FC2ブログ
DK-Kawachiの日記と雑学ノート ホーム »2018年01月
2018年01月の記事一覧

2018年1月27日 JR鴫野駅改良工事レポ  

#ただいま画像のみの暫定版です(本文は後日)

20180127_shigino-01.jpg
20180127_shigino-02.jpg
20180127_shigino-03.jpg
20180127_shigino-04.jpg
20180127_shigino-05.jpg
20180127_shigino-06.jpg
20180127_shigino-07.jpg
20180127_shigino-08.jpg
20180127_shigino-09.jpg
20180127_shigino-10.jpg
20180127_shigino-11.jpg
20180127_shigino-12.jpg
20180127_shigino-13.jpg
20180127_shigino-14.jpg
スポンサーサイト



category: おおさか東線工事の話題

tb: 0   cm: 0

2018年1月27日 梅田貨物線地下化・北梅田新駅設置工事見聞  

#ただいま画像のみの暫定版です(本文は後日)

20180127_umeda-02.jpg
20180127_umeda-03.jpg
20180127_umeda-04.jpg
20180127_umeda-05.jpg
20180127_umeda-06.jpg
20180127_umeda-07.jpg
20180127_umeda-08.jpg
20180127_umeda-09.jpg

category: なにわ筋線

tag: JR西日本  輸送力増強工事  おおさか東線  なにわ筋線  南海電気鉄道 
tb: 0   cm: 0

週末日記 2018年1月28日  

#ただいま画像のみの暫定版です(本文は後日)

20180128_osaka_bus-01.jpg
20180128_koshien-01.jpg
20180128_koshien-02.jpg
20180128_koshien-03.jpg
20180128_hanshin_bus-01.jpg

category: 日記

tag: 大阪バス  阪神電鉄バス 
tb: 0   cm: 0

週末日記 2018年1月27日  

2018年1月27日(

#ただいま画像のみの暫定版です(本文は後日)

20180127_umeda-01.jpg
20180127_hokko_kannko_bus-01.jpg
20180127_hokko_kannko_bus-02.jpg
20180127_mk_kanko_bus-01.jpg
20180127_umeda-02.jpg
20180127_umeda-04.jpg
20180127_umeda-07.jpg

category: 日記

tag: JR西日本  駅改良工事  おおさか東線  なにわ筋線  南海電気鉄道 
tb: 0   cm: 0

2018年1月20日 なにわ筋線の南海側想定ルートを歩いてみる その2  

なにわ筋線の南海側想定ルートを歩く後編・・・の前に少しだけ脱線。

南海線の高架の東側に出てみました。

20180120_naniwasuji_line_soutei-12.jpg

高架下はテナント貸しを行っており、仮に現行路線の隣接する形での建設になると場合によってはテナントの立ち退きという問題に直面します。

20180120_naniwasuji_line_soutei-13.jpg

南海電鉄本社の北側にある住宅展示場。
実はこういった類いがあるケースは買い手が付いていない土地であるという裏返しでもあるわけです。

20180120_naniwasuji_line_soutei-14.jpg
20180120_naniwasuji_line_soutei-15.jpg

左に見える「ヤマダ電機 LABI1なんば」
手前の駐車場は買い手が付かない土地であるため有効活用の意味で暫定整備されているようなもの。

20180120_naniwasuji_line_soutei-16.jpg

脱線はここまでとして本題のパークス通りへ戻ります。

この付近は都市圏の地下トンネルでもお馴染みとなったシールド工法で掘削されると思われます。

20180120_naniwasuji_line_soutei-17.jpg
20180120_naniwasuji_line_soutei-18.jpg

一方、本線腹付け案はなんばパークスと南海難波駅の間を通ると想定されています。
カーニバルモールと言われるこの通路の幅員自体は確保出来そうなので、この地下に通すと言うことですが、この先が問題となります。

