FC2ブログ
DK-Kawachiの日記と雑学ノート ホーム » なにわ筋線 »2018年1月20日 なにわ筋線の南海側想定ルートを歩いてみる その1

2018年1月20日 なにわ筋線の南海側想定ルートを歩いてみる その1  

なにわ筋線の南海側の想定ルートを実際に歩いてみることにしました。
今回は今宮戎駅から難波へ向かって歩きます。

20180120_imamiya_ebisu-09.jpg

今宮戎駅の南側は国道25号線通っています。
なにわ筋線は新今宮駅との中間点あたりで分岐すると想定されます。

20180120_naniwasuji_line_soutei-01.jpg

国道25号線の南側の様子。
この辺りがどう変わってゆくか?比較のために撮っておきました。

20180120_naniwasuji_line_soutei-03.jpg

今宮戎駅の高架近辺の様子。
一説には腹付けられる形で地下へ向かうのではないかと言うものがあるため、念のため確認しておきます。

20180120_naniwasuji_line_soutei-02.jpg

南海の高架より西側のパークス通り。
国道25号線とは戎本町交差点をT字で交差し難波へ向かって北上する形となります。
(下の画像は南側に向けて撮影したもので、正面奥の交差点が国道25号線と交差する戎本町交差点となります)
なにわ筋線はこれに沿って北上する形となると想定されますが、問題はどの辺りで地下に潜るのかです。

20180120_naniwasuji_line_soutei-04.jpg

戎本町交差点からパークス通りに入って200m先で阪神高速1号線環状線が東側から合流し、その先を並走する形で北上します。
この付近は建設されるルートや地下へのアプローチの方法により用地買収や道路の再整備が必要となるものと思われます。

20180120_naniwasuji_line_soutei-05.jpg

この阪神高速の橋脚の配置と径間によって実際の建設に際してどの程度制約を受けるかが気になるところです。

20180120_naniwasuji_line_soutei-06.jpg

この場所自体は木津卸売市場の南東側に位置します。
実際の足元を見る限り、複線分の通れるようですが、後方に制約がありそうなのは頭の中に留めておきましょう。

20180120_naniwasuji_line_soutei-07.jpg

西側に木津卸売市場を横目に阪神高速環状線と共に北へ向かいます。
この付近はもう地下に入っているのではないかと思われます。

20180120_naniwasuji_line_soutei-08.jpg

一方、この付近の南海線側はタワーマンションや南海電鉄の本社の社屋があり、高架に近接する形で歩道らしきものが整備されていますが、敷地境界が柵で仕切られていること以外に法的な規制絡みで建設用地としては使えないようです。

20180120_naniwasuji_line_soutei-09.jpg
20180120_naniwasuji_line_soutei-10.jpg
20180120_naniwasuji_line_soutei-11.jpg

後半(その2)に続く。
関連記事
スポンサーサイト



category: なにわ筋線

tag: 南海電気鉄道  新線建設工事  なにわ筋線 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→https://dkkawachi.blog.fc2.com/tb.php/3793-fa6996fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

サイト更新情報Twitter

DK-KawachiのTwitter

カレンダー

最近の記事

Facebook

フォト蔵

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

OSAKAあかるクラブ

▲ Pagetop