FC2ブログ
DK-Kawachiの日記と雑学ノート ホーム »2019年10月
2019年10月の記事一覧

週末日記 2019年10月27日  

2019年10月27日(

#ただいま画像のみの暫定板です(本文は後日)

20191027_higashi_hanazono-01.jpg
20191027_higashi_hanazono-02.jpg
20191027_higashi_hanazono-03.jpg
20191027_shinke_higashi-01.jpg
20191027_shinke_higashi-02.jpg
20191027_miyukicho-01.jpg
20191027_miyukicho-02.jpg
20191027_miyukicho-03.jpg
20191027_hyotanyama-01.jpg
20191027_hyotanyama-02.jpg
20191027_hyotanyama-03.jpg
20191027_hyotanyama-04.jpg
20191027_hyotanyama-05.jpg
20191027_shiki-01.jpg
スポンサーサイト



category: 日記

tag: 近鉄バス 
tb: 0   cm: 0

週末日記 2019年10月26日  

2019年10月26日(

この日は連節バスを狙いに三田へ。

20191026_aeon_kobekita-01.jpg

イオンモールへ出向いたものの、微妙なので三田駅へ。
関西学院大学行きの連節が待っていたので撮影。

20191026_shinki_bus-01.jpg

三田は平日のみ運行されている学研都市や南草津とは異なり、土休日も運行されていることから撮影するハードルが低く、後回しになりがちでした。

20191026_shinki_bus-02.jpg

神鉄に乗って鈴蘭台へ。

20191026_shintetsu-01.jpg
20191026_suzurandai-04.jpg

自由通路とセットの橋上駅舎化されてからは初来訪。

20191026_suzurandai-05.jpg
20191026_suzurandai-06.jpg
20191026_suzurandai-03.jpg
20191026_suzurandai-02.jpg

駅舎自体は東側の駅ビルとセットで建設された経緯から改札外コンコースと繋がっています。

20191026_suzurandai-01.jpg

新開地では発車標の更新が行われ、液晶ディスプレイとなりました。
改札内コンコースの方はNEC製の業務用4:1のものが採用されているのに対し、ホーム階の方は16:9の機材が採用されていました。
表示の様式などは神戸高速線の西代~元町の運行管理者である阪神電鉄の仕様となっています(南北線は神鉄の標準仕様)

20191026_shinkaichi-01.jpg
20191026_shinkaichi-02.jpg
20191026_shinkaichi-03.jpg
20191026_shinkaichi-04.jpg

この日は以上です。

category: 日記

tag: 神姫バス  神戸電鉄  神戸高速鉄道 
tb: 0   cm: 0

秋期休暇日記 2019年10月22日  

2019年10月22日(

遠征最後である10月22日は北九州市内を中心に撮影を行いました。
午前中は北九州BRTの連節バスを狙うべく、小倉を手始めに・・・。

JR小倉駅よりも平和通に近い交差点での撮影となりました。

ここは小倉駅のターミナルを経由せず営業所が併設されている砂津のターミナルへの向かう経路と小倉駅を経由または発着する経路の複数があるため、ポジションを誤ると逃げられてしまいそうですが、最初は連節でも1往復しか当てられていない特快25番系統を狙います。
7時台と言うこともあって人も疎らで自家用車の交通量も少なめであったことに助けられ、数分ほどの遅れが見られたものの無事に撮影出来ました。

続いて黒崎駅前へ移動。
ここではバスターミナルへ出入りする車両を撮影。
構図的には進入する向きによって微妙な感じとなり気味ですが、西工の58MCという1990年代製作の車体を架装した車両を撮影出来ました。

昼食を挟んでから連節バスの乗車。
西鉄バス北九州の在籍する連節バスは基本的に西鉄北九州線の代替である1番系統の特快(特別快速)に充てられています。
走行経路の殆どの道路インフラ自体が片側2車線で整備されているため特快自体は先行するバスを追い抜いていきます。
車体表記はBRTと記されていますが、実態は急行バスに準じている点では新潟や大阪シティバスのいまざとライナーと同じです。

門司港へ。
ここでは偶然「ななつ星」に遭遇。

折尾へ。
ここでは北九州市営バスを中心に撮影。
連立事業の真っ只中で手狭な仮設駅前広場での撮影は難儀しましたが、北九州もなかなかバラエティーに富んでます。

バス撮影後は高架工事の進捗状況を撮影。
前回は若松線の高架切替前だったので切替後の来訪は初めてでしたが、ルート切替後の乗り初めは行程の都合上、次の機会まで見送りとしました。

現地撮影のラストは吉塚での撮影。
たまたま同駅始発の415系1500番台を撮影しましたが、こちらもいつまで残存するか分からないので撮れるときに撮っておきます。

これで現地での撮影は終了。
みずほ610号で帰阪し遠征を終えました。

#この記事は画像無しの暫定板です(画像は後日)

