 2008年5月4日  

2008年5月4日(

九州遠征2日目であるこの日は平成筑豊鉄道の乗りつぶしからスタート。

まずは行橋から犀川へ。

20080504_heichiku_400-01.jpg

予定の一本前の列車でしたが、その列車の終点である犀川で最新鋭の400形の車両写真をゲット。

20080504_heichiku_400-02.jpg

一本落として犀川から金田へ向かい、金田から運良くイベント対応車の500形に乗車し直方へ。

20080504_heichiku_500-01.jpg

直方から折り返し金田へ戻り、今度は糸田線に乗り換えて田川後藤寺へ。

20080504_heichiku_100-01.jpg

田川後藤寺から新飯塚で乗った車両は昨日と同じキハ31形でしたが、この日は3分の2をロングシートに改造した車両に当たってしまいました。

田川後藤寺から新飯塚乗換えで博多へ戻り、博多から白いかもめに乗り長崎へ。

長崎に到着するとホテルにチェックインして大きな鞄を部屋に放り出すと長崎電気軌道の乗りつぶし。
単純に乗りつぶすとあっという間に終わってしまうので、ここでは観光を絡めることに。

20080504_nagasaki_tram_200-01.jpg

今回は南山手にあるグラバー園・大浦天主堂と浦上にある平和公園・浦上天主堂を巡り、締めくくりは稲佐山に登って展望台からの夜景を堪能してきました。

20080504_nagasaki_glover_garden-01.jpg
20080504_oura_catholic_church-01.jpg
20080504_nagasaki_peace_park-01.jpg
20080504_urakami_cathedral-01.jpg
20080504_nagasaki_peace_park-02.jpg

20080504_nagasaki_ropeway-01.jpg

20080504_mt_inasayama-01.jpg


このあと、遅めの夕食をとり宿へ戻り2日目は終了。

この時点で九州で残るは博多南線だけとなりましたが、編成写真を一部残しているところがあるため遠征後半戦となる3日目からはそちらにシフトしていくことになります。

#2008.5.9 23:20 LastUpdate

category: 日記

tb: 0   cm: 0

ゴールデンウィーク日記 2008年5月3日  

2008年5月3日(

さて、3日から6日までのゴールデンウィークを九州乗りつぶしの旅に充てるため、2日から博多へ乗り込んできました。
そして、初日であるこの日は朝5時から筑肥線の乗りつぶしからスタートしました。

姪浜以西の初電となる博多発5:51に乗り筑前前原へ。
手始めは市営地下鉄1000系でありましたが、2000系に巡り会えないのが残念なところ。

20080503_fukuoka_subway_1000-01.jpg

筑前前原で朝食の調達と103系1500番台の編成写真をゲット。

20080503_jrkyushu_ec_103_1500-01.jpg

筑前前原からワンマンの103系3両で唐津まで移動。
ロングシートの通勤型電車にしては珍しくトイレがついた車両があるのですが、如何せんそこの適用している色が黄色系であるというのは精神衛生面で良くない色かと・・・。

末端の西唐津はのりばが1面1線しかない為、唐津で103系が車両基地へ引き上げて行ったあとから追いかけてきたキハ47形に乗り換えて末端の一区間を乗りつぶし。

西唐津は車両基地を構える駅でありながらのりばとしては先述の通り1面1線というローカルチックな趣であるというギャップを抱えたところ。

20080503_nishikaratsu-01.jpg

ここでアイコンショットしか撮れていなかった303系の編成写真をゲット。
3編成しかないため狙うのも一苦労です。

20080503_jrkyushu_ec_303-01.jpg

西唐津から初乗車となるキハ125形に乗り、筑肥線伊万里まで乗り通し。
有田の陶器市が催される関係で単行である列車な瞬く間に100pを突破しました。

20080503_jrkyushu_dc_125-01.jpg

伊万里から松浦鉄道に乗り換えて有田へ。
ここでやってきたのは最新鋭のMR-600形ではなくMR-100形。
「はずされた」と思ったものの途中対向列車でやってきた車両がMR-600形であったことから、車内から何とか撮影できました。

