FC2ブログ
DK-Kawachiの日記と雑学ノート ホーム »2018年11月
2018年11月の記事一覧

三連休日記 2018年11月25日  

2018年11月25日(

遠征最終日は能登半島へ足を伸ばします。

往路は北鉄奥能登バスの輪島特急を利用。
輪島特急をはじめとする金沢市内から能登半島方面への特急バス群は鉄道系が穴水まで縮小されたため、能登半島から石川県の中心部への足でもあり、日本海に面した内灘町にある金沢医大病院へのアクセスとしても機能していることから便によっては複数台で運行されることもあります。

今回乗車した便は朝早い輪島行きであるため、2割程度に留まります。

輪島に到着。
停留所名の「輪島駅前」と示されるとおりのと鉄道の輪島駅跡で、現在は道の駅輪島が整備されていますが、かつて鉄道線の終点だったことを示すモニュメントが施設内に整備されています。

昼までの間は輪島の市街地を散策。
朝市を見てきましたが、基本的に観光客相手の感があり、個人的な関心は今ひとつ・・・。

道の駅輪島へ戻って穴水行きのバスが来るまでの間は北鉄奥能登バスの車両を撮影。
こちらも路線網が広く営業所も複数あるためことから、北鉄バスグループで販売されている能登半島エリア内の乗降フリーの乗車券を使ってじっくりと攻めてみたいものです。

午後からは穴水経由で七尾へ。
七尾では北鉄能登バスを撮影。

金沢市内から転籍したと思われる車両が見られます。
北鉄バス本体の方では車両の置換えが進められており、それらに押し出される格好でグループ内の旧型車を置き換えている感じです。

七尾から413系に乗って七尾線を金沢へ戻ります。
七尾を出るときにはあまり乗っていない感じですが、能登半島を横断して羽咋辺りから金沢に進むにつれて纏まった乗り込みが見られますが、運転本数から見る限り増発するほど利用があるのか微妙な印象を受けます。

現地の活動はここで終了。
サンダーバード40号に乗って帰阪しました。

#ただいま画像無しの暫定板です(画像は後日)
スポンサーサイト



category: 日記

tb: 0   cm: 0

三連休日記 2018年11月24日  

2018年11月24日(

遠征2日目は早朝から活動開始。
まずは415系800番台や413系の車内写真の撮影。

北陸本線の系統では余程の閑散駅で無い限り昼間での車内写真の撮影は難しいため、この時間帯が狙い目でした。

案の定、狙い通り人気が無い状態が多かったことから難なく車内写真の撮影が出来ました。
特に415系800番台は実質七尾線閉じ込め運用であるため、ここで捉えておかないと難しかったと思います。

413系は数年前に七尾で撮影していましたが、撮り漏らしが多くあったための再撮影です。
撮影した413系は2本繋いだ6両編成であったことも幸いし、折り返しの小松も含めて撮影の穴埋めは出来ました。

一旦ホテルへ戻って朝食を撮った後、高速バスに乗って富山へ。
金沢市内と砺波・高岡と富山市内の2系統ある高速バスは新幹線開業以前からあるものでしたが、実はこれまで利用の実態がよく分かっていなかったこともあって今回利用した次第。

なんと言っても両都市間直行であることや、混みやすいIRいしかわ鉄道やあいの風とやま鉄道を利用するよりも楽と言う点でも、少なくとも3割~半分ほど埋まるほどの利用があり、比較的手堅い路線とも言えます。

富山に到着後は南口バスのりばから出入りするバスを撮影。
こちらも年式の新しい車両が進出しており、中には行先表示をフルカラーLEDにした車両も見受けられました。

高岡へ。
駅北口は車両の流れが櫛状になる形で整備されているため、事前に調べておかないと車両の流れが掴めず、実際の撮影には難儀させられました。

高岡からは加越能の高速バスに乗って金沢へ。
こちらは砺波から北陸道に入りますが、そこまでの一般道路の走行距離が富山線のよりも長いため思っている以上に時間が掛かります、そのため実際の利用は高岡市内よりも砺波市内からの利用が目立ちます。