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

秋期休暇日記 2019年10月21日  

2019年10月21日(月)

遠征3日目となる10月21日は佐賀駅バスセンターでの撮影からスタート。
JR佐賀駅東側の高架下に位置する佐賀駅バスセンターは高架橋の真下に発見・案内施設やコンビニ・待合所があり、それを囲うようにのりばが整備されています。

ここはターミナルを所有する佐賀市営バスをはじめ、西鉄バス佐賀(西鉄バス久留米も)・祐徳自動車・昭和自動車の路線が乗り入れています。
博多からの高速バスや佐賀空港へのリムジンバスがありますが、メインは佐賀市内及び同都市圏郊外の路線で、中には柳川や久留米を結ぶ路線もあります。

西鉄バス佐賀に乗って西鉄久留米バスセンターへ。
ここは西鉄系列の西鉄バス久留米がメインですが、西鉄バスよりも早い時期から筑後地区に路線網がを有し、内陸の八女市に拠点を置く堀川バスも乗り入れています。

羽犬塚へ。
ここは西鉄バス久留米と堀川バスのバス停がありますが、前者が駅前の一角に乗り入れているのに対し、後者は道路を挟んで場所に窓口や待合所がある小さな建物内にのりばがあります。
今回この場所では撮影ポイントの確認だけで撤収しました。

大牟田へ。
ここは東口駅前ロータリーと西口ロータリー、そして国道208号線上の4ヶ所にのりばが分かれていますが、大牟田営業所を含む南へ向かう便と福岡空港行きは国道208号線、三池港やイオンモール大牟田などは西口でそれ以外は東口という感じでのりばが割り振られています。

今回は撮影しやすい東口ロータリーで。
こちらは比較的本数がありますが、来るのは西工ばかり・・・。

最後は西鉄天神大牟田線へ。
目的は9000形でしたが、まだまだ本数が少なく割り当てられている列車の多くないこともあって思うように撮ることが出来ませんでした。

この日はここで終了。
ホテルは戻って明日の最終日に備えます。

#ただ今、画像無しの暫定板です(画像は後日)

category: 日記

tag: 西鉄バス  佐賀市交通局  祐徳自動車  昭和自動車  堀川バス 
tb: 0   cm: 0

秋期休暇日記 2019年10月20日  

2019年10月20日(

2日目となる10月20日は新山口での撮影からスタート。

近年、自由通路併設の橋上駅舎化に合わせて北と南に別れていたのりばを北口に再整備されたターミナルに集約され、綺麗になりました。
ここでは昨日に引き続く防長交通の車両が中心ですが、広島・福岡のほかに萩市内を結ぶ高速バスが乗り入れているため、徳山の時よりかは豊富です。

撮影途中、つい最近導入された復刻カラーがやって来ました。
この車両は山口市内に路線網をもっていた山口市営バスが防長交通に譲渡して20年を迎えたことを記念して市営バス時代の塗装を今年度導入の新車へ再現したものです。

宇部線に乗って宇部新川へ。
駅間が短い宇部線では区間利用が多く途中駅間の利用が山陽本線よりも目立つところを見る限り、仮に宇部線が新車導入の段になったら無理に共通化を狙って転換クロスじゃなくて路線の流動にあったロングの方が相性が良いと・・・。

宇部新川駅では駅前が車寄せみたいな感じになっており、バスターミナルがさらに前の方に待機スペースとともに整備されているのが特徴で近年見られる駅前広場とは違う印象を受けます。

ここでは宇部市営バスのほか、船木鉄道バス、サンデン交通なども乗り入れていますが、新たしい車両からそこそこ年式の古い車両が見られます。

宇部へ。
思っている以上に手狭な駅前ですが、宇部市営バスと船木鉄道バスが乗り入れていますが、ここでは手短に済ませました。

新山口へ戻って鞄を回収した後、下関へ。
ここではサンデン交通ばかりで撮影。

これで予定は終了と言いたいところでしたが、チェックアウトしてホテルから「充電器の忘れ物がありますよ」というSMSを受けていたので、一旦ホテルへ出向いて充電器を引き取り・・・。

充電器の引き取りを終えて、ようやく予定は終了。
こだま号で九州入りをして2日目は終了しました。

#ただ今、画像無しの暫定板です(画像は後日)

category: 日記

tb: 0   cm: 0

秋期休暇日記 2019年10月19日  

2019年10月19日(

即位の礼に伴い職場カレンダー上で四日間の連休となったことから、この連休を利用して山口県と福岡県のバス撮影に挑むことにしました。

夜勤明け早々の19日は、のぞみ99号で現地入りからスタートします。
連休初日と言うこともあって広島までは満席状態での移動となりました。

現地入り最初は徳山から。
岩国は以前の遠征である程度は進んでいることから、まずは岩国以西の都市圏をベースにしている事業者を中心に撮影していきます。

徳山では近鉄グループで近鉄バスホールディングスに入っている防長交通を中心に撮っていきますが、同社は山口県内でも周南・萩など広範囲にわたって路線網があり全てを網羅するにはあと何回かに渡って来訪する必要がありそうです。

