FC2ブログ
DK-Kawachiの日記と雑学ノート ホーム »2019年05月
2019年05月の記事一覧

週末日記 2019年5月19日  

2019年5月19日(

この日はまず、近鉄奈良線の連立事業見聞。
現在は高架下の側道などの整備が進められていますが、若江岩田駅では仮駅舎があった場所に車寄せの整備が進められています。

続いて東花園駅。
こちらは南側にある側道の整備が進められていますが、今回の連立事業で高架化された区間の南側は河内花園駅東側~東花園駅西側の一部を除いて歩行者・自転車道として整備されます。

奈良へ。
ここへ来た目的は奈良県庁の隣に整備された貸切バス専用のりばの奈良公園バスターミナルを見るため。

16台分ある発着スペースは基本どのスペースでも乗降出来るのですが、通常の運用では東側が乗車、中央の島と西側が降車用に使い分けて運用されているようです。

この鳴り物入りで整備された貸切専用バスターミナルは評価が割れているようで、予約制で利用料金が高く、ターミナルの周辺の道路は改良しないままであるためバスの出入りで余計渋滞するとか、東大寺からも春日大社からも遠いから使わないとか散々ですが、そもそも、奈良市の中心部にある観光スポットが広範囲にあることを考えれば、こうなるだろうな事ぐらいは想像出来ます。

そもそも中心部を通る幹線道路網が基本的に細いことと、駐車場不足あたりが根本的原因であること、そして不満を言っている連中が実はその主な原因者でもある辺り、なかなか自分勝手なこと言うな~と思いながらバスターミナルを後にしました。

#ただ今、画像無しの暫定板です(画像は後日)
スポンサーサイト



category: 日記

tb: 0   cm: 0

令和元年の黄金週間日記 2019年5月6日  

2019年(令和元年)5月6日(

令和元年のゴールデンウィーク最終日は南海の9000系リニューアル車「マイ・トレイン」を狙いに南海本線へ。
営業列車に入っているか分からないまま挑んだものの、最終的に羽倉崎の車庫でお休みしているのが分かり、空振りに終わりました。

和歌山市乗り換えでJR和歌山へ。
和歌山線ホームにある乗換改札などを見るのが目的でしたが、仕組み自体は加古川や姫路で導入されているものと同じですが、先の2例が高架駅であるのに対しこちらは地上駅で地下通路と跨線橋からのアクセスとなることから、乗り換え改札口自体はホーム側に用意されています。

この乗り換え改札口は和歌山線の高田~五条へのICOCA導入に伴い設置されたもので、和歌山までの運賃チェックと不正乗車の抑止を図るためのものなので、ICカードでタッチしても残高が差し引かれることはありませんが、車載型ICOCA改札機が搭載されている227系1000番台に置き換えられる2020年春までは非対応区間である田井ノ瀬~大和二見の各駅へ行く場合は乗り換え精算機を利用する必要があり、逆の場合できっぷ未購入の場合はホーム中程の精算窓口での精算が必要となります。

この日はここまで、紀州路快速に乗って令和最後のゴールデンウィークを終えることになりました。

#ただ今、画像無しの暫定板です(画像は後日)

category: 日記

tag: JR西日本  南海電気鉄道 
tb: 0   cm: 0

令和元年の黄金週間日記 2019年5月4日  

2019年(令和元年)5月4日(

一日完全なオフをとって5月4日はOsaka Metroの「なつかしの車両公開イベント」に当選したので、そちらへ行ってきました。

まずは森ノ宮検車場から。
こちらでは大阪市電の2200形、市営地下鉄の60系、50系が、正面入り口側に、研修棟を挟んで別の場所に30系のアルミ車とセミステンレス車が屋外に展示されていました。
いずれも車内を見ることが出来ますが、経年劣化が進んでいる座席などは座らないようにと言う注意書きが掲示されている車両もあります。

一方、屋内では市電の800形とトローリーバスが展示されていました。
こちらも車内も公開されていました。
トローリーバスをお目に掛かったのは今回が初めて。

続いて鶴見緑地内にあるテニスコートの直下に建設された鶴見検車場へ。
半地下式となっている鶴見検車場は長堀鶴見緑地線と今里筋線の車両基地となっています。

ここでは洗車体験がメインとなっており、床の点検蓋を外して透明なボックスで被された状態で車輪周りを見られることが出来るようなっていました。

また、今里筋線から長堀鶴見緑地線へ転用されることになった80系とオリジナルの80系が2本並んで展示されていました。

昼食を挟んで緑木検車場へ。
こちらは市電保存館が公開されていたほか、洗車体験も行われていました。

最後は門真南まで移動して、70系の車内写真の撮影へ。
車内照明がLED化されて以降の写真を撮っていないため、再撮影することにした次第です。

この日はここまでです。

#ただ今、画像無しの暫定板です(画像は後日)

category: 日記

tb: 0   cm: 0

令和元年の黄金週間日記 2019年5月2日  

2019年(令和元年)5月2日(

遠征最終日であるこの日は山形から庄内地区へ抜けて、鶴岡市の鶴ヶ岡城への登城と庄内地区のバスを撮影することにしました。
ホテルをチェックアウトしてあとは山形駅前でバスの撮影。

駅前広場に下りた時点で7Eを見つけて慌てて撮影。
その後は定位置での撮影となりました。

山形から新庄経由で酒田へ。
山形線では踏切の遮断棒の先端が飛ばされて安全確認があって、12分遅れ。
新庄から乗り換えた陸羽西線では強風のため風力計が規制値に引っかかり、乗降運転して20分ほど遅れるという幸先の悪そうな道のりでした。

