DK-Kawachiの日記と雑学ノート ホーム » その他の鉄道工事レポ »2017年2月18日 東花園駅駅前整備事業レポ

2017年2月18日 東花園駅駅前整備事業レポ  

先日、東大阪市土木部道路建設室より現在整備工事中の東花園駅駅前整備事業に関する市役所公式のFacebookへの投稿があったことを受けて2月18日に来訪してきました。

・東大阪市役所公式Facebookより土木部道路建設室の投稿
https://www.facebook.com/higashiosaka.city/posts/1367514653311528

・完成イメージ(Facebookページの画像)
https://scontent.xx.fbcdn.net/v/t31.0-8/16463759_1367514119978248_2249188189643609307_o.jpg?oh=9d19e40fd9566b41fdb5e19c3defcf23&oe=59251808

本題に入る前に東花園駅の高架下工事も見てきます。

20170218_higashi_hanazono-01.jpg

現在、同駅は北と南の2方向のみしか出ることが出来ません。
改札口と向かい合わせとなる西側は工事そのものは終わっていますが、高架下の整備工事自体が終わっていないこともあり現時点ではシャッターが閉ざされたままとなっています。

20170218_higashi_hanazono-02.jpg
20170218_higashi_hanazono-03.jpg

駅前広場の工事は歩道の再整備と屋根の整備工事が進められています。

屋根自体は骨組膜構造と言うもので、阪神甲子園駅の大屋根をはじめ公共施設などでも近年見られる鉄骨などの骨組みに膜を張る構造で「膜屋根」とも言われ、建築業界ではテント倉庫などに代表される膜構造の一つとされています。

20170218_higashi_hanazono-04.jpg

屋根の工事は西側がから順次着手され東側は骨組みの塗装が施工されている段階でした。
こちらも近日中には膜が張られることになると思われます。

また、下の画像右手に見える植栽などは撤去され、バスなどの待機場所になる模様です。

20170218_higashi_hanazono-05.jpg

東大阪市公式Facebookによると再整備される駅前広場には路線バスが乗入れることもできるように設計されているとのことですが、実際には主に送迎の車寄せで使われると言うオチが見えそうですが・・・。

今回のレポは以上です。
関連記事
スポンサーサイト

category: その他の鉄道工事レポ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→https://dkkawachi.blog.fc2.com/tb.php/3695-41979f7e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

サイト更新情報Twitter

DK-KawachiのTwitter

カレンダー

最近の記事

Facebook

フォト蔵

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

OSAKAあかるクラブ

▲ Pagetop