主に近鉄からの譲渡車が見られる中、近鉄では多くは導入されていない三菱ふそう車も導入されています。

柳井へ。
こちらは本数が少ないことから手短に済ませましたが、徳山の時と同じく年式が新しい中型ノンステップ車が見られました。

大畠へ。
周防大島への玄関口となっていることから、対岸の周防大島町とを結ぶ路線を中心に乗り入れています。
こちらも中型車が多いものの、年式の新しい車両もみられることから全社的に導入されているみたいです。

岩国へ。
ここへ来たのは駅前広整備工事の進捗状況を確認するためですが、あれこれ移転させながら工事を進めているようなので、まだ時間が掛かりそうです。

再び徳山へ戻り、日没近くまで撮影。
ここでは午前中に撮り逃した車両を捉えることができました。

この日はここで終了としホテルへ移動しました。

#ただ今、画像無しの暫定板です(画像は後日)

category: 日記

tag: 防長交通 
tb: 0   cm: 0

週末日記 2019年10月5日~10月6日  

【お知らせ】2019年10月5日投稿分より画像のサイズを720*480から1620*1080に変更します。
1620*1080にリサイズした画像は通常はサムネイル画像の720*480で表示し、該当する画像をクリックすれば1620*1080の画像が表示されます。
それ以前に投稿された画像は一部を除いて小さいサイズのままとなっています。



2019年10月5日(

この日は近鉄バス加美線に乗車。

20191005_kintetsu_bus-01.jpg

目的は循環経路内に新設された停留所などを見るため。
まずは加美正覚寺2丁目。

20191005_kami_shokakuji_2chome-01.jpg
20191005_kami_shokakuji_2chome-02.jpg

続いて、加美正覚寺。

20191005_kami_shokakuji-01.jpg
20191005_kami_shokakuji-02.jpg

加美北5丁目。
これらは大阪シティバスとの併設となっています。

20191005_kami_kita_5chome-01.jpg
20191005_kami_kita_5chome-02.jpg

加美線では一部停留所の仕様が若干変更されており、画像の西衣摺停留所のように上部の近鉄バスの表記が英文併記となっています。
少し前に仕様が変更されたものは下部の大きい方が英文併記となっていましたが、この仕様を見たのは初めてです。

20191005_nishi_kizuri-01.jpg
20191005_nishi_kizuri-02.jpg

東花園駅へ。
11月に瓢箪山からバスターミナルが移転するのですが、ロータリー内の各所に告知が掲示されています。

20191005_higashi_hanazono-01.jpg
20191005_higashi_hanazono-02.jpg
20191005_higashi_hanazono-03.jpg

で、実際に通る経路を確認。
花園中央公園付近への道路が住宅地のど真ん中を通るのですが、これが安全上に問題とされていたのでしょう。
上下線に挟まれる中央分離帯が公園として整備されていることから、ブラインドのようになっていることによるところが気になるところです。

20191005_higashi_hanazono-04.jpg
20191005_hanazono_chuo_park-01.jpg

鷹殿町交差点。
東花園駅前乗り入れ後の四條畷線は直進し、恩智線が新たに交差点から西へ入ることから、現状の交差点へ入ってくる構図が11月で変化します。

20191005_takadonocho-01.jpg

京橋へ。
可動式ホーム柵の稼働が開始された環状内回りのりばの様子を見てきました。

20191005_kyobashi-01.jpg

不等沈下の如く凸凹となっているホームはそのままで放置するみたいな感じです・・・。

20191005_kyobashi-02.jpg

この日はここまでとしました。



2019年10月6日(

6日は和歌山へ。
南海で現地入りすると9000系リニューアル車「マイトレイン」に遭遇したのですが、入れ違いとなってしまいました。

20191006_nankai_9000n-01.jpg

例の駅ビル群は「キーノ和歌山」と言う名称となりますが、既に南側の駐車場棟とオフィス棟が竣工済みで、残る3棟のうち最も北側に位置する公益施設棟が今年12月に竣工する予定となっており、来訪時点ではその姿を現わしています。

残る2棟はホテル棟と商業棟は来年竣工を目指して工事が進められています。
また、バスターミナルも改修工事が進められています。

20191006_wakayamashi-01.jpg
20191006_wakayamashi-02.jpg

この日はここで終了とし帰宅しました・・・。

20191006_jrwest_ec_227_1000-01.jpg

category: 日記

tag: 近鉄バス  南海電気鉄道  駅改良工事  和歌山バス  JR西日本 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

サイト更新情報Twitter

DK-KawachiのTwitter

カレンダー

最近の記事

Facebook

フォト蔵

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

OSAKAあかるクラブ

▲ Pagetop