20180120_naniwasuji_line_soutei-19.jpg

ちなみに南側。

20180120_naniwasuji_line_soutei-20.jpg

まず、この先には地下駐輪場が整備されています。
深さ自体はそれほどではありません。

20180120_naniwasuji_line_soutei-21.jpg

問題はここ。
難波中交差点付近の処理。
なんばパークスのカーニバルモールの地下を通るとこの付近で急なS字カーブになることです。

20180120_naniwasuji_line_soutei-23.jpg

都市の地下に建設される鉄道は地上からのアプローチなどの例外を除いて公道の下であるというのが基本なので、本線腹付け地下化~カーニバルモールの地下を通る案は昨年計画が動き始めた頃に作成した想定マップの段階で個人的に却下しました。

20180120_naniwasuji_line_soutei-24.jpg

ネットで上がっていた案としては建設中の「なんばスカイオ」の傍らに新難波駅を建設すると言うのもありましたが、費用分担と計画発表の時点で提示されていたルートを見る限り「それはあり得ない」というのは明白だったので無視しました。

20180120_naniwasuji_line_soutei-26.jpg

難波西口交差点で地下鉄御堂筋線と交差しますが、この場所では御堂筋線よりも深い地下30m付近を御堂筋共同溝が通っています。
この共同溝は千日前通りで交差する近鉄難波線のシールドトンネルとの間隔が8.8m(千日前線とは11.3m)となっていることから、選択される工法によっては共同溝の下を通すことになります。

20180120_naniwasuji_line_soutei-25.jpg

難波西口交差点から北にある大阪市営バスターミナル。
新難波駅はこの地下に設けられるのではないかと言うのが個人的な見立てです。

20180120_naniwasuji_line_soutei-27.jpg

今回はここまでとします。

category: なにわ筋線

tag: 南海電気鉄道  新線建設工事  なにわ筋線 
tb: 0   cm: 0

2018年1月20日 なにわ筋線の南海側想定ルートを歩いてみる その1  

なにわ筋線の南海側の想定ルートを実際に歩いてみることにしました。
今回は今宮戎駅から難波へ向かって歩きます。

20180120_imamiya_ebisu-09.jpg

今宮戎駅の南側は国道25号線通っています。
なにわ筋線は新今宮駅との中間点あたりで分岐すると想定されます。

20180120_naniwasuji_line_soutei-01.jpg

国道25号線の南側の様子。
この辺りがどう変わってゆくか?比較のために撮っておきました。

20180120_naniwasuji_line_soutei-03.jpg

今宮戎駅の高架近辺の様子。
一説には腹付けられる形で地下へ向かうのではないかと言うものがあるため、念のため確認しておきます。

20180120_naniwasuji_line_soutei-02.jpg

南海の高架より西側のパークス通り。
国道25号線とは戎本町交差点をT字で交差し難波へ向かって北上する形となります。
(下の画像は南側に向けて撮影したもので、正面奥の交差点が国道25号線と交差する戎本町交差点となります)
なにわ筋線はこれに沿って北上する形となると想定されますが、問題はどの辺りで地下に潜るのかです。

20180120_naniwasuji_line_soutei-04.jpg

戎本町交差点からパークス通りに入って200m先で阪神高速1号線環状線が東側から合流し、その先を並走する形で北上します。
この付近は建設されるルートや地下へのアプローチの方法により用地買収や道路の再整備が必要となるものと思われます。

20180120_naniwasuji_line_soutei-05.jpg

この阪神高速の橋脚の配置と径間によって実際の建設に際してどの程度制約を受けるかが気になるところです。

20180120_naniwasuji_line_soutei-06.jpg

この場所自体は木津卸売市場の南東側に位置します。
実際の足元を見る限り、複線分の通れるようですが、後方に制約がありそうなのは頭の中に留めておきましょう。

20180120_naniwasuji_line_soutei-07.jpg

西側に木津卸売市場を横目に阪神高速環状線と共に北へ向かいます。
この付近はもう地下に入っているのではないかと思われます。

20180120_naniwasuji_line_soutei-08.jpg

一方、この付近の南海線側はタワーマンションや南海電鉄の本社の社屋があり、高架に近接する形で歩道らしきものが整備されていますが、敷地境界が柵で仕切られていること以外に法的な規制絡みで建設用地としては使えないようです。