坂田では駅から徒歩で2分ほどの場所にある庄内交通のバスターミナルへ。
都市圏にありそうな立派なものではなく、こぢんまりとした小規模なターミナルではありますが、旅行センターと待合所が有しているなど一通りの機能は持たされています。

ただ、バス自体の本数が少ないため、撮ると言う意味ではしんどいかと・・・。

坂田から鶴岡へ移動。
乗車した村上行きは終点側が直流電化であるため、交直流電車の配置のない当地ではセクション越えの列車は気動車だったりします。

鶴岡に到着したものの、駅構内のコインロッカーに空きが無いという問題が・・・。
やむを得ず、徒歩で5分ほどの場所にある庄内交通のエスモールバスターミナルのコインロッカーに荷物を預けることにしました。

ここからは鶴ヶ岡城跡へ。
バス撮影の時間も割く必要があるため全てまわることが出来ず、実質3分の1で終わらせざるを得ず、残りはまたの機会となりました。

鶴岡駅へ戻って、バス撮影へ。
当日は休日ダイヤであることと、バス自体の運行ダイヤが羽越本線のダイヤに合わせられているためか、来るときは纏まってやってきて、来ないときは数十分もの間は何も来ないという状態で、且つ当日は強風であったことから、結構辛い撮影となりました。

16時過ぎに撮影を切り上げ。
いなほ12号で新潟へ。

一部が高架に切り替えられた新潟で在来線特急と上越新幹線の同一ホームでの乗り換えも体験。
九州新幹線の暫定開業に見られた新八代での乗り換えとは異なり、両者の間に数ヶ所ある乗換改札口を通る必要が生じています。

新潟からとき342号に乗り換えたまでは順調でしたが、この日吹き荒れた強風の影響で東北新幹線の系統でダイヤが乱れた余波を受けて大宮から東京まで団子運転状態に遭い、16分遅れで東京着となりました。

東京で遅めの夕食を調達してからのぞみ431号で帰阪。
「平成」から「令和」の元号跨ぎだった5泊6日の遠征をこの日の深夜着で終えました。

#ただ今、画像無しの暫定板です(画像は後日)

category: 日記

tb: 0   cm: 0

令和元年の黄金週間日記 2019年5月1日  

2019年(令和元年)5月1日(

平成31年から令和元年に改元された5月1日は遠征5日目。
この日は続日本100名城の一つに認定されている向羽黒山城への登城をメインに据えて、あとは例の電気バスを狙います。

郡山市内のホテルをチェックアウトしたあと、昨日に引き続き高速バスで会津若松へ。

会津若松からは会津バス本郷線に乗り変え。
昨日の観光路線バス白河線はJRの駅前2番のりばでしたが、本郷線は会津若松市内完結の路線ではなく阿賀川をの会津美里町(あいづみさとまち)を結ぶ郊外線に相当するため、東側のバスターミナルから発着します。

会津バス本郷線・本郷車庫行き(※1)で本郷インフォメーションセンター前(※2)まで乗車。
狭隘な区間を走行するため中型車が主に充てられています。

本郷インフォメーションセンター前に到着
停留所の由来となる会津美里町本郷インフォメーションセンターは地元の観光協会が入居している公共施設で、向羽黒山城への拠点しても機能しており駐車場を完備されています。

リーフレットをもらっていざ登城。
向羽黒山城は会津美里町にある観音山・羽黒山・岩崎山が連なった山である「白鳳三山」のうち、岩崎山に築城された東北地方最大規模の山城とされており、その規模は会津若松城(現地では鶴ヶ城)の倍といわれています。

最高峰である羽黒山の向に城として造営されたことから向羽黒山と称され、それが城の名称の由来となった向羽黒山城は岩崎山東側の崖そのすぐ近くを流れる阿賀川をはじめとす天然の要害と大規模な土塁や堀切で造営されたおり、それらは国内屈指と言われています。

史跡に指定されている岩崎山はその範囲も大きく且つ険しいため、登城を開始して全てを廻りきるまでに2時間半は掛かりました。

会津若松駅へ戻ると、今度はバス撮影。
狙い目である例の電気バスは福島県側から尾瀬に入るシャトルバスである通称「尾瀬バス」の専用車として2018年度に導入されたのですが、尾瀬のオフシーズンはシャトルバスの運行がお休みであることから、その間に限り会津若松市内の路線で使用されているそうなので、駅前の交差点側から狙うことにしました。

待つこと20分。
ようやくやって来た電気バスは車体全面に専用のラッピングが施されているため、国内入りしたプレーンさがなくなって原型がよく分からない状態となっていました・・・。

16時前まで粘りましたが、それっきりだったため、撮影はここで切り上げ。
郡山に戻って夕食を挟んでから山形市内のホテルへ移動して、遠征5日目は終了としました。

注)地方の路線では行先が停留所名ではなく、その停留所の地区で表示されるケースが多く、会津バスのその例に漏れず多数ある。
1:「本郷」で案内されるケースもある
2:「インフォメーションセンター前」で案内されるケースがある


#ただいま、画像のみの暫定版です(画像は後日)

category: 日記

tb: 0   cm: 0

プロフィール

サイト更新情報Twitter

DK-KawachiのTwitter

カレンダー

最近の記事

Facebook

フォト蔵

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

OSAKAあかるクラブ

▲ Pagetop