DK-Kawachiの日記と雑学ノート ホーム » その他の鉄道工事レポ »2017年2月4日 京都駅JR奈良線のりば改良工事レポ

2017年2月4日 京都駅JR奈良線のりば改良工事レポ  

JR奈良線の輸送改善工事として進められる複線化第二期事業に関連して京都駅の改良工事が行われています。

以前のレポではホームの拡張が完了した所まではレポしていますが、橋上駅舎側との接続部の改良工事は終わっていませんでしたが、このほどほぼ完了していることから今回はこれらの部分を報告していきます。

京都駅のJR奈良線のりばは開業当初から旧国鉄時代を経てJR西日本へ移管されるまでは新幹線高架に接する1面1線のみで客扱いしていました。
その後、1990年に8・9番のりばが増設されて2面3線に強化、それから20年程は現状のままとなりましたが、増加傾向にあった利用者数に対し現行の設備では狭隘であったことから複線化第二期事業に合わせて改良工事が行われることになったわけです。

まずは新設された8・9番のりばへの階段とエスカレータ。
これまで西口から8・9番のりばへは新幹線高架下にある新幹線乗換え口および10番のりば車止め側を経由しないとアクセス出来ませんでした(地下東口および八条口・中央口からは地下乗換通路を経由してアクセスできる)

今回の改良工事ではホーム拡張と同時に8・9番のりばへ直接アクセス出来る階段・エスカレータを新設されました。
下の画像は西口改札がある橋上駅舎通路側から撮影。

20170204_kyoto-01.jpg

新設部分から撮影。
右手にあるエレベータは改良工事で新に設けられたもので、それまで通路を挟んで西側にあったエレベータは8・9番のりば側のエレベータの供用開始後に閉鎖されています。
エスカレータは上り下り各1基ずつ設けられています。

20170204_kyoto-02.jpg

新設通路側から西口通路側を撮影。
ちょっと分かり難いですが通路を挟んで西側にあったエレベータが閉鎖されているのが確認出来ます(画像左側に小さく見える封鎖箇所がそれ)

20170204_kyoto-03.jpg

8・9番のりば側から撮影
これまで画像から見る幅の約半分程だったホーム幅員が拡張された分、余裕があるのが分かります。

20170204_kyoto-04.jpg

階段上り口と車止め周りを撮影。
現在は旧エレベータ撤去のため奥の方が工事中でした。

20170204_kyoto-05.jpg

今回のレポは以上です。
関連記事
スポンサーサイト

category: その他の鉄道工事レポ

tag: JR西日本  輸送力増強工事  駅改良工事 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→https://dkkawachi.blog.fc2.com/tb.php/3686-5a7afa6f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

サイト更新情報Twitter

DK-KawachiのTwitter

カレンダー

最近の記事

Facebook

フォト蔵

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

OSAKAあかるクラブ

▲ Pagetop