20080503_matsutetsu_mr_600-01.jpg

有田から久保田へ移動し、久保田から唐津線を乗り通して、まずは今回面倒だった佐賀県内を片付けました。

20080503_jrkyushu_dc_47_8100-01.jpg

唐津から博多に戻り、福北ゆたか線快速に乗り新飯塚乗換えで田川後藤寺へ。
後藤寺線の車両がこれまでキハ40形からキハ31形に変更されていました。

20080503_jrkyushu_dc_31-01.jpg

田川後藤寺から日田行きに乗り日田彦山線の南半分を乗りつぶし。
筑肥線に続きイエローのキハ125形の単行でしたが、田川後藤寺を出た時点でも60p程度であった上、彦山まで来るまでにガラガラになってしまいました。

20080503_jrkyushu_dc_125-02.jpg

日田からは高速バスひた号で天神バスセンターへ。
ここをバスにしたのは、次の香椎線の西戸崎付近にある渡し舟に乗るため、単純に折り返してくると1時間ほど遅れてしまうためです。

20080503_nishitetsu_bus-01.jpg
日田BCから天神BCで乗車した西鉄の高速バス「ひた号」
車種は三菱ふそう製エアロバス(KC-MS829P)のシャシーをベースに西日本車体製のS型(90MC・S)のボディが架装されている。

天神から再びバスに乗り博多埠頭へ向かい、ここから福岡市営渡船に乗船して西戸崎へ。
丁度対岸に位置しているため、香椎から回り込むよりも早く到着できますが、バスのアクセスなどを考慮するとトントンと言ったところ。

20080503_fukuoka_city_ferry-01.jpg

渡船の西戸崎渡船場からはJR香椎線西戸崎駅とは徒歩圏の距離にあり、両者は目視できる場所にあります。

20080403_saitozaki-01.jpg

20080403_saitozaki-02.jpg

西戸崎から香椎線を乗り通し。

大きな集客施設のある海ノ中道からはある程度乗り込みがあるものの、所詮夜間であるため長者原を過ぎるとめっきり減ってしまいました。

20080503_jrkyushu_dc_47_0-01.jpg

20080503_umi-01.jpg

宇美から長者原まで戻り、長者原・博多乗換えでこの日の宿へ向かいました。

#2008.5.9 1:00 LastUpdate

category: 日記

tb: 0   cm: 0

2008年4月13日 首都圏新線開業オフ参加記10 横浜市営地下鉄グリーンライン・その2  

中山を出発してしばらくすると地上へ出てきます。
地上を出ると右手に車両基地を見ながらそのまま高架へと上がり川和町。

川和町から再びトンネルとなり、地下駅の都筑ふれあいの丘へ。
都筑ふれあいの丘の由来は周辺にある横浜市資源循環局都筑工場に隣接する複合施設の名称からだそうです。

丘陵地帯を駆け抜ける路線であるため、再び地上に出るとすぐセンター南に到着。
ブルーラインと並ぶように出来たグリーンラインの駅は橋上駅舎を通じて結ばれているのですが、隣のセンター北と並び、高架駅なのに橋上駅舎という形式がとられているのは丘陵地帯に近接しているため。

20080413_center_minami-01.jpg

ここは日吉方が見通しが良いため編成写真をゲットするには都合がよく、このタイミングで撮影することにしましたが、あいにくの曇り空と言うことで撮れたものはとても満足いくものではなく、次回来訪する際にリベンジを図ることになりました。