そして本日2度目の小松へ。
前日は日没でタイムアウトしたため、もう少し明るい時間帯での撮影としました。

ここで懸案事項だったフルカラーLED車を捉えました。

撮影終了後はホテルへ戻って翌日の最終日に備えます。

#ただ今、画像無しの暫定板です(画像は後日)

category: 日記

tb: 0   cm: 0

三連休日記 2018年11月23日  

2018年11月23日(

11月23日は祝日であることから今週末は三連休となりました。
と言うことで、この三連休を利用して数年ぶりに北陸遠征をすることにしました。

今回は金沢を中心に路線バスの撮影にできるだけ絞り込む予定ですが、鉄道の方も撮っておきたいものがあることから、基本的には自由に動くことにしました。

往路はサンダーバード3号で金沢入りをしたのですが、初っ端から環状線の京橋駅構内で上屋の一部が沈むというトラブルで運転見合わせ。
これは外回りホームであったため、内回りの方は程なく動いたことから予定の列車には定刻通り乗車し大阪へ移動。

サンダーバード3号に乗って一安心と思ったら、京都で思わぬ足止めを喰らいます。
実は湖西線の蓬莱駅で飛来物(ビニール)が絡まり運転見合わせとのこと。
復旧のための要員を送り込むのに1時間を要すると知らされ「ああ、そうなると米原経由になりそう」と思っていたところ、予想通り米原経由に変更。

10分ほど遅れて京都を出たものの、琵琶湖線内で先行の普通列車に頭を抑えられ、敦賀到着の時点で45分にまで拡大してしまいました。
それでも金沢到着まで2分取り戻して43分遅れで済んだという意味ではこれまであった経験を持ってすればその程度で済んだダメまだマシです。

金沢に到着後、ロッカーに鞄を預けてバックパッカースタイルで活動開始。
まずは西口での撮影。

サブターミナル的な使われ方のため、海側の地区へ向かう路線と小松空港リムジンバスのほか、貸切や特定輸送のバスも捉えることができました。

そしてメインターミナルの東口へ。
こちらは市内や内陸部への路線が集まるほか、都市間高速バスもここへ乗り入れており、撮るだけで必死です。

車両の世代が変わりつつあるためか、比較的年式の新しい車両の割合が多かった印象を受けます。

金沢から加賀温泉駅へ。
北陸新幹線の福井延伸の工事のため仮駅舎での営業となっており、工事自体は併設される新幹線の高架の構築が進められていました。

バスは基本的に北鉄バスの系列である加賀白山バスと周遊バス「CAN BUS」を運行している日本海観光バスで、前者が駅前まで乗り入れ、後者は少し離れた場所から発着していることから。
東側にある加賀市メディカルセンターから出てくるところを狙う方が効率よく撮ることが出来るようです。

小松へ。
こちらは北陸バス系列の小松バスだけ西口で、イオンモールへの無料シャトルバスや夜行高速バスは東口で使い分けがなされていますが、今回はメインの小松バスだけに絞り込みました。

小松駅では新幹線の駅も併設されることになっていることから、既に高架橋の構築が進んでいます。

この日はここから
金沢市内のホテルへ向かって2日目に備えます。

#ただ今、画像無しの暫定板です(画像は後日)

category: 日記

tb: 0   cm: 0

週末日記 2018年11月3日  

2018年11月3日(

11月3日はJR西日本の網干総合車両所本所において一般公開イベントが催されることから網干へ出向いて来ました。

今回は「はまかぜ1号」に乗って姫路へ。
Aシートをはじめとする有料座席サービス関連の見聞で今回初めてキハ189系に乗車。

当日のはまかぜ1号は所定の3両編成でしたが、指定席は満席であると案内されていました。
7割方は大阪からの乗車で、残っていた空席は途中の三ノ宮、神戸、明石、姫路での乗り込みで埋まってしまいました。

全体としては但馬地区への利用とおぼしき人達が9割ほどで、姫路での降車は1割程度。
このことから、Aシートが上手く行くかどうかは判断が難しいところです。

網干の会場へ到着したのは11:30頃
ここでの目的は223系1000番台が入場しているかどうかだけだったので、撮影はさらりと済ませます。

昼食を挟み、午後はシャトルバスで使用されている神姫バスなどを撮影。
網干のイベントでは子会社のウエスト神姫の車両がメインで使用され、本体の神姫バスは比較的新しい車両が入ってきているだけのようでした。

明石へ移動。
ここでは先日営業運転に入った山陽電鉄の5000系リニューアル車が狙い。

タイムアップギリギリまで粘りましたが遭遇出来ず。

時間切れとなったため、ここで打ち切って帰宅しました。

#ただ今、画像無しの暫定板です(画像は後日)

category: 日記

tb: 0   cm: 0

プロフィール

サイト更新情報Twitter

DK-KawachiのTwitter

カレンダー

最近の記事

Facebook

フォト蔵

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

OSAKAあかるクラブ

▲ Pagetop