20180120_naniwasuji_line_soutei-09.jpg
20180120_naniwasuji_line_soutei-10.jpg
20180120_naniwasuji_line_soutei-11.jpg

後半(その2)に続く。

category: なにわ筋線

tag: 南海電気鉄道  新線建設工事  なにわ筋線 
tb: 0   cm: 0

2018年1月20日 南海今宮戎駅に降り立つ。  

#ただいま画像のみの暫定版です(本文は後日)

20180120_imamiya_ebisu-01.jpg
20180120_imamiya_ebisu-02.jpg
20180120_imamiya_ebisu-03.jpg
20180120_imamiya_ebisu-04.jpg
20180120_imamiya_ebisu-05.jpg
20180120_imamiya_ebisu-06.jpg
20180120_imamiya_ebisu-07.jpg
20180120_imamiya_ebisu-08.jpg
20180120_imamiya_ebisu-09.jpg
20180120_imamiya_ebisu-10.jpg
20180120_imamiya_ebisu-11.jpg
20180120_imamiya_ebisu-12.jpg

category: 鉄道駅巡りシリーズ

tag: 南海電気鉄道 
tb: 0   cm: 0

週末日記 2018年1月21日  

2018年1月21日(

21日はコミトレへ行くためインテックス大阪出向いて来ました。
が、特に収穫無く・・・。

20180121_intex_osaka-01.jpg

堺東へ移動して南海バスの撮影。
前回と違ってデジイチでの撮影となったので、難なく撮影。

20180121_nankai_bus-01.jpg
20180121_nankai_bus-02.jpg
20180121_nankai_bus-03.jpg

珍しくいすゞ製のCNGバス。
タンクが後方に設置されているのが特徴。

20180121_nankai_bus-04.jpg
20180121_nankai_bus-05.jpg
20180121_nankai_bus-06.jpg
20180121_nankai_bus-07.jpg

難波へ戻ったところ、12000系を使用した泉北ライナーに遭遇。

20180121_nankai_12000-01.jpg

21日はここまでです。

category: 日記

tag: 南海電気鉄道  南海バス 
tb: 0   cm: 0

週末日記 2018年1月20日  

2018年1月20日(

20日はなにわ筋線の南海側想定ルートを実際に歩いてみました。
南側から行くため今宮戎駅へ。

20180120_imamiya_ebisu-01.jpg

文字通り今宮戎神社の最寄り駅ですが、普段は都心の中にありながらひっそり駅であります。

20180120_imamiya_ebisu-03.jpg
20180120_imamiya_ebisu-09.jpg

駅を降りたら難波へ向かってひたすら歩きました。
ここでの詳細は稿を改めて後日触れます。

20180120_naniwasuji_line_soutei-04.jpg
20180120_naniwasuji_line_soutei-05.jpg
20180120_naniwasuji_line_soutei-09.jpg
20180120_naniwasuji_line_soutei-15.jpg
20180120_naniwasuji_line_soutei-18.jpg
20180120_naniwasuji_line_soutei-19.jpg
20180120_naniwasuji_line_soutei-25.jpg
20180120_naniwasuji_line_soutei-27.jpg

大阪駅へ移動して市バスの撮影。
先週に引き続きCNGバス狙いでしたが、市バスのCNGバスはいすゞ・三菱ふそうがあり、ここでは三菱ふそうだけ捉えることができました。

20180120_osaka_city_bus-01.jpg
20180120_osaka_city_bus-02.jpg
20180120_osaka_city_bus-04.jpg
20180120_osaka_city_bus-05.jpg