20080413_yokohama_subway_10000-02.jpg

再び乗車。
センター北を出るとすぐトンネル。
ほどなく北山田に到着。

20080413_kitayamata-01.jpg

元はこの付近が山田村で当該の駅の所在地が大字山田宇北であったことが駅名の由来になっているそうです。

グリーンラインの各駅にはステーションカラーが設定されており、下の写真にある支柱の上部まわりに採用されているの他、ベンチなどにも採用されています。

ちなみに北山田駅のステーションカラーはとうもろこし色。

20080413_kitayamata-02.jpg

改札口に通じるエスカレーターは上り下りとも用意されています。

20080413_kitayamata-03.jpg

地上側はグリーンライン狙いであるのか、集合住宅などが立ち並んでいましたが、以前あったオフ会においてバスでこの周辺を通った時にはそこまで開発されていなかったそうです。

20080413_kitayamata-04.jpg

再び日吉行きに乗り込み東山田駅へ向かいます。

→次に続く。

#2008.5.8 23:30 LastUpdate

category: オフ会参加記

tb: 0   cm: 0

2008年4月29日 阪神なんば線工事見聞10-2 西九条駅  

千鳥橋・伝法駅に続き西九条駅の様子も見てきました。

西九条駅は大阪環状線を跨ぐ跨線橋がかける工事が完了。
これまで使用機会が少なかったなんば方面用ホームの改良工事も順調に進んだことからここで見ることにしました。

ここに架けられた跨線橋は延伸されるホームの土台も兼ねていることから一体構造となっています。

20080429_nishikujo-03.jpg
20080429_nishikujo-02.jpg
20080429_nishikujo-01.jpg

一方なんば方面のりばの工事も順調に進んでおり、待合所が姿を現しエスカレーターも整備されていました。
また、案内板の整備も準備済みのようで、ここま1年近くも放置かと思われたのですが、5月中に現行の尼崎方面のりばとの切り替えが行われるようで、まもなくその場所に立つことが出来ます。

なお、切り替えられるホームにはエレベータが未設置であるため、設置されている現行ののりばの間に仮設の渡し板などを設けるようです。

話では今月中旬の予定だそうで、切り替えが確認され次第見聞する予定です。

→次に続く。

#2008.5.6 0:50 LastUpdate

category: 阪神なんば線工事の話題

tb: 0   cm: 0

2008年4月13日 首都圏新線開業オフ参加記9 横浜市営地下鉄グリーンライン・その1  

横浜から横浜線に乗り換えて中山へ移動します。

横浜線の車中で幹事さんとお話タイム。
ここの幹事さんとは直接的にやり取りする機会があまりなく、行程上とは言え2人きりと言うのは都合が良かったのです。
ここで主に話されたのは、アイコンや編成写真などの獲物ゲットにまつわる話から乗りつぶし終了にまつわる話とどちらかと言えば私寄りの話になってしまいました(汗)

中山に到着すると横浜市営地下鉄グリーンラインに乗り換えます。
横浜線の中山駅では改良工事のより乗り換え専用通路と改札口が設けられました。

20080413_nakayama-01.jpg
20080413_nakayama-02.jpg

乗り換えよう改札口を通り、奥にあるエスカレーターを下りた先にグリーンラインの改札口が見えてきます。

20080413_nakayama-03.jpg
20080413_nakayama-04.jpg

グリーンラインでは行程上、駅降り?がいくつか有るため一日乗車券を利用します。

20080413_yokohama_subway_1day_tickets-01.jpg

地下ののりばへやってくると途中離脱していた参加者が合流して来ました。

グリーンライン中山駅ののりばは一般的な島式1面2線。
今里筋線同様、ホームゲートが設けられています。

20080413_nakayama-05.jpg
20080413_nakayama-06.jpg

ここで入線してきた日吉行きをアイコンショットでゲット。
幹事さんいわく、停車時のアイコンショットを撮れるとしたら両端の駅ぐらいと言っていました。

20080413_yokohama_subway_10000-01.jpg

さて、これに乗りグリーンラインを巡ってきます。

→次に続く。

#2008.5.5 0:40 LastUpdate

category: オフ会参加記

tb: 0   cm: 0

プロフィール

サイト更新情報Twitter

DK-KawachiのTwitter

カレンダー

最近の記事

Facebook Page

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

OSAKAあかるクラブ

▲ Pagetop