DK-Kawachiの日記と雑学ノート ホーム » その他の鉄道工事レポ »2013年5月5日 首都圏の鉄道工事を巡る遠征21 東急東横線改良工事見聞・その5

2013年5月5日 首都圏の鉄道工事を巡る遠征21 東急東横線改良工事見聞・その5  

東急東横線改良工事見聞。
続いて中目黒駅のレポ。

中目黒駅では渋谷・横浜方ともにホームが延伸されています。
また、これと同時にホームの一部拡幅と耐震補強工事が施工されています。

まずは渋谷方。

20130505_nakameguro-01.jpg

下りホーム。
ホーム幅の関係と用地の問題により上りホームとはずれた形で配置されることに・・・。

20130505_nakameguro-03.jpg

ホーム上屋が内側の日比谷線側に展開出来ないため、日比谷線軌道側をご覧の形で施工されています。

20130505_nakameguro-04.jpg

渋谷方から撮影。
上りホームは中程からこの位置まで拡幅されています。

20130505_nakameguro-05.jpg

横浜方。

20130505_nakameguro-02.jpg

こちらは上りホームよりも下りホームの方が長く延伸されています。

20130505_nakameguro-06.jpg

横浜方から撮影。

20130505_nakameguro-07.jpg

駅本体以外にも構内の配線自体も手が入っているため、引き上げ線も改良前とは異なります。

20130505_nakameguro-08.jpg

続いて代官山駅です。
副都心線直通後の渋谷駅が地下となることから、地上から地下への切替地点として同駅の渋谷方に白羽の矢が立ったのですが、地形上の理由などで駅構内の一部を下げる工事も進められました。

切替工事完了後の現在はホームなどの本設化への工事が進められています。

20130505_daikanyama-01.jpg
20130505_daikanyama-03.jpg

駅構内の真上にあるペデストリアンデッキから撮影。

20130505_daikanyama-02.jpg
20130505_daikanyama-04.jpg

代官山駅から地下トンネルへのアクセス。
軌道の真上にあるもんのような構造物が地上時代の仮軌道敷で、切替工事に際してこの高さまで上げられました。

ここで行われたSTRUM(ストラム)工法を用いた直下地下切替工法が広くあまり普及しない理由は、この技術そのものは東急建設がノウハウ自体を事実上独占していることと、都市部の立体交差の多くが高架化であること、立体交差の工法で直上直下とする場合は用地の確保が困難である事が条件とされているのだそうです。

20130505_gakugeidaigaku-05.jpg

改良工事の方はここまで。
渋谷駅へ移動して副都心線単独駅時代で共用されていなかった箇所を見てきます。

→次に続く。
関連記事
スポンサーサイト

category: その他の鉄道工事レポ

tag: 輸送力増強工事  駅改良工事  東京急行電鉄  東急東横線 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→https://dkkawachi.blog.fc2.com/tb.php/3146-9a02842a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

サイト更新情報Twitter

DK-KawachiのTwitter

カレンダー

最近の記事

Facebook

フォト蔵

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

OSAKAあかるクラブ

▲ Pagetop