この日はここまでです。

category: 日記

tag: 南海電気鉄道  新線建設工事 
tb: 0   cm: 0

週末日記 2018年1月14日  

2018年1月14日(

14日は学園前駅の撮影からスタート。
早速、目の前を奈良交通の車両としては珍しいメトロ窓のエルガに遭遇。

20180114_nara_kotsu_bus-01.jpg

奈良交通の車両は熊本ほどではないものの、県内全域に路線網を有していることから幅広い年式の車両が在籍しており、ネタには事欠きません。

20180114_nara_kotsu_bus-02.jpg
20180114_nara_kotsu_bus-03.jpg
20180114_nara_kotsu_bus-04.jpg

近鉄京都線で移動し向島へ。
ここは近隣の団地を結ぶ路線があり、近鉄バスと京都京阪バスを捉えることができます。

20180114_kintetsu_bus-01.jpg
20180114_kyoto_keihan_bus-01.jpg

定番の京都駅へ。
なかなか撮れなかった西日本JRバスに在籍するエアロスターのツーステップ車を捉えることができました。

20180114_kyoto_bus-01.jpg
20180114_kyoto_bus-02.jpg
20180114_kyoto_city_bus-01.jpg
20180114_kyoto_city_bus-02.jpg
20180114_kyoto_city_bus-03.jpg
20180114_west_jr_bus-01.jpg
20180114_west_jr_bus-02.jpg

14日はここまでです。

category: 日記

tag: 奈良交通  近鉄バス  京都京阪バス  京都市営バス  京都バス  西日本JRバス 
tb: 0   cm: 0

週末日記 2018年1月13日  

2018年1月13日(

13日は地元近辺で近鉄バスの撮影。
まずは八戸ノ里駅で。

20180113_yaenosato-01.jpg

この日は近畿大学の開校日で直行バスが運行日カレンダー上のAダイヤでの運行だったので、そこそこの本数が撮影出来ますが当日はブルーリボンシティのワンステップバスが主に運用に入っていました。

20180113_kintetsu_bus-02.jpg

一方、金物団地前方面の中央環状線は昨年から枚岡営業所より移籍した日野レインボーが使われていました。
ここへ運行ダイヤによっては中型レインボーHRの長尺車や大型車が入ります。

20180113_kintetsu_bus-01.jpg

八戸ノ里駅近くでは西友跡の建設されているライフが姿を現していますが、オープンすれば目の前を通る中央環状線(旧道)が渋滞するのが目に見えています。

20180113_yaenosato-02.jpg
20180113_yaenosato-03.jpg

鴻池新田駅へ。
ここの近鉄バスのりばは駅改札口を出て南側に位置しています。

20180113_konoikeshinden-01.jpg

かつて門真団地への路線があったため、走路の両側に乗車用のバスベイを有していますが、現在は小阪駅前へ行く春宮線のみであるため東側のみ使用されています。

20180113_konoikeshinden-02.jpg

目的は春宮線限定で使用されているCNGバス狙いですが、稲田営業所には1台しかないため寒い中を1時間近く待って捉えました。

20180113_kintetsu_bus-03.jpg

しかし、このあと回送・・・。

20180113_kintetsu_bus-04.jpg

日も落ちて暗くなったのでこの日はここで切り上げました。

category: 日記

tag: 近鉄バス 
tb: 0   cm: 0

三連休日記 2018年1月8日  

2018年1月8日(

遠征最終日は八代城跡へ登城し、午後は大阪へ帰るまでの時間を利用してバスを撮影と言う流れです。

熊本交通センターのコインロッカーにキャリーカートを預けて熊本駅へ。
いよいよ全面高架化される予定で、現在の白川口の駅舎も見納めに・・・。

20180108_kumamoto-01.jpg
20180108_kumamoto-02.jpg

八代からは九州産交バスに乗るのですが、八代駅では駅舎建替え工事が着手されるため以前は駅舎よりにあったバスのりばが、広場を挟んで向かい側にあるホテル前に暫定移転されていました。

20180108_yatsushiro-01.jpg
20180108_yatsushiro-02.jpg
20180108_yatsushiro-03.jpg
20180108_yatsushiro-04.jpg
20180108_yatsushiro-05.jpg

