FC2ブログ
DK-Kawachiの日記と雑学ノート ホーム » 日記 »元号またぎの黄金週間日記 2019年4月30日

元号またぎの黄金週間日記 2019年4月30日  

2019年(平成31年)4月30日(

平成最後となる遠征4日目は公共交通アクセスの面で気楽に来訪することが難しい大内宿がメイン。

郡山から高速バスで会津若松へ。

予定より1便早めに会津若松入りをしたため、ちょっとだけ撮影タイムとしたのですが、短時間であったため例の電気バスには遭遇出来ませんでした。

会津若松からは観光路線バスに乗車して大内宿へ。
この観光路線バスはここ数年の間に白河~大内宿~会津若松で設定された路線で、白河~大内宿を福島交通が、会津若松~大内宿を会津バスがそれぞれ担当されており、今回は後者の方を乗車しました。

車両としては大型ツーステップのトップドア車か高速路線車が充てられていますが南会津地区には高速道路がないため全区間一般道で走破します。
途中、湯野上辺りまでは順調に流れるものの、そこから大内宿への約6kmのみちのりは長く、あと3km程というところで駐車場空き待ちの渋滞に嵌まって臨時駐車場にある大内宿停留所へは30~40分遅れで到着。

小雨が降る中、大内宿を散策。
例のビュースポットも。

昼時だったのですが、混んでいるので軽く済ませました・・・汗。

臨時駐車場のある大内宿停留所へ戻ってきたものの、駐車場空き待ちの渋滞のため定刻でやって来ず、50分遅れで到着するまでの間、次々と出入りする車を駐車場誘導員が捌いてくる様子を眺めていました。
時折やってくる大型バスが貸切車・路線車問わず優先して誘導する運用が採られていたのですが、これは全体の9割5分を自家用車であるため観光バスが来る台数自体が待っている間に2台しかやって来なかったことと、路線車の場合は渋滞で遅延していると言うことが周知されているため、それらを優先させているという感じです。

会津若松へ戻ったら、まだ未訪問だった会津武家屋敷へ。
ここは会津藩の重臣であった西郷頼母の邸宅を当地に復元した家老屋敷や白河藩で使用されていた建物を移築した藩米精米所、代官陣屋として西白河郡矢吹町から移築され、陣屋廃止後は家屋としての使用を経て当地に復元移築された旧中畑陣屋などがあり、旧藩の建物の破却が多く行われた東北地方では貴重な建造物があります。

会津武家屋敷を出ると17時前。
この日はここで終了とし、郡山市内の宿へ戻り「平成」から「令和」への元号またぎを郡山市内のホテルで迎えることになります。

#ただ今、画像無しの暫定板です(画像は後日)

関連記事
スポンサーサイト

category: 日記

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→https://dkkawachi.blog.fc2.com/tb.php/3895-fa02a46e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

サイト更新情報Twitter

DK-KawachiのTwitter

カレンダー

最近の記事

Facebook

フォト蔵

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

OSAKAあかるクラブ

▲ Pagetop