バスに乗って八代城跡の最寄りとなる八代宮前へ。

20180108_yatsushiro_castle-01.jpg

八代城跡は廃城した明治以降に殆どが改変されてしまい、八代宮の境内となった本丸跡の石垣が比較的良い状態で残されているほか、北ノ丸跡の一部は中期以降の城主だった松井家を祀る松井神社として残されているだけとなっています。

20180108_yatsushiro_castle-02.jpg
20180108_yatsushiro_castle-03.jpg
20180108_yatsushiro_castle-04.jpg
20180108_yatsushiro_castle-05.jpg
20180108_yatsushiro_castle-06.jpg
20180108_yatsushiro_castle-07.jpg
20180108_yatsushiro_castle-08.jpg

また現在、八代城跡と称されいたものは3箇所ありますが、それぞれが異なる時代に存在し、一つ目は南北朝時代から戦国時代まで存在した古麓城(ふるふもとじょう)、2つ目は安土桃山時代から江戸時代まで存在した麦島城(むぎしまじょう)、そして大地震で倒壊した麦島城に代って松江町に築城されて現在は八代宮の境内となっていて現在の八代城跡として指定されているもので、これら3つの城跡は「八代城跡群」として国の史跡として指定されています。

熊本へ戻って昼食を挟んでから、熊本交通センターでバスの撮影。
撮影の最中、それまで止んでいた雨が降り始め、傘を差しながらの撮影となってしまいました。

20180108_kumaden_bus-01.jpg
20180108_kumaden_bus-02.jpg
20180108_kumamoto_bus-01.jpg
20180108_kumamoto_bus-02.jpg
20180108_kumamoto_toshibus-01.jpg
20180108_sankou_bus-01.jpg
20180108_sankou_bus-02.jpg
20180108_sankou_bus-03.jpg
20180108_sankou_bus-04.jpg

15時半頃から雨足が強くなったため撮影を切り上げ。
キャリーカートを回収して熊本空港へ移動し、出発までの間に早めの夕食。

20180108_diner-01.jpg

夕食を終えて搭乗口へ出向くと、乗る予定のANA528便が遅れているとのこと。
結局、20分遅れで出発することになりましたが、今後の遠征では飛行機路を利用する機会が増えるので、マージンは余分に取っておくことが必要になりそうです。

20180108_ana528-01.jpg

これで1月の三連休は終り。
現実に引き戻されていきます。

category: 日記

tag: 日本の城郭  続日本100名城  肥後八代城 
tb: 0   cm: 0

三連休日記 2018年1月7日  

2018年1月7日(

遠征2日目は菊池十八外城の一つで日本城郭協会から続日本100名城に認定された鞠智城跡の登城、午後からは熊本電鉄の撮影と熊本市内のバス車両の撮影に勤しむことにしました。

朝は新ターミナル建設で仮設状態である熊本交通センターから熊電バス・北1系統の菊池温泉行きに乗り、菊池プラザへ。
この北1系統は藤崎宮前から御代志までのほとんどの区間を熊本電鉄の鉄道線に併走する形となりますが、御代志から菊池までの区間はかつて鉄道線が通っていた区間だったそうで、しかもバス路線自体は熊本駅まで結んでいることから競合と言うよりも補完関係に近いとも言えます。

20180107_kikuchi-01.jpg

菊池プラザはかつての鉄道線の終点で建物自体は廃止された当時のものだそうです。

20180107_kikuchi-02.jpg

駅前は熊電バスと九州産交バスの鉄道代替路線が乗り入れていますが、九州産交バスは鉄道代替路線を除く路線が交差点を挟んで斜向かいにある旧営業所前の菊池産交停留所から発着しています。

20180107_kikuchi-03.jpg
20180107_kikuchi-04.jpg

ここから九州産交バスの遊蛇口・来民中町経由・山鹿温泉行きに乗車し一寸榎まで移動します。
一寸榎から鞠智城跡までは徒歩で1kmほど歩いた先にあります。

20180107_issunenoki-01.jpg

史跡公園として復元・整備された鞠智城跡は想像していたよりも広範囲に整備されていたのですが、バスのダイヤの関係で現地滞在が1時間10分しか確保できず全部まわるのは無理。
結局、主郭部のところだけ見るだけで終わってしまったことから、あと2回来訪するか昼を挟んでほぼ一日仕事でないとダメのようです。

20180107_kikuchi_castle-01.jpg
20180107_kikuchi_castle-03.jpg
20180107_kikuchi_castle-04.jpg

菊池へ戻って昼食を挟んでから、御代志へ。

20180107_miyoshi-01.jpg

熊本市内へ直接戻らず御代志なのは熊電の車両を撮影するため。

20180107_kumaden_01-01.jpg
20180107_kumaden_01-in01.jpg
ちょうど元東京メトロの01系が折り返し待ちだったことから、存分に撮影してきました。

20180107_kumaden_01-02.jpg
20180107_kumaden_01-03.jpg

熊本市内へ戻って夕方までは熊本交通センターでバス車両の撮影。
路線によって一巡どころか二巡してしまいましたが、満足のいく成果は得ました。

20180107_kumamoto_bus_terminal-01.jpg
20180107_kumamoto_bus_terminal-02.jpg

2日目はこれで終了。
ホテルへ戻って3日目に備えます。

category: 日記

tag: 熊本電気鉄道  日本の城郭  続日本100名城  筑後鞠智城  熊本電鉄バス  九州産交バス  熊本バス  熊本都市バス 
tb: 0   cm: 0

三連休日記 2018年1月6日  

2018年1月6日(

6日から8日までの三連休を使って熊本の城廻と鉄道・バスの撮影をすることにしました。

初日である6日は午後から出発し空路で熊本入りするだけとなりました。

大阪から熊本への空路だと伊丹の大阪空港ということで、空港へのアクセスは上本町駅2階にあるバスターミナルから出るリムジンバスを利用。
関空リムジンや上本町・あべのシャトルバスとは違って駅の入口にあるわけでは無く、都ホテル大阪の2階へ上がり車寄せの前を通り過ぎた先にのりばから発着しています。

20180106_uehommahi-01.jpg

元々、近鉄バスの高速バスや一般路線バス(東大阪市内を横断して石切神社前までを結ぶ路線で現在は廃止)が発着するターミナルだった経緯から2階バスターミナルの構内には高速バスの発券所やバスの待機所があるためであり、本来はここがメインで駅1階にあるのりばは後から新規された路線のために設けられた感じのようです。
統一が出来ないのは伊丹便・関空便ともほどよく本数があり上本町・あべのシャトルバスが加わった現状では双方とも手狭であるため裁けないと言う実情があるというのが個人的な見立てです。

伊丹の到着後は昼食を挟んで、熊本行きの搭乗口へ。
今回往路で搭乗するANA1627便は小型のプロペラ機であるため、ボーディングブリッジで直接搭乗できないため、一度に据え付けられた階段で屋外に出てから搭乗すると言う方式が採られています。

目の前で見る旅客機を思わず撮ってしまいましたが、同じことを考える人は何人かいるようで・・・。

20180106_ana_1627-01.jpg

定刻通り離陸しましたが、当日は向かい風の中を飛んでいるため遅れるとのこと。

20180106_ana_1627-02.jpg

阿蘇の内輪山を横目に見ると程なく熊本空港に到着。
予定より5分ほど遅れましたが、まあ気にする程でもありません。

20180106_ana_1627-03.jpg

到着後は熊本市内を結ぶリムジンバスに乗車。
市内到着後はすぐにホテルへチェックインしてこの日は終了としました。

category: 日記

tb: 0   cm: 0

プロフィール

サイト更新情報Twitter

DK-KawachiのTwitter

カレンダー

最近の記事

Facebook

フォト蔵

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

OSAKAあかるクラブ

▲ Pagetop